以前、新浪微博がオンラインショッピング大手の京东商城と連携し販売促進ページを公開したことはお伝えしましたが、腾讯微博も同様に「微卖场」を公開してきました。
tencent-1


上の図は"好乐买(okbuy)"という靴の販売をメインとした大手オンラインショッピングサイトとの連携ページです。


新浪微博の場合、展開されている製品をクリックすると京东商城のページにリンクしており、そちらに誘導されますが、今回の腾讯微博も基本は同じなのですが、「转播降价(特価製品の意味)」のページでは同グループ内のオンラインショッピングサイト"QQ网购"にもリンクされていました。
 tencent-2


腾讯(Tencent)はこのQQ网购の他にも2011年第3四半期時点で支付宝(Alipay)に次ぐ第2位の利用シェアを誇る"财付通(Tenpay)"も有しています。
201111111320976386

こういったことからも、EC事業への本格参入という観点では新浪微博よりも腾讯微博の方に一日の長がありそうです。


微博ビジネスの収益化というのは両社に取って最重要課題であり、EC事業はその中でも大きな役割をになっていくでしょうから、今後も動向など注視していきたいと思います。



情報元 => MSN中文网、 易观数据

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ 中国関連ブログランキングへ