(原文)
木画の二像の仏の前に経を置けば、三十二相具足(ぐそく)するなり。
ただ心なければ三十二相を具(ぐ)すれども必(かならず)仏にあらず。
人天も三十二相あるがゆへに。

(現代語訳)
木像や画像の二像の仏の前に、経典を安置すれば三十二相が備わったことになるのである。
ただし、心がなかったならば、たとえ三十二相を備えたとしても、必ずしも仏とはいえない。
人界や天上界でも三十二相を持っているものもいるからである。

(原文)
木絵の三十一相の前に五戒経(ごかいきよう)を置けば、この仏は輪王(りんのう)とひとし。
十善論(じゆうぜんろん)といふを置けば、帝釈(たいしやく)とひとし。
出欲論(しゆつよくろん)といふを置けば梵王とひとし。
全(まつた)く仏にあらず。
また木絵二像の前に阿含経(あごんきよう)を置けば、声聞(しようもん)とひとし。
方等般若(ほうとうはんにや)の一時(じ)一会(え)の共般若(ぐうはんにや)を置けば、縁覚(えんがく)とひとし。
華厳(けごん)方等般若の別円(べつえん)を置けば、菩薩とひとし。
〔全く仏にあらず〕。

(現代語訳)
たとえば木像や絵像の三十一相を持った像の前に、五戒経を安置すれば、この仏は輪王とひとしい像となる。
また十善論という論書を置いた場合は帝釈天にひとしくなり、
さらにまた出欲論という論書を置くと、梵王にひとしい像となって、
全く仏とは違った像となる。
このようにして木絵の二像の前に阿含経を置けば声聞とひとしく、
方等般若の数多く説かれたその時々の教えの経を置けば縁覚にひとしく、
華厳・方等・般若の別教(べつきよう)や円教(えんぎよう)が説かれた経を置けば菩薩にひとしくなって、これまた仏とは全く別の像となる。

(原文)
大日経(だいにちきよう)・金剛頂経(こんごうちようきよう)・蘇悉地経(そしつじきよう)等の仏眼(ぶつげん)、大日の印真言(いんしんごん)は、
名は仏眼大日といへども、その義は〔仏眼大日にあらず〕。
例せば、〔仏も華厳経は円仏(えんぶつ)にあらず〕。名にはよらず。

(現代語訳)
大日経や金剛頂経・蘇悉地経等で説いている仏眼や、大日経の印と真言は、
名前は仏眼だとか大日といっているが、実際には仏眼でも大日でもない。
例えば仏といっても華厳経では円仏(すべて備わった仏)とはいえないのであって、
単なる名のみでは本当のことはわからないのである。