2009年06月28日

七宮さんへの返答

じっくり語り語られてみよう」返信記事。作品について。詳しくは、こちら
「俺の」千早という意味では、今回一番熱い記事だったなと(笑)。感謝です。
僕の想像するSランク、また、それ以降の千早ですが、大きな違いはないかなと。
僕も成功して欲しいですし、その傍らにPがいて、多くの仲間がいてくれたらと。
そう思いますね。辛い事を乗り越えて、一緒に大きい人間になれたら良いなあ。
僕が考えるに、千早にとって一番辛いのは、ランクFやランクEなのでしょうか。
自分が辛いと、真の意味で辛いと気づいていない分、未だ楽なのかも知れない。
本当に辛いのは、ハイライトは、ランクCの場面になるのではないかと思います。
更に言うと、彼女の一番辛い時期は、歌を歌えなくなる事、歌に迷う時期かな。
彼女は天才ですが、悩まない訳がなく、その苦しみは余人には理解出来ません。
例え一番近くにいるPでも。Pは、歌手ではありませんから。ランクAは幸せです。
でも、それは、幸せを得た千早の一息に過ぎず、彼女の物語は今後も続く訳で。
辛い姿は見たくないけど、順々に経ていかないと「僕の」千早に辿り着かない。
そんな気持ちでランクFから描いております。選曲的にきついものがありますが。
作品について。物語が始まっていない、転結がない感じるのは、その為かなと。
一つの作品で描き切れていないのは、作品としてはどうなのとも思うのですが。
「ティン!」と来るシーンは難しいですが、やはり上手く取り入れていきたい。
僕も見る専ブロガーの時期が長い為、初見の大事さを理解しているつもりです。
正直中々難しいのですが、惹き付ける、そういった作品を作れたらと思います。
最後に。コメント本当にありがとうございます。Pにとって何よりのご褒美です。
再生数とかコメントとかマイリストとか、本当に嬉しいものですから(苦笑)。
僕も千早が大好きなので、その思いを形に出来たら。ありがとうございました。

ot02070 at 00:35コメント(2)トラックバック(0)じっくり語り語られてみよう  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 七宮   2009年06月29日 21:12
方向がずれてしまった気がする語りに返答ありがとうございます!
ランクCの千早が一番辛い、ということに思わず唸りました。外から見ている分にはEランク、Fランクは辛い時期ですが、確かに余裕が出てきたからこそ、迷ったり悩んだりするんですよね…。まだまだ千早のPとしての自分の甘さを痛感しました。

「転結」がないのはこの後まだこの千早の世界が続いているんだろうな、という感じがしたので、返答をみてなるほどと思いました。個人的にはこういう作品好きです。
じっくり千早と寄り添い歩くような優しい作品を、また生み出していってください。返答ありがとうございました!
2. Posted by ot02070(音P)   2009年06月30日 21:20
丁寧にありがとうございます。寧ろ望む所の記事でもありました。
そればかりだったらどうしようと思わないでもないですが(苦笑)。
辛い千早は見たくないですね。僕も長い事そう思って参りました。
ただ、それを見るのも理解する為に大事かなあと漸く感じました。
それも上手く優しく表現してあげたら良いなあ。優しく接したいな。
そう考えております。Cランクは、千早には決定的な場面ですね。
こちらこそありがとうございました。頑張っていきたいと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ブログパーツUL5
Categories
Recent Comments
あわせて読みたい
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ファンデーション