カテゴリ:
お伝えしたように、社会人から作業療法士を目指すには、いろいろなギャップを乗り越えていく必要があると思います。

僕の場合、乗り越えられたのは、いろいろな出会いのおかげでした。

実習先での患者さん、同級生、家族…

もちろん作業療法士を目指して行く上で、必然的にいろいろな人たちと出会うことになると思いますが、最初のきっかけとしてオススメなのは、専門学校などの体験入学や学校説明会などです。

特に学校の先生方とお話できる機会があれば、ぜひお話してみてください。

作業療法士の教員をする場合、少なくとも5年以上は現場で作業療法士として働く必要があります。

お話することで、何となくでも、作業療法士の仕事についてイメージがわくんじゃないかと思います。