これを読んでくださっている皆様は
抗がん剤治療中の方、もしくは大切な人が治療中の方かと思います。

そんなあなたに大腸肛門科医からお伝えしたいこと…


それは、実は

治療中は、めっちゃ「痔になりやすい」
ということ。

①薬の影響で便秘や下痢になりやすい



いぼ痔や切れ痔になりやすい

※下痢からの肛門周囲膿瘍も。


②切れ痔が治りづらい

★どうしても正常細胞にも影響が
及び、傷が治りづらくなる。

★白血球が低下し、傷が
感染しやすくなる。

※特に傷の治りが遅めになる抗がん剤もあるので頭の片隅に…

■こんな感じで
「痔になりやすい&治りにくい状態」
になります。

みなさん悩まれてます。
一人じゃないです。

担当医に相談して薬を処方してもらうのもひとつの手かも。


■恥ずかしいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と多いですし、
担当医の先生も皆様におっしゃっていただいて
患者様の力になりたいと思ってるはず!

■元々、私は「乳がんを治す乳腺外科医」になりたいと思っていたので、実は乳がん治療にたずさわる友人医師が多いのですが、
みんなめっちゃやさしいです

■お尻でお困りの皆様、

ぜひ次回相談してみてくださいませ。

「専門外で対応が難しい」
ということであれば、ぜひ一度肛門科へ🍑

ツライ思いを我慢し続ける必要ないです!

※市販薬より、やはり処方薬のほうが治りやすいです。
IMG_20220813_233221_275