埼玉の大腸肛門科(肛門・痔・大腸内視鏡)ママ女医のブログ

外科学会専門医、大腸肛門病学会専門医。聖路加国際病院外科レジデント、社会保険中央総合病院(現東京山手メディカルセンター)などを経て、現在、新越谷肛門胃腸クリニック、川口肛門胃腸クリニックにて大腸肛門科女性外来を担当、東京山手メディカルセンターにて非常勤。痔などの肛門疾患や便秘、大腸内視鏡検査などについての情報を、特に女性の患者様に向けて書いています。 「カテゴリ別アーカイブ」の「目次」を参照くださいませ。ブログの詳細については第1回「宜しくお願い致します」で。2歳男児、子育て中⭐

現在、埼玉県内にて以下のクリニックにて女性外来・検査などを担当しています。

毎週水曜(+金曜) 川口肛門胃腸クリニック
毎週木曜 新越谷肛門胃腸クリニック

宜しくお願い致します!

※待ち時間が長く、ご不便をお掛けしてしまうこともあります。申し訳ごさいません。

先輩クリニックの見学

今日は(とある予定に便乗して)、尊敬する女性大腸肛門科ドクターが勤務するクリニックへ見学に行ってきました

私が医者になった時に配属されたチームのトップの女医さんで、1から多くのことを教えてもらった大先輩で、大好きな先生です

各施設により、クリニック全体の雰囲気はもちろんのこと、麻酔の仕方や患者さんの診察の流れも少しずつ違い、そういう方法もあるのかーと、とても勉強になりました。

開業(継承)を予定している先生と一緒に見学させてもらいました。その先生は熱心にメモをとり、細部にわたるまで色々質問されていました。

それに比べ私は、わりとのんきに見学してました…

色々色々思うことや考えることがあるのですが、でも、それは考えても仕方がないことだったりするので、とりあえず今自分ができることを一所懸命取り組みます

なーんて、ぶつぶつ ザ独り言

メディカルレビューに掲載!?

昨年の大腸肛門病学会で「大腸肛門病診療における女性医師の意義」というパネルディスカッションで発表してきました

このテーマは実は何回も行われているのですが、今年はたまたま?メディカルレビュー(学会や、論文などの最新情報をまとめている冊子)が記事にしてくださったようです

「掲載されたから何?」とつっこまれると、「その通り」としか言えませんが、
「へんなブログ書いてる大腸肛門科の女医」というイメージから、少しはまともなイメージがつくかしら…という魂胆です

DSC_0394

美園いちごランドはオススメです!

美園いちごランドへ行って来ました

息子はいちご大好き

大人気で早めに受付を終了してしまう日もあるとのことで、だいぶ余裕をもって出発。

すっごく大きいイチゴで、私の手のひらいっぱいにのります。大きいだけでなく、あま~~い(←スピードワゴンのネタじゃないですよ)

本当においしかったです

30分の時間制限なのですが、食べ過ぎて15分もたたないうちに、胃がパンパンになり、でてきました。
(貧乏性なので、つい食べ放題となると、年甲斐もなく部活後の高校生のようにがっついてしまいます)

_20160111_102633

_20160111_123825

果物をたくさん食べると下痢?

果物を食べ過ぎて下痢になってしまう方、いらっしゃいますよね

なぜでしょう❔

甘い果物の中には果糖という糖質が多く含まれています

食べ過ぎるとその糖分が体の水分を腸内に引っ張ってきてしまい、腸が水浸しになり下痢になってしまいます

この仕組みを活かした下剤もあるくらいです。

みなさん、食べ過ぎには注意してくださいね

(私は今日のいちご狩りで食べ過ぎましたが、お腹が強いのか下痢にはなりませんした…)

※厳密には「過敏性腸症候群」とは違いますが、下痢の症状の共通点と、特に過敏性腸症候群の方に症状が出やすいこともあり、こちらのカテゴリーにいれました。

過去記事
「ためしてガッテン おなかのピンチ解決SP」も、ご参照ください!
http://blog.livedoor.jp/osr48/archives/46042993.html
_20160111_123825

マラソン大会&猫ひろしさん@赤羽

今日は家族で赤羽で行われたハイテクマラソンへ
過去に私自身も出場したことがあるハーフマラソンです。

パパが走っている間、息子と私は簡易テント?を設置し、お留守番&応援
出店でクレープ食べたり、階段を目的なく上り下りを繰り返したり、ボールで遊んだり、あっという間に時間が過ぎました。
マラソンは参加してないはずの私も、なんか乳酸たまってる気がする…

猫ひろしさんもゲストランナーとして走ってました。
終わった後のインタビューではちゃんと笑いをとってました
さすが、(元?)お笑い芸人

ということで、今日はただの日記的記事でした。
誰がアラサー(いや、もうアラサーと言える年齢は過ぎた)女子(いや、もう女子と言える年齢は過ぎた)の普段を知りたいだろうか。

ちまたで流行ってる女医ブログは「ママとしても妻としても医者としてもキラキラしてま~す」的な要素のものらしいです。

うーん、私は、ママとしても妻としても医者としても「キラキラ」と呼べる輝きはなく、「錆びた」女ですが、私なりに日々頑張りるので宜しくお願いしまーす

あ、マラソンと痔についての関係も、いつか記事にアップします

DSC_0357

DSC_0364
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード