中国オンライン業界最大手の优酷(Youku)がユーザー毎のマイページを、微博風に変更しました。
youku-weibo3

youku-weibo1

動画をアップロードした際や動画を見た際の感想をツイートしたり、フォローワーを指定したり、フォローされたりなど微博の一般的な機能を備えています。


中国オンライン動画共有サイトで2番手ともくされている土豆网(Tudou)も既にマイページの微博化を開始しています。
weibo-tudou1


既に3,000人強のフォローワーを集めているユーザーもいます。
weibo-tudou2



動画共有サイトのユーザー層を年代別に見ると以前紹介した微博の年代別ユーザー分布と同様に20~29歳を中心に30~34歳にも支持を集めているので、両者の相性は非常に良いのかもしれません。
201111141321252097
 

中国動画共有サイト各社もコンテンツを軸とした共有だけでなく、ユーザーを軸とした交流を通して活性化を図っていこうという目論見もあるのでしょう。


微博側が新浪微博が『看点』、腾讯微博がTV放送ではありますが『微電視』を開始するなど動画コンテンツとの連携を測っていますが、動画共有サイトなどコンテンツを展開する企業側の微博連携もしくはサービス開始など双方からクロスプラットフォーム化が進みつつあるのは面白いですね。


ただ、土豆网(Tudou)は上海を本拠としているので対象外ですが、优酷(Youku)は北京を本拠としているので、こういったサブ機能としての展開でも先日お伝えした『微博の実名制』の対象となってしまうのか否か。。。

現時点はその可能性は薄そうですが、こちらも今後の連携強化と共に注視していきたいと思います。



情報元 =>  优酷(Youku)土豆网(Tudou)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ 中国関連ブログランキングへ