2016年02月08日

レモンの絵は何のため

DeNA社で行っている遺伝子検査が横浜市民は40%OFFということで、申し込むことにする。父親は男性の平均寿命より8歳長生きし、母親は7歳短命だったことからすると男性の平均年齢あたり(約80歳)が、予測到達値というか、プラスマイナス7年と考えると73歳から88歳と大きく幅がある。さらに健康年齢は70歳とも言われ、そうなるとボヤボヤ仕事していたりするわけにはいかない。

まあ、何がわかるのか知らないが、各種病気の遺伝的要因がわかると、いいかもしれない。

そして申し込むと数日後に送られてきた検査キットを使って、唾液をプラスティックの容器に入れて郵送するのだが、かなりの量の唾液を求められる。

lemon


その時、唾液が出ない人が、このレモンの絵を見ると、唾液が出てくるというアシストグッズのわけだ。

実は、全然効果がない感じだ。むしろ、おいしいケーキの方が唾液が出ると思う。

つまり、甘い物の場合は「よだれ」というわけだ。レモンの場合は「唾液」という。

しかし、「よだれ」と「唾液」とは何が違うのかというと、唾液が口の外にこぼれた状態をよだれというのだろう。甘いか酸っぱいかは関係ないかもしれない。何か釈然としない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年02月07日

MかWか

「MかWか」というタイトルを書いてみたが、「男か女か」というようなアブナイ話じゃない。

いつもは本文を書いてからタイトルを考えるのだが、本日は、タイトルから書いている。


両親が亡くなった後、残された家がなぜか二つあって、これがどうにもならないのだが、とりあえず物の整理をしなければいけないのだが、「焼物」がかなりでてきて、特に備前焼が多い。

しかし、その一つ一つに鑑定書があるわけでもなく、木箱もバラバラで違う箱に入っていたりしてパズルのような状態になっている。いつ、どこで、誰の作品をいくらで買ったというような3W1H位は残してほしかったなあ。

m0


で、最近みつけたのが、円筒形の花瓶。

知らない人もいるかもしれないけど、備前焼の魅力は「景色」にあるといわれる。この「景色」というのは、ようするに「キズ」。窯変といって窯の中で、さまざまな理由でゴミが付いたり表面が焦げたりはげたりはじけたりした模様を、「いいね」というわけだ。反社会的勢力の方々やシャブ漬けホームラン王の顔面や傷だらけの手とかこういうのがいい。

大量生産品だったら、ボツとなるものを世界に一つしかないお宝とみるわけだ。

そういう観点でいうと本作は景色が少ない。残されたいくつかの備前をみても景色が少ないものが多いので、両親が知らなかったのかもしれないが確認の方法はない。

で、備前といえば、そのどこかに陶印という作家によるサインがある。牛の焼印みたいだが・・

m3


本作は底面の裏に、「M」なのか「W」なのか、陶印がある。これをネット上で見られる陶印と突き合わせはじめたのだが、いまだ見つからない。


石坂先生に頼まないといけないかな。

オープン・ザ・プライス!

「540円(税込)」とか・・  

2016年02月06日

「七福神」(北村憲一詰将棋)のすごいところ

お正月らしい「七福神」という詰将棋集を「将棋を孫に伝える会」が発行し、そういうわけで手に取って詰め始めた。100問なのだが、途中2問は解答を見てしまった。

nanafuku


だいたい解けない問題というのは、思考の穴みたいなものがあったり、自分的に読みにくい筋(桂や銀といった動きに制約のある駒が重なり合うような問題)だったりする。

そして、さりげない問題集だが、驚くことに、すべて「盤上七枚」作だ。つまり膨大な作品群の中から盤上七枚作だけでも100題あるということだ。7手詰めの場合、持駒の最高枚数は4枚なので、使用駒が7〜11枚ということだ。

実際、完成品の盤上枚数が6枚ということでも飾り駒ではなく1枚増やすのも大変だ。また減らすのももっと大変だ。

自分的には、盤上駒ではなく持駒も含んだ使用駒が手数と同数以下(七手詰なら七枚以下)を目指しているせいか短手数詰を作るのは苦手だが、「盤上駒枚数しばり」を目安にすれば、もっとできるかもしれない。

そして、盤上七枚の七手詰集で作品集名が七福神というトリプルセブンになっていることに気付いた。


さて、1月23日出題作の解答。

0206k1


0206k2


いかにも1月らしく頭をつかわない問題。ヒントに「飛車のふるさと探し」と書いたのだが、最終手が2八龍なのだが、よく考えると、この飛車は玉型の飛車なので、ふるさとは8二の地点であった。(千日手指し直し局ならOK)


今週の問題。

0206m


盤上駒8枚、使用駒数9枚だが、8手詰でも9手詰でもない。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数と酷評を記していただければ正誤判断。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)しょうぎ

2016年02月05日

マイナス金利で何が起こる?

昨日のTV東京のモーニングサテライトの中で、エコノミストの菅野雅明氏が、マイナス金利が進んでいくと、「個人の預金も預けていると金利を取られます」という話になり、女子アナの佐々木明子さんが、「それではタンス預金が増えるのではないですか」ということになった。さらに、菅野さんが「ローンの金利もマイナスになるかも」ということになって、佐々木アナが大喜びということになったのだが、いったい何におカネを使うのだろうと、心配になる。

マイナス金利ならおカネを借りて金庫に入れておくだけで、増えるわけだ。

で、実際にはそういうことにはならず、銀行は普通預金のマイナス金利ではなく、口座管理料を徴収ということになるらしい。となると、小さな銀行の口座をクローズして銀行をまとめる方向になると思われる。

預け入れる金利をマイナスにすることで、銀行の貸し出し増を期待する政策だが、そもそも0.1や0.2%の差で投資を始める企業があるわけないと思っている。

結局、地銀が日干しになり合併するしかないと思える。

あとは、金庫屋が儲かり、・・・・  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年02月04日

113番目の元素の名前

新元素の命名権を、理研が獲得したというニュースは昨年の9月末だったのだが、まだ具体的な名称が決まっているわけではない。

「ジャポニウム」というのが一番手で、「ニッポニウム」「ワコニウム」「リケニウム」などが候補らしい。ワコニウムというのは、発見した場所が和光市ということで、その地名ということ。最近の命名からすると、「有名な科学者」「地名」というのがほとんどだ。

となると、ジャポニウムというのも当然なのだが、日本人の蔑称(ジャップ)をイメージさせるという意見が一部からあるようだ。蔑称は100年前から使われているのだから、今さらのような気もする。しかし、この元素、人工的に作るのだが2ミリ秒後に崩壊するらしい。2/1000秒。国家の名前をこういう超短命元素につけてもいいのだろうか。

「ワコニウム」。あまりにも局所的な感じがする。といって埼玉を使った「タマニウム」ではコミカルになるし、和光市の人は都民だと思っているだろう。近くを流れる「アラカワニウム」は語呂が悪すぎる(荒川の英語名ですら、「ARA RIVER」ではなく「ARAKAWA RIVER」と重複語だ)。

人名といっても理研出身の最も有名人は言うまでもなく「おぼさま」だし、歴史上の日本人有名核物理学者は大勢いて絞り込めない。

で、「おぼさま」と書いてしまったが、この「新元素の発見」という世界には、過去に多くの「おぼさま」がいて、しかも認定までされていることがある。一説では元素の数(100超)より多いともいわれ、なかには誤りというよりも捏造そのものというものもあるようだ。

そして、命名候補のうちの一つである「ニッポニウム」というのも、実は因縁があるわけで、元素番号表の第43番目にNpと記されたことがある。1908年に小川正孝教授がロンドン大学で発見したことになっていた。しかし、1936年に本物の43番目の元素「テクネチウム」が発見されることになって、「Np」は亡霊のように宙に浮くことになった。

どうも新元素であることはわかったものの1908年の時には、質量の測量に誤差があったようだ。

そして、その幻の元素が何であったのかがわかったのは1947年だそうだ。第75番の元素。しかし、その元素には既に別の名前が付いていた。「レニウム」が発見されたのは1925年。択捉島という日本固有の島の火山のガスにも含まれているそうだ。

つまり、1908年に小川教授が、元素番号を43ではなく75と言っていれば、そこに「Np」と命名されていたはずだ。幸か不幸か小川教授はこのシェークスピア的悲劇を知ることなく1930年に他界されている。

サッカーの世界では、「ドーハの悲劇」が「ドーハの歓喜」と書き直しになったことだし、「ニッポニウム」の悲劇が歓喜に代わるといいなあ、と思いながらも、そういうことにはならないらしい。


追記:現在の太陽系が存在する銀河星雲を含む宇宙の構造だが、ビッグバン以降の第二世代らしい。第一世代の宇宙には元素番号26の鉄までの元素しかなく、その第一世代の宇宙が何らかの現象で大崩壊、大爆発して第二世代の宇宙が誕生し、そこに新しい元素として92番目のウランまでの元素が登場。それ以降の元素は人工的にしか作れないのだが、たぶん第二世代の宇宙が誕生した時のエネルギーが不足していてウランまでしか実在元素にできなかったのだろう。で、第三世代宇宙は生成されるのだろうか。現在のところ、宇宙は外縁部が拡大の上に拡大を続けているので、エネルギーは拡散しているように見えるのだが、しょせん宇宙論は人間の知力の中にしかないものなので、大きな勘違いをしているのかもしれない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年02月03日

名前が付くと安心するもの

実は、本日は病気の話なのだが、そのマクラとして、日本で発見された113番元素に名前を付ける話を置こうと調べているうちに、それはそれで別方向に話が進んでいきそうで二つの話が連結できそうもないので、「病気」の話だけにする。

元はといえば、11月末の寒かった日に、エアコンで暖房をとろうとした時に、夏の設定のまま冷房になってしまい、気付かずに喉が痛くなり、ふつうの風邪に罹り、医者に行かずに葛根湯や市販の薬やトローチでごまかしているうちに咳が止まらなった。熱もないのにロキソニンを飲んで体温が35度以下に下がり意識膿漏となった段階で、さすがに12月の下旬に開業医にかかり、抗生物質を中心に投薬したところ、ほとんど良くなったが正月休みで薬も切れ、完治寸前に最近の寒波により、再び咳き込み始めた。

1週間ほど前、連続で咳をした時に、右の脇腹から背中にかけて激痛がきた。痛みの種類は、肋骨骨折(ひび)とほぼ同じ(経験あり)。動かしたり腹筋に力を入れると激痛。痛いので大きな咳ができず、さらに痰がからんで胸が苦しく、ベッドに横たわっても息が苦しくなってしまい、救急車を呼ぼうかと思い始めたが電話が離れたところにあって、思いとどまった。

もしかしたら、・・・
肺炎とか結核ではないか?との思いがよぎる。ついに悪運が尽き、もはやこれまでか、と辞世の句を創ろうと思うも、痛くて考える余裕なし。松尾芭蕉はスゴイと思う。

そして、翌日、ついに病院に行って検査を受けると、気管支の中でも意志の力では制御できない末梢部分の空気の動きが悪いそうだ。過去の喫煙か喘息の痕跡かが原因とのこと。そのため、その部分の痰が残っているとのこと。

待望の病名が付くが、「気管支炎」とそっけない。気管支拡張系の貼薬と投薬により二週間の経過観察ということになるが、肺炎でも結核でもないのはX線写真でわかった。

そして快方に向かい始めたが、2週間より少し足が出そうだ。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(4)TrackBack(0)市民A

2016年02月02日

沙羅双樹とか獺祭とか

sirius1すごく小さな作業船の進水式を福山で執り行った。バスより小さいがバス並みの価格だ。

本来は、進水式で綱を切るのは女性の仕事なのだが、こんな小さな船では誰かを招待するというのは却って失礼の極みなので、自分で斧をふることにする。実際にはカメラマンがいるのでポーズだけとっているのだが、それにしては全身に力が入っている。ゴルフが下手な理由が一つわかる。

綱が切れた瞬間に、ガラス瓶に入った液体が船体に激突し、くす玉が割れるはずが、少しタイミングがずれる。

あいにく、海辺は寒く、1カ月以上咳が止まらない状態だったので、すぐにパーティ会場へ。

dassai


そして、祝賀会で浴びるように日本酒を飲むことになるのだが、最初に登場したのは呉の幻の名酒「沙羅双樹」。全品に通しナンバーがついているほどの名酒だ。4合で5000円ほどのはずだが、まず入手が困難だ。

口に含んで感じたのが「獺祭」より美味いな、ということ。といってもそういうはしたないことを口にしてはいけないわけだ。後で出てくるかもしれないからだ。

dasai


ところが、そういうことを口にする部下がいて困ったことになる。次に「獺祭」が出てくる。こちらはまだ入手可能だが簡単じゃない。

どちらの酒も誉めなくてはならないわけだ。といってもあまり本気で気にいってもいけないわけだ。酒の味につられて、もう一杯じゃなくてもう一隻造ったりすると、大変なことになるのだが、実は昨年、一隻ここで造っていることを思い出す。その時は「獺祭」だけだった。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)市民A

2016年02月01日

地球の履歴書(大河内直彦著・新潮選書)

地球や気候や生物のことなど、総合的にまとめられた一冊である。地球環境を守るためにどうするかというようなことは書かれていない。今のままではヒドイ目にあうということは書かれているが、地球上にはかつてもっとひどいことが大量に起きていたということが書かれている。

rirekisho


核についても、もともと地球の内部が熱く、かつ当分(100億年位?)冷めないのは、放射線物質ウランのおかげということを書いている。

部分的には多くの人が知っているプレートテクトニクス理論や恐竜絶滅となった巨大隕石の落下(爆発)、白亜紀の海洋酸欠、二酸化炭素濃度や100万年も大噴火を続けたオントン・ジャワ海台の話など。

多くの海底の奇妙な地形を研究することに人類は多くを知ることになったのだが、海洋調査で活躍したのがサイドスキャン・ソナーという機械で、今や沈没船探しに大活躍だそうだ(墜落機はなぜか見つからないが)。

もともと、個別のことは知った話が多かったのだが、南極の氷の重さで地面そのものがマントルを押し下げていて、氷が解けるとその海面下の地面が盛り上がると予想されているとの驚異の説が紹介されていた。つまり、温暖化で溶ける南極の氷の分だけ海面が上昇するだけじゃなく、海の面積も狭くなるということで二重の効果があるということだろう。

ノアの箱舟伝説については黒海周辺の住民が1万年ほど前に淡水湖だった黒海に海面上昇により海水が流れ込んでいき、海辺の都市が壊滅していったことを目撃したのではないだろうかと推測されている。

日本の話では、神戸の近くの有馬温泉だが、出てくるお湯は日本に異質なものであり、遠く太平洋の方からの地下水だろうとのことだ。

要するに、地球や海はわからないことが大量にあって、とりあえず現在の段階で真実として語られていることを一冊にまとめた書ということだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)書評

2016年01月31日

次の第9惑星

カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン博士が、新しい惑星の存在を発表した。仮に惑星「X」としているようだ。

太陽系の外縁部の方で不思議な動きをする6つの天体の挙動から、未知の惑星Xの存在を突きとめたということだ。怪しい社員6名の行動を調べたところ背後に産業スパイXがいることを突きとめた、ということとほとんど同じ言い方だ。

話題になっているのは、長く第9惑星として存在していた冥王星を「小さすぎる」とケチをつけて惑星の座から引きずりおろした男が、このブラウン博士だ。冥王星キラーと嫌われている。

しかし、6つを調べただけで、そう簡単に「あそこにある」というようなことが言い切れるのだろうか。科学の常として、理論を証明する観測が必要なわけだが、何しろ太陽から海王星までの距離の20倍ものところにいるそうだ。公転周期は地球の1年に対し、約15000年。海王星は164年だから100倍位だ。大きさは地球の4倍位ということで、それほど大きくない。

x


惑星「X」の想像図というのが発表されていて、これが一番怪しいわけだ。

5年以内に望遠鏡で発見されるだろうと、博士は語っているが、探すに当たりこの想像図は忘れた方がいいと思う。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月30日

将棋王者戦第七局を再現

nono1朝日新聞の連載漫画「ののちゃん」に将棋の話題が使われていた。

新聞社を応援しようとここに明確な画像をコピーすると、逆に著作権侵害で訴えられる可能性もあるので、ぼんやり画像だけにして、あらすじを書くと、

将棋王者戦を再現しようということになる。

再現なので、対局の途中でおやつになったりカレーを食べたりする。時には130分の長考に沈むことになる。

まあ、そういうことだが、途中でトイレに行ったりもするのだろう。トイレの個室の中から、スマホやPCを使ってソフトとか遠方の弟子とか使って次の一手を教えてもらったりするのだろうか。信じたくないが。


さて1月16日出題作の解答。

1001


▲2六銀 △同玉 ▲2七馬 △3四玉 ▲4五金 △同玉 ▲2四桂 △4六玉 ▲3六馬

まで9手詰。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。持駒:銀4枚。

11te


わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数と酷評を記していただければ正誤判断。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)しょうぎ

2016年01月29日

ガイドブックに書かれない倉敷の夜の三原則

倉敷に長くいるわけじゃないけど、有名観光地なので、色々な人がやってきて、私に市内ガイドを求めるわけだ。

もっとも、観光地の顔は昼間だけで夜になったら、どこにでもあるただの薄汚れた街になるのだが、ガイドを求められても、「ホテルの部屋から出たら、あとは保証できません」というわけにはいかないので、「ガイドブックに書かれていない三原則」を話して、あとは自己責任ということになる。

第一原則:用水路や小川に落ちないこと
 実は、きのうも倉敷で地元の高校生8名が表彰されていた。用水路に落ちた80代の男性と60代の女性を救助した。これが、2名と6名とは別口で80代の男性は救出したものの助からなかったようだ。ネットで「倉敷 用水路 人命救助」と検索すると、無数に事例が出てくる。だいたい年間に10人前後の方がなくなっている。倉敷で最も大きな病院が発表しているが、年間60人位運ばれてきて、10人以上がICU行きで、数名が亡くなっている。
 この比率からいうと別の病院に運ばれる人もいるだろうし、濡れただけの人は病院に行かないわけで、だいたい毎日、誰かが用水路や小川に落水しているように思える。道路の脇に用水路があり、その先に住宅や商店があったりして、用水路に大きなコンクリの蓋があったりして、それを歩道と勘違いして歩き続けて落ちたりする。またほとんどはガードレールがない。よろけるといきなり水の中だ。運よく負傷しなくても服が濡れてもユニクロは夜は閉店だ。
 もともと、岡山県は池田藩だったのだが、与えられた石高の中で藩の収入を増やすために用水路を作ったり干拓したりしてコメの増産に務めていたのだが、その結果が毎年10人の犠牲者につながっている。
 そして、用水路が多いため、ガス管や上下水に支障があり、LPガスが多かったり水洗比率が低かったりする。

第二原則:夜には交通ルールがなくなる。
 観光客は、運転するわけじゃなく歩くわけだが、岡山県に共通するのはウインカーを出さないこと。右にも左にも出さないので大迷惑で危険だ。そして無灯火。ケチだからだ。さらに軽自動車が多く、クルマが歩道を走ったりする。一度は、横断歩道を自転車じゃなく自動車が通っているのを見たことがある。時には逆走車も。そして、警察はめったにいない。
 そのため、交差点で青信号で横断歩道を渡ろうとすると、同じく青信号で後ろや前から動き出したクルマが無灯火でウインカーなしで突然自分の方に曲がってきたりする。その車は止まっても、もともとウインカーを出してないので後方のクルマが追突したりする。危険!

第三ルール:未成年者の犯罪率全国トップクラス。
 昨年こそトップの座を譲ったが数年間は岡山県の人口当たりの未成年者検挙率は全国一だった。だいたい夜の街をうろうろするのは観光客なので、カツアゲしても警察に通報されない率が高いわけだ。何人かでグループになって、駅周辺の駐輪場で高校生から巻き上げたり、オヤジ狩りをするわけだ。交番の前で飲み過ぎでゲロゲロしている高校生がいても知らんぷりだ。
犯罪かどうかはわからないが、夜の中央通りには20Mごとに外国人女性が立って「マッサージしませんか」と声をかけている。岡山空港は一応国際空港なので、一週間ぐらいで稼いで帰るようだ。茨城空港と同じ構造だ。日本に着いた時には、まだ何もしていないので逮捕できないし、帰るところを捕まえるほど暇じゃない。

一応、観光に来るみなさんが気持ちよく自宅に戻れるように、注意事項を書いたのだが、そもそも来なくなったりしちゃうかな。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月28日

最大の素数発見

新しい素数が発見された。2233万桁で、3003764180……1086463351らしい。下4桁を暗証番号に使うといいかもしれない。米国のカーチス・クーパー教授。

sosu


実は、素数は無限にあることが証明されていて、どのように出現するかがわかっていない。例としては悪いかもしれないが、広場に生えるクローバーの中に四つ葉のクローバーがあることはわかっているが、どこにあるかわからないが今までで最大のものが見つかったということだろうか。

実は、素数が無限にあることはギリシア時代から証明されていて、それは、

仮に素数が有限個だったら、
すべての素数A1、A2、A3、・・・・Anの積(N)に1を足したN+1は素数ではないことになるが、それはいずれの素数でも割り切れないから素数であり、矛盾するので、「素数が有限である」は偽である。

というもので、中学校の時に数学趣味だった私は専門書を読んでいて知っていたのだが、高校1年の時に、テストでこの問題が出題され、教師が授業中に「自分で発見した」と嬉しそうに解説した別の解法を書かなかったため×を食らい、以後、数学道から離れたことを思い出した。

しかし、数学者にとっては、つまらない問題のような気はするが。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月27日

寒川神社の守備範囲は

毎年参拝している寒川神社(茅ヶ崎の近くにある寒川町)に行った。圏央道の延伸で東名厚木ICのあたりで圏央道に入っていけば寒川北ICがあってそこから1キロ。自宅から30分ほどの近さになった。以前は行きが1時間半、帰りが2時間だった。

samukawa1


実は今年になって5度目の神事である。最初は横浜の自宅の近くの神社に徒歩で初詣。次に倉敷の会社で職場の要所に日本酒を使って清め式。それから取引先企業の初詣があり、新年とは無関係な進水式があり、そしてやっと個人的初詣。

それで、おみくじは小吉。下から二番目か一番下かだ。とくに目立つことは何も起きないようだが、待ち人は現れ、失せ物はでてきて、株は上がるそうだ。たぶん、あまり重要じゃない待ち人や失せ物が登場するのだろう。

samukawa2


今回さらに拝んだのが八方除け記念碑。羅針盤のような形状だが、それは正解だ。天体観測器と方位盤と四神の彫塑が組み合わせとなった記念碑だ。四神と言うのは、青龍(東)、朱雀(南)、白虎(西)、玄武(北)彼らが守ってくれるそうだ。

問題は守る場所。相模の国である。簡単に言えば大部分の神奈川県である。川崎市宮前区あたりは武蔵の国なので、そこは範囲外だ。神奈川県に県民税を払っている人が対象だ。ふるさと納税にはまっている人は守ってあげないそうだ。

圏央道で遠く埼玉ナンバーのクルマで来られた方が大量にいるようだが、悪いけどエリア外の人には効能ないから。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月26日

バスが足りなくなっているらしい

先週、岡山のパーティで、九州方面から転勤で岡山の職場に単身赴任している方に聞いたのだが、九州ではバスが足りなくなっているそうだ。

理由は、C国からの多数の観光客。カネに糸目をつけずに観光ツアーでバスをチャーターしているらしい。

余波を食ったのが「修学旅行」だそうだ。元々、学校は貧乏な上に予算が決まっているので安いらしく、違約金を払ってまでもバスがC国人ツアーに回って、修学旅行が中止になったり変更になっているらしい。


しかも、バスだけじゃなくドライバーはさらに少ないようだ。

スキーバス落下事故で登場する零細業者は、以前は忙しくなく、ドライバーに無理を強いるほどの仕事がなかったのではないだろうか。この事故の場合どうだったかはわからないが、二社掛け持ちの契約をするドライバーもいるそうだが、特に無理がなかったのかもしれない。


そして、今回のスキーバス落下事故以降、ドライバーや老朽化に関する規制が強化されると思われるわけで、バス不足はさらに深刻になるだろう。

学校も修学旅行バスを契約するときには、解約違約金を高く設定しなければならないのだろうが、そうなると契約すらできないことになり、結局は鉄道に変わっていくのだろうか。教師がマイクロバスを運転するのはやめた方がいいだろう。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月25日

あまりといえばあまりと・・

文春が次々とヒット商品を発表するのは、昨年末に編集長が「春画事件」で謹慎3ヶ月を食らったことの復帰記念かと思っていたのだが、もっと深く考えると春画で謹慎3ヶ月というのがいかにも不自然な感じがしていたのだが、今回の大臣のスキャンダルを秘かに取材するための偽装工作だったのかもしれない。

それで、この大臣が、以前私がいた○○業界のための族議員になった時、業界の人たちは、「彼が業界族議員になるとは、あまりと言えばあまりだ」と言っていた事を思い出した。

しかし、この件が話題になってから、ずっと水色系のネクタイを締めているようで、ネクタイの色でイメージ作りしようということだとしたら、あまりと言えばあまりだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月24日

備讃のものづくり

備讃というのは、香川と岡山を一緒に表現することばで、備讃瀬戸とか瀬戸内海の海路の難所にも名前がつけられている。

で、そういうものかと思って展覧会をしていた倉敷市立美術館に行ったのだが、ちょっと妙なタイトルをつけたような気がする。

ものづくりをしていたのが、香川で、その一部の弟子が岡山(倉敷)にいたのと、製品を売っていたのが一部倉敷だったというようなことで、ほとんど香川で一部岡山ということ。

bisan1


で、能書きはここまでにして、香川の木工とさらに漆ということになるが、古来からの産業ということではなく明治以降昭和につながり、しかし最近になって先細りになっているというようなところだろうか。

そして、基本は大木から切りだした木塊を彫り込んでいき、美しい年輪を見せる技と言い切っていもいいだろう。どうやって作るのだろうと首をひねるばかりの労作もある。

背景を考えると四国の奥深い霊感が漂う森林(大江健三郎氏の心のルーツと評論家は指摘しているが)が生んだアースエネルギーがこもっているということだろう。

bisan2


香盆、手箱、花入れ、碁笥などのあまり使うことがないものの一応日用品といったものもある。

手箱を購入し、家の権利証や遺言状を入れるのではなく、毎日の弁当でも詰めてみたらどうだろう。四国の山奥のエネルギーを体内に取り込むのにいいのではないだろうか。

PS 四国の霊感森林を切り裂き四国新幹線を作ろうという運動が地元で盛り上がっているようだ。地元テレビで協議会の様子を見たところ、四国四県を全部つなぐには、東西と南北の二本を作ればいいということだそうだが、四国から外のことは論議されていないように感じた。  

2016年01月23日

なぜ、棒銀のような醜い作戦があるのだろうか

棒銀の歴史を調べているうちに気付いたのだが、プロの棋戦で棒銀というのはきわめて少ない。理由はさまざまにあるのだろうが、「醜い」からではないだろうか。何しろ戦いは中央じゃなく端の方だ。それも隅の方に歩を打ってと金にしようというような手がある。

元々、飛車先に銀が進んでいくというのが封建的な感じが漂うし、仮にうまくいくとしてもなんとなく卑怯な気がするし、銀が動き出してから敵地で戦うまで、かなり手数がかかるのだから、なかなか成功しない。

飛車の先に銀じゃなく金とか角とかが進撃するなら、封建的な感じはなくなるから棒金とかやってみようかな2筋まで金が来るのは一手損なので、飛車が一間寄る(袖飛車)形で3七金から金が出撃といえば、二枚落ちの上手のような感じだ。

さて、1月9日出題作の解答。

e12


0123k


途中までは必然なので、これでは詰将棋じゃないような気がするが、ご容赦。

動く将棋盤はこちら


今週の問題。

0123m


またも変な問題だ。

題名をつければ、「飛車のふるさと探し」

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数と酷評を記していただければ、正誤判断。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(4)TrackBack(0)しょうぎ

2016年01月22日

ガイドブックに載っていない倉敷

先日の「倉敷デパート」のように、観光ガイドブックに載っていない奇妙な倉敷というのがあり、もう一つ紹介してみたい。

siritu1


それは倉敷市立美術館なのだが、美術のことじゃないわけだ。美術のことでいうと、倉敷には大原美術館という有名なのがあり、岡山市には県立美術館があり、県下ではこの二つが双璧だ。大原美術館から徒歩5分の倉敷市立美術館をガイドブック的に紹介すると、元は市役所の建物で丹下健三氏が設計し、現在は美術館となっている、というようなことになっている。地元出身の池田楸邨のコレクションが充実しているが、大原美術館とは比べるべきではないだろう。

今回紹介するのは、美術館の裏側。つまり館員の通用門の方。

siritu3


三点セットで、まず、奇妙な樹木。十分にアートの状態といえる。本物だ。どうも狭い空間に生えた樹木が敷地の外に枝を伸ばさないように剪定しているように、現代美術のようになったようだ。

siritu2


次に、古井戸。通用門の前に2メートル四方のコンクリのふたで覆われ、上にマンホールがあって、「玄関の前の古井戸の段差につまづかないように」書かれ、「マンホールに載るのも危険」と書かれている。通用門じゃなく、玄関だったことに驚くが、それでは正面の立派な入口は、美術館入場者通用門ということになる。

そして、なんのためにここに古井戸があり続けるのか、その謎は誰にもわからない。

siritu4


最後に、その井戸の裏地にある廃屋。都会の真ん中にすばらしいアートだ。人類滅亡後50年後の地球というテーマ館なのだろうか。いまのところ、中には入れない。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)たび

2016年01月21日

タレントの謝罪

不思議なもので、先日、早世したジェームズ・ディーンの映画を観たあと。生まれ年が同じ人間を調べていたら、勝新太郎、高倉健の大物の他、話題のジャニー喜多川氏の名前を見つけた。

喜多川氏のことは、以前にも見つけたことがあったのが、1942年6月。日米開戦の1ページとしての「日米交換船」を調べていた時だ。米国から日本に戻っていた人たちの中には、野村吉三郎大使、来栖三郎大使、そして経済学者の都留重人氏、のちに思想家となった鶴見俊輔氏。さらにジャニー喜多川氏らがいた。

客船は客室ランクにより6段階に分かれ、両大使はAランクで、都留重人氏はDランク。鶴見俊輔氏は最下層のFランクだった。いまのところジャニー氏の船室ランクはつきとめていない。

で、SMAPが解散するとかしないとか、一時のビートルズも散々こういうことやって、結局、別れた。影に一人の口うるさい女性パートナーがいるのも似ている。ただし4人が3人になると寂しいが、5人が4人になるのはそれほど目立たない。定員1名(その前は2名)オーバーなのは、彼らの世代が団塊ジュニアだからだ。

一方、そういう平和的なタレントの謝罪とは異なる事件が、台湾の少女タレントが中台の狭間で中国寄りの謝罪をしたこと。どうも裏に韓国の芸能プロがあるようだが、その結果、台湾総選挙で、民進党が大勝利というか大陸寄りの国民党が大敗北となった。

そして、・・

中国からすれば、台湾の国民を脅かすことはできても、「国民党の支援」をするわけにはいかない。大陸側では共産党しか認めていないからだ。といって、台湾共産党を作って議席を獲得しようとしてもうまくいかないわけだ。で、まあ静観の構えに入ったわけだ。

しかし、

行き詰ったのが国民党だ。

突破口を大陸に求める可能性があるだろう。もとはといえば、台湾にいるのは国共対立の結果なのだから、今こそ思想的反撃のチャンスと思うかもしれない。一つの中国になった時に政党自由化していれば、国民党が政権を担うはず、と思っているだろう。

50年後の歴史家が中国崩壊のドラマを書くときには、冒頭に少女の謝罪をもってくるかもしれない。あるいは、謝罪するように執拗に少女に迫るK国芸能プロの社長から始めるかもしれない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月20日

日本を踏み台にして米国挑戦するミス.ツヨカワが怒らないわけ

昨年の日本ツアーで記録的な賞金を稼ぎ、その1割を母親の布教活動のため教会に寄付したり、日本の児童福祉施設などに寄付しているイ・ボミ選手のインタビュー記事を読む(プレジデント誌)。

bomi


まず、ライバルはテレサ・ルー(台湾)選手だそうだ。日本人の名前が出ないのが悲しいが、ライバルとなるはずの選手たちは米国ツアーに行ったきりだ。

彼女による米国観(ツアー)だが、日本のツアーで得たポイントで全米女子や全英女子にでてみたいが本拠地は日本にしたいとのこと。マックスヴァリューで買い物して貯めたワオンポイントをJALマイレージに変えて海外旅行をするようなものだろうか。

そして、彼女はスマイル・キャンディと韓国では呼ばれているようだが、笑顔がすばらしいだけではなく、怒った表情を見せることがないそうだ。その理由については、「笑うと本当にいいことが起きるが、怒っても何の得もないから」ということだそうだ。(同感)

ゴルフの技術論のことだが、簡単に言いきってしまう。

 80%の力で打てばいい。

ところで、本ブログだが、案外女性読者が多いようで、妙なことを書くと読者が半減してしまうかもしれないが、彼女のような選手のことを、「ツヨカワ」というらしい。強い皮という意味ではないようだ。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)スポーツ

2016年01月19日

倉敷のデパート

倉敷には、デパートが二つある。

一つは、女子マラソンで有名な天満屋(てんまや)の倉敷店。そして、もう一つが三越と言いたいが、遠い昔に美観地区にお土産店があったような気がするが、今はない、というか三越そのものも・・

二つ目のデパートが、「倉敷デパート」。

kurashikid


いきなり、大胆な名称を使っているが、平屋建てでその中に色々な店舗が入っている。通路には屋根があるので、場外市場みたいだ。あと、大阪市の南部の方でみたような気がする。

そして、市場のような構造だが、別に海産物や野菜を山売りしているわけじゃない。たぶん、この地区が形成されたときは一般の各種小売業の店がバランスよく入居していたのだろうが、現在は、半分が飲食店という感じだ(半分以上かも)。入口が何ヵ所もあるのが市場的だが、ほとんど飲食店という区域もある。

そして、飲食店は夜になると大賑わいという感じだ。また、昼間は、青果店や鮮魚店などは残存者利益といった感じで一般商店も稼働している。ただし、みてはいけないが、シャッターが上がらない店もあるようだ。

そう思うと、本物の天満屋倉敷店よりも客数が多いのではないかと思えるのだが、勘違いだろうか。

で、この画像の中に看板が見えるどこかの店に入ったのだが、入って酒を飲みだすと、もうどこでも同じになってしまう。

店を出て、道に迷い、あっという間に酔いがさめてしまった。  

2016年01月18日

人生の約束(小説版)

映画公開中の「人生の約束」。書店で、知人の作家が書いた小説を映画化したのかな、と思って読んでみる。表紙のカバーの写真は作家ではなく映画の俳優。

yakusoku


どうも、映画化されることを前提に書かれたような感じがしていたのだが、これが全然違うわけだ。というか、最近はこういう順番になるのかなと自分の不明を恥じたのだが、最初にあったのが映画の脚本だったようで、脚本を原案にして小説が書かれたようだ。

映画館でなにか映画を観るたびに、自分も小説を書いてみようかな。


作家としての山川氏だが、小説の主人公のストイックさに比べると、ストイック度はやや落ちるような気がする。というか、あたりまえだろうか。

小説のことを書くと、脚本のことを書くということになりそうで複雑な気持ちなのだが、IT企業という手段を使っておカネもうけに突き進んだ過程で、古くからの友人たちを捨てていったものの、自分のビジネス上の破綻によって、見えなかった「心のふるさと」が見えてきた、といういわゆる「手遅れ回顧物」というべきか。

裏切った古くからの友人との和解で終わるのならば、それなりの帰結なのだが、友人たちはすでに壺の中に入っているわけだ。

主人公の祐馬は、よく、難しい「約束」をしてしまうのだが、「できない約束はしない」というビジネス上の鉄則を守らないことが、会社の破綻の原因のような気がするが、「失敗については原因分析をして再発防止を行う」というクセのついた自分が少し嫌になる。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)書評

2016年01月17日

駅弁のむかし

汐留の鉄道歴史展示室(旧新橋停車場)の企画展として「駅弁むかし物語」が開催されている。

ekiben1


この駅弁の始めだが、諸説あるのだが、現在は「宇都宮駅」ではないかといわれているようだ。ただし「餃子定食」じゃないようだ。

当初は、にぎりめし×2個+たくわん、だったそうで、さらにお茶が別売り。その後、弁当の方が、豪華になっていく。

それを後押ししたのが、鉄道弘済会。どうも国鉄の定年職員の再雇用先だったようだ。

ekiben2


だから、コスト無視だったのかどうかしらないが、現代の感覚ではわからないのが、弁当や茶器の素材。特にお茶は全部陶器だった。釜飯だけじゃない。

今でも、東京や大阪のようなターミナルの近くで発掘調査をすると、焼物が大量に出土するようだ。文化遺産を掘り当てたと勘違いして喜んだり(あるいは掘り当ててしまったと土木工事の工期延長に困ってしまったり)、しても、陶器をよく読むと東京駅とか駅名が書かれていて、がっかりしたり(ホッとしたり)するのだろう。

ekiben3


自分の記憶の中にある駅弁は、すでに弁当もお茶も陶器ではないので、いつ頃切り替わったのかを展示品で確認したところ、昭和36年(1961年)頃から5年ほどでお茶はプラ容器に代わっているようだ。

新幹線開業とともにということだろうが、何か関係があるのだろうか。

列車の窓が開かなくなって、乗車客が駅の売店で買うか、今でも行われているように列車内で売りにくる方式になり、運搬するのが軽い方がいいということになったのかもしれない。

リニアになったら、弁当食べるヒマもないだろう。沿線の名物といっても馬肉とかハチの子とかイナゴとか。  

2016年01月16日

木村定跡を並べ直す

こども教室にしては難し過ぎるのだが、腰掛銀の定跡の変遷を通して、小学生に将棋の定跡がどうして進化するのかを科学的に教えてみようと思ったわけだ。それに最近はこどもの引率の親がたくさんきていて、一回200円の効果を取り戻そうと思っているのかもしれない。少しは強いフリを見せないといけない。

しかも20分の間に、68年前に誕生した木村定跡にはじまり、3一玉型後手先攻、7九玉型先手先攻、7三桂保留型、先手2八角、後手一手損、腰掛けず銀と6種類の定跡を解説。

shima


思ったよりもこどもにも大人にも理解してもらえたのが意外。まあ、将棋が好きな人は、理屈好きな人が多いということだろうか。参考にしたのが島先生の腰掛銀の解説書。木村定跡をもう一回並べ直してみた。1948年の木村×丸田戦で登場したそうだ。


さて、1月2日出題作の解答。

A12


▲1二竜 △同玉 ▲1四飛 △2三玉 ▲3二角 △3三香 ▲3四飛まで7手詰。

「1」の字。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

1000


やはり一桁詰。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数と酷評を記していただければ、正誤判断。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)しょうぎ

2016年01月15日

ディーン、君がいた瞬間(とき)・映画(2015年)

ジェームズ・ディーン没後60年。1955年に24歳でなくなったジェームズ(ジミー)・ディーンは、実に3作しか地球上に残さなかった。わずか2年間。順に「エデンの東」、「理由なき反抗」「ジャイアンツ」。

この「エデンの東」を撮り終えて、次作になる「理由なき反抗」の主役に抜擢されるまでのほんの短い期間が60年後に映画となった。ライフ誌のカメラマンが気難しい新人俳優を特集するまでの数週間のできごと。

dean


「エデンの東」や「理由なき反抗」では、古いアメリカに反抗する新時代の旗手という役回りで、彼の怪しい英語や独特の庇(ひさし)のようなヘアスタイル、ノーネクタイといったイメージができあがってしまったのだが、カメラマンはジミーの故郷へと向かい、その心のルーツのようなカントリー・アメリカに気が付く。

個人的には、エデンの東が一番好きなのだが原作の強さによるのかもしれない。本作の主演の方は、かなり、ディーンの本物に似ている。伝記映画の常として本物以上に演技をしてはいけないわけで、でも、もう何本か、「エデンの南西」とか「そのハンコ、理由あり!」とか「読売ジャイアンツ物語」とか撮り貯めしておいてくれないかな。

本作にも登場した、元恋人のピア・アンジェラ、理由なき反抗共演のナタリー・ウッド。ジミーの早すぎる事故死に影響されたのか、その後、人生を走り回り長生きすることはできなかった。

ジミーが、もし生きていれば、今日現在で84歳。1931年生まれの有名人といえば、勝新太郎、高倉健、ジャニー喜多川。気難しい面々だ。

調べていると、ジミーと身長がほぼ同じことに気付いた。金髪に染めて、庇(ひさし)付きのヘアデザインにしようかと思ったが、その前に減量が必要なことに気付き、やめた。  

2016年01月14日

「ふるさと納税」か「ふるさと応援寄付」か

(注)本記事の中で、市民税の部分に誤りがあり、したがって結論は間違っていますので、ご注意ください。

12月になってから慌てて行ったことの一つが持株の評価損の一掃。黒字と赤字を相殺して課税を抑える効果がある。今思えば、赤字だけじゃなく黒字分やNISAも全部売り払って金塊にしておけばよかったが。

そしてもう一つが、いわゆる「ふるさと納税」。

実は、やっている人が多いのだが、あまり制度を知らなかった。少し調べると、所得金額別の上限というのがあって、自分の場合は、数十万円が実行可能ということだ。そんなに儲かるならと思ったが、そんなはずもないだろうと、深く研究する前に、4ヶ所に計45,000円払ってみた。うち3ヶ所からは年内に返礼品が届き、証明書が届くが、これが市町村により表現が異なる。

あるところは「ふるさと納税」となっているが、あるところは「ふるさと応援寄付」となっている。いったいどういうことかは、すでにわかっていたのだが、納税じゃなく寄付。普通、特定の寄付金は所得控除になる額が10万円なのだが、この制度では2000円以上となっている。

わかりやすくいうと、たとえば1万円を寄付すると、8000円が自分の所得から寄付金として控除され、その8000円に対する自分の所得税と、翌年の市民税が安くなる。

仮に所得税が25%の人は10%の市民税と合わせると、35%であるから8000円にかけると2800円の税金が戻ってくる。だから寄付した1万円と比べると、支出が7200円ということになる。つまり、返礼品が7200円以上のものだったら収益がプラスとなる。

だから、何でもお得ということではなく、たいていお得にはならないということになるだろう。

そして、この制度は、結局はおカネ持ちで所得税率が高い人の方が圧倒的有利ということになる。所得税が累進課税だから、減税の方も累進減税となる。所得税が50%の人は市民税と合わせて60%が還付になるから、損益分岐点はずっと下がるわけだ。

ということで、投資してから気付いたわけだが、最大のメリットは、各自治体がお墨付きを与えた地元のお勧め品を楽しめるということに限定的に考えることにしたわけだ。

そして、到着したものを少しずつ飲んだり食ったりするのだが、第一弾が北海道せたな町より届いた日本酒2本。ブランド名は、「よしこ」と古風な女性の名前がついている。いとこの名前と同じだ(たまたま)。せたな町長殿より、お礼の手紙がきた。

setana


手紙の冒頭で、「貴台におかれましては、ますますご清栄のこと」とお喜び申し上げられてしまう。

「貴台」という単語を知ったことも、1,000円分位の効果だろうか。三省堂の国語辞典で調べると、「自分より同等以下の相手に対して用いる敬称」ということだそうだ。確かに町長殿よりは目下なのだろう。

yosiko9


酒の方は、特別純米原酒となっている。よくわからないが。原料は有名な「きらら397」である。

いつも口に合わない岡山の酒を飲んでいるだけに、すばらしくおいしく感じる。大吟醸とかいうのはたいてい抑制のきかない甘さを感じるのだが、北海道らしく、遠慮がちでまとまった味で、飲む側の人間(貴台)に対して、「こんなものでいいでしょうか」と尋ねているような謙虚さが感じられる。

2本で1万円ということは、私的には税率の減税効果額を差し引くと、まあ妥当な感じがある。

これから先、時々、問題ありの返礼品が登場するので、よろしく。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)あじ

2016年01月13日

ミルクティ・オレオ

夜の10時頃に倉敷駅の近くで開いている店というと、呑み屋以外はきわめて少ない。最近オープンのセブンイレブンも10時閉店だし、時々はそれより早く閉める。スタバも9時半頃には閉店しているので、8時か9時までだろう。パン屋もトンカツ弁当も在庫がなくなれば閉店だ。

開いているものが二つある。一つは、倉敷駅そのもの。もう一つがマックである。午後11時まで。(でも、東京発7時半頃の新幹線だと11時半過ぎるので、全部閉店だ)

で、その日は夜の宴会と焼鳥屋の新年会というコースで、その後10時過ぎの夜行寝台(サンライズ出雲)に乗るために、ちょっと口直ししたかった。焼鳥は口の中がべたべたで塩辛い。外食としての焼鳥というのは、塩分を大量に使っている。店側の考えでは、塩辛い方がよく売れるしビールの進行も早い。あえてマイナスをあげるとお客様の健康問題だが、焼鳥を食べながら店内で高血圧で倒れる人はいないだろう。

ということで、スタバがあいているかと思ったが、既に店内清掃済みでガラス越しに薄暗い無人の店内であることがわかる。

ということで、こういう時にしか行かないマックに行くが、満員だ。経済学的に言うと「残存者利益」の極めて限定的かつ短時間モデルだ。

で、焼鳥の後にバーガーという気にはならないのでメニューを眺めていると、目新しいものがある。

「ミルクティ・オレオ」

たぶん、スタバのフラペチーノ対抗策を考えたのだろう。「現段階で対抗できるものは」という命題の解答。

最近、同情していて、新メニューを頼んで見る。スタバの場合はメニューを一回裏声で喋っておかないと発音できないようなものが多い。途中で息切れしたりする。最近も「ホワイト チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ」とか「クリーミーバニラフラペチーノwithエスプレッソショット」とか「ホワイトザッハトルテ」とか・・

「ミルクティ・オレオ」の発音は簡単だ。

注文したところ、スタッフ(店員)の方が喜んでくれて、「三日前に新発売になりました」と言って、製品の特徴を教えてもらった(忘れてしまったが)。

なんとなく、三日間で初めてのお客みたいな言い方だったのだが、岡山の人は保守的だからねえ。

mac2


で、意外においしいです。ベースがミルクティというところで、スタバとの比較をかわしているというのが、案外いいのではないだろうか。欠点は容器。デザインにセンスなし。柄を派手にすると、肝心の商品がめだたなくなるだけだ。妙な構造のスプーンも意味不明で、さらに中途半端なプラステックのカバーは使いにくいだけだ。

しかも、マックの欠点は、こういう新製品をすぐにやめてしまうことなので、本番の夏までに、改良を加えてもらわないと、日本からMマークが消滅して失業率が上がってしまうから。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)あじ

2016年01月12日

倉敷の引売り菓子が鎌倉で、さらに

忘年会で収まらなかった宴会のことを新年会というらしく、まだかなり続いていて、西や東や北へということになり、先週金曜の夜は倉敷でパーティがあり、その後、近くの焼鳥店に行き、途中で脱出して、夜10時過ぎの寝台車で横浜へ向かうことになっていた。そして計画通り焼鳥店から倉敷駅まで裏通りを歩いていると、リヤカーの荷物を引いている黄色のユニフォームでキャップを被った若い男から声をかけられる。

その前に、なぜ中央通りという立派な名前の付いた表通りを歩かないかというと、夜の10時頃になるとC国女性が20メートル間隔で並んで、「マッサージいかがですか」としつこく客引きをしているからだ。新橋烏森通りより多いと思う。女性の数に対してマッサージ店はそんなに目につかないから、どこでどういうことが行われているのかは不明なのだが、そんなに暇じゃない。

そして、黄色のユニフォームの男は妙なことを言い始める。

僕のことを知ってます?」

で、色々記憶を辿ってみるが思い当たらない。さらに、意外な展開。

お菓子を売ってます

六本木あたりだったら、「お菓子」というのが別の隠語だったりするのかもしれない。「卒論書いてます」とかもあるし。

しかし、男はただちにリヤカーに積んでいる色々な箱を次々にあけてみせて、本物の「お菓子売りの青年」であることを証明する。

そして、ある箱入りの菓子を推薦する。「豆乳でつくっているので日持ちしますから」と言われ、1,620円で、たぶん倉敷銘菓のような豆乳製のバウムクーヘンらしいものを購入。

そして、駅の時間調整でファストフード店(明日記載予定)に寄り、寝台車の極狭の空間に潜り込むことになる。棺桶の二倍位の容積の個室の中で、着替えをして、さっき買ったお菓子を手持ちのバッグの中で整理するために調べると、倉敷銘菓じゃなかったわけだ。

baumu


鎌倉銘菓「鎌倉豆乳ばあむ」だそうだ。倉敷で鎌倉。さらに、一抹の不安は、「ばうむ」ではなく「ばあむ」。バウムクーヘンは、バウム=木(年輪)、クーヘン=菓子というドイツ語なのだが、「ばあむ」って何だろう。


そして翌日、豆乳だとさらに日持ちしないのではないだろうかと思い、箱から取り出す。そして昨夜の不安内容を思い出し検査。

tofu


バウムクーヘンの型枠にケーキ地を流し込んで焼いただけのスポンジケーキのように見えたわけだ。年輪がはっきり見えない。お風呂の掃除に使う波型の付いた本物のスポンジによく似ている。

実際には、年輪があった。かなりきめの細かい年輪で、木材であれば、木目の詰まった高級材ということになるが、豆乳仕込みであることから極めてやわらかく、スポンジ状に感じてしまうわけだ。


後日、ネットで調べると、倉敷では「黄色のユニフォームの販売員からお菓子を売られた」という報告が多発しているようだ。それで最初の一言が「僕のことを知ってます?」だったわけだ。

これからは、表通りを歩くべきだろうが、また失敗しそうだ。

  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)たび

2016年01月11日

ベッキーって何だったのだろう

「ベッキーの冒険旅行」は始まって、すぐ終わることになりそうだが、なんとなく既視感のある展開になってきている。

その前に、ベッキーはどういう存在なのかというと、芸能人としてのタレントというかアイドルというか、そういう位置といってもいいだろう(略して「タレント」と書く)。

ところで、タレントという人間の集団を考えてみると、単なるタレントという人は非常に少ない。ほとんどのタレントは、お笑い出身とかスポーツ出身、俳優(女優)出身、歌手から転身、アナウンサー、最近は国語の先生とか元政治家や女医など様々なのだが、ほとんどは他の分野で努力を積み重ねて一流まで届かざるも二流レベル以上まで到達してから、その中で何か光るところがある人がなっている。

では、彼女は何だったのだろうと考えてみると、確かにCDを出したり、ドラマに出演しているけれど、それは彼女がタレントになってから後のことだろう。

つまりアイドル系のタレントという型枠にはまることを目的として自分をストーリーに合わせていたように感じるわけだ。そして、完全に周囲の期待するイメージの型枠に合わせていたわけだが、ついに無理というか矛盾が出てしまったわけだ。

「瞳が美しい清純なハーフタレント」。ロボットじゃないのだから。

思えば、サムラゴーチ事件は、聴力の不自由な作曲家という型枠にはまらなくなって長い人生演技が終了したわけだ。とりあえず、同じような展開になっているように思える。

つまり、すべてが何らかの目的(今回は商業的)で作られた偶像崇拝だったということなのだろう。アイドルの語源だって偶像だ。安倍政権だってベッキーほどではなくても疑うことなく信奉している人間はいる。自民党のCMキャラクターみたいなものかもしれない。

偶像崇拝の危険を、この事件から学ぶべきなのだろう。

それにしても、同じネタをつかんでいた他社が、あえてスルーしたのは、アイドルを傷つけた場合の損得があったのだろう。川谷×、ベッキー×、出版社◎ならいいが、出版社が×××という可能性はあるし、今回だって行き過ぎ報道との声も大きい。

不幸だったのは、文春の編集長は、秋の春画展の特集記事の中で「見せすぎて」しまい、手鎖3ヶ月という江戸時代のような処分を受け、編集長復帰を期して大スクープを狙っていたらしい。正月にわざわざ長崎まで取材に行ったわけだ。今回の結果が、蟄居幽閉なのか特別ボーナスなのか、まだ不明だ。

冒頭に戻って、専門分野のないタレントだったわけだが、ある意味ではネガティブではあるが「冒険旅行失敗者」というジャンルを作ったわけだ。冒険といえば右に出るものがいない「イモト」に弟子入りしたらどうなのだろう。所属事務所は異なるし、年は自分の方が上なのだが。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月10日

中国 古代の造形展

羽田空港美術館のことを知る人は少ないかもしれない。ANAが主に使っている第二ターミナルの手荷物検査場「D」のそばのエスカレーターを上がったところだ。要するに、文字通り、空港の一番はじということ。しかも入場無料だし、展示品の撮影は事実上フリーだ。(ガラス越しだが)


期間を決めて企画展を続けているが、半分以上が「永青文庫」からの提供である。つまり、細川家が室町時代以降、営々と収集している古今のお宝である。今まで細川家のお宝をずいぶんみてきたが、室町時代には将軍家に次ぐ家系であり、江戸時代では熊本の巨大大名ということで、国立博物館や徳川博物館も驚くばかりの逸品揃いだ。


kodai


大別すると、室町幕府の頃に集めたもの、江戸時代にこつこつを収集していたもの、元首相のおじいさまが昭和初期に集めたものということらしいが、今回の出典は、その元首相のおじいさまが収集したものが中心ではないだろうか。紀元前9~7世紀のものからはじまり、ほとんどのものが紀元前つまり「漢」の国までのもの。中国がもっとも思想的にも文化的だったのは、漢、唐、ついで明代だろうが、そういうものがゴロゴロと並んでいる

gyokuton


その中でも、はじめて見たのが「玉豚(ぎょくとん)」。豚丼玉子付きみたいな名前だが、後漢の時代だ。

これは貴人の埋葬に使われる葬具で、両手に一個ずつ握らせたそうだ。

なぜ、豚の形なのか? わかっていないそうだ。

一説には、死者の食料とも言われる。

一説には、豚の多産性にあやかり子孫繁栄を死者に約束するためとも言われる。

なんとなく、両説ともあっているような気がする。食料というだけなら他の肉(羊)とかあるし、多産というならネズミの方が上手だろう。

現代でいえば、棺の中に、故人が最後のお歳暮でいただいたハムを2本入れるようなものだろうか。
  

2016年01月09日

岡目八目の境地か・・

将棋ペン倶楽部通信46号に書かれているエッセイ「岡目八目について」。筆者は水野さんと言われ、京都のR大学将棋研究会の元顧問。退職後は将棋クラブで楽しむ団塊世代ということだそうだ。

このエッセイは論理的に複雑になっていて、

1.「岡目八目」という格言は、対局者より観客の方が客観的であることを意味する。

2.しかし、プロの世界では、対局者の方が読みが深いので、この格言はあたらない。

3.しかし、プロでも人間なので、熱くなることがあるので、扇子や色紙に「静観」とか「明鏡止水」とか「無心」とか書いて自らの戒めにする。

4.ところが、羽生名人の場合は、勝負に勝つ戒めとしてそういうことばを書くのではなく、よく「玲瓏(れいろう)」と書くのは、王と玉とが静かに向かい合う世界をイメージしたことばで、勝つか負けるかというような邪念を捨て、将棋道を究めようということなのだろう。

という論理展開になっている。

少し、羽生名人を持ち上げ過ぎではないかと思わなくもない。2015年度の勝率は、いつもより少し低く年末段階で6割5分。どう考えるべきなのだろうか。終わりの始まり??


さて、12月27日出題作の解答。

z12


0109k


とにかく長い。考える場所は1ヶ所だけかもしれない。年末なので1で始まり、長い1年を、めでたい二枚馬で終わる。午年だったらもっとよかったが。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0109m


今まで無仕掛図はなかったはず。初めて作ったので驚くような手はない。試作品で失礼といったところかも。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数と酷評を記していただければ、正誤判断。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)しょうぎ

2016年01月08日

牡蠣フライ

正月料理に飽きてしまい、まだ冷蔵庫には封を切っていないニシンの昆布巻きとたらこの昆布巻きがあるというのに、とんかつ屋にいってしまったのだが、思わずカキフライも食べたくなり、ロースかつにカキフライ付きという高カロリーごはんになってしまった。一応、麦飯なのだが。

kaki


そして、皿の右側にはロースかつだが、左側にカキフライ。これが大きい。10センチをわずかに下回るも9センチ以上はありそうだ。

岡山は全国第三位の生産地だそうだが、一位の広島と二位の宮城が多過ぎて、横綱と十両もの差があるが、その結果、県外にはほとんど出荷されない。

遠い遠い昔、横浜駅の西口で働いていた時に地下街に巨大なカキフライを提供する店があって、よくランチに行っていたが、今は跡形もない。地下街自体が作り直しになった。

味は大きくても普通というところだ。もっとも、一緒にロースかつなんて盛り込みで食べるのが邪道なのかもしれないが、牡蠣って高いよね。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)あじ

2016年01月07日

ひょっこり富士山

東京や神奈川では晴れた冬の日、特に風の強い日に富士山を望めるのはよくある話なのだが、正月に羽田空港第一ターミナル(JAL)で、搭乗時刻を待っていると、乗るべき機体のずっとずっと向こうに富士山の輪郭が見えた。あわてて撮影すると、つられて大勢が写し始めたので、気まずくなって、数分間、姿を隠すことになった。

mtfuji


遠景にANA機と国際線ターミナル。そして富士山だ。

富士山の美しさはその斜面カーブの自然さと、左右対称の輪郭だろう。また冬は白く、夏は黒いという季節感も感じる。

そして、昨年、おおた家の過去帳を調べたところ、9代目にあたる私の初代にあたる方の生年が1707年ということがわかったのだが、まさにその年の年末に富士山の最後の大爆発が起きている。宝永山という富士のこどものような山が東南側斜面にできて、そこから大噴火を続けた。ちょうど南東側の羽田方向から見ると、ニキビのように突き出した宝永山はちょうど正面から見えるわけで、江戸から見ると、山の中腹から煙が噴出すように見えたのだろう。逆に、東京から遠目に見ると宝永山が見えずに左右対称型に見えるわけだ。あの富士山の斜面の形は、溶岩の粘度が大きからず小さからずという微妙なバランスの結果なのだが、それにしても火山生成時には、とんでもない地下のエネルギーが地上に出現したわけだ。

宝永爆発の時は、東京湾での直下型地震や、東南海が動く宝永大地震などが発生し、そのあと富士山が爆発した。そして、色々あって、遊び人の徳川綱吉が文化を奨励したことで隆盛になった元禄文化が富士山爆発と期を一にして、終わる。2年後に綱吉が亡くなる。

後に、浮世絵の世界では広重がよく画面の中に「ひょっこり富士」を描いている。北斎は自ら富士山周辺地をめぐり、富岳三十六景を作っている。

まあ、ご先祖様も関東にいたわけでもないし、生まれた時の火山の爆発を見たわけではないだろうが、代わりに私が見届けてやろう、と思っているだけだが。

そして夕焼けの富士を見ることなく、本機に乗り、しばらくすると、富士山の真上を通過することになった。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月06日

ついに中東大混乱が始まるのかな

19世紀から20世紀、そして21世紀。ポスト・ナポレオンというべき世界史の流れをみていくと、人類は大きな損失を出しながら、まがりくねった道を進んでいるように見える。必然か偶然かわからないが巨大戦争があり、共産主義が現れたり、ナチスという思想が生まれ、最後の世界大戦は原爆投下にいたった。奇妙なことに核兵器競争の末に原爆があったのではなく、原爆さく裂が先にあって、その後に核競争が始まった。

そういう大きな流れの中で論理的でない存在が二つあって、一つは中国という国家であり、もう一つがサウジ王朝である。その二つの異質な国家は、将来のある時点には政治体制が変わっているだろうとは思うものの、どういう道筋で今の体制がなくなるのか、見当がつかない、という状況なのだ。

今回、中国のことはおいて、サウジのことだが、シーア派の長老はじめ多くの宗教家を死刑にした。公式的にはISにつながる危険思想だからということだが、イランは黙っていないだろう。軍備に大量の資金を投入していたサウジと、戦争好きなイラン。海をはさんで向かい合っているのだから、戦いになれば全面的な戦争になる可能性がある。ホルムズ海峡の問題ではなく、「ペルシャ・アラビア湾内でミサイルが飛び交う」こともあるだろう。

ところで、もとより、人権大国の米国が価値観の違うサウジアラビアの肩を持つには大きく二つの理由があって、「原油の生産量や埋蔵量が多いこと」。そして、「米国債を大量に保有していること」である。

とはいえ、昨今の原油事情では、サウジの国家予算は大幅な赤字になっているとのことである。さらに今までの裕福な財政は、国民にほとんどの住民サービスを無料にして、それで国民の離反を防止してきたわけで、借金国家に転落すれば、増税になったり、国のサービスが有料化したりして、国民の離反が進む可能性がある。そして混乱のあとに民主的政府が樹立されるのか、あるいは再び砂漠に戻っていくのか、よく見えないわけだ。かつて石油相だったヤマニ氏が自動車がガソリンを使わなくなったら、サウジは再び砂漠に戻るだろう、と予言したことが、妙に記憶に残っている。  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月05日

バラバラ事件について

門真市でクリスマスイブにシェアハウス住人の女性同士の殺人事件が起こり、さらに、バラバラにして隠ぺいを図る途中で容疑者が捕まった。森島容疑者。

本件については、実は様々な角度で興味を持っている人がいるだろう。

たとえば、被害者と容疑者の関係。
二人が愛人関係にあったという説と、異性の恋人の奪い合いだったとする説が二分されているが、被害者が家賃の集金係だったということなので金銭説もあるだろう。

たとえば、わずか数日間で頭蓋骨になったという怪。
当初は、喰人説があったが、塩酸で溶かしたという説が浮上。素人が簡単に再現実験するには、洗剤に肉を浸けてみればいいが、やめた方がいいだろう。何か利用したくなったら大変だから。

たとえば、自称イラストレーターという表現について。
一説では、自称というのは世間的には職業家としてのレベルには達してないものの、本人は職業としていると自認している場合。
一説には、単に、警察が未確認の場合。
一説には、自称○○という言い方をしないと、○○の専門家に失礼にあたるから、とも言われる。

そして、私が関心を持ったのは、まったく異なる視点からである。

森島容疑者の出身地。岡山県。3年近く前から私が仮寓を構えているのが岡山県である。結構妙な事件が多い。女児監禁事件とか自分の寺に放火した僧侶とか。

森島容疑者は、岡山県から8月に大阪に引っ越したそうだ。

本件だけではなく、2008年に起きた江東区のマンション神隠し事件では、女性住民を暴行目的で襲撃し殺害。自室に遺体を運んだあと、マンションをマスコミが取り囲む中、平然と切り刻みトイレに流した男がいた。星島受刑囚(無期)。彼は岡山県玉野の高校出身だ。

さらに、2014年には、津山市で北海道の闇金業者が殺され、バラバラにされ焼却されたあと、川に流されて発見された。実行犯は地元津山の人間だった。

こうなると、「岡山県人はバラバラ殺人が得意だ」ということになるだろう。

では、なぜ平然と肉をそぎ落としたり、塩酸で溶かしたりできるのだろうか。仮に私なら(例が大変まずいが、前段の殺人部分の仕事が終わった段階の後だけ考えたとして)、バラバラにしたら、ただちにバッグに小分けにして、山の中か郊外の空地か人気のない海岸にスコップを持っていくだろう。そして、運命を悪魔に任せるしかない。長い時間をかけて始末するような気にはとうていなれないだろう。

ただ、岡山人と付き合ってみると、他県人と違うところがあって、相当強い他県に対するコンプレックスを持っていることに気付くことがある。そして、他県に出て行っても、なかなか同化せず、すぐに出戻ってきたりする。結構、社会的弱者に対する差別意識も強い。

そして、方言が独特で、若い人でも標準語とバイリンガルの人も多いが、岡山弁しか話せない人もいて、そういう人が大阪や東京にいくと、友人もできずに、会社をやめて帰ってきたりする。星島受刑囚の場合は、さらに足に大きな火傷痕があってこれもコンプレックスを形成していたようだ。

森島容疑者の場合だが、まだ出身地や学校の報道はないが、イラストレーターという職業を自称しているわけだが、実は岡山には芸術系の学校があるのだが、卒業生の進路はどうなっているのだろうと考えたことがあったのだが、そういうことであってほしくはないが、そういうことなのかもしれない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月04日

選択的夫婦別姓裁判のこと

夫婦が同一姓となることの違憲性の裁判が最高裁で行われ、「違憲とまではいえない」ということになった。もっとも、判事によって判断がわかれたということで、主に女性判事が違憲と判断していたようだ。実際に、女性は結婚によってほとんどの場合、男性姓を名乗ることが多く、離婚した時に、「さあどうしようかな」というのが一般的じゃないだろうか。

実際に海外では多くの国が、違憲裁判により選択的夫婦別姓となっているのだが、それは、かなり前(20年前前後)に決まっていたようで、今頃の裁判になったのが、かなり判決に影響したのではないだろうか。

それと原告団の団長のTさんの主張というのが、裁判的にはかなり論理的じゃなかったこともあるような気がする。

そもそも個人の姓名だが、姓でも名でも、どちらも自分で決めることはできないわけだ。五郎丸歩がいやだといっても丸山五郎に変えることはできない。自分で自由に決められないものにアイデンティティとかあるのだろうか。

自由に変えられない姓を変えるためには、結婚か養子か記憶喪失者のふりをして、新しい名前をもらうかということになるが、養子というのは結婚よりも自由度が低いし、記憶喪失のふりをするとたぶん経済的に大損害を被るだろう。

といって、「自分の苗字には愛着があって、自分の存在の一部なのだから、失われてはいけない」という主張は自由なのだが、現在の日本社会では、「通称」とか「芸名」とか、「仕事姓」とか大ぴらに流通しているわけだ。「トミー」なんて使っている知人もいる。

それに、選択性夫婦別姓の「選択」ということは、自分だけで決められるのか、パートナーの同意がいるのかという問題もあるし、

最大の問題は、夫婦の間に生まれたこどもの姓をどうやって決めるのか、ということになる。鈴木一郎さんと佐藤花子さんの間に生まれたこどもの姓は鈴木なのか、佐藤なのか。両親の意見が合わないと決まらないわけだ。

また、小さい方の与党の顔を立てて報道されないが、一般的には墓などの問題もあるわけだ。個人の墓は要らないという信仰の方は別とし、墓には「○○家」と書かれていることの方が多い。少子化時代で女子だけの家にとっては重大な問題のわけだ。それこそ娘の夫が二男だったりすると、なんとかならないかと思うらしく、それに成功した友人がいる。

娘の姓を取り戻したわけだ。といっても、簡単にはできないわけで、一回、離婚し実家の旧姓に戻し、その後、例の日数後に元通り結婚し、その時は夫の姓が変わったようだ。

つまり、姓を変えることを少しは認めるようにしてもいいのではないかと思う。一方で国際化が進み、外国人が日本人の名前を選ぶ時には自由度が高いのだし、旧被差別地域出身を感じさせる姓の人たちの悩みもあるだろうし、親と姓が異なるこどももいるだろうし。

そういう意味で、判決の中にあるように、裁判所の問題というより、行政で考える問題なのだろう。

ともかく、裁判では、原告が「自分の姓で死にたい」なんか言わない方がよかったと思う。


ちなみにドイツのメルケル首相だが、メルケルというのは最初の夫の姓で、離婚した後もメルケルを名乗っていて、再婚した夫とは夫婦別姓にしているという複雑なことをしている。名前なんかどうでもいいと思っているのだろう。

あと、近隣の二つの漢字国家だが、法とは別に伝統的に夫婦別姓だが、女性は家の召使という発想からだから勘違いしないこと。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)市民A

2016年01月03日

初夢ではなく末夢のこと

お正月なのだから、めでたい初夢のことでも書けばいいのだが、めでたい夢なんて人生で数回(1回?)しか見たことがない。というか、めでたい夢は忘れてしまい、嫌な夢、妙な夢しか覚えてないからかもしれない。そういうネガティブドリーム(ナイトメアっていうのかな)の場合、怖くて、あるいは痛くて起きてしまうので記憶に残るのかもしれない。

フロイトの夢判断だって、「妙な夢」の意味づけに性的体験や人間のDNAに刷りこまれている種の保存のための性的願望や抑圧を関連付けたものの、単に会社のストレスからみる夢だってあるはずだ。ユンクはそういう一般性の修正を行っている。

で、最近の記憶に残っているのが、年末に見た夢。そんな単語は今まで聞いたことないだろうが、いわゆる「末夢」だ。あくまでも年の終わりに見る夢で、人生の終わりに見る夢じゃないからね。


それが、とても長い夢というわけじゃなくて、覚えているのは、かなり短時間のこと。


私は青い長そでシャツを着て、室内で立っていた。手を動かしていたので、もしかしたら掃除をしていたかもしれない。

そうしたら、天井の方から何かが落ちてきて、シャツを着ている左腕に当たったというか、つかまれたわけだ。それは、灰色のトカゲのような大きさの生物なのだが、日本のトカゲと違って体が平べったくはなくて、コモドオオトカゲのように立派な体格なのだ。そしてシャツの上から爪でしがみつくわけだ。

gc


そして、その時に確信したのだが、「カメレオン」ではないかと思ったわけだ。左手にしがみつくカメレオンを右手で払いのけようと思ったのだが、もしかしたら噛まれたら毒があるのではないかと思った。そして、「なんで灰色なんだ」と疑問をもったわけだ。

で、動くと爪をたてられそうなので、助けを呼ぶことにした。



そして、その声で目が覚めたわけだ。

灰色のカメレオン=何色の心になるべきか決めかねている誰か

腕にしがみつく=なんらかの助けを求めているのだろうか

そういえば、このところFacebook上で、数十年来会っていない知人が私のことを調べているような気配を感じているのだが、突然に「友達リクエスト」とかやってくるのだろうか。

実際、FBはちょっとした理由があって、開店休業状態にしているので、少し妙な感じはするのだが・・

ただ、よく考えてみると、「カラーの夢を見る人はほとんどいないか、病的」という定説があったように思うので、カメレオンの色が灰色であったのは当然かもしれない。青いシャツを着ていた記憶の方が異常なのかもしれない。腕に爪跡が残っていたらホラーだが、それはない。ネットでカメレオンを調べると、やはり夢で見たのと同じ姿、大きさだった。


いずれにしても、カメレオンにしがみつかれるというのに性的意味やマザーコンプレックスを結びつけるのは、無理筋と思うし、金色のカメレオンなら期待もできるが、どちらかというと良くない兆候ではないかと思っている。

正夢になったら、その正体を書くことにする。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A

2016年01月02日

去年のコトバが「成」だったミスター羽生

「羽生」という字は、普通は「はにゅう」と読むのだが。将棋界では「はぶ」という人が一般的だ。スケーターの羽生結弦氏が、昨年末に今年のコトバとして選んだのが「成」で、喩として「歩が成る」と説明したのには驚いたのだが、もしかしたら子供将棋教室に申し込んだら、みんなに「はぶ」と言われて嫌になってスケートに転向したのかもしれない。そういえば、羽生名人の娘は、フィギュアスケートをしていたがどうなったのかな。

ところで、昨年輝いたもう一人の選手が五郎丸歩選手。本来は、彼の方が「成」にふさわしいような気がする。彼の場合、「歩」が「CM出演=金」になったようなものだからさらに似合うような気がする。

また、歩という字は名前にはよくあるが走という字はみたことがないのは、人生は走るものではなく歩くものだというのが親心だからだろうか。

知っている会社は兄弟で社長と常務をやっているのだが、兄が「誠」で、弟が「歩」。たぶん親が将棋ファンなのだろうが、その話題は本人にはちょっとしにくい。

一方、昨年の自分のことを考えると、「成」より「不成」という方がいいかもだ。詰将棋でも作ろうかな。


さて、12月19日出題作の解答。

e12


0102k


6九桂は、不要駒。正月からおわびを書くようじゃこの先思いやられる。右や左に図を動かしているうちに、必要駒から不要駒に変わったのをうっかり。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0102m


手数は正月らしく一桁。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と手数と酷評を記していただければ正誤判断。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)しょうぎ

2016年01月01日

新年、よろしく

geishun


今年が去年より忙しくなるのは、すでにわかっているので、どうやって体力ロスを減らすのかというのが、大きなテーマのような気がする。

すべてが中途半端になりそうな気もするが、今年と来年と2年をパッケージにして考えようかな。やることをいくつかに絞るというのもあるのだろうが、たぶん事情が許してくれないだろう。

睡眠時間というか就寝時刻というのが不規則で、最近、わけのわからない夢を見ることが多い。

ということで、時々ブログのお休みになることがあるかもしれないが、やめたりしないので、今年もよろしく。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)市民A

2015年12月31日

不可逆的解決?

ぼんやりしている間に、次々と、しっくりこない話題が続く。

特に「国立競技場A案」、「夫婦同姓合憲判決」、「従軍慰安婦問題の不可逆的解決」、「新聞の軽減税率」。どれも難しくて困る問題だが、まず、「従軍慰安婦問題」。

安倍首相の妥協策を共産党や民主党が指示し、自民党の右派やネット右翼が支持しない構造になっているが、自民党内の問題は、どうせ大臣の椅子がチラチラすれば雲散霧消になるのだろう。冷静に考えれば、村山・河野ラインを見直そうとしていた首相があきらめて、韓国世論との中間線に線を引いたら、やはり村山・河野ラインになったというように思える。そのあたりの考えの人間は日本の民主・共産あたりの支持者で、韓国にはそういう考えの人はきわめて少ないということだろう。

そもそも日本の世論というのは、韓国流の「むし返し戦術」が、けしからないというのであって、慰安婦問題の本質をどうのこうの言っているわけじゃない。国家賠償を他のことに使ってしまった方がおかしいということなので、「不可逆性こそが最大の問題」と思っているわけだ。

それで、この不可逆だが、基本的には守られないだろう。あるいは、慰安婦問題が終わったら別の問題「強制徴用工」とか持ち出すのだろう。また「法より情」の国らしいが、それを他国に押し付けるのはマナー違反だろう。

そうなると、一番しっくりこないのが、「なぜ、今なのか」ということ。

日本の方には、あまり急ぐ必要は認められないが、かといって、今回の妥協は今までの日本の公式見解とあまり変わっていない。10億円というが、競技場に1500億円も遣おうというのだから、気にかける人もいないだろう。となると韓国側になんらかの事情があるのだろうと思える。なにしろ、妥協を評価する人は韓国では極めて少ないだろう。

となると、差し迫る危機が近付いているのだろうと自然と考えてしまう。

しかし、確かに韓国は経済の危機ではあるのだが、サムスン、LG、現代自動車というのは、日本はライバル関係にあるわけで、助けることは難しいだろう。となると政治的問題だが、北朝鮮問題以外には考えられないだろう。

年明けに朝鮮半島で、危機が起こるのだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)市民A