2009年06月28日

cha73さんへの返答

じっくり語り語られてみよう」返信記事。作品について。詳しくは、こちら
いきなり長くなってしまうけれど。本当に嬉しい記事をありがとうございます。
何処から答えましょう。振っといてあれですが、全部拾われると凄い量ですね。
「東京」の千早の笑顔について。折角ですし、ここから書きたいなと思います。
あの笑顔の理由が何だったか、今となっては、自分もよく分からないのが本音。
ただ、あそこは何かの笑顔を置くべきだと感じました。その思いがありました。
僕の中では、始めは笑顔がブラフのつもりでした。作りもの、イミテーション。
演技ですら、この時点の千早には無理でしょう。演技にしては上手過ぎる笑顔。
その判断は、各々に任せたい所ですし、何かこの後に見えてくればと思います。
まあ、うん、お任せで。色々考えて下さる事が本当にありがたいなと感じます。
さて、千早とそのPについて。確かに千早のPは、皆千早には甘いよね(苦笑)。
それは、もう仕方ないと思います。後、ゲームバランスも難しい事と思います。
付き合い易さ、理解し易さ、そういう部分とともに、パラメーターがあります。
千早も上手くいけば楽ですが、僕の場合、トップアイドルの意味では伊織が楽。
伊織も向上心の強い子だから。見ている世界は違うけど、そこに優劣はないね。
トップアイドルに育てるゲームな訳で、コミュを見る必要性がある訳でもない。
トップに立ってラストライブ成功するのであれば、思い出一つあれば十分だし。
そう言っていられずに泥沼に嵌ったのが、僕であり、多くの方であるのだなと。
衣装について。ちょっとだけ華やかな場所で活動させたかった。着せたかった。
これからレベルアップする事を考え、アクセサリーなしでも良かったのだけど。
こういった曲なので、かっこよく決めるにはこの衣装が良いと思いましたので。
Eランクに上がる作品でもあります。「東京」との違いを出したかったのかな。
もっと言うなら、ステージ上の千早は、若しかしたらFランクではないのかも。
当時を振り返っている様な。うん、僕の中でもきちんとした答えはないかなあ。
自分がニコマスを知ったのは、2007年五月。アイマスをしたのは、2008年一月。
なので、僕のアイマス像も、ニコマス像も色々あり、各々尊いものがあります。
無印やれの一言で片づけてはいけないものがニコマスにある。名言と思う次第。
千早は結婚早そう。僕も早く結婚したいのかな。そうなるのは見えてきた感じ。
それも良し悪しなのでしょう。どういう方向に向くか、未だ分かりませんねえ。
歌詞は、美学というより付けるのが面倒というだけ。僕は未だ付け方知らない。
それでも伝えられるものがあると思うのと、付けるのにもセンスが必要ですし。
ただ、それは分かる方が分かれば良いという間口の狭さに直結するでしょうね。
そろそろ僕も様々なステップを踏みたい。やはり歌詞付けも挑戦したい所です。
返信になったか分かりませんが、この辺りで。本当にありがとうございました。

ot02070 at 00:00コメント(2)トラックバック(0)じっくり語り語られてみよう  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by cha73   2009年06月28日 06:24
いやー、トップバッターが返事書きにくい奴ですみませんw
でもちょっとね、語り手サイドからの仕返しになったかなとw
みなさん難産だったと思うんでねw
自分の場合は曲がね、大好きなので
そのぶん早かったんじゃないかな。

東京の笑顔の話と、衣装の話。
この2つから察するに音Pはかなり欲に忠実だなw
MADなんて欲のカタマリだけど、
それが本能レベルから出てくる感じ。
コンセプトじゃなく衝動ね。
どんどん出していけばいいと思うな。
プラス、これを広く見せる方向でどうビルドアップするか。
正直、音Pと千早の未来が楽しみです。

これは少し先の千早がFランク時代を振り返っている、
という着想は後出しじゃんけんくさいけど、いいなw
いろんな意味で、この千早にとって重要な一作。
そういうポジションになると思いますね。
2. Posted by ot02070(音P)   2009年06月28日 13:00
凄いトップバッターで嬉しかったな。いきなりクライマックスでした。
いや、酷い仕返しをされました。ブロガー怖いと改めて思いました。
自分がそんなに欲深い人間だと思いませんでしたが、そうなのか。
確かにそうに違いない気がして参りました。剥き出しの欲望です。
それをどう着飾るか、上手く見せるかがポイントになるでしょうね。
後出しじゃんけんみたいですが、そうした発想自体はありました。
ただ、最初のプロットではなく、作りつつ、そう見えるかと考えた位。
強く押し出す部分ではありませんでしたが、こういった企画ですし。
そういう事も書けて、良い企画になったと思ったり思わなかったり。
重要な一作になる様に作っていきたいと。ありがとうございました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ブログパーツUL5
Categories
Recent Comments
あわせて読みたい
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ファンデーション