先日、大腸肛門病懇談会(研究会みたいなもの)に参加してきました。

裂肛の手術方法についての発表でした。

いわゆる教科書的なスタンダードな方法以外に、それぞれの施設で様々な工夫をされているようです。

どんな裂肛にどんな術式をするかも議論されてました。

いわゆる大御所の先生方も、熱い信念をもって、それぞれの施設の治療法をされています。

やはり、奥が深い分野です。

産前の勤務先の先生方にもお会いでき、私の出産のご報告をすることもできました。

もう少ししたら、少しずつ、外来や検査に復帰もさせていただこうかと思っています。

ご迷惑おかけしますが、宜しくお願い致します