2009年06月28日

wasabimoeさんへの返答

じっくり語り語られてみよう」返信記事。作品について。詳しくは、こちら
イメージについて。千早が事務所の中心というのは面白く、成程と思いました。
周りが世話を焼いてしまうからこそ、一匹狼であった千早がそうなるのですね。
僕は、やはり成長だと思うのです。音楽って人間的な部分も大事だと思うから。
若い時の曲、老いてからの曲。出せる色合いも音域も違うものになるでしょう。
好き嫌いはあるかと思いますが。でも、どちらが良くてどちらが悪い事もない。
目指す歌手像があればこそ、どの道も彼女の糧になるのではないかと考えます。
彼女の本質が求道者である事はED後も変わらず、何よりも彼女は未だ全然若い。
音楽に関する悩みも何も、これからだろうと。完成なんて未だ先の話かなあと。
作品の千早像との差異について。僕の作品は、Pと千早しかいない気が致します。
少なくとも他のアイドルの子は出ていません。救うのはPだと考えております故。
若しかしたらダンスパートの千早は、当時の千早を励ます存在かも知れません。
積み重ねられた世界を持って笑う千早という解釈は、その通りかも知れません。
どの様に壁を乗り越えたかは、これからの作品で何か示せたらと考える所です。
そういう意味で、この作品は始まりに過ぎず、でも、何より大事な始まりかと。
「アイマス」以降について。そうですね。この作品は、物語的になぞっただけ。
歌に、歌詞に僕の思いを乗せて。恐らくそういう作品になるだろうと思います。
なので、確かにニコマス的に目新しいものではないし、物語も始まっていない。
僕にとって、「東京」とこの作品が始まり。ここからまた大変ですが(苦笑)。
笑顔にしてあげたいな。一緒に笑いたいな。喜びも悲しみも分かち合いたいな。
その様に考えております。そこまで行ける日が来ると良いなと考えております。
作品と感想について。ああ、成程といった思いです。コミュを多く入れた理由。
それは、歌詞に合うからでもあるのですが、見て頂きたいと考えたからでした。
逆にそれが敷居を高くすると思いませんでしたが、言われてみればという感じ。
そのバランスや説明過少、更には説明過多は、大変難しい所だなと思いました。
人に見て頂くという事。それをもう少しだけ意識して、では、どうしたいのか。
きちんと考えていきたいです。とても興味深い記事をありがとうございました。

ot02070 at 00:40コメント(0)トラックバック(0)じっくり語り語られてみよう  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
ブログパーツUL5
Categories
Recent Comments
あわせて読みたい
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ファンデーション