2009年03月30日

あっさりレビューを振り返って

下の記事を長く出しておきたくないから書くとか凄く不純過ぎる気もしたり。
あっさりレビューを振り返ると、無理をせず書きたかったのがスタンスかな。
選ばれたかったという欲は、僕は人一倍強いのはお分かりかなと(苦笑)。
ただ、最初のきゃのんPのを書いた時点で、それは無理と挫折致しました。
お題に沿う事すら途中で投げ出した感もあります。大変申し訳ありません。
これまでのこういう企画なら、企画前にすでに見ている事が多かったです。
今回のは、作品を追う事が出来ていなかった為、初見の作品が多かった。
そういった意味でなら、「あっさり」という企画に沿えたのかなあと思ったり。
恐らくPとして参加された方は、「あっさり」ではなく、寧ろ「じっくり」語る事。
文字数を問わず、内容的な意味で。そうしたギャップがあるかも知れない。
じっくりとは違うあっさりでする意味。そういう趣向が次回は問われるかな。
なんてRDGさんにプレッシャーを掛けてみる(笑)。いや、済みませんです。
企画的には、時間的にも内容的にも予想より全然大変だというのが本音。
Pの需要と、参加者の需要。特にブロガーとかではない方々も含めるなら。
そのバランスは難しいだろうと思います。参加者の皆様、お疲れ様でした。
最後に。纏めにある感想は、参加者の方は読まれる事をお勧め致します。



ot02070 at 15:00コメント(0)トラックバック(0)日記  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ブログパーツUL5
Categories
Recent Comments
あわせて読みたい
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ファンデーション