先日お伝えしたとおり7月3日にテンセントの2013年度パートナー大会が開催されました。
テンセント















その中で微信(WeChat)に関する重要な発表もいくつか行われたのですが、今回はそのうちの1つ海外ネタに関して紹介します。


微信(WeChat)の海外ユーザーは今年4月に4,000万人、そして5月には5,000万人を突破していましたが、今回のイベントでは海外ユーザーは既に7,000万人を超えたと発表されました。

そしてまた更に海外展開を加速すべく新イメーキャラクターとしてサッカー選手のリオネル・メッシを起用したことも発表しました。
Screenshot_from_2013-07-03 23:39:51











既に wechat.com 内に専用ページも設けられています。


TV CMも準備されており、本日から15カ国での放送を開始したそうです。

※ スペイン語トルコ語インドネシア語のバージョンも用意されています。 

もちろんメッシのWeChat公式アカウントも既に開設されています。
Screenshot_2013-07-04-00-22-54





















さて、微信(WeChat)のライバルであるLINEは既に海外ユーザーが1億人を超え、230以上の国で利用されているとのことですし、つい先日は微信(WeChat)が先日正式進出したインド市場にも進出したと聞きますし、微信(WeChat)のお膝元中国での連携パートナー”360”が同社スタッフに対し、LINE(中国語名は“连我”)以外の利用を禁じる通知を出したとも聞きますし、今後KakaoTalkWhatsAppなどを加えたバトルはますます加熱していきそうですね(^^


情報元 => Tech QQ,  WeChat公式ページ, Tech Web

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ SNS・ソーシャルメディアへ 中国関連ブログランキングへ