埼玉の大腸肛門科(肛門・痔・大腸内視鏡)ママ女医のブログ

外科学会専門医、大腸肛門病学会専門医。聖路加国際病院外科レジデント、社会保険中央総合病院(現東京山手メディカルセンター)などを経て、現在、新越谷肛門胃腸クリニック、川口肛門胃腸クリニックにて大腸肛門科女性外来を担当、東京山手メディカルセンターにて非常勤。痔などの肛門疾患や便秘、大腸内視鏡検査などについての情報を、特に女性の患者様に向けて書いています。 「カテゴリ別アーカイブ」の「目次」を参照くださいませ。ブログの詳細については第1回「宜しくお願い致します」で。5歳、0歳男児、子育て中⭐

現在、埼玉県内にて以下のクリニックにて女性外来・検査などを担当しています。

毎週水曜 川口肛門胃腸クリニック
毎週木曜 新越谷肛門胃腸クリニック

宜しくお願い致します!

※待ち時間が長く、ご不便をお掛けしてしまうこともあります。申し訳ごさいません。

大腸肛門病懇話会@日本橋

今日も勉強会へ

大腸肛門病という、わりと、搾られた分野ではありますが、学会、研究会、懇談会、懇話会、色んな関連勉強会があります。

今日も色んな先生方とお話してきました。

過去に勤務しお世話になったことのある病院が閉院になったり、新たなクリニックの開院もあったりするようです。

また、複数の施設から新たな女性外来勤務のお声をかけていただいたり、と、こんな私でも必要としてくださるのは、本当にありがたいことです。

来週から正式に育休明けの復帰となります。

ご迷惑おかけすることもあるかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します

聖路加同期会!

先日、聖路加国際病院の研修医時代の同期会がありました。

というか、開きました。

いわゆる、幹事!?

復職すると忙しくなりなかなか集まりづらくなるかなーと思い、まずは同期女性陣に声かけ。
アメリカから帰国した&これから出発する同期男性陣もいたので、えいやっと、最終的には男女問わず、出来る限りの多くの人に声かけしてみました。

みんな、色んな所で色んな仕事をしています。
海外留学中の医師も多いですし、一方、奄美大島で地域医療に尽くしている医師もいます。女性医師たちは家庭のと両立、それぞれのあんばいで頑張ってます。

わたしも、ガンバロー

大腸肛門病学会の指導医に!

先日、申請した大腸肛門病学会の指導医に無事に認定されました

「指導医」とは「専門医」の更に上?ステップアップ?した資格です。

専門医を目指してる医師を「指導」できる立場になるわけです。

基本的には書類審査なので、何か私がすごいことをなし得たわけではないのですが、無事に申請が通ってホッとしました

支えてくださった皆様に感謝です

臨床肛門病学会@新宿

先日は臨床肛門病学会に参加をしてきました。

色々な痔の手術方法の発表がありました。

懐かしい先生方にお会いし、ご挨拶をしてきました。
同じく男兄弟を子育て中の福岡の女医さんともひさしぶりにお話できました

ちなみに、私は使用済みの息子のオムツをバッグにいれて学会会場に持参してしまいました

何やってるんだろう、私…

大腸肛門病懇談会@新大久保

先日、大腸肛門病懇談会(研究会みたいなもの)に参加してきました。

裂肛の手術方法についての発表でした。

いわゆる教科書的なスタンダードな方法以外に、それぞれの施設で様々な工夫をされているようです。

どんな裂肛にどんな術式をするかも議論されてました。

いわゆる大御所の先生方も、熱い信念をもって、それぞれの施設の治療法をされています。

やはり、奥が深い分野です。

産前の勤務先の先生方にもお会いでき、私の出産のご報告をすることもできました。

もう少ししたら、少しずつ、外来や検査に復帰もさせていただこうかと思っています。

ご迷惑おかけしますが、宜しくお願い致します
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

osr48

外科学会専門医、大腸肛門病学会専門医。聖路加国際病院外科レジデント、社会保険中央総合病院(現東京山手メディカルセンター)などを経て、現在、新越谷肛門胃腸クリニック、川口肛門胃腸クリニックにて大腸肛門科女性外来を担当、東京山手メディカルセンターにて非常勤。痔などの肛門疾患や便秘、大腸内視鏡検査などについての情報を、特に女性の患者様に向けて書いています。
「カテゴリ別アーカイブ」の「目次」を参照くださいませ。ブログの詳細については第1回「宜しくお願い致します」で。5歳、0歳男児、子育て中⭐

タグクラウド
QRコード
QRコード