2018年10月18日

シルバーさんのいわれ

自宅からかなり離れた岡山県の都市近郊の田舎に宅地建物他の不動産がある。先祖が住んでいた場所で、大きな家があり、売却依頼しているのだが、もちろん簡単には売れない。地震が起きにくい県というのが売りなのだが、県の西部では洪水があった。

そして、草刈りを自分ですることは不可能なので、地元のシルバー人材センターに依頼している。まあ、プロではないので仕事ぶりはそこそこなのだが、地元では『シルバーさん』と呼ばれているようだ。

ところで、この「シルバー」ということばの語源だが、諸説あり、ネットで調べると玉石混交というネット情報の常に行き着くのだが、大別すると4種類。

A. 髪の色がシルバー
B. シルバー周遊券
C. シルバーシート
D. 銀婚式

まず、Aの髪の色説だが、実際には、シルバーの髪というのは存在しない。あくまでも白と黒なのだ。ある比率で混在していると、遠くから見るとシルバーというかグレーというかに見えるというだけだ。幸か不幸か長生きすると、真っ白になる。ただ、最近聞かないがロマンスグレーというコトバがあったはず。ちょっとずれているような気がする。

次にBのシルバー周遊券だが、発売されたのが1981年で、当初から「フルムーン」と愛称がつけられていた。どうもマーケティング・ターゲット(獲物)は銀婚式を迎える頃の夫婦ということで、銀=シルバーということになったようだ。現在では「一般フルムーン」と「シルバーフルムーン」に別れているようで、「一般」の方は、夫妻の合計年齢が88歳で、さらにどちらかが70歳以上の場合、さらに「シルバー」にもなる。70歳と18歳でもOKだ。ちなみに、捜査は進んでいるものの結論に至らない「紀州のドンファン事件」だが、77歳と22歳ということで、「一般」でもあり「シルバー」でもあったわけだ。

そしてCのシルバーシートだが、調べていると、わが国での老人の待遇について象徴的な発想が底辺にあったのだ。

まず、話は1964年。第二回東京五輪(第一回は1940年の予定で、都合により中止)の直前に大急ぎで完成した東海道新幹線だが、ゼロ系と呼ばれる(現在は700系まで進化)、特徴は鼻(及び尻尾)が短い。

一方、国鉄にシルバーシートが登場したのは1973年のことなのだが、当時の国鉄は問題山積で破綻寸前。実は、ゼロ系新幹線のシートの布が修理用在庫として大量に倉庫に積まれていた。放漫経営である。実際には、そのシートだが、グレーとも見えるしシルバーとも見える。新幹線グリーン車の座席がゴールド系だったので、光り輝いてはいないがグレーではなくシルバーと読んでいたわけだ。ということで、1973年の敬老の日にスタートした老人用のシートは、長期在庫品があてがわれたわけだ。すばらしい扱いである。

結果、シルバーシートと名前が付けられたのだが、今はシルバー色でない方が多い。高齢者の比率が人口の2割や3割になるからだ。優先順位の一位は妊婦さん、二位は外国人、三位は酔っ払いといったところだろうか。

そして、Dの銀婚式。結婚後25年の夫婦のお祝いだが、もともとフルムーンのターゲットだったこともあるのだが、結婚しない(あるいは止めた)人も多いし、そもそも30で結婚しても55歳では、何がめでたいのかも不明だ。語源としては弱い。

ということで、比較してみると、Cの「国鉄の在庫品」というのが語源に近いのだろうと推測できるわけだ。もっともシルバーの上の世代だが、言葉はゴールドやプラチナがあるのだが、プラチナ世代と言うと、おカネの乏しい年配者には向かないような気もするし、ゴールドというとオールドに聞こえるというマイナスがある。グランドパーソンとか、そんなところだろうか。そもそも海外ではそういう言い換えをするのだろうか?
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年10月17日

武器商人の孫

行方不明になったジャーナリストの苗字に聞き覚えがあると思って調べてみると、「地球上でもっとも有名だった武器商人」の孫のようだ。一族は主に米国に住んでいるようだ。

武器の多くは、米ソ仏が輸出するのだが、武器商人の仕事は大きく二つ。

一つは、新規売込みの紹介。もっとも先進国同士では、商人は出てこない。各種兵器会社が各国の軍と直接取引する。先進国でない国は、さまざまなコネや紹介者、仲介者が介在する。

もう一つは、中古兵器売買。何しろ戦争をしているのは正規軍ではないことが多い。正規軍、反政府軍、テロリスト等が武器を必要としているのだが、突然、政権が交代すると、正規軍が反政府軍に変わったりする。一方、国家レベルで新しい武器を沢山買うと、古い武器は不要になるので、これを換金して新しい武器代の一部に充てようとするわけだ。

中古車屋の原理だ。中古車屋がないと、新車の販売が落ち込むのと同じだ。そういう意味では兵器産業は一族に大いにお世話になったはずだ。

奇妙なのは、米国大統領はジャーナリストが行方不明になったことに、拳をあげたものの、「武器輸出を辞めると中露が売り込む」と根拠のない話をして、手打を図ろうというのだが、もともとS国の体制は米国的に言えば大問題。体制が行き詰まった時にはエネルギー供給上、大混乱が起こることが予想される。その時の米国大統領が各種板挟みで気の毒だとは思うが、・・・
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年10月16日

『B』印

「B」というのは、そんなにいい文字ではないのだろう。といってもB級品というのはA級ではないがC級やD級ではないわけだ。

で、きょうの話は、ゴルフのマーカー。小道具もいいとこだ。ゴルフで最終的にグリーンにボールが乗って、ホールに向かってパターでコツンと(あるいはパチンと)ボールを打つのだが、ボールの汚れを拭き直したり、一緒にラウンドしているプレーヤーの邪魔にならないように、ボールの代わりに一時的なマークとして置くもの(ゴルフをしなくても一度でもテレビで見れば、用途はわかるだろうが)。

以前は、小さなコインを使えばよかったのだが、一円玉では風が吹いて飛んでいくし、あまりにも目立たないので、自分のボールの位置すら見失うことがある。日本のコインは小さいのだ。といって慶長大判とか使うわけにはいかない。大きすぎる上に、金貨だし。マーカーはよくなくなることがある。

ということで、マグネットのついたマーカーでも紛失することが多い。要するに大振りなのだ。帽子が飛ぶほど振って、帽子はなくならなくてもマーカーが飛んで行ってしまう場合がある。(帽子が谷底に落ちたのでマーカーも一緒に無くなったというか取りに行けなかったこともある)

bmark


ということで、今回、500円強で買ったのが、「イニシアルマーカー」。それも『B』である。

名前からすれば、『O』か『Y』だが、どちらの文字も形が締まらないわけだ。ということで、『B』にした。実は、バーディのBのつもりだったのだが、後日考えてみると、ボギーのBでもあるし、普通に「BAD」という名詞の頭文字だ。Bを選んだのは失敗だったのだがそれを乗り越えなくてはいけない。

ところで、元々、イニシアルで『B』の人はそういない(日本では)。苗字なら馬場とか別所とかあるが、名前の方は少ない。以前「武一」という人がいてブイチと読んでいたが、本当は違っていたのかもしれない。そういえばベッキーというタレントがいて、本名は「別所絹子」であるという都市伝説があったが、本人が「本名は、レベッカ英里レイボーン」と明かしている。Bではないのはわかったが、名前はレベッカなのか英里なのか混乱する。

ところで、最近は大型のマーカーを使う人が増えているのだが、高齢化社会だからだろうか。よく見えるし。ただし、邪魔だ。ボールが当たると確実にボールの行き先が変わる。

少し前にはコインを使っていたが、今更よく調べると台湾の十圓硬貨だった。36円位だ。いかにもアナログだ。コインの肖像は誰なのだろう。孫文か蒋介石なのだろうか。

ということで、次のコンペでは「B」マークを使用予定だが、思えばブービーの「B」でもあった。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)スポーツ

2018年10月15日

プラナリア(山本文緒著 小説)

彼女の得意な短編集である。合わせて、直木賞受賞作。

彼女の小説を次々に読もうというような元気にはならないように、なんとなく重い小説を書く。少女小説から一般小説に転進したようだが、この重さがわかるとしたら、登場人物(男も女も)が、いかにも軽い人間のようで、深くややこしいところを持つことが多いということだろうか。

puranaria


この短編集でもなんとなく塞ぎ込んだ女性が登場することが多いのだが、彼女自体が直木賞の3年後にうつ病に見舞われ、回復までに数年かかっている。

実は、私は『メンタルヘルス検定一種(二種も三種もだが)』合格者で、「うつ病」に関しては、比較的詳しいのだが(「非常に詳しいので、相談に応じます」と書くと、医師法違反で禁固刑を食らう可能性があるので、そうは書かない)、メンタルヘルス不調(その中心はうつ病だが)で病院に行ったことのある人は15%もいるそうで、現時点で治療が必要な人は少なくても3%はいるそうだ。ということで、治る人が多いのだが、治る過程の個々人の気持ちについては、誰も教えてくれないのでよくわからないのだ。

治りかけてきたところで書いた「体験記」もあるようなので、次はそれを読んでみようかなとも思うし、家庭とか家族(それらは、場合によっては、崩壊したり失われたりした空虚な構造として出現したりするのだが)ばかり書かないで、筆力はあるのだから、冒険とか挑戦とかそういう方向に転出したらどうなのだろうかと思う。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)書評

2018年10月14日

黒楽(その2)

桐の箱には入っているのだが、清水焼と書かれている。楽といえば京都、京都といえば清水焼と言うことなのだろうか。清水焼というのは地名を指す言葉のはず。

kuroraku1


楽焼というのはむしろ手法の方なので、分類学上複雑な話になる。

kuroraku1


もっとも、清水焼による楽焼の「写し」というのは、かなり通常に作られているようだ。特に、樂家三代の道入(通称のんこう)の「のんこう七種」は人気だそうで、この陶器と比べてみたのだが、デザインが異なっている。

側面には「枯葉の図」が焼き込まれている。いや「枯葉」とは断言できないのであって、「身欠き鰊」にも似ているし、かつて水田に多く生息していた「ゲンゴロウ」のようにも見える。ただ、手でこねて成形したようには見えないのだが、それが一番重要な点だ。

スターバックスもプラゴミ追放運動を始めるのだろうし、茶碗各種をもっていって、コーヒーを注いでもらおうかな。

茶碗にこだわる緑茶カフェというのもいいかもしれない。
  

2018年10月13日

瀬戸際竜王、第一局逆転勝ち

タイトル100期か27年ぶりの無冠か、とイジメのような報道をされている羽生竜王の防衛戦の第一局が渋谷のホテルで開催。いきなり余談だが、ロビー階にあるホテル内で最も安いレストラン「かるめら」のデザートは芸術的だ。

99期で27年ということは、1年平均3.67個のタイトルを持っていたことになる。タイトル七つの過半数である。それがゼロになった時にはどうするのだろう。書きたくないが『**』という漢字二文字を思い起こしてしまう。タイトルを失えばただの九段である。今、段位別に一番多いのは九段なのだ。九段乱発だからだ。今更、九段とかプライドが許さないだろう。

ryuo1


ただ、簡単には引退できないわけだ。何しろトーナメントやリーグ戦で勝ち残っている棋戦は途中で辞められないので、今後、全部負けても1年近くは対局を続けることになる。さらに再びいくつかのタイトルを獲得したりすると、そのタイトルを失うまで何年も引退できないことになる。といってわざと負けるわけにはいかないし、対局数が絞られれば、その分、さらに強くなる可能性もある。力士でいえば休場の合間に出場して優勝する白鵬のようなものかもしれない。

それに、あまり早く辞めすぎると、通算勝数で再び谷川浩司氏に追い抜かれてしまうかもしれないわけだ。

第一局はかなりの不利に押し込まれたが、相手の手順前後に付け込み逆転勝ち。感想戦の席には、かつて羽生竜王から竜王位を奪い取った渡辺前竜王もいるように見える。立会人の島九段から羽生竜王が竜王位を奪ったのが27年前の初タイトルだったわけだ。記念棋士を集めたわけだ。



さて、9月29日出題作の解答。

1013ka


1013kka


初手は、この一手しかないが、玄関のドアをノックするような感じだ。桂と香を手にして盤面整理にかかるのだが21手の香打は遠くから打つと後に桂を打つ1四に捨て合いされて詰まない。

動く将棋盤は、こちら

なお、17手目の▲2二歩から22手目の△2二玉までは迂回手順になっていて、これを修正したのが以下の図である。途中で歩合強要で歩を取るため手順前後が解消する。長くならないように、玄関ノックの2手を省略した。

1013kb


1013kkb


動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

1013m


ヒントは横歩き対決。ダンスというか、『送り足払い』という私好みの姑息な技がある。

判った!と思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2018年10月12日

自転車泥棒

『自転車泥棒』というイタリア映画があった。貧しい庶民の通勤手段の自転車が盗まれ、途方に暮れた父親を励まし、息子が自転車を見つけるような筋だった気がする。また、今、読んでいる山本文緒の『プラナリア』という短編小説集の中の「どこかではないここ」という作品の中には、夫がリストラされ給料が半額になったため妻がバイトに行くのだが通勤用のママチャリを盗まれ、途方に暮れる場面が書かれ、息子が自分のマウンテンバイクを母親にいやいや渡すという美談に進展する。まあ、最近は、盗まれた自転車はオークションサイトで探せ!ということらしい。


大阪富田林署から逃走した容疑者の逃走劇は、ついに58日で終結した。元々の容疑が強制性交とか強盗致傷といったしょうもない罪なので、映画化は難しいような気もするが、『万引き家族』なんて映画もあるのだから、名監督なら何とかなるかもしれない。

おそらく、少し前にあった愛媛の脱走囚の場合、島の空家の屋根裏に潜んだり、雨の夜に瀬戸内海を泳いだりと、いわば影の中を泳ぎまわったりしていたので、先入観があったのだろうか。大阪南部に封印したとか言っていたのはなんだったのだろう。

明らかになった逃走ルートは、何度も同じ場所を行ったり来たりしているし、高知県では警察官から職質も受けているようだ。要するに、他県の県警は冷ややかなのだろう。捕まえたのも民間の万引きGメンの女性だそうだ。女性ならGウーマン(Gウイメン?)

途中同行者の男は利用されたのだろうが、こちらも頗る変で、車を山中に置き去りにして放置自転車を借用して乗っていた(占有離脱物横領)ようだ。厳密に言うと、最初の所有者が自転車を放棄するのも犯罪だろう。

捕まった時に容疑者が持っていた大量のサイクリング用の道具類だが、あちこちの道の駅で、他人の自転車からくすねたものらしい。なぜ盗まれたという被害届がなかったのか。

ここからは推測だが、容疑者はツーリングしている人たちの自転車を見て、「自分の自転車」を使っている人と、「他人から無断で借りている」人を見分けていたのではないだろうか。簡単に言うと自転車泥棒が狙われていたのではないだろうか。そもそも警察に届けられないわけだ。

途中から容疑者は、日本一周の旅に興味を持ち始め大胆になっていくのだが、もしかしたら四国の中だけでお遍路さんとして何周も一人でグルグル回り続けるという選択があったかもしれない。賽銭泥棒も兼務すればいい。たぶん捕まらないだろう。2周目で絶対に飽きるだろう。

しかし、日本一周と打ち出したものの、この「日本一周自転車の旅」には最大の計画ミスがあることを私は知っている。

阪神地区から出て四国を回った後、中国路を進んでいたのだが、このままいくと、九州を回って、日本海側を北上していくのだろう。そして、福井、石川、富山、新潟と進んでいくと、ついに季節は真冬の雪景色になっていくわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年10月11日

大塚家具は・・

少し前から大塚家具の研究をしていたのだが、業態が見えないわけだ。どうも、大塚家具で製造した家具、国内の中小家具メーカーから仕入れた家具。主に欧州から輸入する高級家具の3パターンのようだ。要するに三越商法。3パターンの比率がわからない。

逆に、今や三越商法こそ中小企業の生きる道ということで、中小の家具店は、なんらかのこだわりを打ち出して、そこに顧客生涯価値を見出して生き延びようとしている。といって、それは、何かこだわりのコアコンピタンスがあればこその話だ。

しかも、いまや日本では家具はあまり売れないわけだ。IKEAでも個店ベースでは売上減少ということで、店舗数を少しずつ増やしているが売れているのは、レストランと小物類ではないかと思っている。

実態を調べても、よくわからないし、ウィドゥスタイル(We-do-Style)を目指すという意味不明のコンセプトだし、そんなに品質に自信があるなら金持ちの多い中国で売ればいいのにと思うし、そもそもソファー3点セットだってリビングルームで家族共有の時間なんて絵空事だし、親子げんかの会社のソファーに座って家族団らんなど、喜劇だ。


ところが、現在進行形で大塚家具は、「8割引きセール」を決行中なのだ。10万円の家具が2万円だ・定価というのははっきりしないので、とりあえず5割引きの5万円で売るのが通常としても2万円となると6割引だ。どうも在庫はまとめて銀行の担保になっているらしく、潰れる前に換金して、先取りしようということなのだ。つまりXデイは近いのかもしれない。生きたまま内臓を売られる某国の「内臓狩り」のような話だ。そもそも、売れない家具がどんどん増えていくなんて、無秩序経営そのものだ。

ところで、先日、家具店2社(ニトリと島忠)を歩いた。犬がソファーで爪とぎを繰り返した結果、皮が破れてしまい、穴を塞ぐものがないか探したのだが、どちらにもなかった。結局、破れたところに自分で人工皮革を貼ることになった。やってみると簡単だ。購入するに対し100分の1、修繕するのに対し10分の1の費用だ。

そして、島忠にはいくつかあったのだが、急に人気が出てきた家具がある。

食卓用の椅子なのだ。それもロボット掃除機対応型。

そもそも、高級で重くて動かないような椅子なら考える必要はないのだが、日本人は軽量の家具が好きだ。軽量路線を追求するのは無印良品。すごく軽くて動かしやすい。ベッドでも片手で移動できる。そういう場合、ロボット掃除機は椅子を弾き飛ばすわけだ。ということで、はじめから足が床から離れている食卓イスというのが流行している。

イメージできないだろうから、パターンを紹介すると、二段重ねの肘掛けを付ける方法がある。2本の肘掛けの間をテーブルの上面板に挟むわけだ。次に背もたれ可倒式。背もたれが90度回転して、その倒れて床に平行になった背もたれをテーブル上面に引っ掛ける方式だ。最後に背もたれ湾曲方式。背板が肘掛けほどではないが湾曲して両側が前面に延びている方式。湾曲した両サイドをテーブルに引っ掛ける方式だ。

で、普通なら重くて動かないような椅子という方針もあるかもしれないが、日本人のニーズはそこではないわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)マーケティング

2018年10月10日

呪いの最終章か、丸亀城高石垣崩壊

台風の連発で全国至る所で崖が崩れているが、丸亀城の高石垣が派手に崩れた。

実は、丸亀城の天守閣は、全国の12しか残っていないオリジナルの天守閣のわけだ(388歳)。しかも、その高石垣は、日本でも指折りのスケールを誇るわけだ。

marugame1


過去に二度、城に登っているのだが、2014年に行った時の画像を少し逆光補正してみた。

次に今回の崩落個所だが、テレビの画像からおこしたのだが、私の撮影位置から写してもらいたかった。後半で触れるが、現在の天守閣が完成したのは1660年なのだが、さかのぼること70年ほど前、生駒親正という大名の時代に丸亀城は完成している。生駒氏は豊臣家の家臣で、戦功を重ねた結果、讃岐(香川県)を一括して17万6千石を与えられていた。そして、高松城の他に丸亀城も造ったわけだ。

marugame2


そして、運命の関ヶ原の戦いの時には、生駒親正本人は出家を装い西軍を支援していたのだが、お家の為に息子は東軍に味方していた(要するに、どっちが勝ってもいいようにしたわけだ)。その結果、讃岐の国の所領を守ることができたわけだ。ただし、徳川幕府による1615年の「一国一城令」により、高松城だけを残し、丸亀城の廃止が決まった。

ところが、よせばいいのに、猿知恵を使って、城郭をそのままにして周りに樹木を並べて隠そうとしたわけだ。(実際に高松城は海に面した平地で、治世面では好都合だが戦闘用としては無防備に近い)さらに。生駒騒動というお家騒動があり、改易になり、出羽国へ転封となる。さらに、讃岐は東西にバラバラとなり西側(丸亀)は一つの国となって、1643年に山崎家治を藩主として迎えることになる。そして、一国一城ということで、再び丸亀城が立ち上がることになる。

この山崎家治がどこから来たかというと、実は天草藩。天草と言えばキリスト教信者の天草四郎を中心に、年貢の厳しさに農民たちが公権力と戦って敗れた島原の乱が1638年のこと。

なぜ、年貢が厳しかったというと、島原や唐津の大名が、自分の格付けを上げるために石高を二倍にして幕府に申告していたからだ。そのため年貢も二倍になる。たまたまキリスト教信者が多い場所だったから、幕府はキリスト教の取り締まりという名目にしてしまう。

島原の乱では蜂起側は37,000人が全滅(内通者1名を除く)。幕府軍と合わせると40,000人が亡くなった。江戸幕府最後の戊辰戦争の死者は10,000人前後と言われる。島原の乱の次に国内で大量の戦争死者を出したのは1945年の沖縄戦で、約200,000人と言われる。

そして、島原の乱の後、天草(富岡)藩の藩主になったのが、山崎家治。徳川家による大坂城の新築を担当した石垣造りの名人と言われるが、あくまでも建物の土台としての石垣を作る(建築工事)のがうまいわけで、土木工事としての石垣は未知数。

しかし、新人大名の最初の勤務地が島原とは荷が重すぎた。元はと言えば、石高をごまかしたことから重税になったのだが、幕府としては認めたくないわけで、結局、藩の経営はうまくいかず、ちょうどバラバラになった丸亀に3年後の1643年に人事異動することになる。天草は御天領となり、石高問題はうやむやになる。37,000人の死者の怒りは山崎の背中に張り付くわけだ(怨念1)。

そして、山崎は丸亀に築城を決意し、見ての通りの絶壁に石垣を作り始める。そして石垣完成の日、山崎家治の胸には大きな不安がわきあがってくる。それは、この石垣工事の責任者だった羽板重三郎のことだった。難攻不落と思われるこの石垣を、彼はあたかも猿のように自由に石垣の上で移動しているわけだ。つまり大した石垣ではないと第三者に思われてしまうわけだ。

そして、山崎は重三郎に対して、古井戸の探索を命じ、井戸にもぐったあと、その上から大量の石を投じ、殺害してしまったわけだ。(怨念2)

山崎家治が丸亀に来たのが1643年。しかし、天守閣まで完成するには17年かかっている。まず、家治は、石垣が完成してまもなく1648年に亡くなり、息子の俊家が山崎家を継ぐ。ところがその利家は3年後の1651年に亡くなり、その息子の治頼が3歳で家を継ぐのだが、6年後の1657年に享年8歳で亡くなっている。その結果、お家断絶は免れるも改易となる(怨念3)。

そして、1658年に京極高和が6万石大名として丸亀藩は落ち着きを取り戻すわけだ。石垣が崩壊した一昨日まではだが。


しかし、この壮絶な怨念が石垣の崩壊ということで終結するのだろうか。画像を見ていると、この高石垣が無残に崩れてしまうと、その上に立つ天守閣は無事なのだろうかと疑問が湧いてくる。というか、見れば見るほど、疑問が確信に変わっていくわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)The 城

2018年10月09日

レッド・オクトーバーを追え(1990年 映画)

トム・クランシーが1984年に発表した長編小説の映画化である。原作とほとんど同じなのかよくわからないが、小説の構造は同じだろう。ソ連時代の末期の海軍のエリート艦長ラミウス大佐(ショーン・コネリー)が、最新鋭の原潜の処女航海で、そのまま数人の将校とともにアメリカに亡命しようと計画する。

ro


ショーン・コネリーといえば007シリーズ。特に名作は「ロシアから愛をこめて」。鉄道の個室や屋根の上で格闘するシーンが有名だ。今回は、そのソ連側として登場。存在感が大きすぎる。後で冷静に考えると、主演はCIAの情報分析官ジャック・ライアン(アレック・ボールドウィン)であるべきだ。トム・クランシーはジャック・ライアンシリーズの第一作として、この小説を書いたわけだ。

そして、ソ連の方は、あちこちに同胞を監視する人間を配置し、レッド・オクトーバー号にもKGBや政治士官も乗り込んでいて共産党の指示で動いているわけだ。その政治士官の名前が、プーチン。ご存知のとおり元KGBである。トム・クランシーは後になかなかやめない大統領になったプーチンのことを知っていたのだろうか。

大統領の経歴を調べると、やはり小説を書いた頃にはレニングラードのKGBで内勤の人事課だったようだ。そして、映画が完成した頃には、東ドイツにいて、東ドイツにいるソ連の大学生の監視をしていたようだ。そしていろいろあった結果、年金受給開始年齢を引き延ばそうとしていて、国内での人気が凋落しているようだ。

そして、映画の中のプーチン氏は、艦長の所作に不審を感じ密かに艦長室を捜索中に見つかり、ショーン・コネリーに絞められてしまう。そのまま、生死の判定もなく、海葬または冷凍処理されてしまう。

そして、最新鋭の原潜なので追跡されないまま、どんどんと米国海岸に近づいていき、ソ連海軍は大西洋に大群を配置し原潜ごと沈没させようとするがなかなか魚雷は当たらないわけだ。なぜ当たらないかというと、原作とおりだからだ。


ところで、潜水艦に乗ったことがある。海中ではなく、陸上。呉の海軍記念館の隣に退役した潜水艦が展示されていて中に入ることができるが、かなりの狭空間である。艦長室というのが畳二枚分位で、通路をすれ違う時は体を横にしなければならない。何しろ水中にいるわけだ。敵に音で場所を知られる可能性があるので、会話はできるだけしない。

潜水艦に乗るような忍耐はない、と思って出口を出ると、「海上自衛官募集」のパンフが用意されているのだが・・
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2018年10月08日

武藤選手プレミア初ゴールでほっとした人たち

人類で初めて市民革命を経験したにもかかわらず、身分階級や人種による差別を続けて崩壊感覚に近づいている英国で、武藤嘉紀選手がやっと初ゴールを決めた。グラウンドに立たないとゴールも生まれないが、まあ1点取ったぐらいではまだ何も始まっていないのかもしれない。

muto1


ところで、自宅近隣に、武藤選手を応援?する横幕を張っている建物がある。

『祝 FIFA ワールドカップロシア 日本代表 武藤嘉紀 (バディサッカークラブ卒団生)』

ワールドカップに出場し、例の3戦目の疑惑のポーランド戦に出場して球回しをしたわけだ(球回しは、本人のせいではないが)。

わからないのは、横幕の中の括弧書きに部分。バディサッカークラブ卒団生。

muto2


そして、この建物は、そのバディであるバディスポーツ幼児園なのである。

では、スポーツ幼児園というのは何かというと、3歳くらいから小学校に行く前の幼児が対象で(小学生はバディのスポーツクラブに入る)、いかにもスポーツを多くやる幼稚園のように思えるが、いわゆる幼稚園ではなく、幼児園のわけだ。ほぼ、スポーツだけをやるわけだ。幼稚園児が体操教室に行くことの裏返しのように、スポーツ幼児園児が勉強するには、算数教室や英語教室に通うのだろう。

武藤選手は、この幼児園で3歳の時からサッカーを続けて、紆余曲折の末、人種差別の国にいるわけだ。

私も、幼児時代にバディがあれば、きっと日本代表になって、ドーハの悲劇ではなくドーハの喜劇にしてやったのだろうと、とても残念だ。

さて、バディスポーツ幼児園で武藤選手の前後に有名人がいないかなと調べると、6学年上にマラソンの元公務員ランナー川内優輝選手がいる。奇しくも、この記事の原稿を書いているちょうど今、シカゴマラソンを走っている。

また2学年下には、女優の土屋太鳳がいる。最初はバスケットをやっていたようだ。彼女は日本女子体育大学(女子最初の五輪メダリストである人見絹枝の母校)に進学したが、体育教師にはならずに女優道を疾走することになった(ダンス学科だったが)。出世作「るろうに剣心 京都大火編」では、出演者の誰よりもアクションが得意で、主演はじめ共演者が困り果てたらしい。

ms


ところで、武藤選手だが、体操界の「ひねり王子」と言われる白井健三選手とよく似ていると前々から思っていて、ふたりの公開画像を拝借して比べてみた。確かに似ているが別人である。もし、よくわからなければ、見極める決定的なポイントがある。体の大きさだ。武藤選手は179cm、72kg。白井選手は163cm、54kg。二人が逆のスポーツを選んでいたら、どちらも失敗しただろうと思われる。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)スポーツ

2018年10月07日

仙鶴といえば

先週、怪しい黒楽茶碗の話を書いたが、次は唐津。一樂、二萩、三唐津といわれ、三流品扱いだが、実際はベスト3ということだろう。四とか五とか日本各地に焼物はあるのだから百くらいまで数えられるのかもしれない。

senkaku1


それで、この茶碗だが、きれい過ぎる。きれいで悪いわけはないが、日本国が中世から現代至るまでの歴史をくぐり抜けてきたような重みがないわけだ。

そして裏返してみると、まず、本来、流れ釉というように釉が垂れてきて不揃いになるのが自然だが、整い過ぎている。きちんとし過ぎているわけだ。きちんとして悪いわけはないが、例えば例は悪いが、街のとんかつ屋に入ってロースかつ定食を頼むと、キャベツの千切りが大盛りで付いているが、例えばスライサーでキャベツを千切りにしたものだと、何か物足りないわけだ。いかに達人でも包丁で千切にしたものとは異なるわけだ。

senkaku2


次に、陶印というよりも焼印みたい銘が入っていて、文字をじっと見ていると漢字二文字になっている。

仙鶴。

実は、この名前は畏れ多い名前で、表千家の初代家元であり、俳人でもある堀内仙鶴(1675-1748)という人物がいた。松尾芭蕉と重なった時代である。

茶道具の一つである竹製の花器を仙鶴という場合もある。また、内山仙鶴という陶匠もいるようだ。どうも、堀内仙鶴も利休と同じで自分で陶器を焼いたりはしなかったはず。芸と言っても物を作る芸と無形の技を究める芸とは別物なのだろう。

ただし、そういう時に便利なのが「○○好み」という単語。『仙鶴好み』という茶道具があったに違いない。

さらにいうと、その「好み」をコピーした「写し」という概念があるわけだ。知的財産権的には大問題だが。

つまり、「仙鶴好みの写し物」という範疇で考えればいいのだろう。

何を入れて飲もうかな。頭の中にある今飲みたい液体はカレースープなのだが。
  

2018年10月06日

テレビ中継用の駒など

藤井聡太七段に感心するのは、ほとんどの対局がテレビに映るということ。特にAbemaTVの目玉にもなっている。ところが、盤を上から写すだけでは、盤も駒も駒台も木製だし、背景は畳だ。すべて同系色で、いたって地味で見にくい。駒の書体だって源兵衛のように線が細く弱々しいのもある。

koma


NHK杯では一文字駒が使われるが、欠点は、駒の裏側。銀、桂、香の裏が金に似ている。かつて島九段は、相手の銀を取って、駒台に乗せるときに裏返しに置き、そのまま金として使ってしまったそうだ。500ウォン硬貨を500円玉として使うようなものだ(ゴルフのマーカーならOK)。

となると、改良版はもっとコントラストをつけて見やすいように白い駒に黒文字1文字がいい。裏は赤文字にすれば明快だ。超初心者のために公文式のように行き先の矢印付きもいいかもしれない。盤も黒塗りがいいかもしれない。駒音も隣の対局の音を拾わないように鐘の音のように鳴り響く金属製のものにしたらどうだろう。隣の対局をゴム製のソフト版にしてもらってもいいのだが。


さて、9月22日出題作の解答。

1006k


1006kk


比較的、つまらない手順かもしれないが、詰め上りのビジュアル感を重視した。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

1006m


短いので、ヒントは上げられません。深呼吸七回しているうちに詰ませてくだされ。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2018年10月05日

范冰冰脱税事件

中国でもっとも有名な女優である范冰冰が行方不明になっていたが、脱税調査を受けていたようだ。本人および本人の関係している会社の脱税が約40億円で、未納の税額と罰金と課徴金の合計で140億円払えば起訴されないらしい。日本ではちょっと考えられない。

また脱税額の3倍と言うことは罰金の類は2倍ということだが、日本では重加算税でも35%だ。もっとも、彼女の昨年の収入は60億円。来年から税率が上がって収入の半分近くが所得税になるとしても、過去の貯金だけで十分だろう。

ところで、「冰」という漢字だが、日本語では「氷」。名前に「氷」をつけるくらい映画では「冷たい女」を演じるそうだ。お国柄というべきか、中国では、「冷たい女(cool beauty)」が好まれるようだが、日本ではあまり好まれない。

冷たい女と言うと、米倉涼子、北川景子、沢尻エリカあたりかな。海外では、グレタ・ガルボ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ニコール・キッドマン。「氷の微笑」のシャロン・ストーンとかだろうか。ネコ顔は冷たいというイメージらしい。


ところで、中国の脱税事情だが、まず陰陽契約について。実契約と税務用の契約があるということらしい。報道でもっと踏み込んで調べてほしかったのは、どちらが陰でどちらが陽なのかということ。表面的な方が陽なのか、実質的な方が陽なのか。中国文化を知るには重要なポイントだ。

もう一つ、日本の税務署では、「契約書」というのは二次的バウチャーで、実際には「領収書」優先。さらに踏み込めば入出金の証明書(預金通帳とか)となる。契約書というのは商行為の前にあるものなのだから、契約通りになったかどうかの証明にはならない。

そして、実話編。

以前の以前の会社で、中国向けに輸出をしたことがある。日本のある港湾で物件の引き渡しを行ったのだが、契約の詳細は既に確定していて、代金の振込と同時に引渡しを行うことになっていたのだが、引き渡しの前日夕方になって、近くのホテルにいるはずの相手の会社の社長からブローカーを通して妙な要望があった。

おカネはきちんと払うが、インボイス(仕送り状)の金額を少なく書いてほしい、という内容だったわけだ。どうも輸入関税が、金額に対して何%というように定率で掛けられるので、関税対策をしたいということのようだった。つまり脱税のわけだ。もっとも、当方には何の関係もない話に協力するはずがないわけだし、どこの国でも脱税は重罪のわけで、深く考えずにうっかり協力すると、その時には何もなくても、何年か先に中国旅行に行くと、空港から鉄格子直行となるかもしれないわけだ。

ということで、要望はお断りして、翌日の引渡し日を迎えたのだが、朝、円貨がスムーズに振り込まれたと思ったら、日本にある別の会社からの送金だったわけだ。それでは輸出代金とは認定できないわけで、現場にいる輸出先の社長とその第三の会社を含めて急遽、これこれの契約書の基づく商品代金である旨の確認書を作って取引終了となったのだが、相手の社長は、直ちに姿をくらませてしまったわけだ。ブローカーに聞くと、近くのゴルフショップに日本製のクラブセットを買うために急いでいたということだった。

高額ゴルフクラブには関税はかからないのかな?と心配したのだが、案外、そういう少額だけは正々堂々と払ったりするのだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年10月04日

お人形の行方

ポスタルくらぶ会員誌「カラフル2018年9月号」の『人生いろいろ相談室』で、お人形についてのお悩みが題材になっていた。

相談されるのは、認知症にならないように人形作りに励む女性。要約すると、以下の通り。

粘土で人形を作り、自分の帯や着物を加工して洋服を作り着させていて、今では100体以上になり、家の中が人形ばかりになってしまった。自己流なので恥ずかしく他人に上げたり売ったりできず、かといってかわいそうで捨てることもできないし、これからも人形を作っていきたいので、どうしたらいいのでしょう。


いつものように決定的な解答があるとは思えないのだが、

Aさん:身近な病院や高齢者施設に寄付したら。

Bさん:これを機に、販売を目標に人形を作ったら生活に張りが出ます。

Cさん:地域のバザーに出品したら。家が近くなら私がいただきたい。

Dさん:「個展」を開きましょう。

Eさん:「メルカリ」

Fさん:神社庁に問い合わせして「人形の供養をして下さる神社」を探したらどうせしょう。

大別すると、「あげる」「うる」「もやす」の3種類ともいえる。

kata1


神社庁に相談しなくても、私がFさんに教えてあげましょう。和歌山県の加太港にある淡島神社である。人形を焚き上げる焼却釜が設置されていた。ポーランドにもかつてあった。しかし、人形を粘土で作っているということで、粘土は燃えない。

kata2


私見だが、心配しなくても、帯や着物がなくなれば、洋服が作れなくなるので、それ以上増えないのではないだろうか。あるいは粘土で作った裸の人形であふれるのだろうか。それこそ粘土の人形を庭先で野焼きすれば、ほぼ縄文土器といっても間違いない作品になるだろうから、それから個展を開き、売り払えばいいのではないだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年10月03日

怪盗ルビー(1988年 映画)

純粋なコメディだ。悲劇と言われる映画でも、実際は一縷の喜劇を含む場合もあるが、本映画には悲劇的なことなど何もない。この映画の何年か後に地下鉄サリンやいくつもの巨大地震が日本を襲うことなど、誰も気づいていない。そして、ついに憲法も大きく揺らぎ始めたわけだ。

rubby


主演は、ルビーこと留美という性悪女性で小泉今日子が主演である。相方になるのが徹(真田広之)。同じマンションの上下階の関係だ。ルビーの表向きの仕事はスタイリストだが、手っ取り早い金儲けの為に、ひったくりや宝石泥棒や銀行強盗を計画するが、一人ではできないので、小心者で善人の見本のような徹を篭絡して子分にしてしまう。

なんとなく、そのあたりの流れがスムーズに進むのは、脚本家が上手いのか、あるいは経験があるのかだろう。和田誠。監督も兼任。

実際には、助演男優には子分の素質がなく、下手を打ち続ける。そして、ついに警察の厄介になるのだが、奇跡的に無罪放免になる。

実際には、この段階で捕まっていれば、大犯罪にはつながらないのだが、無事帰還した徹について、次の犯罪では何をやらせようかとルビーは思案を始めるわけだ。

思うに、まったくの喜劇というのは明らかなのだが、それでも犯罪を行うシーンを見ているとドキドキしてしまうのは、私にはそういう素養がないからなのだろう。

主演女優は、その後、ある夫婦から夫を盗み出すことになる。一方、助演男優は、若手の多情女優によって家庭から盗み出され弄ばれることになるという映画と同じシナリオになり、急遽、金策のために邸宅を売り出すに至り、無神経な不動産屋によって、広範囲に「豪邸売却」の折り込みチラシをばらまかれることになる。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2018年10月02日

ご神木が損傷

台風24号の来襲により風速40メートル以上の風が午前1時頃から吹き荒れたのだが、おかげで朝から野良仕事をしなければならなかったのだが、聞こえてきた話では、「ご神木が折れた」ということだった。ご近所にある大地主の敷地内にカヤの老木があって、ごく一部の人は『ご神木』と読んでいる。

すぐに行きたかったが、自宅の方の片づけが先であるわけで、やっと終わってから行くと、すでに折れた部分は片付けられていた。二本のカヤのうち一本の樹頂部分が避雷針のように突き出している。そこが折れたのだろう。根元から折れたわけではない。

kaya1


二本とも幹は1メートル弱ということで、以前、地主さんと話していたのだが、樹齢は不明と言うことだった。カヤといえば碁盤、将棋盤にすれば桁外れの大金になると、その時に教えてあげたのだが、80センチでは厚い盤はできないかもしれないが、当の地主さんは、神木なんて思ってもなく、切り倒した時のソロバンを計算していて、やはり、切り倒すのはやめたようだった。

kaya2


ところで木が倒れたわけではなく、てっぺんの一部が折れた位で、天罰が落ちるのかということだが、そうなると、変な記事を書くと、このブログ(いやブログ作者)に天罰が下る可能性すら感じる。

しかし、周りを歩いてみると、地主さんの所有地の一角(一応、果樹園)が、住宅開発会社の手で住宅地として売られる準備が進んでいるわけだ。4軒程度と思われる、おそらく、その天罰なのだろう。その宅地に家を建てる方が、まとめて天罰の面倒を見てくれるべきだろう。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)おさんぽ

2018年10月01日

相当皮肉

9月6日に東中野の交差点で速度違反+酒気帯び+過失傷害+ひき逃げと重罪×4を起こした吉澤ひとみ被告が22日間の拘留を受けた後、原宿署から保釈された。

poster1


その際、原宿署の出口の壁には振り込め詐欺防止のポスターが貼られ、保釈を待つテレビ局のカメラに写り続けていた。どうも藤井聡太七段の写真に、「その手には乗らない!!」というコピーがかぶせられているバージョンのようだ。

poster2


実は、もう一枚の双子版のポスターがあって、「対策の一手、その電話。待った!」となっている。よく見ると、「待った」の方には「四段」と入っているのでレア物だ。

poster6


ところで、吉澤容疑者のレア物ポスターが発見されたようだ。埼玉県警の一日署長を長くやっていたようで、春の全国交通安全運動のポスター(と、それを手で持つ吉澤容疑者の写真があるが省略)である。「人も車も自転車も 安心・安全 埼玉県」。まさに人生の皮肉だ。考えれば、埼玉県での事故でなくてよかったということだろうか。ある意味、一日署長を長く務めていたという事実が、量刑にマルと出るかバツと出るか。よくわからない。

ところで、犯罪防止のポスターに登場した藤井聡太七段だが、今後、仮に何らかの事件を起こしたりしたら、このポスターが発掘されることになるのだろう。頭が明晰なのだから、考え始めたら完全犯罪を計画することは得意なのだろうが、将棋と同じで、いくら完璧でも負けるときはあるわけだ。せいぜい「待った」で反則負けという程度であってほしい。

大阪の「けいさつしょ」だったら、壁に張られるのは、例の逃走容疑者の写真なのだろう。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年09月30日

黒楽

先日の台風の大雨の後、京都本能寺に行った際、境内の樹木の根元の土が流され、土の中から瀬戸物のようなものが見えた。少しだけ掘り返してみたところ、茶碗のようだった。慎重にこっそり取り出し、持ち帰ってから泥を洗い流すと黒楽だった。黒い楽焼。

kuroraku1


知人に鑑定してもらったところ、本能寺であるところから、ここで明智光秀に討たれた織田信長が愛用していた黒楽(黒い楽焼)であり、信長に寄贈したのは、歴史上は千利休ということになっているとのこと。創作者は樂家創始者である長次郎。もちろん鑑定額は、200,000,000円。

ここまでの話が本当ならば、うれしいが、一から十まで嘘だ。京都に行ってないし、今の本能寺は信長の時代の本能寺とは別の場所。長次郎は、本能寺の前年に楽焼を発明したばかりで、まだ寄贈するほどの腕ではなく、さらに長次郎の楽焼を持っていたのは千利休で、秀吉とは当時は親しかったが、誇り高い男がプレゼントなんかするわけがない。鑑定額だけは、本物。と言いたいが、願望である。

箱が桐箱ではなく段ボールとはとはいえ、一樂、二萩、三唐津というように楽焼は人気だ。特徴は楽焼らしく歪んだ形状。まず上面は平ではなく5つの凸凹があるのが決めごとである。あまり凹凸は大きくないところが奥ゆかしい。製法は手捏ね(てぐすね)である。サイドにはやっとこ跡が残る。火中よりやっとこでつまんで取り出すため、跡が付く。

kuroraku2


手でこねただけなのだが、外から見ても本体に横向きに溝が二本あるが、茶を点てる時に都合がいいらしい。カップの目盛りのようなものだろうか。

裏返すと大きな陶印が見える。裏から見ると安物風の感じが漂う。茶に代えて何を入れて飲もうかな。確か「黒丸」という芋焼酎があったような・・
  

2018年09月29日

「待った」した棋士

9月6日に東中野の交差点で速度違反+酒気帯び+過失傷害+ひき逃げと重罪×4を起こした吉澤ひとみ被告が22日間の拘留を受けた後、原宿署から保釈された。

poster1


その際、原宿署の出口の壁には振り込め詐欺防止のポスターが貼られ、保釈を待つテレビ局のカメラに写り続けていた。どうも藤井聡太七段の写真に、「その手には乗らない!!」というコピーがかぶせられているバージョンのようだ。

poster2


実は、もう一枚の双子版のポスターがあって、「対策の一手、その電話。待った!」となっている。よく見ると、「待った」の方には「四段」と入っているのでレア物だ。

しかし、

待ったは、まずいのではないだろうか。


さて、9月15日出題作の解答。

0925k


0925kk


当初図に欠点があり、ご迷惑をかけました。6手目の合駒だが、飛と角は品切れ(当初図は角が品切れでなく、変同余詰あり)、金銀合は、2三竜引、同角、2四金(銀)以下の早詰。桂と歩合は本筋とおなじように進んで2手早く詰む。なお、2七角は、単に品切れ用の花駒に見えるが、2七に何かおかないと、2七桂打で詰む別の余詰がある。もっとも、三手目は不成でもいいので、なかなかうまくいかない。

動く将棋盤は、こちら

今週の問題。

0929m


長いだけで紛れは少ない。ゴルフの7ホール分くらいかな。数を間違わないように。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(5)しょうぎ

2018年09月28日

コナ・コーヒーのロバの店

世界三大コーヒーというと、キリマンジェロ、ブルーマウンテン、そしてコナというようだ。アジア代表としてトラジャも入れてあげたいところだ。

そして、このうち、コナ・コーヒーだがハワイ島の産である。確かハワイの王様が客船により英国訪問した折、文明化していないハワイから細菌だらけのロンドンに行ったため、病気になり、抵抗力もなく亡くなってしまうという事件があった。ハワイまでご遺体を運ぶ途中に船がブラジルに寄港した際、コーヒーの苗木をブラジルからオアフ島へ持ち帰った。(現在のブラジルは特にアマゾンの貴重な生物のDNAを他国に利用されないよう、動植物の輸出は特に。厳しい。)

ところが、持ち帰った苗木はオアフ島の気候には合わず、枯れ木になりそうだったところ、誰かがハワイ島に移植したところ、土と光が良かったらしく酸味の強い切れがあると同時に香りのある特産品となった。愛媛ミカンと同じように太陽からの直接光だけではなく、海に面した丘のような斜面地にコーヒーは植えられ、海面からの日光の照り返しもあって、生育が良好だった。一方、火山灰で急傾斜地なので、収穫は手作業となり、豆の単価は高い。

cof0


自宅近くには知っている限りでは、コナ・コーヒーの店は3店ある。ただし、1店はハワイ料理店、1店はスウィート店なので、コーヒー中心の店は、ショッピングモール内にある『Bad Ass』という店。バッドアス。アス(Ass)には主に二つの意味がある。「尻」と「ロバ」。このうち、「ロバ」の方らしい。コーヒー畑で一生懸命働いていた(いや、働かされていた)そうだ。それなのにBadまで付けられた。

cof1


で、ここでは主に3種類のコーヒーがある。
 コナ・コーヒー(コナ・コーヒー100%)
 コナ・ブレンド・コーヒー(コナ・コーヒーブレンド率10%)
 フレーバー・コーヒー

そして、100%の方は490円で、10%は250円。

もちろん100%の方を飲んだのだが、画像では味や風味が伝わらなくて、残念だ。


また、ハワイのスイートの一つとして有名な『マサラダ』という揚げパンだが、数日前の宴会で1Kg太ってしまったので、自粛。アサイーボウルだったら自粛困難だったろう。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2018年09月27日

米国の赤字は変わらないような気がする

OPECが米国から要望された原油の増産をしないことから、世界中で原油価格が上昇することになった。そもそもOPEC及びそれ以外の輸出国(ロシア、ブラジル、メキシコ、英国・ノルウェー)の中で、米国の言いなりになりそうな国は、サウジアラビア、クウェート、イラク位なのだが、今や増産しようという国はないわけだ。

もともと原油を増産して価格を引き下げていたサウジも、長年それを続けたために、埋蔵量にダメージを与え、枯渇の悪夢が近づいているわけだ。特に問題は、売りやすい軽質原油を先に安売りすれば、売れ残っていた重質原油も稀少価値から値段が上がるだろうと思っていたのに、どうもそうなりそうもないことに気付いたわけだ。となると、高値で利幅を取って、埋蔵量を長持ちさせた方がいいし、細く長く高くということになったわけだ。

政治的にもサウジは米国がイスラエルとパレスチナのどちらの肩を持つかが心配で米国に追随していたものの、トランプ政権がディープなイスラエル寄りということで、サウジは米国にすり寄らなくても悪いことにはならないと思っているわけだ。米国債も中国、日本、サウジの三か国が大量保有していて、抵抗しても悪いようにはされないと誤認しているだろう。

ところで、なぜ、米国は品質が悪い中国製品を安価で大量に買うのか、ということだが、米国そのものの問題のような気がする。日本にも中国製品は大量にあるが、安物もあるが本物のようなものもある。明らかに製品の最低ラインというのがあるわけだ。米国は安物の許容範囲が広いから、そのレベルに合わせて品質ダウンした製品が大量に流れ込むことになる。

問題が複雑なのは、中国から流れ込む製品の分野で米国企業が生産するものは少ないというか、中国以外の国から輸入することになると思われるわけで、対中収支が改善されてもどこかの国との赤字が増えるということだろう。

あるいは、今まで人件費が安いことを理由に成長してきた中国が、さまざまな合理化策を打ち出して原価ダウンに成功すれば、結構、隙のない立派な国になってしまうので、それも困るわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)マーケティング

2018年09月26日

同窓会はバラバラに開く時代?

テレビCMにゴールデンボンバーを使い、ボウリング場の再生ビジネスに突き進んでいるかのような「ラウンドワン」社だが、実際の売上では、ボウリングは1/4。アミューズメントが1/2で、残る1/4がカラオケとスポッチャとのこと。

そして、ボウリングとカラオケの分野で12月頃から来夏にかけて現在投資を行っている新しいシステムが稼働する。正確なシステムの名称は教えてもらっていないが、「(仮称)ラウンドワンLIVE」ということにしているそうだ。

離れた会場を大型モニターで繋いで、同時空間を共有するという感じだ。例えば北海道の高校の同級生が、二十年後に札幌と東京と大阪のボウリングレーンやカラオケルームに集まって、バーチャル的共有空間を作るわけだ、遠隔地間のボウリング大会もできるし、別にカラオケを歌わなくとも三か所のルームが共有空間になって歓談できるわけだ。

大当たりなのだろうか。大外れなのだろうか。ちょっと想像しにくい。個人的には、テレビ会議みたいで嫌だなと感じるし、パーティで他人と話すのが苦手な人などは、積極的にしゃべりまくらないと、その場所にもどこにも実在してないみたいになってしまうのではないだろうか。

さらに、これは素晴らしいシステムだ、と社会の多くの人が思うようになると、カラオケルームすら不要で、全員自宅にいてパーティをすることすらできるような気がする。結婚披露宴の時に、新郎新婦と仲人が別会場にいたり、そもそも新郎と新婦が別の場所にいるかもしれないわけだ。もっとも葬儀なら大丈夫だろう。夫婦一緒のケースはかなり少ないだろう。俳句の会もいいかもしれない。カンニングできる。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)マーケティング

2018年09月25日

1枚の写真から

今月号の新潮社の書評誌「波」の表紙から。

有名な太宰治の写真である。林忠彦撮影の写真は、文学界で最も有名な写真とされている。三島由紀夫の死亡現場の写真も有名だが、雑誌の表紙に使われることはまずないだろう。将来、村上春樹氏がノーベル賞の受賞電話を受けた時の「こみ上がる笑いをかみ殺しきれない一枚」というのも有名になりそうだが、家にカメラマンを待機させるわけにはいかないので自撮りするしかないかもだ。

nami9


そして、太宰治の写真だが、通常は縦長にトリミングされていて、太宰が誰に話しかけているかわからないのだが、オリジナルは正方形の写真で、話している相手は背中しか見えないが、坂口安吾だ。撮影メモによれば昭和21年(1946年)11月25日。場所は銀座五丁目のバー・ルパン。今も営業していて、このポーズで自己撮影することも可能だ。カメラマンの林忠彦は、3人の作家の座談会に出席したが、撮影しようとしていたのは、結核で死期の近づいていた織田作之助だった(翌月入院し、2ヶ月後には他界した)。

ところが、ここで太宰は、オダサクばかりではなく私も写せ、と言い出す。その結果がこの一枚となる。

ところで、『波』の表紙では、右下に白抜き文字で、「直治の遺書。姉さん。だめだ。さきに行くよ。 太宰治」とはめ込まれている。てっきり、本物の太宰治の遺書だと思い込んで、調べると、小説『斜陽』の中の一節だった。それに太宰の本名は直治ではなく修治だ。遺作は『斜陽』ではなく、『人間失格』だし。『斜陽』の生原稿から文字をコピーして写真にはりつけたようだ。写真+生原稿=ただの表紙。芸術の改造だ。新潮社は、どこかおかしくなっている。ドル箱作家村上春樹に逃げられてモラール低下なのだろうか。

そして、ここからだが、写真をみて気になるのが太宰治の腰のあたりからこぼれ落ちそうな新聞的なもの。見出しには「ン」という字が読めるが、手掛かりが少ない。とりあえず、新聞と仮定し、撮影日の11月25日の周辺の事件を調べてみると、奇妙なことが起きている。

11月23日には太宰の生家である青森県五所川原市で大火が発生している。その翌日、24日には青森県庁で火災が発生し全焼。太宰治の兄は、翌年、青森知事になっている。そして11月25日には第91回帝国議会が開催されている。現在の日本国憲法は帝国憲法による憲法改正手続きを踏んで成立したものである。この年の11月3日に新憲法が公布され、翌年5月3日に施行されるのだが、そのつなぎ目の期間の暫定的な法律などが可決されている。

ところが、「ン」の字の意味はわからない。まあ大図書館にいって、当日の新聞の縮刷版をあらためると判るかもしれないが、判らないかもしれない。

そして、林忠彦氏は文壇の中でも「無頼」というカテゴリーの文士を多く写していて、太宰治だけではなく、坂口安吾、三島由紀夫、瀬戸内晴美、壇一雄、織田作之助、高見順、田中英光の計八名のオリジナル写真からおこした超高精彩版画集が発売されるそうだ。トタン製BOX入りで、120,000円である。税率が上がる前に勝った方がお得である。

一方、写真にはめ込まれた、太宰治の生原稿だが、昨年亡くなった新潮社元社長宅から発見されたそうで、他の生原稿とともに駒場の日本近代文学館に寄贈されたそうだ。それらの資料は、10月13日から12月1日の間、展示されることになっている。もともと新潮社という会社の資産である生原稿を、社長が個人所有していたというのは、いかがなものなのだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)書評

2018年09月24日

バンクーバーの朝日(2014年 映画)

前から、野球映画のことであることは知っていたが、それ以上のことは知らなかった。大恐慌のあとの世界的景気後退の中、第二次大戦が近づいていることも知らないカナダ移民の二世たちが、日本とカナダという文化の違う両国のどちらを意識して生きていたかということが、テーマなのだろう。そう考えると、一世の世代の人たちの考え方は簡単だ。出稼ぎ感覚でカナダに渡ったわけだ。ところが安い労働力として使われるだけ。

二世は複雑で、日本にはもはや根がなくカナダとうまくやるしかないということで、社会とだけではなく親との対立も発生する。

asahi


その中で、価値観の異なる日系社会を一つにまとめるのが「バンクーバー朝日」という野球チーム。実話では白人選手も入っていて弱くはなかったが、映画の中では最弱チームになっている。

弱いチームが強くなるというのは、まったくよくある筋で、ある意味惰性感があるのだが、普通に考えれば、異国の中で苦労する日本人が日本人会を通じて団結を深めるという、あまりよろしくない方向性も見える。モンゴル人力士会と同根のようにも思える。言いたいことがよくわからないとも言える。

そして幸せな時間は短く不幸な時間は長い。真珠湾攻撃の後、日系人は、その多くがカナダ国籍だったにもかかわらず、うむも言わせず強制収容所に送られることになる。米国の収容所は日本敗戦後、比較的短期で開放されたのだが、カナダは長く解放せず、最後の釈放まで終戦後5年かかっている。

キャストは、妻夫木聡がショート、亀梨和也がピッチャー。今やドコモのCMでXJAPANの「紅」をアカペラで唱っている高畑充希が妻夫木聡の妹役で、アカペラで「Take me out to the baseball game」を唱っている。やはりヘタなのかウマいのか判別できないように聞こえる。

そして、本映画の上映から3年後、2017年2月に日本のテレビ局が、メンバーの一人だった上西功一氏(ケイ上西)と対面している。その時点でチームの存命者は95歳の彼だけだったそうだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(3)映画・演劇・Video

2018年09月23日

芸術の森の違和感

現在では六本木のミュージアム・トライアングルや東京現代美術館のように大型の美術館は都内各所に分散しているが、昭和時代には、「芸術と言えば上野」というように上野に博物館や美術館が集中していた。

JR、いや国鉄の上野駅の公園口を出ると道を渡って正面に東京文化会館があって、右手に西洋美術館がある。まっすぐ正面には上野動物園があって右手の方に向きを変えると西洋美術館の先には科学博物館があるが、なぜか広い空間があって、左側にはポツンと東京都美術館があるが他には大きな建物は何もない空間である。その空間を山手線と同じ向きで進むと国立博物館がある。門はすぐにあるが、建物はずっと先、この敷地の一番奥と言っていい場所にあり、付属のいくつかの建物も奥の敷地境界の方にあるわけだ。

ueno


かなり不思議な土地の使い方である。そもそも普通なら、広場の中心に国立博物館や国立美術館を建てそうなものである。一歩譲って動物園だっていい。

ずっと以前から、違和感をもっていたわけだ。今年の猛暑の時など。駅から100m歩くのだっていやなのに国立博物館まで行って、二階まで階段を登るなんて・・(その割に秘宝はないし)

実は、このことについて合理的に書かれたものを読んだことはない。確かに公園整備というのは近代日本の一つの命題ではあったのだが、大公園の端ではなく中心に博物館があっても何の問題もないだろう。

実は、最近読んだ本の中で(というか幕末史の中のA級イベントだが)、西郷・勝会談の後、江戸の無血開城となったわけだが、幕府方の武士の中で、「このままでは武士の名折れ」とばかり上野の山の寛永寺に立て籠もっての抵抗が始まった。いわゆる彰義隊である。

そして、これを攻撃するのが薩長連合軍なのだが、当時の地図を重ね合わせると、そもそも寛永寺というのは巨大な敷地のわけだ。つまり上野の森=寛永寺ということのわけだ。上野の森というのは京成上野駅の裏地、西郷隆盛が犬の散歩をしている場所なのだが、そこが寛永寺の入口である。資料によれば、南側、つまり上野駅や動物園の方から攻めたのは薩摩側で、北側、つまり谷中の方で待ち伏せするのが長州側で、大村益次郎が全体の大将だった。大将が裏口にいるというのも奇妙だが、そもそも長州勢は強くなかったはずだ。金もなく下級武士や農民の寄せ集めみたいなもの。日本陸軍につながっていくわけだ。薩摩側は南側から当時の核兵器のようなアームストロング砲をボンボン使って攻め立てるわけだ(この兵器を国産化したのは佐賀藩の田中久重という技術者で、その後、東芝の元の会社を創業する)。そして、突撃が始まった。

薩摩勢は示現流という殺人剣を使い、立ち向かう者は首ゴロゴロということになり、残党は長州勢の待ち構える谷中側の日光街道方面に逃走する。今の山手線の場所が日光街道で中山道や奥州街道に続いていく。なぜか、大村益次郎は多くを逃がしてしまい、これが奥州一帯から函館まで続く戊辰戦争になっていくのだが、わざと逃がして日本の端まで追い詰めようという大村の戦略だったのか、単に戦いに強くなかっただけなのか、わからない。

話が横道に逸れたので戻すが、寛永寺の敷地内は戦死者や大砲で吹き飛ばされたり、刀で切られたりでバラバラになった体の一部が散乱したのだろう。そして官軍側の犠牲者の身元は特定できても彰義隊の方の身元を確認するような状況ではなく、公園のあちこちに埋めるしかなかったような気がする。新暦では7月で、暑さのためそのままにはできない。つまり、ある意味で寛永寺自体が墓地ともいえるわけだ。

ということで、広いところには建物がなく、端の方に建物が建っているということのように思える。

都美術館の場合、1926年に完成した時は今の場所ではなく、野球場になっていた今の場所に建て直されたのが1976年ということで、ちょうど上野戦争から108年が経過している。祟り終了ということだろうか。

それから既に40年が経ったのだが、公園の中心に近い場所には、スタバのカフェがあるだけのようだ。祟りの有無の確認なのかな。いつもよりフラペチーノが冷たく感じた時には、彰義隊の無念を祈りながらストローでプラカップを108回叩いてもらえばいいだろう。もっとも、スタバはストローを廃止するようなので、フラペチーノというメニューが存続できるかどうかは疑問なのだが。
  

2018年09月22日

将棋ペンクラブ大賞は藤井尽くしに

将棋ペンクラブの選ぶ第30回ペンクラブ大賞が決まった。

club


観戦記部門の大賞は、大川慎太郎氏の竜王戦本戦一回戦の『藤井聡太×増田康宏戦』。29連勝した一番だ。

文芸部門の大賞は、杉本昌隆氏の『弟子・藤井聡太の学び方』。

技術部門の大賞は、藤井猛氏の『四間飛車上達法』。

三作とも藤井絡みだ。一つは別人だが。さらに観戦記部門では、藤井聡太氏の羽生戦の自戦記もノミネートされていたようだが、「ファンサービスが少なく」「大言がなく」「判断が自戦記的ではなく客観的に書かれている」という意味で受賞はならなかった。将棋が正確で強すぎるということなのだろう。

来年は「藤井聡太の倒し方」というような本がでるのかな。


さて、9月8日出題作の解答。


0922k


0922kk


普通は、5手詰めできれいに終わるところ、泥仕合になる。途中、3二での龍の精算はどちらの龍を捨ててもいいということではない。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0922mm


先週の問題は、大混乱をいたしたが、今週は無事だろうか。詰め上りのビジュアル優先作。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2018年09月21日

日本で必要な人材は?

自民党総裁選挙が終わる。一応、無記名投票ということで、地方票は安倍晋三、石破茂の両氏が近い票数であり、国会議員票は現職総理に傾いた。それほど支持されているわけではないということなのだろう。

投票風景をテレビで目にしたが、記入用紙の記載が会場内に見えるようにわざと開いたまま投票する議員がいた。氏名の最後が右に手が動く晋三と、斜めに手が動く茂では異なるので、投票ボックスの中で、「茂」と書いた後、手だけ「三」というように動かすという技を使う議員もいるそうだ。名付けて『エア・スリー』。難易度1だ。

石破票の中には、固定ファンの票と反安部票が混ざっているのだろう。本質的に石破氏は偏っているようにも思えるのだが、偏らないと目立たないのでフリ(エア・ライト)をしているだけで、実際に総理になると、現職と変わり映えしないということかもしれない。

要するに、今、日本に必要なのは、「首相候補」なのだろう。

先日、甲子園で優勝した大阪桐蔭の投手兼遊撃手の根尾昴君だが、学業成績ほとんど5、生徒会長経験あり、アルペンスキーの日本代表で足も速く、両親は医師ということ。何も150キロの球を投げられからと言ってプロ野球にいかなくてもいいのではないかと思っていたのだが、日本に必要なのは「首相候補」ということに思い至る。

その他、日本に必要な職業は「男優」。女優陣は優秀だ。一人減ったけど。ただ、根尾君は、顔はイマイチ、生活態度は模範的ということで、これは俳優としては、どちらも不適合のように思える。

上に首相候補と書いたけれど、といっても、現実的に政治家になろうとしても野党に所属するしか立候補の枠がないのだが、よく考えると大政治家というのは、「野党にこそ誕生する」わけなので、「めざせ野党党首」ということかもしれない。もっとも、高額冷蔵庫を購入する時に10年後に存続するメーカーを選ぶのと同じで、政党を選ぶところで、すぐに挫折するかもしれない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年09月20日

学院大学につき女子学生比率

2日前に大学別女子学生比率をながめていたのだが、なんとなく女子に人気なのは、キリスト教系で○○学院大学という名称ではないかと思って、さらに絞り込んでみた。

ただし、その目的で調べているうちに疑問が湧きあがってきたのだが、「なぜキリスト教系の大学は学院を名乗るのか」ということで、もちろん学院がついてもキリスト教(ミッション系)と関係ない学校も、いくつかはある。國學院とか工学院とか作新学院とか山梨学院など。といっても少ない。思えば、学院(あるいは学園)の下にさらに大学というのも二重性である。何らかの理由があるのだろうと目星は付けているのだが、なんとなく調査は時間がかかりそうだ。

gakuin


それで、表のようにまとめてみた。大学名はこの表記の下に「学院大学」と付ける。例えば明治というのは明治大学ではなく明治学院大学のこと。順位というのは学生数総数の全大学順位である。女子だけの大学は除いている。

元々、女子だけの大学というのがあるので共学の大学の女子比率は下がるはずなので、その中でも関西学院、青山学院、明治学院、西南学院は堂々とした数字だ。一方、比率だけなら聖マリア(91%)、九州ルーテル(78%)、三育学院(77%)はかなり高い数字だが、学生数が少ない。中学以下の大学が大量にある。

そして、八戸学院大学というのがあり、学生数が689人と少ないが、金足農業の吉田投手が内定しているので有名だ。吉田投手は神の代理人との契約を破ってプロ野球界に逃亡しようとしているようだが、八戸学院にとっては大損害になるだろう。

約束を破ると地獄に堕ちるとか、少し脅さないといけないだろう。さらに、将来は大学教師の椅子を約束したらどうだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年09月19日

学生数、極小化の大学

昨日、大学別女子学生比率を調べたのだが、調査中に気が付いていたのだが、学生数(男女合計)が、きわめて少ない大学がある。具体的には100人以下の大学がいくつかある。

2017年5月時点で、スモーレスト3は、

気象大学校 59人
福岡国際大学 57人
東京神学大学 56人

一体、どうなっているのだろう。

まず、気象大学校だが、一週間ほど前に、とある理由で千葉県の柏の周辺地図をみていると駅から徒歩圏内にこの大学があることを知っていた。何をやる学校だろうかと思っていたのだが、結局、調べることになった。

実際、定員は少ないが人気があるわけだ。つまり大学といっても、この大学校に入ると卒業後に気象庁に入れるわけだ。簡単にいうと入学試験が国家公務員採用試験ということのようだ。狭き門だ。

次に、福岡国際大学。2017年では57人だが、2018年3月の卒業生をもって既に廃校している。2014年に入学した学生の卒業をもって廃校ということだったわけだ。気になるのは、授業内容についていけずに成績不良の場合、留年となるのだろうか。そうなると、留年生のためにもう一年大学を残さなければいけないのだろうか。まあ、そんな野暮なことにはならないだろう。

現在、大学のホームページは1ページのみで、卒業証明書の入手方法だけが記載されている。

ところが、この大学の系列短大がある。福岡女子短大。こちらは健在で、全日本学生ハンドボール大会で全国大会に出場するそうだ。

そして、スモーレスト1の東京神学大学。認可定員の半分以下である。場所は三鷹で、ICU(国際基督教大学)に隣接している。もはや一般の大学と同じような尺度で考えるのは難しいような気がする。教えるのは宗教ではなく宗教学ということなので大学になっているわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年09月18日

大学別女子比率を作ってみると

東京医科大学の女子受験者点数割引問題は、いつの間に沈静化してしまった、政界と官界とマスコミの三者とも共同謀議でもしているのだろうか。

それと、一般論として、女子学生に人気のある大学、不人気の大学というのは存在するのだろうかという疑問もあって、2017年(5月)のデータを探してきて上位の方を並べてみた。大学院は除いた。

hiritsu


まず、日本には女子大というのが相当数あるので、女子大以外の大学は女子比率が低くなるわけで、大きな大学は40%を少し下回るということが読み取れる。そのレベルに対して、女子に人気のある大学、不人気の大学というのがあると思われる。

人気があると言われる立教(54%)、青山学院(50%)、関西学院(49%)とか。「大学」より「学院大学」と称した方がいいのかもしれない。「キリスト教」が良いようだ。修道院みたいだが。

一方、不人気といえば拓大(総数9,560名)が有名だが、女子学生比率は29%なので、健闘しているのかもしれない。

そして、大学生数ベスト10の中にも、低い数字がある。日大(32%)、近大(30%)、東海大(27%)。近大は、どうも関西の大学の中で負けているだけのような気がする。立命館、関西大、同志社、関西学院のいずれも40%以上だ。

そして、日大と東海大だが、なんとなく不思議な気がする。どちらも医学部があり、大病院を抱えているのだ。

そういえば医学部と言えば慶応だろうが、女子比率の多い星薬科大学を吸収したのに、早稲田より率が低いというのも???。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(4)市民A

2018年09月17日

戦場のピアニスト(2002年 映画)

ポーランドのユダヤ人ピアニストであるシュピルマンがナチスの為に、何度も何度も殺されかけて、その都度、生き延びて戦争終結を迎える話だ。家族も知人も彼の逃走を助けた人たちもすべて全滅してしまう。元はと言えばドイツ人のせいなのだが、ナチスがポーランドに侵入した時にはソ連もポーランドを半分頂くつもりだったが、ナチスが約束を破った。

pianist


そして、これが実話というのだから観る方は怖くなってしまう。やはり都会の中心に隠れて支援者が物資供給を続けるということが生存の条件なのだろうか。富田林署脱走容疑者もそうなのだろう。

そして、逃亡生活の最大の危機は食糧の調達。ピアニストも飢えには敵わず、空家に忍び込み、ピクルスの缶詰を見つけるが、缶切りがない。プルトップ型はまだ発明されていない。ワインを飲もうと思ったら栓抜きがなく、水道の水を飲むハメになったおかげで飲酒運転をしないで済むようなものだ。

ところで、現代のドイツ人がこういうドイツ人の残虐性を強調した映画を観るとどう思うのだろうか。そもそも見ないと思う。韓国で日本人の残虐行為を映画にしても日本人は見ないだろう。

そして監督は、ロマン・ポランスキー。有名監督だ。そしてポーランド人で父はユダヤ系だ。母と父が連行された時に脱出し、その後、逃げ回った。

『ローズマリーの赤ちゃん』とか『チャイナタウン』のような、愉快ではない映画を作る天才なのだが、米国で少女をレイプした罪で逮捕され、保釈中にフランスに逃亡する。以降、米国に連行されないように慎重に行動をしているらしい。私もやられた、と申し立てる女性が相次いでいるらしい。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(4)映画・演劇・Video

2018年09月16日

将門の首塚

将門とは平将門のこと。平安時代の中期に東日本で武力闘争を始め、天皇に対して新皇を名乗った。結局、官軍による成敗を受け、額に矢が刺さって討死し、首を切り取られたうえ、京都の河原で獄門になった。台の上に首をのせられて晒しものになるわけだ。

ところが、三日後、その首が光を放ち、空の彼方、東の方へ飛んで行ったわけだ。将門の出身地は茨城県なのだが、燃料切れになって、東京に落下する。大手町だ。

masakado1


実は、徳川家康は大の将門ファンだった。どうも官軍と戦ったのが気に入ったようだ。そのため、かなり大規模に祀った。江戸城の鬼門にあたる落下位置に首塚を建て、お気に入りの神田明神の神様の一人とする。

ところが明治になると、評価が一転。逆賊として、大悪党とされかける。というか、なかったことにするために、首塚を壊して大蔵省を建ててしまう。

その結果かもしれないが、大蔵省では祟りともとられる不審な事件や事故があったと伝えられる。そして、戦後になりバブルの時には、再開発も考えられたが、見送られ、現在は隣のビルが建て直しの工事中なのだが、誤って工事資材を首塚に落としてはいけないとばかり、この敷地の上空に鉄製のネットが張り巡らされている。

これでは埋められた首が、地中の栄養分を吸い上げて元気になり、当初の最終目的地である茨城県まで飛んでいこうとしても、いきなりネットに捕まるわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)歴史

2018年09月15日

こどもが震え上がる話

数日前に、「かたき討ち」の話を書いた。41年かけて父の仇を討った武士の話だが、元はといえば、将棋の助言。もちろん江戸時代の後半の武士というのは地方公務員であり、役所すなわち城中で書類仕事をするのが一般的で、要するに暇だった。

城中で武士同士が将棋を指して、まわりに観戦者がいるというのは日常的だったのだろう。対局中に負けている方に横から助言があって、そのせいで負けるということは、常識で考えればよくあることではないだろうか。ところが、負けた方が逆上して、助言した武士に切りつけ、殺してしまった。思うに、金でも賭けていたのだろうか。

そして、将棋界の常識では、助言した方が悪いのだから殺されてもしかたない、ということになるのだろうが、武士の世界ではそうはいかない。殺された方が格上の家柄であったこともあり、切腹となるはずだったが、遁走した。

逃げるというのは天性の才能が必要で、一度、網から逃げ出すと現代でも捕まえるのは大変なのはご存知の通り。新潟から日本海を経て九州に逃げた後、再び北上し宮城県で僧侶に成りすましていたものの、ついに斬られて記念碑まで建てられる。

簡単に言うと、「助言をすると、殺されることもある」。


こども将棋教室で教えていると、他人の対局に口を出す小学1年の男児がいたので、まず、有名な話として「将棋盤の足がクチナシをデザインしたのは助言なしということで、盤の裏のくぼみは、助言者の首を切り落としてのせた時の血だまりのためだ」という話をしたうえで、全国を逃げ回った末に、斬られた武士の話をする。面倒なので、助言をしたため全国を逃げ回ったけれど、見つかって斬られたということにしてしまう。それの方が、話が簡単だからだ。

すると、「ヒエー」と泣きそうな顔になり、手で首の周りを抑えて震え上がる。

2年経った今でも、目が合うと、首の周りに手を回す。癖になってしまったようだ。


さて、9月1日出題作の解答。

0915k


0915kk


答えを見ればいたって簡単。短編というのはそういうものだろうか。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0915m


双玉問題である。途中で合駒選択がありややこしいかな。本手順と同手数の後手の変化もあるが駒が余る。

ヒントは1〇手詰。

申し訳ありませんが、余詰め筋が発覚しました(玉方変化同手数駒余りなし)。
以下修正版です


0915s


わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数を記していただければ正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(8)しょうぎ

2018年09月14日

天丼になった魚は?

千葉県のゴルフ場の食事は、結構レベルが高い。もっともレベルを低くして料金を下げてもらいたいと思っているアマチュアゴルファーは多いかもしれない。

実際には、オフシーズンにはランチ無料にして集客するクラブも多い。定価を変えずにオマケを付ける商法だ。そのためにもランチは豪華にした方がお得感は高い。もっとも、定価も下げて、ランチのレベルも下げてほしい向きもいるだろう。

namadu1


ということで、あるカントリークラブでの昼食だが、ある魚を天ぷらにして天重としてメニューに出していた。

namadu2


身はサクサクで厚い。白身魚の天ぷらで有名なのは、鱚(キス)とか、沙魚(ハゼ)とか。

味は淡白で、他のいかなる魚よりもクセがない味だ。逆に何の魚かよくわからないほど、かすかな味である。

正体は、鯰である。な・ま・ず。

国産であることを祈りたい。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2018年09月13日

最近のゴルフ練習場

ゴルフ練習場のことを「打ちっ放し」と今でもいう人がいるのだが、今でも多摩川の河原とかはそうなのだろうが、人口集積地では「ゴルフクリニック」的になっている。

自宅から車で20分以内に3か所あるのだが、

1ヶ所は、旧来方式で1かご500円で50個とかそういうので、ボールも自動ティーアップではないので、1球ずつ腰を曲げて手でボールを置く。長さは200ヤード程度。まあ古典的練習場でよかったのだが、十年前に台風でネットを支える鉄柱ごと折れてしまい全滅した。が、元よりローコストローリターン経営だったので、昔の姿にすぐに戻った。

2ヶ所目は、距離は240ヤードで3階建ての大型施設。駐車場も地下にあり、ボールは自動的にティーアップされる。料金コースは様々で、一向に覚えられないが、一球いくらというコースだと、平日、休日、午前 午後 夜間とさまざまな時間帯別に一階、二階、三階と一球当たり単価が異なる。いずれにしても現金チャージ式のカードの残高がザルのように減っていく。

kawawa1


そして、今回行ったのは3ヶ所目だが、本年3月7日『富士登山(ただし川和富士)』の中で、遠くの場所から見ると、古墳に見える丘を削って作ったように見える、と書いた物件である。最も近い場所にあるのだが、最大の問題は、突き当りのネットまでの距離が120ヤードと短いこと。問題は、そこから先、右に曲がるのか左に曲がるのか、あるいは距離はどれくらいなのかだ。

kawawa2


もっとも、少しゴルフをした人なら、打ったボールがどういう運命になるのかは地面に落ちる前に想像がつくわけだ。練習場なのだから、ミスショットしたからといって、ボールを探したり、そこから第二打目を打つわけではない。ところが、なんとなくボールが落下して止まるまで見届けたいわけだ。

kawawa3


そして、最近、久しぶりに行ったところ、さまざまな新設備が登場していた。その一つがヘッドスピード及び推定飛距離表示。試しに一回打ってみると、39.4mと209ヤードと表示される。まだ体が堅い第一球なのでこの数字はうそっぽい。ゴルフ肘(テニス肘)のため、速く振れないのだ。自分のフォームのビデオが見られる打席もある。

ところで、ゴルフの近未来的人気はゴルフ練習場に行けばわかるはずなのだが、休日にもかかわらず混雑していなかった。未来は暗いのだろうか。一方、後ろの打席では、小学校低学年の女子を父親と思われる男性が色々と指導していた。小学生までゴルフをするのがブームとすると明るい話だが、どうみても将来、女子プロゴルファーとなって、毎年1億円を稼いで、親にも年金の足りない分、年1千万円を送ってもらおうという魂胆なのだろう。あるいは、親ではなく暴力コーチ?
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)スポーツ

2018年09月12日

政府専用機のこと

B-747が2機という日本国の現在の政府専用機について、整備を担当している日本航空もB-747 (ジャンボ)がなくなるということもあり、また、米国からの押し売り圧力もあり1992年に購入してから既に26年も経ったということで買い直すことになった。先月には日本に到着している。機種はB777-300ERをベースに各種設備をスイスで搭載してきた。やはり2機。外務大臣専用機は買わなかったということになっているが、そもそも政府専用機というのは総理大臣専用機ではないわけだ。

優先順位は、皇室、総理大臣、その他ということになっているようだ。国家元首は天皇だからだそうだ。2機あるのは、途中で故障の時に乗り換えるため(もちろん飛行中に乗り換えるわけではない)。

ここで、問題点なのだが、B747からB777に乗り換えるというのはエンジン4基(4発)から2基に乗り換えるということ。つまり危険度が増すわけだ。ハドソン川の奇跡はエンジンが2基(2発)しかなかったからこそ起きたわけだ。今、世界中で燃費改善が求められていて、そのためにエンジンの基数が減り、危険が高まったのだが、その代償としてB-777は航空路が、世界中の空港の位置からあまり離れていないコースになっている。硫黄島に着陸したケースもあったが、二つのエンジンの一つが不調になった時の機長の気持ちになればわかると思う(四つのうちの一つではない)。自動車や船と異なり、危険があれば停まるというわけにはいかないわけだ。


ところで、いつも押し売りする米国だが、専用機といえばエアフォースワンが有名だ。こちらは政府専用機ではなく大統領専用機で、ゴルフとか大統領の私用に使ってもいいそうだ。札幌のラーメン横丁に行ってもOKだ(落選するだろうが)。機種はB747。1990年製で2機。つまり日本と同じというか、日本の方が2年新しく、エンジン性能は僅かに上らしい。そして、こちらも買い替える話になっていて、39億ドル(4000億円超)というとんでもない見積もりがあったようだ。当初は3機という話だったが、どうも2機らしい。

そして新型機は、B777ではなくB747-8というボーイングが唯一生産を続けているジャンボ機がベースになる。これは、貨物機なのだ。

その貨物機に中性子爆弾が近くで爆発しても飛び続けられるようにしたり、三流国の空港で機体トラブルがあっても修理できるように予備部品まで積み込んだり、全地球が核汚染された場合、いつまでも空を飛び続けるための空中給油装置まで装備されている。すると10倍(2機なので5倍かもしれない)に膨れ上がった。

いくら金持ちのトランプ大統領もこの金額には驚いたようだ、自分の乗っていたプライベートジェットの100倍とかなのだろうか。その結果、あれこれとボーイングと交渉の結果10億ドル安くなったと威張っているようなのだ。が、どうも完成したのにキャンセルになった機体がボーイングの倉庫に2機眠っていたようだ。マークをはがしてきれいに塗り替えるのだろうか。

ところで、米国がB747 にこだわったのには理由がある。エンジン4つである。大統領の命は地球よりも重いわけだ。いまや4発(エンジン4基)といえば、総2階のエアバスA380かボーイングの貨物機B747-8ということになるわけで、考える余地はないのだろう。

となると、日本の場合、総理大臣が乗ることが多いわけなのだが、エンジン停止の緊急時の場合はどうするのだろう。

おそらく、パラシュートなのだろう。運が良ければ、予備で飛んでいるもう一機の尾翼にしがみつくことができるかもしれない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2018年09月11日

花とアリス(2004年 映画)

花(鈴木杏)は荒井花であり、アリス(蒼井優)は有栖川徹子である。二人は親友なのだが、ある男子高校生をめぐってもめ事が起きる。

hanatoalice


花がとあることで気絶した男子に、部分的に記憶喪失になったと思わせて、自分が彼の彼女であったと信じ込ませようとする。もちろん、そんなことを簡単に信じる奴はめったにいないわけで、男子は、そうであったことの客観的証拠や証人を探すのだが、もともとウソなのでなかなかつじつまが合わず、アリスもその複雑な人間芝居の中に「元カノ」として組み込まれる。

男子からすると、粘着質で感情の激しい花よりもアリスの方に好意を感じるのだが、何しろ自分が部分的に記憶喪失になったと勘違いしているので、どうすればいいのかよくわからないが、ついにアリスが選んだデザートが、自分が絶対食べないアレルギー食品であったことで、ウソのほころびを見破ってしまう。そして、二人の女子高生から聞いていた話が、一から十まで全部ウソのかたまりであったことを知るわけだ。

「全部ウソ!」最近、金メダルコレクターが呟いた一言だ。彼の息子は金メダルの4年後にオーストラリア国籍を取得し、再度五輪に挑戦したが、選んでもらえなかった。そしてまた日本人に戻っている。やってることが、うそっぽいと思うが。

実は、本来、騙されるのは映画の中の男子高校生だけのはずなのだが、うかつに見ていたせいもあり、私まで騙されてしまった。もっとも、それだからこそ、少女たちの嘘を聞いて、まったく動転してしまったのだが、映画にかかわらず、事実ではないことを事実と誤認してしまい、あとで驚くとか誤認したままになるということは、人生に多数あるのだろうと思う。

そして、画質が少しブルーグレイにくすんでいるのが、映画らしくていい。冒頭にいた米国からの大柄な男子高校留学生だが、何か重要な役目を持って後半に再登場するのだろうと思っていたのだが、米国に帰ってしまったままになった。なんだったのだろう。男子の禅寺の修行もよくわからなかった。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2018年09月10日

敵討ちの話

敵討ちの話。一般論で書くと大変なことになる。日米開戦やリベンジポルノも含まれてしまい文化論に至るのだが、そんなことを書きまくるわけにはいかない。日本古来の敵討ちの話。一例を上げれば忠臣蔵だが、実は狭義の敵討ではない。主君の浅野某がご乱心し、江戸城内で抜刀したため切腹になったので、斬りそこなった相手を主君の敵ということにして集団で襲ったわけだ。無許可である。切腹を決めたのは国家権力だし、悪いのは自分の主君だ。

本物の敵討は、親殺しなどの時にこどもが、犯人を見つけ出して殺したいと申し入れると、国家権力が、「好きにやりなさい」という許可を出す。必然的に武士の世界の話になりやすい。

実は、江戸時代の終わりの頃(1857年)に現在の石巻市の海岸で越後新発田藩士久米幸太郎が父の仇として林右衛門なる男を斬ったのが最後の敵討として知っていた。しかも父が斬られてから41年もかかっていて、九州や山陰までも捜索して僧侶に身を隠していた林を意外な場所で探し出したわけだ。最近の警察以上の能力だ。この41年というのも少し前までは日本最長とされていた。菊池寛が「恩讐の彼方に」の参考資料にしたので知れ渡ったのだが、それを超える期間で成就した例が見つかっている。53年かけて母の敵を討った「とませ」という女性がいる。また、1857年では、あきらかに最後の敵討ではない。

その事件は、久米幸太郎の父が殺されたのは、藩邸で指されていた藩士たちの将棋に、横から見ていた久米の父が横から助言したため、対局後、負けた武士が逆上したらしい。まあ、口を出すのはいけないが、殺すほどのものではないわけで、切った方の林がそのまま藩外に逃走してしまった。将棋界にとって黒歴史の1ページになっている。


そして、これから紹介するのは、もっと後の時代の幕末から明治にかけて。この時代、多くの武士が運命のように亡くなっているのだが、特に不条理なのは、最初に倒閣を決意した各藩の急先鋒隊の人たち。国中が動いている中で、ゆれ戻しがあり、薩摩藩だって寺田屋事件のような急進派の虐殺が起きている。そういう関係で、理不尽な死を遂げた武士の息子にとっては、斬った相手に復讐しようと思うのが当然なのだが、幕府も明治政府も許可しない。いい加減な奴ほど出世して新政府の要職になっている。ということで、いくつかの事件が発生している。

最後の敵討を自称する候補を並べてみる。

1.1868年(明治元年)筑前秋月藩内の方針の対立で殺された臼井亘理の子が1880年(明治13年)に両親と妹の敵を討った。既に敵討は禁止されていて、殺人罪となる。

2.1869年(明治2年)金沢藩家老本多政均が軍制改革に反対する旧守派に城内で斬られる。これに対し家老の旧臣12名が、1871年(明治4年)3名を惨殺。無許可報復として12名全員が切腹。

3.1861年に肥後藩藩士下田平八が江戸藩邸内で斬殺され。息子の恒平が1871年(明治4年)に敵を討ち、跡目相続が許可される。(もっとも、武士という階級は廃止になるわけだ)

4.これは少し歴史的に有名なのだが、1857年(安政5年)土佐藩士広井大六が棚橋三郎に謀殺された。船で沖に出たところ、海中に落とされての水死である。そして息子の岩之助の公認敵討が始まるのだが、いきなり脱藩ルートを使って土佐を出ようとして捕まる。それを助けたのが、坂本竜馬である。彼が手引きして岩之助を江戸まで連れてくる。そして、竜馬の師匠だった勝海舟に紹介するわけだ。勝は幕府の要職にいたため、棚橋三郎の動向を把握していて、和歌山県の加太に潜んでいることを岩之助に教える(ちょっとずるいか)。以下、決行は1863年だった。

5.1862年(文久2年)に赤穂藩村上天谷は急進的な尊王攘夷派7名に殺害された。その子や助太刀を含めた7名が1871年(明治4年)に、復讐の敵討に成功した。本来なら無許可であるのだから、殺人ということになり裁判で死罪になるところ、西郷隆盛の一言で死を免れる。その判決の日(明治6年2月7日)に「敵討禁止令」が発布された。

形式的にはピカピカなのが4のケースだろうが、背後に坂本竜馬や勝海舟がいるのが、少しズルいようにも思える。

いずれにしても、武士身分が消滅したことにより、古来からの敵討文化は消滅したといえるわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)歴史

2018年09月09日

戊辰の横浜

横浜市歴史博物館で開催中の「戊辰の横浜」へ行く。時は慶応4年(1868年)。1月の鳥羽伏見の乱で幕府軍が敗退(というか将軍が江戸に逃げ帰る)した後、全国各地が戦雲に包まれる。3月なると、ついに薩長軍が横浜に現れる。そして、江戸に突入寸前に有名な西郷・勝会談があり、無血開城となる(実際は旗本・御家人のうち運の悪いものは首を失うことになる)。

bosin1


その時、横浜はすでに開港していて外国人居留区があったし、そもそも箱根の関所から江戸の間は幕府に近い大名や旗本が管理していたはず。何が起きていたのだろう。というテーマなのだ。結構、マイナーな話かもしれない。

まず、箱根の関所だが、事実上、無抵抗だった。そもそも徳川家は白旗を上げていたわけだ。したがって、幕府(徳川家)の直接の部下だった旗本クラスは抵抗する意味がなかった。抵抗したのは彰義隊とか新選組とか東北諸藩の大名とか。彼らは「武士の本望」として戦ったわけだ。

話を神奈川に戻すと、幕府側の重要人物は二人いた。一人は、相州金沢藩主米倉昌言。金沢というのは今の金沢八景のあたりで、小さいながらも大名だった。彼は、薩長側に早い時期に鞍替えし、神奈川県での受け入れ準備を進めていた。

もう一人が江川英武。有名な江川英達の息子である。英達は韮山に反射炉を作ったり、台場を埋め立てて砲台を並べたり、江戸周辺の農民を農兵隊として武力化したりしている。英武はその父と兄が次々と病死した結果10歳で家督を継ぎ、慶応4年は15歳だった。しかし、英達の活躍の結果なのか、韮山(静岡)だけではなく横浜地区一帯を監督する地位についていた。(後に、その才を見込まれ岩倉使節団の別隊として、渡米した津田梅子と同様に長く米国留学することになり帰国後日本の教育に寄与したが、衆議院議員選挙に立候補し、落選した。

boshin2


そして、証拠書類があるのだが、江川太郎左衛門(江川英武)あてに東征軍の参謀から、
宿と昼飯の用意をするように命じている。昼飯は銭百文と米2合、宿は金一朱と米四合となっている。大飯食いばかりだ。

そして、参謀のところに海江田武次と書かれている。この男、かなりの直情家で、生麦事件の首謀者で、傷ついた英国人にとどめを刺している。その後、チョイ役で歴史に時々出現する。奈良県知事にもなるが、豪華な県庁を作ろうとして、1年で解雇される。それでも貴族院議員になる。海江田万里とは同郷だが万里氏は本物の海江田氏であるが武次は妻の実家の名字を無断で借用していたようだ。

そして、江川英達の創設した農兵隊だが、綱島農兵隊と川崎農兵隊と日野宿農兵隊が知られている。

そして、そういった幕府周辺勢力を弾圧する役目を喜んで受けたのが備中池田藩。農兵隊に対して、武器狩りを始めた。かなりの数(1000丁とか)の銃砲もあったようだ。綱島砲兵隊から、池田藩に、鳥獣対策の銃を提出しなくてゴメン。悪気はないのでという詫び状が出ている。

ところが、他の県の農兵隊では鉄砲狩りは行われていないそうだ。では綱島の鉄砲はどこに行ったのだろう。単なる鉄砲泥棒ではないだろうか。鉄砲狩りの隊長の氏名は明らかになっている。

「私の鉄砲、返して下さい!草野次郎右衛門さん」