中国ソーシャルメディア雑記

中国の微博(ウェイボ)やQQ、微信(WeChat)に代表されるインスタントメッセンジャー、SNS、LBSなどの業界動向や人気の関連サービス、ホットな話題などを紹介。

マイクロブログ

人人網の登録ユーザー数は2.8億人に 微信(WeChat)対抗のチャットツール「同学説」の提供も開始

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
先日お伝えした調査でも利用率が依然高かった中国最大手のSNS『人人網(Renren)』ですが、2013年3月末時点で同登録ユーザー数は2.8億人だったそうです。
20130502renren-2

























地域別の登録ユーザー比率も出ていますが、一番比率が高かったのは上海、江蘇省、浙江省、安徽省、江西省、山東省が含まれる華東地域で31%、その後は福建省や広東省などが含まれる華南地域で17%、北京、天津などが含まれる華北地域が15%、以下華中地域12%、東北地域12%、西南地域9%、西北地域7%と続いています。


続いては月間アクティブユーザー数とユーザー属性です。
20130505renren-3 

























月間アクティブユーザー数はPCが1.1億人でモバイルが0.26億人という結果でした。合計すると1.36億人となるので、総登録ユーザーに対してのアクティブ率という意味では48.6%ほどになるでしょうか。

また、新浪微博はアクティブユーザーのうち75%がモバイルからのアクセスとのことでしたので、統計方法に違いはあるのでしょうが、それでも人人網のモバイルユーザー率は現在のモバイルインターネットユーザーの比率を考慮しても低めな気がします。

男女比率にそれほどの特徴は見られませんが、年代別では90后(1990年以降生まれ)のユーザーが45%を占めており、80后(1980年代生まれ)の35%と合わせると実に80%となり、やはり微博などと比較しても利用ユーザーの年齢層は低めな傾向があるようです。


続いてはモバイル端末向けクライアントのOS別利用シェアです。
20130505renren-4











こちらは全てのモバイルユーザーを対象にしているのではなく、モバイルクライアントを提供しているOS別のシェアのようですが、Androidが55.6%でシェアトップ、続いてiOSが29.4%、Symbianが16.1%、Windowsが1.2%という形になっています。

傾向的には現在の中国スマートフォンOS別出荷台数シェアに近いですが、若干Androidが低めでSymbianが尚多いというのが今回の特徴かも知れません。

ただ、WAP接続と呼ばれる主に2G回線など低速回線用のページなども人人網は提供していますから、それらを含めた全体でのモバイル端末利用状況なども今後知りたいところです。


次は人人網で公式アカウントを展開している企業の情報です。
20130505renren-5


























P&Gやコカコーラ、サムスンなどのグローバル企業や中国電信、歩歩高など国内大手企業もページ開設していますが、現在人人網には15万社が企業公式アカウントを開設しており、ユーザーは1日平均3社ほどの企業アカウントページを閲覧しているそうです。


続いては1日平均の投稿数などのデータです。
20130505renren-6
























状態、いわゆる普通の投稿は1日平均でPCから1,580万件、モバイルからは1,320万件あるようで、相册、いわゆる画像投稿はPCから1,230万件、モバイルからが520万件、日記がPCから78万件、モバイルからが47万件投稿されるたりコメントを送られたりするようです。

この投稿数比率を見ていると、それぞれの件数はPCのほうが多いことは多いですが、先のPCとモバイルのアクティブユーザー比率のデータほど開きがあるようには見えませんね。。。


最後は位置情報付きの投稿に関するデータです。
20130505renren-7

















位置情報を含んだオリジナルの投稿は1日平均170万件あるそうで、累積数は7億件になるそうです。


さてさて、そんな人人網ですが先日微信(WeChat)対抗とも言えるチャットツールの『同学説』の提供を開始しました。
20230502renren-1
















Screenshot_2013-05-01-16-31-23
 Screenshot_2013-05-01-16-42-18















こちらは『同学説』という名称のとおり、自身と同じ大学の生徒や卒業生との交流が主目的とされているらしく、人人網のアカウントを利用してログイン可能なのですが、ログイン直後に大学を登録しなくては先に進めません。また、現在は中国以外の海外の大学というのは対象としていないようです。


さて、最近はどうしても微信(WeChat)や微博(ウェイボ)関連の情報が多くなってしまいますが、今回の『同学説』を含め人人網などSNS陣営の情報も定期的にお伝えしていくようにします(^^


情報元 => 新浪微博『北大新媒体』の投稿CNII 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ 中国関連ブログランキングへ

アリババが新浪微博に5.86億ドル投資し18%の株を取得することで正式合意 ユーザー情報の共有などでのビジネス連携も強化

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
同ブログでも紹介ましたが、昨年11月からあったアリババが新浪微博へ投資をするのではないかという噂が、正式に合意に至りました。既に新浪からプレスリリースが英語中国語でそれぞれ発表されており、新浪微博でも同ニュースに関する専用のページができています。
Screenshot_from_2013-04-30 00:20:57












今回の合意内容はアリババが新浪微博に5.86億ドルを投資し同社の株を18%取得するという内容で、出資比率は今後30%まで引き上げられる可能性もあるそうです。

また、ビジネス面での協力としては双方のアカウントやデータを共有したり、 オンライン決済連携、協同マーケティングなどを展開し、ソーシャルとECの連携強化を図り、未来3年内に3.8億ドルの収益を見込んでいくとしています。

今回の提携は、新浪微博は以前からお伝えしているとおり商業化が至上命題でしたし、 アリババにとってもソーシャルメディア戦略は、今後の同社の収益拡大、ユーザー増加には欠かせない要因でしたので、両者にとって非常に意義のあるものになるのではないかと思います。

具体的なアクションは今後逐次決められていくのでしょうが、新浪微博が昨年12月から提供している独自の決済システム『お財布ウェイボ』など重複が予測される事業への対応や、商業化色が強くなっていくことでの既存微博ユーザーへの影響度合いなどは気になるところです。今後の展開を見守っていきましょう。 


情報元 => 新浪(Sina)英語プレスリリース、  新浪科技(Sina Tech)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ 中国関連ブログランキングへ

3人に2人が毎日ソーシャルメディアにログインするも利用不可になって本当に困るのはわずか3%

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ニュースサイトの速途網(Sootoo)が中国におけるソーシャルメディア関連の面白い調査データを公開していたのでご紹介。何人規模で行われたデータか不明な点もあるので、1つの参考資料としてご参照下さい。

まずは、どれくらいの頻度でソーシャルメディアにログインしますか?という質問です。
500337













1日に複数回ログインする(青色)、という回答が一番多く51.95%と過半数を占めています。その次は1週間に数回(緑色)というのが20.26%で続き、1日1回(赤色)が15.06%、1週間に1回以下(水色)が8.83%、1週間に1回(紫色)が3.90%という形になっています。

回答者の総数や属性が分からないのでなんとも言えない部分もあるのですが、67.01%と3分の2強の人が毎日何らかのソーシャルメディアを利用している、という結果になりました。


続いては1日のうちどれくらいソーシャルメディアを利用しますか、という質問です。
500338













1時間~2時間(赤色)が40.00%でトップで、1時間以内(青色)が僅差の39.74%で続き、2~4時間(緑色)が17.92%、4時間以上(紫色)が2.34%という結果になりました。8割弱のユーザーが2時間以内の利用という結果ですね。 


次はソーシャルメディアの利用目的は?という質問です。
500339














回答結果は以下のとおりです。

●友人との連絡        74.03%
●動画や日記の閲覧        72.99%
●ひまつぶし          63.12%
●趣味、興味ある内容の閲覧    54.55%
●自身の状態を発信     45.06%
●人脈をひろげる、友人を探す  38.78%
●ゲームをする          22.75%
●各種アプリを利用          21.56% 
●贈り物をする            20.38%
●仕事のため           15.58%
●アンケートなどへの参加     10.90%
●その他            0.95%

後の調査結果でも出てくるのですが、 微信(WeChat)なども含まれているためか友人との連絡というのが利用目的の首位ですね。少し意外だったのはゲームやアプリ利用がもう少し高いかと思ったのですが、どちらも20%と強と割りと低い比率になりました。

現在、新浪微博(Sina Weibo)でもゲームを展開していますし、微信(WeChat) でもこれからまさしくゲームを展開しようとしていますので、少し気になるデータですね。


続いてはよく利用するソーシャルメディアのサービスは?という質問です。
500340














回答結果は、QQ空間が80.86%でトップで、新浪微博が78.72%、人人網が71.43%、腾讯微博(Tencent Weibo)が60.45%、微信(WeChat)が51.83%、朋友網が11.45%、豆瓣网(Douban)が10.04%、Facebookが5.45%、開心網が4.96%、その他が4.05%と続きます。

回答に偏りはあるかもしれませんが、人人網が予想以上に利用率が高く、それと相対的に考えると開心網の利用率が非常に低い印象をうけます。2年前のデータなので、参考にはならないかも知れませんが、中国SNS利用シェアで拮抗していたことを考えると少し驚きました。

また、微信(WeChat)も8割超では、とも思っていたのでこちらも少し意外です。今回は新浪微博どころか、腾讯微博にも遅れをとる結果になりました。

しかし、QQ空間Jiathis社のレポートでも情報共有先のソーシャルメディアとして長期に渡って首位をキープしていますし、利用ユーザー数も5~6億人ともいわれていますし、やはり強いですね(^^


次はソーシャルメディアを利用する際の機器は?という質問です。
500341 














携帯電話が81.18%で首位、PCが69.35%、タブレットが25.81%、その他が11.83%という結果になりました。

2012年末時点のCNNICのレポートでも携帯電話(モバイル)によるインターネット接続ユーザーが4.2億人になり、インターネット接続手段としては最も利用されている手段になっていますし、微信(WeChat)をようする腾讯はもちろん新浪などもモバイルソリューションに力を入れていますが、やはりモバイルが主流であるというのが改めてわかる調査結果です。


続いてはそのソーシャルメディアを始めたきっかけは?という質問です。
500342 














これは非常に面白い質問と思うのですが、”皆が利用しているから”というのが45.95%でトップで、”友達との連絡に便利だから”というのが43.92%と僅差で続き、以下”友人からの推薦”が26.35%、”自身で試してみた”が23.65%、”情報取得”が18.24%、”人my区を広げる”が8.11%、その他が4%という形で続いています。

この結果で少し今回の回答者属性が推測できるかなと思うのですが、”自身で試してみた” という23.65%がイノベーター~アーリーマジョリティくらいまでに属し、”皆が利用しているから”や”友達との連絡に便利だから”などはレートマジョリティに属してくるのでは、などと考えられます。

改めてこの結果を見てもアーリーアダプタ、アーリーマジョリティあたりを如何に取り込むか、というのは普及において重要な事項ですね。


さて、最後はもし何らかの事情でソーシャルメディアを利用できなくなったらどうする?という質問です。
500343 














これは一番最初の質問で毎日利用している人が3人中2人という結果をみると少し意外な結果なのですが、”不便だし受け入れられない(青色)”と答えた人はわずか3%に留まりました。
一番多かったのは”良いことではないが受け入れられる(赤色) ”が51%で、続いては”最初のうちは気にならないが、長時間だと不便に感じる(緑色)”が23%、”久しく利用してないので何も感じない(紫色)”が18%、その他(水色)が5%と続きます。

毎日利用はするが、利用できなくなっても多少不便に感じつつも受け入れられるという人が非常に多いのは少し意外でした(^^


さて、いかがでしたでしょうか? 日本や他の国でも同様な質問をして国ごとの傾向なども見てみたいですね(^^


情報元 => 速途研究院 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ 中国関連ブログランキングへ

2013年第1四半期中国SMS通信量は前年同期比0.5%増と微増も1対1のSMSは10.9%減少

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
先日2012年の中国SMS通信量が実質マイナス成長であったことをお伝えしましたが、工信部から最新の2013年第1四半期の状況が報告されました。

同報告によると2013年第1四半期のSMS総数は2321.4億件で前年同期比0.5%増となりましたが、1対1のSMS総数は1247.4億件で前年同期比10.9%減少したそうです。
SMSはメーカーやサービス提供会社などが最新情報の発信を行なったり、営業活動などにで複数ユーザーに一斉送信する目的にも利用されたりもしますが、その他の友人、知人同士など行なう1対1のSMS通信は前回の実質どころか数値としても減少という結果になりました。

それに対してマルチメディアコンテンツを含むMMSに関しては総数が221.7億件で前年同期比37.6%で、1対1のMMSは13.1億件で前年同期比で15.6%増という結果になりました。

下図は1対1でのSMS(左図)、MMS(右図)通信総数を四半期毎にグラフ化したものです。
n15343815   n15343798











先日、『ケータイメールは死ぬのか』という記事で日本でもLINEの影響を受けたケータイメールの利用頻度が減少するなど、コミュニケーション手段が変貌しつつあるありましたが、中国ではケータイメールがSMS、LINEが微信(WeChat)に置き換わった状態で同じ現象が起っているといえますね。

先述通り、SMSの減少に関しては微信(WeChat)の躍進が最大要因とは思いますが、中国移動中国電信などが既に先日お伝えしたとおり対抗策を打ってきてはいます。しかし、今後更に一歩進んだ策を打ってくるかということと、それに関連した微信(WeChat)有料化の流れには引き続き注視が必要ですね。


情報元 => TechWeb工信部ホームページ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ 中国関連ブログランキングへ

微信(WeChat)『公众平台』のトップ画面が一新 最新の利用事例も紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
以前紹介した微信(WeChat)の公式アカウント運用ツール『公众平台』のログイン画面が一新されました。
Screenshot_from_2013-04-11 21:17:28











前回、海外ユーザーが4,000万人を超えたという記事をお伝えしましたが、それに歩調を合わせるように地球儀のイメージを前面に打ち出し、海外に力を入れていくんだという意気込みが伝わってくる画面ですね。 ただ、海外版『公众平台』のログインページは更新されてないのですが、こちらは単に追いついてないだけなのかもしれません。。。

これに合わせたログイン後の画面や機能などの変更は特にないのですが、以前の紹介からのアップデートをしておくと、管理画面一番右側に『高級設置(高級設定)』が追加されました。
Screenshot_from_2013-04-11 21:25:18















ここには大きく2つの機能が配置されているのですが、『编辑模式』の方はキーワードを設定した上での『自動返信機能』の登録、設定と現在は利用できなくなっていますが、ユーザーのWeChat画面下方のメニューをカスタマイズできる機能があります。
Screenshot_from_2013-04-11 21:30:48














もう1つの『开发模式』の方は、開発者向けのメニューで同項目から開発者登録を行なうことにより、同公众平台のAPIを参照できるようになり、連携したアプリやツールなどが開発可能になるものです。


今回のログイン画面リニューアルでもう1つ注目すべきなのが同画面下方にある最新の利用事例紹介です。
Screenshot_from_2013-04-11 21:37:42















5社ほど紹介されていますが、上の画面に掲載されているのは航空会社の南方航空の公式アカウントで、微信(WeChat)を使って、ユーザーが発着地点や日付を入力すると当日当該便のリストを返信したり、目的地の天候を教えてくれるだけでなく、チェックインや座席予約まで行えるそうです。これなどは先に紹介した自動返信機能を上手く使いこなしている例ですね。

それと似たような事例が一番左にある『招行信用卡』、要は招商銀行のクレジットカードの公式アカウントの利用事例です。こちらもクレジットカードの残高やポイントが自動返信機能を使って確認できるらしく、その上返金手続きなども可能なようです。

もう1つは右端の『我的印象笔记』、いわゆるEvernoteの公式アカウントなのですが、こちらはEvernoteのアカウントとヒモ付をしておくと、微信(WeChat)で取得した情報などを直接Evernote上に保存できるサービスなようです。


タクシーの空車率低下のため微信(WeChat)を利用しているなどの記事もあるとおり、微信(WeChat)は様々な場面で使われだしてきてますね。今後も公式アカウント運用ツールの『公众平台』とユニークな利用事例には注目していき、都度紹介していきたいと思います。


情報元 => 微信(WeChat) 公式アカウント運用ツール『公众平台』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ 中国関連ブログランキングへ
ご相談、ご連絡はこちらから

微信(WeChat)を中心とした中国ソーシャルメディアの活用などに関する個別のご相談はこちらからご連絡ください。  

名前
メール
本文
IoTで中国工場を見える化!
IoT 工場 中国 効率化 問題 モバイル IT

 
Octo IoTでリモート、集中、リアルタイム管理
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
安徽省馬鞍山市や上海など中国での職歴8年超。中国ソーシャルメディア業界、モバイルインターネット業界が専門分野。
記事検索
  • ライブドアブログ