2020年07月16日

日本語をさかのぼる(大野晋著)

言語学者である大野晋氏が、日本の古い日本語を調べて、日本語の原型に近づいていこうという本である。1974年55歳の時の書である。

nihongo


そもそも内容のすべてが理解できるわけではないし、著者も日本語の源流に辿り着いたわけでもないので、あらすじなど書けるわけではない。そもそも日本語は難しいわけだ。日本語は、おそらく古代から、ずいぶん変化していて意味も変わっている。漢字を発音記号として使ったこと(万葉仮名)も、その後の原日本語を辿るのに困難が生じている。しかも、日本語に似た言語はないわけだ。文法が近い言語もあるし、発音が似ている言語もあるが、どちらも似ている言語はない。アイヌ語は、まったく世界のどこの言語とも似ていない。

本書で意外なことは、完全に時代遅れになったコトバが復活することがあるということ。後世の人が特に源氏物語を読んで、古いコトバを思いだして、再活用始めることがあるようだ。

その源氏物語だが、紫式部は「言語学の神様」のような人だったようで、新しい単語(特に動詞や副詞)を次々に発明して使っているそうで、清少納言の枕草子とはかなり違っている。

その後、大野先生は、日本語の起源を古代タミル語(クレオールタミル語)とする説に傾いていく。

言語というのは、そこに住み着いた民族の履歴書のようなものなのだろうか。なんとなく多言語が混じったような日本語の起源は、難しいのだろう。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)書評

2020年07月15日

グッモーエビアン!(2012年 映画)

吉川トリコさんの原作小説の映画化。なかなか快調な映画で、大泉洋がW主演の一人ということで、完全なるコメディだと思ったら、後半、暗くなる。

天然ロックンローラーの大泉(矢口=ヤグ)の同居人が麻生久美子(広瀬アキ)。パンクバンド仲間で、ヤグは未婚の母のアキとずっと同居していたが、2年前にヤグが「世界ツアー」に行くと突然東南アジア方面に出国。猫の家出みたいだ。

そして母と娘(三吉彩花=広瀬ハツキ)の堅実な生活の中に再び厄災とも言えるヤグが無一文で戻ってくる。世界ツアーの失敗だ。お土産はブーメラン。

中学生のハツキの進路問題とか、身勝手なヤグとアキのふるまいとか、家庭問題でオロオロする女性教師(小池栄子)とか、親の離婚で親友の能年玲奈が突然引越ししたり、色々なイベントが一段落した頃、ヤグの幼年時代の秘密が明らかになり、家族は和解方向に動き出す。

そして、念願のバンド復活となり、ライブハウスで熱演が始まる。残念ながら三密だ。ロックンロールは終わらない。

なお、『グッモーエビアン』だが、朝起きてミネラルウォーターを飲む話ではない。英語の題名は『Good Morning Everyone!』


映画では、世界ツアーといっても、世界の路上で演奏を続けるわけだ。将棋の世界でも、世界各地には日本将棋の愛好家がいるわけで、将棋駒と折りたたみ盤を抱えて、賭け将棋世界ツアーにでも行こうかな。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)

2020年07月14日

HANA・BIYORIには聖地もある

エンタメ植物園としたHANA・BIYORIは、よみうりランドが経営している。隣接しているし、園内からも繋がっている。(読売巨人軍の2軍の球場も隣にある。)その結果、読売新聞の経営者だった正力松太郎氏が収集した仏教関係のお宝を集めた『聖地公園』は、HANA・BIYORIの敷地ということで、植物園が管理することになっている。

hanabi7


数多くの秘宝や彫像や建物があり、さすが慈悲深い記事が多い新聞ということなのだろうか(経営者が変わり、慈悲の対象が変わってきているような気もするが)。全部を書くことはできないし、仏教学に詳しくはないので、偏っているかもしれない。

biyori6


まず、白亜の釈迦如来殿(パゴダ)に安置されているご遺骨とご聖髪。お釈迦様のものだそうだ。もちろん一部ということ。お釈迦様のご聖髪ということは、剃っていなかったのだろう。そういえば仏像でも剃髪ものは少ない。地蔵像は髪がない。

biyori5


仏教八宗の宗祖像というのが並んでいる。

 融通念仏宗:良忍上人
 日蓮宗:日蓮聖人
 曹洞宗:道元禅師
 臨済宗:栄西禅師
 浄土真宗:親鸞聖人
 浄土宗:法然上人
 真言宗:弘法大師
 天台宗:伝教大師

日本仏教サミットができるそうだ。

ところで、よく主要七宗派と言われるそうだ。(大ちゃんのところは入ってない)
浄土宗、浄土真宗大谷派、浄土真宗本願寺派、天台宗、真言宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗。
浄土真宗が二つに分かれているので七ではなく八なのだが、融通念仏宗というのは天台宗から分かれたそうだ。

biyori9


また、植物園の一角には『敗戦から立上がる日本』というブロンズ像が立つ。英語では『JAPAN:ARISING FROM DEFEAT』となっている。英語が添えられているということは、アメリカ人が、英語でも書くように圧力をかけたのだろう。そう、戦争に負けたのだが、どの国と戦争したのかもわからない人が増えているそうだ。
  

2020年07月13日

エンタメ植物園のHANA・BIYORI

本格オープンしてすぐに、カワウソのいる植物園ということで、意図と違う方向に向かいそうなのだが、このコロナ禍では、もはや本筋とか邪道とか言っていられない。お客様に合わせていくしかないだろう。

本来の植物園として考えると、まずシンボルツリーのこと。

biyori1


パラボラッチョという南米から来た大木。樹齢約400年ということだそうだ。徳川家康(1616年没)の生まれ変わりだろうか。シェークスピアも同年に没している。セルバンテスはシェークスピアと同じ日に没したことで有名だが、この3人の中で最も長命なのが家康だ(影武者説もあるが)。

biyori33


樹齢100年のオリーブも元気だ。奇妙なことに、価格が表示されている。植物園で植物に値段が書いてあるのを見るのは2回目だ。シンガポールのオーキッドガーデンでは、「花を折ったら何ドル」と書いてあったが、同じことを違う表現で言っているのだろうか。

biyori0


さらに、フラワーシャンデリアが天井に無数に吊られている。奇妙な展示だと思っていたら訳があった。

biyori2


定刻になると、このガラス張りの建物が真っ暗に閉鎖される。そして、フラワーシャンデリアの下に立見の観客がソーシャルディスタンスを保って立ち並び、光と映像のショーを楽しむわけだ。十分に意外な展開になる。
  

2020年07月12日

カワウソの水遊び

あまり出歩いたらいけないだろうと思うが、公式的にはそうは言えないようだ。感染しないように出歩くというのは、要するに空いているスポットを探すということだろうか。

実は、元々は五輪イヤーだったので、今年の春から特に首都圏では、新規オープンのアミューズメントが目白押しだったのだが、オープンは遅れ、6月頃からソロソロと密やかに開業しているところが多い。

その一つが『HANA・BIYORI』。エンタメ植物園と自称している。3月にオープンしてすぐに休業開始。6月にやっと再開に至った。場所は、京王線のよみうりランド駅の近くで無料シャトルバスか、坂道を上るか、たどり着くまで大変だが車で行くか。感染リスクとも相談しなければならない。

hanabi1


それで、本来の植物園の件は後日とし、ここには、カワウソがいる。コツメカワウソという種類。もちろん正規輸入品だろう。ベルギーとオランダから二匹ずつここにきている。寿命は犬や猫と同じように十数年だそうだが、4匹はまだ1,2才だそうだ。

普段は冷暖房付きの寝室と、ガラス張りの運動室で遊ぶのだが、日光浴のため、外で遊ぶ時間がある。開業前の予定では「ふれあいタイム」があるはずだったが、コロナウイルス蔓延につき中止。間近に見て、写真撮影することはOKだ。大切なカワウソに感染させないためだろう。

hanabi0


しかし、撮影と言ってもカワウソの習性を知らないので、なかなかレンズに入らない。普段は水辺に棲んでいるのに、走ると犬のように早い。自転車がこげればトライアスロンに出られる。

hanabi2


敷地の一角からはスカイツリーや高層ビルが望める。眼下には多摩川が流れ、その西側にあるのになぜか東京都である。
  

2020年07月11日

不安が漂うビルかな

先日、将棋連盟の方に行った時に、数年後に移転予定になっている本部ビルの写真を写してきた。耐震構造の問題ということだが、よく見ると一階の面積と同じなのが2階と4階だが、3階が前に飛び出している。マンションの場合は阪神淡路大震災以降こういう形のビルは認められなくなったはずだ。もっとも既存ビルには適用されないはず。

sdg


空中に飛び出した部分は連盟の職員が座っている場所だろうか。向かって右側にはロッカーがたくさん見えて、書類が詰まっていて床に負担をかけているようにも見える。

renmei3


2階の道場の右の端で対局中のようなので、この画像に台形補正をかけ、切り抜いてみた。

対局者間の距離が1m以上離れているし、席数も減っていることがわかる。それでも将棋を指す顧客は神様なのだろうか、あるいは悪魔なのだろうか。

ところで、移転先の千駄ヶ谷駅前に建築中のビルだが不動産会社のヒューリック社と共有になるらしい。共有という意味は不動産を持つことなのかJ−リートの大口出資者になるのかはよくわからない。少なくとも棋聖戦のスポンサーにはなってもらっている。


6月27日出題作の解答。

0711k


0711kk


前半の快調さと後半の快調さとは、意味が異なる。途中で止めるのもなんだし・・

動く将棋盤は、こちら。(flash版)

gif版。
0711g



今週の問題。

0711m


5手目まで進めば、後はなんとかなる。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2020年07月10日

ハワイ風お茶漬け

横浜方面に所用で出掛けたついでに、遅い時間のランチをすることになり、時間的問題もあり、「お茶漬け店」に入る。都内が本店の「こめらく」というお店。

なんとなく季節のごはんということで、「サケとイクラ」とか古典的な組み合わせではなく、「アヒとアボカドと卵黄」というメニューにする(正式なネーミングは記憶できなかった)。アヒはハワイではマグロのこと。このメニューはハワイの一般的なフードだ。

abahi0


そして思惑と異なり、かなりの量だ。食べ方の説明を読むと、まず半分は、特製たれをかけ、そのまま刻み海苔と削り鰹を振りかけて食べて、残りの半分をお茶漬けにして揚げ玉とワサビをのせて出汁をかけて食べることになっている。

その方法、うなぎのひつまぶしと同じではないかと思う。

aboahi


で、前半戦だが、これはハワイだ。実は、今年はマウイ島に行きたかったのだが、まったく話にならないわけだ。イゲ州知事は7月下旬の入島規制の解除を目指していたが、また先に延びるようだ。もっとも日本も再び感染者が増大しているので、日本人を優先的に入れてくれる話も吹き飛んだのかもしれない。

aboahi2


後半戦。これはお茶漬けだ。実は、前半戦でアヒ(マグロ)を食べつくしてしまったので、アボカド茶漬けになったが、たぶんマグロに熱い出汁をかけても旨くないだろうから、この方がいいと思う。

しかし、どこに行っても従業員のみなさまはフェースシールドでご苦労さまだが、自宅近隣のスポーツジムも再開し、マスクかフェースシールド必須なのだが、実際に着用すると、フェースシールドは自分がウイルスを吸い込むことを防ぐ効果はほとんどないように感じる。マスクのような呼吸への負担がまったくない分、楽であり、つまりフィルター効果はないだろう。したがってマスクをした上にさらに、フェースシールドを付けて運動しているのだが、汗の蒸発でフェースシールドは曇るし、呼吸も苦しいし、以前の8割ぐらいしか動けない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2020年07月09日

壬申の内乱(北山茂夫著)

1978年の岩波新書である『壬申の内乱』。通常は「壬申の乱」と言われる。なぜ、「内乱」と使ったのかは本書には書かれていない。同じようなことばは「変」とか「陣」とか「役」とかあるが、どうも使い分けの定説はないようだ。では、誰が応仁の乱とか本能寺の変とか名付けたのだろうか。歴史って一皮むけばわからないことだらけだ。

jinsin


実は数年前に関ヶ原の合戦場見学に行った時に、近くに壬申の乱関係の遺跡があることがわかったのだが、計画外だしレンタカーでもなく電車と歩きだったので行かなかったが、ずっと気になっていた。

著者の北山茂夫氏は1950年頃から壬申の内乱の研究をしていたそうだ。きっかけは歴史学者でもない数人の文化人が、「壬申の乱こそ東国農民による農奴解放の戦いだった」というような趣旨を打ち上げ始めて、「まさか、そんなことはないだろう」という歴史学の立場で調べ始めたということだそうだ。確かに、古代日本にマルクスレーニン主義を適用するのは、ムチャだろう。そもそも農民が重税で苦しむのは、もう少し後の時代だ。

壬申の乱をどこから語り始めるかというのは、実は重要な問題で、当時の大友皇子のいる近江朝と吉野に隠遁していた大海人皇子が突然戦いを始めるということにはならないわけだ。朝鮮半島で日本+百済と新羅+唐の戦いの結果、新羅+唐が勝ち残って、日本は多大の損失を受け、百済は滅び、勝ったはずの新羅、唐の連合軍はすぐに仲間割れし、朝鮮半島は唐の支配となった。

壬申の乱を語るには天智天皇(中大兄皇子)のことを書かないわけにはいかず、結局は大化の改新から書き始めることもあるだろう。

663年の白村江の戦いで天智天皇率いる日本軍が破れ、残軍と百済の亡命者は日本に戻ったのだが、問題は今後の対中政策。きっと仕返しに日本攻略に来るのだろうと、九州北部の守備を強化しはじめたのと同時に、飛鳥にあった首都を滋賀県の大津に移動した(遷都)。

最近知ったのだが、元寇の時、暴風雨のおかげで敵を撃退したことで精いっぱいだった鎌倉幕府だが、日本が九州北部に石垣を築いていたころ、元の方も、日本軍が反撃にやってくるだろうと、やはり石垣を作っていたそうだ。どちらも守りに入れば戦争は起きないのだが。

その遷都で飛鳥にいた人たちは嫌々ながら近江(大津)に引っ越していた。

そして、壬申の内乱の最大原因と言われるのが、天智天皇が老衰のため、床に臥せている間に、後継者が大海人皇子(天智天皇の弟)から大友皇子(天智天皇の子)に変更になったこと。つまり5人の重臣がなんらかの理由で年若い大友皇子を担いだわけだが、その理由はよくわからない。

なにしろ、史料が少ない。日本書紀になるが、日本書紀はまったくの大海人皇子(天武天皇)寄りである。

それと、天智天皇が亡くなって大友皇子がすぐに天皇になったわけではなく、半年以上の空白期がある。その理由もよくわからないが、壬申の乱が、後継者争いのトーナメント決勝だったのか、若い天皇とそれに逆らう前皇太子といったクーデターだったのかもわからない。大友皇子が天皇になった(弘文天皇)という説もあり、なっていないという説も多い。本書著者の北山氏は「なっていない」という説の方だ。

実は、この本だが、歴史書のはずだが、壬申の乱の各地での戦いをうまく描いている。とはいっても資料のない話を書き続けるのは難しい。具体的な戦力や戦死者の数も不明なので脚色は慣れていないと難しい。本書を書いた後、歴史小説家に転進した、というなら面白いが、実は、左翼系歴史学者とレッテルを貼られ、職を失っている。が、本書を読んだ感想としては、彼が左翼系とは思えない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)歴史

2020年07月08日

ハイオク問題あれこれ

最近のニュースで、A社のガソリンスタンドで売られているハイオクの添加剤がエンジン内の付着したカーボンの清浄性がある(クリーンナップ)とカタログに書いてあるのに、清浄性を保つ(キープクリーン)という効能しかないということで景表法に触れるということになった。

もう一つ、B社のガソリンは製品名に○○○-100となっているのに100オクタンではないことが判明したとなっている。

二つの問題のうち、簡単な方はB社の方で、そもそも現在、B社はA社のハイオクを購入しているのだが、ではA社のハイオクのオクタン価はというと99.5以上となっている。他社(C社やD社)はどうかというと100以上となっている。B社はしばらく前は、A社ではない会社から購入していたので、購入先を変えた時にこっそり製品名を変えれば良かったともいえるのだが、問題の本質はもっと小中学生的なところにある。

つまり99.5以上と100以上とは、ほぼ同じ意味なのだ。100.0となっていれば、99.95〜100.05ということなのだが(小数点以下2位を四捨五入)、100というのは、少なくとも99.5〜100.5というのだから(小数点以下1位を四捨五入)、結局99.5とほとんど同じということ。(厳密に言えば99.45でもいいともいえるが、100の方は95でもいいということにもなる)

B社が何と言って弁明したかは不明だが、企業は正論を選ぶのではなく一番儲かる(あるいは損が小さい)選択をするので、あっさり沈静化を図ると思う。


そしてA社の話だが、製品名に100を入れていないのでオクタン価問題にはならない(そもそもJISは96以上だし)。添加剤問題は、かつてそういう高額な添加剤を各社とも使っていた時のカタログの修正を忘れていたということだろう。

他社と同じタンクを使っている出荷基地もあるので差がないではないかという批判があるが、タンクローリーに積み込むときに添加剤をごく少量加えるので製品は別になる。そもそも添加剤を加える話は、日本にはないが米国や韓国や多くの国が国土の中に共用パイプラインを通していて、各地の大きなタンク基地に石油製品を送り、そこから出荷する時に自社用の識別剤を添加している。目的はガソリンスタンド業者が、マークの違う別の業者から安いガソリンを購入しないようにモニターするためというのが多い。

で、添加剤の種類は効果からいって大きく2種類で、クリーンナップ型とキープクリーン型。エンジンの内部の汚れというのは、まさに鍋が黒くなるのと同じで、長年使うと炭素の粉が膜になってくるわけだ。鍋の場合は、それを溶かす洗浄剤があって、何回か使うと炭素が剥がれて洗い流せる。クリーンナップというのはそういうことなのだが、問題は洗い流すわけではなく、エンジン内で燃やしてしまうしかないわけだ。汚れたエンジンに突然使うとまとめてエンジン内部に炭素が飛び出し不都合が起こるかもしれない。いずれにしてもハイオクはガソリン需要の9%位なので残りの91%のレギュラーガソリン使用車でエンジン内部が黒くなってどれだけの問題があったか調べてみたらどうだろうか。

順序が逆になったが、清浄効果にしろ清掃効果にしろ、違う元売りのハイオクを使うとどうなるかというと、効果がない可能性があるということも真実。飲み薬と同じで、胃が痛いといってX社の胃薬を飲んだりY社の胃薬を飲むようなもので、たとえば一日10粒飲むべきところXを5粒、Yを5粒と飲んでも、XもYも効果の出る濃度に達しないので役に立たない。ガソリン添加剤もそういうことで、タイプが違う場合は、効果はない。効果に期待しなければ問題ない。

もう一つ気が付いたのが、燃費の表示。そもそも燃費の意味がずれている人も多い。「最近、円高になって(安くなって)燃費が良くなった」というような会話。「費」は「消費量」の略だが「費用」の略と思っている人も多いはず。

各社の表示を見ると、燃費については「レギュラーガソリンより最大3%改善する場合があります」というような書き方になっている。本来なら「少なくても3%改善します」と書いてあれば燃費がいいと言えるが、最大○%改善する場合があるというだけなら改善するということすら保証されていない。実際には、構成物質に密度の大きいものが多いのでその分、良くなる可能性の方が高いだろうと推測できるということ。燃費はエンジンとかドライバーとか走行する場所の要素がほぼすべてといっていい。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)企業抗争

2020年07月07日

横浜市役所新庁舎、3階をウロウロ

6月末に旧庁舎からの移転が終了した横浜市役所。新しいだけあって、立派だ。いわゆる新築の匂いがする。最寄り駅はみなとみらい線の馬車道駅だが、運賃が高いし、確か急行が止まらないので桜木町駅から行く人が多いだろう。

といっても、普通の市民は各区に立派な区役所があるので、特別な用事がある人だけがいくわけだ。

桜木町駅には、新たに南口というのができて、そこから「さくらみらい橋」というのを歩いていくことになる。橋と言っても、横断歩道橋の長いものということで、途中、運河の上は結構な撮影ポイントだ。橋は新市庁舎の3階入口に繋がっている。

yokohamasi


32階建てで、3階はエントランスになっていて、市役所(&市議会)は4階から上だ。何階に市長室があるのか外部には明らかにされていないが、どうも最上階の32階は使われていないという噂がある。高層市役所の中で展望が良いので有名なのが堺市役所。西側が大阪湾、東側の眼下には仁徳天皇陵をはじめとする古墳群と絶景である。

もっとも横浜市役所の近くには297mのランドマークタワーがあるので展望室になることはないのだろう。

単に憶測なのだが、新庁舎には職員食堂がないそうだ。カジノ問題で弱気になっている市長が「周辺のレストランの相場」とかけ離れた職員食堂の設置を時間差にしているのではないだろうか。つまりカジノ開業後。

siyakusho


高層ビルだと、外に食事に行く人ばかりになると、昼休みの最初は下りエレベーターが乗り切れないほど混んで、昼休みの終わりにも上り切れないほど混むわけなので、ビルの最上階に社員食堂を作るのが基本になっている。下りと上りに人の流れが分散されるからだ。

職員用の食堂といえば、旧庁舎には「かをり」という横浜の老舗食堂があって、職員だけでなく来訪者や近隣の人たちが利用していた。オムライスが有名と言うことは知っていたが、既に4月閉店していた。私の心の中の「行き損ねた伝説のレストランリスト」に記帳されることになった。

3階はレストランを中心としたショッピングモールになるはずだが、コロナ禍の影響だろうか、数店しか開業していない。シャッター通りだ。このビルの外には有名レストランが相当数あるので、なんとなく中途半端になりそうな気がする。

ところで、桜木町駅では市長リコールの署名活動が行われていた。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2020年07月06日

危険な情事(1987年 映画)

この映画の監督、エイドリアン・ラインの同種の映画に『運命の女』というスリラーがある。

『運命の女(2002年)』はある専業主婦が、おもわぬささやかな出来事からラテン系の若い男と不倫をはじめて、それが深みにはまり破局に向かう中で、殺人事件が発生。夫婦ともに隠さなければならないことが発生してしまう。

『危険な情事』の場合は、逆に弁護士と専業主婦の組み合わせに、熱情的な独身女性が割り込む。弁護士が担当している出版社の『サムライ健康本』という日本人を馬鹿にした健康書の出版記念パーティで二人は知り合う。サムライ健康法とは、サムライスタイルの日系人が、おじぎを繰り返すパフォーマンスで健康になるということだが、日本では、おじぎを何度も繰り返すときは、単に、「重大な失敗」をした時で、まったく幸せな気分になれない時のはず。

そもそも三島由紀夫に言わせれば(『葉隠入門』)、サムライ=武士は毎朝、家を出る時には、きょう、理不尽に切腹を申し付けられる覚悟でなければいけない、ということらしい。

映画の話に戻ると、パーティをきっかけに知り合った不倫カップルは、映画らしくそのまま深みにはまり破局に向かって突き進んでいくわけだ。逃げ回る男(演:マイケル・ダグラス)と追い詰める妊娠女(演:グレン・クローズ)。

そして、後半は包丁を振り回したり、浴槽に顔を押し付けて窒息させようとしたり、そして最後はピストルの一撃で決着する。最後はピストルというのは米国映画の一つのパターンだ。

せっかく『サムライ健康本』から始まった映画なのだから、包丁を刀のように振り回すパフォーマンスもやればよかったような気がする。

ところで、ネット上の感想を読んでいると、こどもの頃にこの映画を観て(1990年にテレビにも登場)男女の営みの方法を知ったという感想が複数見られた。ベッドではないところで立ったままということが多かったのだが、その方法の通り、続けているのだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2020年07月05日

井口直人展

横浜市民ギャラリーあざみ野で開催中(〜7/26)の『井口直人展』。

名古屋にある作業所で、障がいのある人とない人が交流する場になっている「さふらん生活圏」で活動中の井口直人さん(1971年〜)の作品。

iguchi1


非常に変わった作品を創っている。

いきつけのコンビニや事務所のコピー機に、自分の顔や手、身の回りの品々を直接並べて、日記代わりに直接コピーしてしまう。

iguchi


展示されている数十枚のフィルムにはそのコピーが写されている。

現代版、自画像ともいえる。

具体的制作方法は、今一つわからないが、その技法は秘密なのだろう。
  

2020年07月04日

和服の次に習得すべきもの

藤井聡太七段の進撃が続いている。棋聖戦2番、王位戦1番が進んだところだが、タイトルホルダーが挑戦者に「歯が立たない」という状態だ。

既に、和服二着が稼働中で、既に買い足しているのかどうかはわからないが、経費扱いになるし、遠慮することはないだろう。

ところで、和服は高くて一式20万〜100万円というらしいが、いくらおカネを積んでも一夜では手に入らないものがある。

その話の前に、現在の王位である木村一基王位だが、昨年王位を獲得した後から、半年間ほど記念免状として有段免状に署名を入れていた。通常の連盟会長、竜王、名人の三署名の他に、追加料金11,000円を支払えば木村王位の署名も並べることが可能だった。(現在は終了)

ただ、渡辺三冠もいるのに王位のタイトルランクが上とはいえ、唐突な感じがしていたのだが、しばらくして、連盟の陰謀(おそらく)に気が付いた。つまり、王位署名を別料金にして、今年交替するはずの藤井王位の署名入り免状を量販するつもりなのだろう。王位が変わってからでは味が悪いので、あらかじめ前例化したのだろう。

ということで、色紙に一文字「信」と書く練習も必要だが、「王位 藤井聡太」の練習もしなければならないだろう。おカネでは買えないものの一つが『書道の腕前』だ。救いは「叡王」ではなく「王位」というところだろう。

なお免状推薦状がどうしても手に入らないとお困りの方は手助け可能かもしれません。


さて、6月20日出題作の解答。

0704k


0704kk


銀を打ちたいところに自分の金がいる、というところから作戦が始まり予定の結末に至る。

1二の歩は余詰防止だが、1二歩を置かずに、全体を一筋左に移動させれば、新設した1筋の空間が効いて余詰めもなくなることがわかったので、修正図を正図ということにする。

0704s


動く将棋盤は、こちら。(flash版)

gif版。

0704g


将棋教室分校(など)です。Please Click! ↓




今週の問題。

0704m


なぜか詰パラ投稿後2年10ヶ月後にキッズコーナーに現れた作。原因不明。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2020年07月03日

「ゴロッと」まではいかないが

スターバックスのイチゴフラペチーノには2種類あって、『シュワッとイチゴフラペチーノ』と『ゴロッとイチゴフラペチーノ』。『シュワッと』の方は、始めたと思ったら売り切れて、現在は『ゴロッと』のみ発売中。

見ての通りの感触と味だが、『ゴロッと』といっても丸ごとではなく、太いストローで飲める程度にダイスに切ってある。

goro


以前、上場していた時に株主だったので、フラペチーノの利益率はきわめて高く、これが他のカフェとの利益の差ということだったのだが、他社がなぜ類似商品を開発しないのかは、いまだもって謎だ。

結局、コーヒーとフラペチーノの両方を注文する人は、ほとんどいないだろうから、フラペチーノ的な商品を飲みたい人はかならずスタバに行き、コーヒーを飲みたい需要を競争各社で分け合うという構造になっているのだから、他社が立ち向かえるわけはないと思える。

458カロリー以上あるというのが、考慮点かな。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2020年07月02日

短冊に書かれた祈り

もうすぐ七夕。

最近、都内のある場所で七夕飾りを見つけた。そうなると、どうしても短冊を読みたくなる。世相を知るには一つの手がかりだ。寺社仏閣の絵馬は、少し長い期間、世間の目にさらされるが、七夕の短冊は、あっという間に任務を終了するので、本音を書くことが多いのではないだろうか。

といっても数%は心の痛みもあるので、さっと写して、あとで解読することにする。絵馬と短冊の違いだが、短冊は風に吹かれて裏返しになったりするので読むのも大変だ。

tanabata


まず、注目のコロナ関係だが、意外に少ない。都内は、安心と思っている人が多いのだろうか。

早くコロナが終わって世界中の人が安心して生活できますように。(正論)
世界中の人が安心して日本に来てくれますように。(少しずれているかな)


意外に多いのが、金持ち祈願。

金もちになりたい(金色の短冊だが、具体案を書いた方がいい)
お金もちになれますように/いっきゅうけんちくしになれますように/ペットがかえますように!!(これも金の短冊。具体的だが、書けない漢字が多すぎるかな。)

究極のびっくりが、

トランプさんの作戦がうまくいきますように!(作戦展開中だったとは知らなかった。作戦ってなんだろう。『拉致被害者奪還作戦』と信じておこう。ガンバレ!!トランプ)
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2020年07月01日

コロナ禍で金価格が上昇

コロナ禍で、経済停滞し、甚だしい被害が出ていて、各国とも政府支出を増加させ、国債で穴埋めをしたり、通貨量を増やしたり、金利を下げたりしていて、結果として金価格が上昇を続けている。

現代は金本位制ではないのだが、それでも金を貯め込む人は増え続けている。

金と通貨の関係を鳥瞰してみる。ただし、正確な統計があるわけでもない。多くの公表されている資料も、いくつかの統計の切り貼りが多く、正確なことはわからないので、およその金額で書いていくしかない。

まず、金の側からいくと、世界で今まで掘り出された金の総量は18万トン。埋蔵量は5万トンといわれる。注意点は「埋蔵量」。現在の価格で経済的に抽出できる場所にある金含有物から算出できる金のこと。したがって価格が上がると、埋蔵量は増えてくる。

一方、毎年の生産量は3千トンといわれる。つまり17年で掘りつくすことになるように見えるが、残量が減ると、価格が上がることが推測できるので、もっと採掘コストが高い(あるいは含有率が低い)金山、金脈の分も埋蔵量に加えられる(原油埋蔵量も同じだ)。

さらに現在は金鉱からの金ではなく、貴金属や電子部品などの再生成により回収される金があり、1/3はいわゆる都市鉱山産だそうだ。

この3千トンの金生産を金の現存総量で割ると、1.7%になる。毎年増加する金の率である。


一方で、通貨だが、全世界で88兆ドル(1京円)。実は世界のGDPは85超ドル程度なので、ほぼGDPと通貨量は同じともいえる。問題は、通貨量の急増。コロナ禍の影響もあるし、仮想通貨などもある。およそ年率4〜5%ずつ増えているそうだ。ついでに、現在の金価格を金の総量に掛けると、通貨価値の5%分位になる。多いというか少ないというか緒論あるだろうか。

つまり、金が上がったというよりも、通貨価値が下がってきたということを意味している。それなら他の製品価格も上がるはずなのだが、そもそも製品価格は需要と供給の関係で決まっていくので、あまりあがらないのだが、新興国では物価が上がっていたのではないかな。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2020年06月30日

万引き家族(2018年 映画)

一家総出で万引きをするほど貧乏な国の窮状を訴える映画ではないわけだ。もちろん6人の一家が、不思議なことに家族のふりをしていながら、血縁関係なし。大人4人は、それぞれ小悪事を生活の足しにしているが、もっと重い罪を犯している。

6人には、うっすらと貸し借り勘定があって、家族的な温かさは感じられる一方で、打算的な損得を引きずっている。

つまり、家族とは何か。重すぎるテーマだ。

困窮しているのだから小さな罪は許されるべきだ、という論理では、どこまでが許されるのか。いや、許されることはないと思うのだが、奇妙なことに映画を観てしまうと、許されるような気がするが、ほぼ許されないレベルの犯罪が次々に明らかになっていく。

リリー・フランキーとか安藤サクラとか、いかにも小悪党役をやらせれば絶品だろう。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2020年06月29日

徳川吉宗(井口朝生著 歴史書)

調べたいことがあって、徳川吉宗の時代の江戸を調べていた。といっても家系調査の結果、先祖を辿ると吉宗に行きついたということでは、まったくない。それなら、いまどき、「川」の名を利用しまくって巨万の富を得ているか刑務所にいるか二択だろう。

単に江戸の街のことで調べたかったことがあった。

yosimune


ところが、読んだ本は、どちらかというと、裏話的なことが多く、それなりに面白い。戦国時代という混沌の時代の結果、徳川政権になったのは、現代につながる大イベントで、そうならなかったら、違う国になっていた可能性が高い。あるいは崩壊かもしれないが。

江戸になってから、日本の方向を変えた(あるいは変えない)人物の最大級が吉宗ではないだろうか。結局、政権として、吉宗の時に、新秩序ができて、その後、波風はあったものの幕末まで耐え忍んで、力尽きた。(こんなことは、本には書いてない。)

ニセ役人とか天一坊とか結構、時代劇的な事件がたくさんあった時代であり、その結果、大岡忠相というスターが生まれたといってもいいだろうか。

これも本には書かれていないが、現在の国立公文書館の前身の一つである紅葉山文庫は、そもそも将軍の学習用の資料室のような性格の場所で、勉強好きの吉宗は、生涯に大量の蔵書を読んでいたそうで、それを記録に残していた。その結果、後代の将軍は、吉宗と比較されるのが嫌なもので、ほとんど書物を読まなかったそうだ。

これは本に書かれているが、実際の吉宗は、最も好きなことは「鷹狩り」。二番目が、「大勢の側室との夜伽」。そして三番目が「勉強」だったようだ。

現代で言うと、ゴルフ、フーゾク、カルチャーということだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)歴史

2020年06月28日

明治・大正・ハマの街

横浜市歴史博物館で会期変更の結果、現在開催中の展覧会に行く。副題が「新市庁建設地・洲干島遺跡」となっている。

hama


どういうことかと言うと、まず横浜市の市役所を立て直したわけだ。正確に言うと、建て増し。日本で一番立派な市役所ができたわけだ。現在は関内駅の近くだが、一駅ずれて桜木町駅に近い場所に移転。

その建設移転地が「洲干島」と言われる場所だ。「しゅうかんじま」と読むそうだ。いかにも干潟地だったような地名だが、開国後は開発され、洋館などが立ち並ぶ街であった。

関東大震災などで壊滅した場所なので、こわれた建物を片付けて上に建物が再建されたのだが、多くのものが地中に埋められたままになっていた。

dokan


そして、結局大開発で地面に巨大な穴を開けたわけで、数多くの発掘物が陽の目を見ることになった。

ビール瓶をはじめ食器類や建材、土管などが発掘されたようだが、パンフレットには書かれていないが、かなりの面積をとって展示されていたものがある。


便器。

rekihaku


さすが文明開化の発信地だ。装飾便器が数多く出展されていた。撮影可だったので、何枚か写してみたが、現代ではあまり見ないような便器芸術だ。

陶器だけでなく磁器製の便器もある。装飾も派手で、早い話が壺や大皿と同じだ。

染付もある。染付古便器と言われるそうで、古便器の芸術性を研究する人もいるそうだ。学会はないそうだが、出版物もあるようだ。

まあ、何を研究するのも個人の自由だが、自分的には抵抗感がある。それも縄文時代の便器なら研究結果は重要な文化発掘だろうが、明治や大正の便器では、なんとなく生臭い感じがある。大腸菌を採集して乳酸飲料を作るとかできるのだろうか。
  

2020年06月27日

タイトル戦で必要なもの

藤井聡太七段が棋聖戦五番勝負と王位戦七番勝負の挑戦者となった。

ところが、タイトル戦が続くのに、藤井七段は和服を二着しか持っていないそうだ。師匠の杉本八段からのプレゼント品だ。師匠からすれば、あと二着は藤井七段が買い揃えて、合計四着あれば、どうせ負けないのだから七番勝負でも足りるだろうということだろうか。

とはいえ、既に遅すぎるかもしれない。いかに効率的に戦ってもダブルタイトル戦では、3+4=七番は指さないといけない。すでに一局は終わっているので、残りは6番。二着ではいかにも足りない。三着はほしい。もちろん全勝できなければ対局数は増える。

名案がある。

ベテランといわれる元タイトルホルダー、永世名人たち、元強豪棋士たちは、もう着用することもないだろうから、彼に和服セットを寄付(あるいは低額譲渡)したらどうだろう。ベテランといえども、「来年こそは復活してタイトル戦登場のチャンスはあるかもしれない」と希望を持ち続けたいのなら、とりあえず1年間和服レンタル貸しという方法もある。


さて、6月13日出題作の解答。

0627k


0627kk


初手は銀。角は残さないといけない。飛車を捨てて▲8二角の王手のあと、香を取って、離し香。全部手筋の組み合わせなので、迷わなければ一気に最後まで見えてしまうだろうか。

動く将棋盤は、こちら。(flash版)

gif版。
0627g



今週の問題。

0627m


詰将棋パラダイス本誌の今月の課題応募作として『ストレート』というお題が出ていて、なんとなく作ったものの、その概念や手数が、選者の意図とまったくかけ離れているのは確実のため、恥ずかしながらこちらに出してみる。

題して「疾走」。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見を記していただけば、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2020年06月26日

最中(さいちゅう)なのか最中(もなか)なのか

最中という漢字を、「さいちゅう」と読むか「もなか」と読むかは、日本語の難問題の一つだが、あえて混同した菓子がある。

monaka1


岐阜市の柳ヶ瀬といえば、今年はウイルスで話題だが、本来、織田信長の出世城である岐阜城のお膝元だ。柳ヶ瀬にある「起き上り本舗」という和菓子店の看板名菓が『起き上り最中』だ。

由来は信長に関する史実に由る。

岐阜城に登るのは一苦労なのだが、天守閣は山の上にあり下界には長良川が見下ろせる。いかにも難攻不落の城である。しかし、地理的に信長の本拠地の清洲から天下統一のため京都に向かうには、どうしても斎藤氏を打破して突破しなければならない最初のバリケードだった。東京駅からディズニーランドに電車で行こうとすると、最初の難関が予想外の場所にある京葉線のホームに辿り着くことであるのと同じだ。

実に5年間で7回も攻撃し、そのつど失敗していた。家来には、失敗したとは言わず、「我まさに、起き上がり最中なり」と言っていたそうだ。つまり七転び八起きの途中だ、という意味だ。もちろん大将だから言えるわけだ。途中で討死にした家来は文句が言えないし、生き残っている者だけを励ます言葉だ。

そして、ついに八度目の戦いで、岐阜の地を手に入れることができた。

という故事に基づき、「さいちゅう」を「もなか」と読み直して菓子にしたわけだ。

実は、伝統的には「もなか」よりもずっと以前から、「ダルマ」として商品化されていたそうで、故事→ダルマ→モナカと変異したようだ。

monaka2


大粒の栗入り最中で、実はダルマのように起き上がるかどうか、何度も実験しているうちに外皮が破れてしまい、浅野内匠頭由来の東京銘菓「切腹最中」のようになってしまった。

monaka3


なお、栗入りではなく、小豆、抹茶、金団といった製品もあるので入手の上、転がしてみたらどうだろうか。(実は、180度回して逆立ち状態で指を離すと、元の状態に戻る。たぶん完全起き上がり最中は作れるのだと思う)
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2020年06月25日

十代の少年の指に全員が乗っかる図

藤井聡太七段が棋聖戦に続いて王位戦の挑戦者に決まる。8つのタイトル戦のうち、早くも二つを手に入れる可能性がある。

そもそもデビュー以来29連勝という信じ難い記録を打ち立て、勝率は8割を超えているのだからいずれこの日が来るだろうと思っていた(当たり前だが、全棋士の平均勝率は5割ちょうどだ)。コロナ禍の中で、対局係が英知を絞って彼のためのスケジュールを作ったのだろう。

fujii


たまたま、少し前に所用で千駄ヶ谷の将棋会館に行った時に、敷地の入り口にポスターが二枚あって、一枚は江戸初期から続く伝統ある名人位を争う名人戦のポスターだが、もう一枚は藤井七段の写真が用いられた子供用の将棋練習グッズのポスター。要するに、彼の写真が玄関前にほしかったのだろう。ここに対局に来るプロ棋士は、すべて写真を拝んで入館することになる。

つまり、彼のお陰で、新しいトーナメントや解説会や、棋士が関与している将棋センターの実入りが良くなったり、波及効果が絶大なはずだ。

男性棋士、女性棋士、将棋連盟社員、関係者を含めれば250人ぐらいの所帯だが、その存亡の命運を最も年齢の若い十代の若者の指にたくしているわけだ。

あまり、そういう先例を知らないが、確かフランスとか長崎県にそういう史実があったような気がするが、縁起でもないので忘れておく。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)しょうぎ

2020年06月24日

ラ・ラ・ランド(2016年 映画)

映画を観て、いろいろと評論的なことを考えたり、ストーリーに一部に無理があるとか非現実的とか思いつく人には向かない映画だと思う。

とにかく楽しいミュージカルと割り切ればいいのだろう。おそらく監督のデイミアン・チャゼルは楽しいミュージカルを作ろうとしか考えなかったはず。映画界の人間ではなかったから、「ミュージカル」という陽の当たらなくなったジャンルを選んだのだろう。

ただ、ふと思うと、この映画、ミュージカル仕立てにしなくても普通の映画でも撮れたはず。主演の二人(エマ・ストーンとライアン・ゴズリング)とも、歌やダンスがきわめて上手いということでもないわけだ。案外、上手くないから主演になったのかもしれない。完璧主義が成功するわけでもないわけだ。

それと、歌やダンスや夢のシーンがないと、結構、シリアスな結末なのかもしれない。もしかして続編あり?

なお、主演のエマ・ストーンよりダンスが上手なルームメート役を演じているソノヤ・ミズノさん。この映画の後、徐々に大作への主演が増えている。日本でも昨年からCMへの出演で有名になっているが日本生まれで英国育ちだそうだ。日本語が上手ではないので日本映画には出演しないと思われるが名前を記憶しておいたほうがいい。


ところで、『LA  LA LAND』の意味だが、撮影がロスアンジェルス(LA)で行われたからだそうだ。日本で言えば、大船撮影所ならオフ・オフ・ランドだ。蒲田ならカマ・カマ・ランド、京都にはウズ・ウズ・ランドもある。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2020年06月23日

去年の今ごろ

もう、一年も経ってしまったのだが、昨年の今ごろ、五輪のチケット抽選があった。第一回目。

一回目では3種目、二回目で2種目。残念ながら(当時はそう思った)、室内ではなく屋外競技だった。当選後、VISAカードでの支払いを行い、私の銀行口座から引き落とされた現金は今どこにあるのだろうか。

gorin


森氏の組織?小池氏の組織?というか東京都?IOC?

総額はよくわからないが900億円という説がある。東京都の持っている現金が9000億円からほぼゼロになるとの報道もあるのだが、チケット代金900億円が残高に含まれているとしたら大問題だ。

座席数の間引きが必須のようだが、屋外競技であるので屋内競技よりも間引き率は低いと思うのだが、どういう基準で決めるのだろうか。しかし、間引きということになれば、間引きされた人のチケット代を返さないということにはならないだろうが、東京マラソンの例もあり、「次の五輪の時に優先的に使えます」というようなことにはならないでほしいが、なんとなくあるような予感もする。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)スポーツ

2020年06月22日

輝ける闇(開高健著)

闇シリーズ三部作といわれるが、直接的にシリーズとして書かれているわけではないように思う。しかし、著者が「闇、闇、闇」と三作に使ったのだから、内面では繋がっているということかもしれない。「輝ける闇」と「夏の闇」の二作は平成7年頃に読んでいて、再読である。再読してもまったく覚えていない本もあるが、本作はかなり記憶に残っている。

何しろ従軍記者であり、かつ戦況を現地の支局で書くわけではなく、戦場やサイゴンの市街の毎日の生活の視点で、ベトナム戦争を描くというスタイルで活動していたため、危険でも街中に出て、街の裏側の情報を探し回らなければならない。戦場にいっても、前線をうろつき回る。

ただ、あくまでも南ベトナム側からの取材であり、いわゆるベトコン側からの取材ではない。アメリカは第二次大戦後も朝鮮半島、ベトナム、中東と、徐々に目的のはっきりしない戦争に突き進んできた。折しも現大統領が世界から引き揚げるようなことを口に出し始めているのだが、ベトナム戦争で亡くなった兵士たちに同情したくなる。

文学なのかルポなのか。本作や横光利一の「上海」といった作品についての評価は、いつまでも定まらないような気がする。

本作の中に登場したマーク・トウェインの「アーサー王宮廷のヤンキー」、開高健は英語で読んでいるようだが、日本語版で読んでみたくなった。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)書評

2020年06月21日

江戸から東京へ、浮世絵にみる「時」の移り変わり

川崎市の浮世絵コレクター斎藤文夫氏のコレクションを展示する小型の美術館が昨年12月に新装なったのだが、運悪く開館のすぐあとにコロナ禍となり臨時閉館を余儀なくされ、当初の予定より2ヶ月間延長されることになり、足を運んだ。(6月14日に展示終了)。

斎藤氏は参議院議員を二期務めるなど、市政、県政でも活躍され、一方で集めた浮世絵コレクションは4000点、時価7億円ということで、91歳にもなり寄託先として川崎駅そばのリバークビルに川崎浮世絵ギャラリーが新設された。

edo


幕末(1840年ごろ)から明治維新をはさんで明治中期までの代表的絵師の作品を鑑賞できる。

国芳、北斎、国貞、広重などが江戸の街を美しく描いている。実際、今の東京と幕末の江戸、どちらが美しい町だったのだろう。

suruga


特に気に入ったのが、歌川広重『東都名所 駿河町之図』。三越の前からは富士山と江戸城が見えたそうだ。付け加えると江戸城の天守閣は1600年台に焼失したままになったので、江戸城の矢倉とかが見えたということだろう。江戸城再建計画は宙に浮いたままになっているのだが、都知事選挙では誰も触れていない。都庁が立派過ぎるから江戸城を作る気にはならないのだろうか。(江戸城に住んでいたのは将軍で、都知事にあたるのは、南北の町奉行)

ところで、広重だが、以前は安藤広重と呼ばれていたが、現在は歌川広重と呼ばれる。そもそも本名が安藤重右衛門、号が広重で師匠が歌川豊広なので、歌川広重が正しいということになる。安藤広重では本名と雅号が混ざっている。

北斎の描く富士もいいが、広重の富士もいい。較べるようなものではない。
  

2020年06月20日

飛散防止シールド

休止中の将棋教室の再開準備開始ということで、新様態の研究をしている。一般的な消毒とか換気ということの他に、将棋特有の問題が、対局時の相互距離が近いことによる飛沫感染と用具の消毒、それと感染者発生時の濃厚接触者(≒対局者)の特定。

その中でももっとも難しいのが、飛沫感染防止策。マスクの効果は限定的なので、必要なのが対局者間の距離と飛沫防御策。

まず距離だが、2mは物理的に無理で、将棋道場によってはマスク+1mという方法のところもある。実は、これは大人でも限界的なのだ。1mを確保するには1mの机(50センチ×2でもいい)だが、盤の縦幅が36センチなので机の中心(=50センチ)より18センチ先まで盤があることになる。つまり68センチ手を伸ばす必要がある。一方で、両手のスパンは身長とほぼ同じということが知られていて、170センチの人は肩幅が40センチとすると、手の長さは、(170−40)÷2=65センチということで、同じぐらいだ。

小学校1年生の身長は平均で120センチ。肩幅25センチすると、手の長さは47.5センチ。60〜70センチのテーブルが限界。

となると、ビニールシートなどで区切らなければならないが、完全に区切ると手が相手側に入らなくなる。ということでどうするか。NHK杯では口の高さから下が全開のシールド装置映像が流されたが、観た人はどう思うのだろうか。

zairyo


ということで、プロトタイプを百均用品で作ってみた。一回作ると、改良点がいくつも見つかるのだが、恥ずかしいので画像は見せないが、A3サイズの透明シートを適当な高さ(例:10センチとか)で立てることができる。メリットは安いことと透明シートの大きさを任意に拡大することができること。

並行して外部製品の調査をしていて、少し嵩張るも、よろしそうな製品も発見した。

もっとも、第二波がくれば、教室に来る子はいなくなるので、休講が決定的なわけだ。


さて、6月6日出題作の解答。

0620k


0620kk


いかにも合駒選択させたうえ、合駒が動き、きれいにさばけて終わるということだが、毒も薬もないとも言える。もっとも薬がない場合、毒がないのがなによりというのが現実なのだからそれでいいのかな。

動く将棋盤は、こちら(flash版)。

gif版。
0620g



今週の問題。

0620m


手順がすべてなので、逃げられないように気を付けて。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2020年06月19日

ラーメンシンフォニー状況

最近、調査のため少し街を歩いている。暑い中を歩いても調査結果ははかばかしくなく、何をやっているかすら怪しい。成果がないので、目的を書きようがないのだが、川崎に行った時にちょうどお昼だったので、久しぶりに駅地下(アトレB1)のラーメンシンフォニーに行ってみた。シンフォニーというのは駅のそばにシンフォニーホールがあるからだろう。美しいホールだ。

全国から5店のラーメンチェーンを選りすぐっているとのことだが、実は一点が閉店になっていた。コロナのせいなのだろうか。

入ったのは静岡県に本店がある大山(だいさん)という店、3回目かな。

『ぶしとんこつらぁめん』という鰹節と豚骨スープ味のラーメン900円を注文。

席は一人ずつあけて座るようになっているが、これでは売り上げ半分にしかならないし、そもそも列もなく、席の半分しか埋まっていない。つまり売り上げは1/4ということだろうか。まあ、再出発の第一歩と考えるしかない。

busitonk


客数が少ないからか、ラーメンの盛り付けは非常に丁寧で、従業員の方はフェースシールド着用。実際にはマスクよりも楽なのだが、飛沫を飛ばすのは防げるが、空気を吸い込むことに関して言えば、効果は少ない。

鰹節はスープを取る時には使われず、ラーメンの上にパウダー状の鰹節が盛られ、自分で混ぜて食べることになる。麺は細麺で固め。豚骨スープは、濃厚で塩辛さも抑えられている。あまり早食いして店を出ると、店頭が寂しくなるので、ゆっくりと食べてから店を後にする。

隣にある閉店と書かれた貼り紙を見ると、「取材拒否の店」として有名な「いちや」だった。後で調べると(有)アールズダイニングというチェーンに所属しているのだが、社のホームページを見てもこの川崎店は閉鎖とは書かれていない。閉鎖の事実を記載しているのはラーメンシンフォニーのある川崎アトレのホームページだけで、6月1日から閉店と書かれているだけ。少し不思議だ。取材拒否の店だけある。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2020年06月18日

必死剣 鳥刺し(2010年 映画)

なんとなく題名から、アニメの原作焼き直しかなと思ったのだが、そうではなく、かなり重いテーマの映画だった。なにしろ、次々に殺人鬼のように斬りまくったりはしないわけだ。

東北の小藩海坂藩の藩主は美形の側室に骨を抜かれ、さらに経済破綻しているにもかかわらず側室の言うなりの華美な生活を続けていた。そもそも正妻は江戸にいるわけで、良家の子女ということで殿も堅苦しいし、小藩では江戸での肩身も狭い。本領に戻った時に羽根を伸ばし、側室は品が悪く脳も弱い美形を選ぶというのが、よくあるパターンだ。海坂藩には限らない。幕府もそういう関係で生まれた諸藩の馬鹿息子が跡取りになることで、藩の弱体化がはかれるということになる。

藩内は荒れ果て、ついに藩士兼見三左エ門は側室を殺害することにした。剣の達人である兼見は一突きで絶命させる。

つまりなんとなく陰惨な感じでスタートする。そして、死を免じられた兼見は底流に陰惨さが流れる中で、藩内の陰謀の中に組み込まれていくわけだ。

主演は豊川悦司。どうもこういう運命にもてあそばれるような役に選ばれることが多いような気がする。私生活でも酒を飲んでも乱れないような雰囲気があり、付き合いにくいのだろうか。

結論的言うと、エンディングで観客の気持ちを慰めるようなものがないわけだ。悪が勝ち善が負ける。救いのないシナリオだ。原作は藤沢周平ということだが、原作とあらすじが異なるのだろうか。

なお、将棋にも「鳥刺し戦法」というのがある。将棋愛好家でも知らない人が多いと思われる。「雀刺し戦法」というのは立派な定跡があるが、「鳥刺し」は実戦で見ることはほとんどないレア戦法で、盤の端の方に攻撃勢力を集中させて突破する作戦だが、成功しても盤の端の攻撃なので、勝負に勝てるかどうかは別問題だ。そういう意味で本映画と同じだ。鳥刺しには成功したものの・・
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2020年06月17日

船長!またですか

横浜港大桟橋に停泊中だった「飛鳥供廚6月16日に出火し、同日午後鎮火した。原因はまだわかっていないが、新型コロナ対策中ということで、工事関係か、消毒用のアルコールに関係するかもしれないという説もあるようだ。

ところで、このクルーズ船には通常の船長の他に、もう一人名誉船長という方が決まっている。

加山雄三氏(83)。

10年ほど前に名誉船長に就任し、毎年「若大将クルーズ」といってディナーショー付きの3日間のショート・クルーズが行われていた。

2020年も7月20日17:00から7月22日の09:00までの3日間(40時間だが)。横浜発横浜行の旅であったが、5月7日に中止になっている。

氏は、2年前には、自身の終の棲家と考えていた光進丸を船火事で失い、高級ケアハウスに移住しているそうだが、またガッカリ事件が起きてしまったということかもしれない。

今現在、今回の火事について氏のコメントは出ていないようだ。


ところで、この飛鳥兇世、船齢は非常に古いが「電気推進船」という革新的な構造の船なのだ。船は船尾にプロペラ(スクリュー)があるため、伝統的にその回転軸の延長上にエンジンを置いて、直接エンジンの動力を機械的にプロペラに伝える必要があった。自動車の動力も長い間エンジンの動力をシャフトを使って直接にタイヤの回転に伝えていた。電気自動車が現れて、常識が一変した。

電気推進船とはエンジンで発電機を回して、その電気でモーターを使ってプロペラを回すという方法で、発電機とモーターの間は電線で繋ぐため、場所が直結ではなく離れていてもいいということで、古くは軍艦。最近はクルーズ船に積極的に使われたわけだ。軍艦の場合は、そもそも戦闘目的優先の設計が必要だし、原子力潜水艦に限らず潜水艦はモーターとバッテリーで動く。クルーズ船は上級な客室ではエンジン音が聞こえないようにするために、エンジンは客室から離れた場所に任意に配置できるわけだ。

問題としては、船の機関士はエンジンには詳しいが、モーターにはあまり詳しくないという点だが、今回の火事とは関係ないと思う。長期停船の時は、船内で発電しないで、陸上側から電気を買うのが一般的だ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)災害

2020年06月16日

一日仕事が三日かかる状態とは

C国の首都の卸売市場で陽性患者がクラスターになったことで、市場内にいる無関係な人間ごと鉄の檻で取り囲んでしまった画像が流れていたが、その少し前に、一応の収束があったとして、規制が大幅に解除になっていたと報道されていた。が、その裏側に各種の規制があって、結局は相当の制限があったらしい。

それは監視社会だからこそだが、どこかに感染者Aさんが見つかるとすると、その行動履歴が洗われて、翌日にはAさんの濃厚接触者全員に通知が回って、公安当局が2週間隔離してしまうそうだ。

このため、仕事でAさんと面談した人(Bさん)がいると、乗り合わせた新幹線や飛行機の乗客だけでなく、Bさんが翌日うっかり会社に出かけると、事務所の全員だけでなく、会社が入っているビル全体が強制隔離されることもあったらしい。

このため、アポをとっても、その前日に近くのホテルにとまり、当日Aさんが隔離されていないことを確認してから面談し、さらに勤務先に出勤するのは1日自宅でテレワークしてからにするという三日間コースになるそうだ。

結局、直接会わずにネット上で商談することになりがちになるのだが、うがったみかたをすれば、なんらかの謀略というのは、決して監視されているネット上では準備されないだろうから(ネット上で集めた強盗団というのはあるが、だいたいうまくいかない)、面談行為そのものを規制したいということなのかもしれない。

一方で、再クラスター対策だが、実際、C国でも集団免疫を獲得しているのはほんの一部の地域だろうから、第二波が大都市を襲うようなことがあれば、人心も経済も逆回転をはじめることだってある。一部ではなく全部をロックダウンすることなんてできないからだ。
  
Posted by ota416 at 17:23Comments(0)市民A

2020年06月15日

特別定額給付金とは関係ないが・・

やっと、10万円申請書が送られてきた。当初はオンライン申請の方が早いと言われていたのに、ペーパー申請の方が早いことになったが、横浜市から申請書が来るのがずっと遅れた。やはりオンラインの方が早かったかもしれない。別の区の市民には届いていたのだが、それから一週間後にオレンジ色の封筒が届く。巷間言われていたのは、「白い封筒はサギ!」ということだったので、無警戒に信じてしまう。ちょっと危険だ。

記入例の氏名が「●●純一郎」となっていて、同じ実名を知っている人は一人しかいないが、神奈川県だからなのだろうか。

世間では、コンビニのコピー機に通帳や運転免許証を忘れていく人が多いと言われるが、コピー機は2台あるので、そういうことは起きないのだが、運転免許証をコピーしていて、ある事実に気が付き驚いた。

コロナ禍の始まった頃、免許の更新をしたのだが、免許証の有効期限が3年になっている。

事実に驚くという時点で、さまざまな思い違いがあったわけだ。

実は、免許の色はブルー。つまり3年で正しいのだが、最大の勘違いは、ゴールド免許は10年で、ブルー免許が5年と思っていた。したがって、10年のものが5年になるのはしかたないが、3年になるのはなんとも痛い。罠にはまったような違反で、痛い目に合う。アメリカなら暴動だ。

さらに金→青のほかに、銀とか赤とか黒とかの免許があると思っていたのだが、そういうものはないわけだ。金と青。天国と地獄と二択だ。

どうもゴールド免許中に違反をして、次の更改の時に青になる状態を「金メッキ」というらしい。

痛いのは、保険料が上がることで、回避するために不道徳な方法はいくつかあるらしいが、研究する気力がわかない。そのうち気力がわき上がるかもしれないが、いずれにしてもマル秘。

しかし、落ち着いて調べ直すと、そもそもゴールドではなくブルーであったことが判明した。前回も警察署ではなく運転免許センターに行ったことを思い出す。金メッキですらなかった。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2020年06月14日

若冲展(ただし西陣織)

ミュージアムロスが続いていたのだが、ようやく開催されはじめた。といっても大型企画展は三密確定的なので、ミニ企画が中心になるのだろうか。

まず、自宅から徒歩圏にある「あざみ野アートフォーラム」に全国巡回中の『若冲』(ただし、西陣織)に行く。

jak1


若冲の絵を元にして西陣織で作られている。

早い話が、原画よりも美しい。というか、別物なのだろう。

ある意味、若冲自身が絹織物に動植綵絵(さいえ)を描いたそうなので、関係ないとも言えない。

jak2


若冲と言うと「ニワトリ」が得意中の得意だが、羽根の色やとさかのリアルさが際立っている。

どうも2017年が西陣織誕生550年記念と若冲生誕300年のダブル記念イヤーだったようで、その後、巡回しているようだ。

たぶん、これからマイナー展中心に回るような気がする。
  

2020年06月13日

和服回避のわけ

棋聖戦と名人戦が並行して始まり、渡辺三冠がどちらにも登場、大忙しだ。もう一人渡部某という人物も多目的トイレの新たな利用法を開発したが、あちらはワタナベではなくワタベだ。

将棋の内容は解説不能なので、それ以外で気付いたこと。藤井七段が和服でなかった。昨年師匠の杉本八段が二着を贈呈していたそうだが。

ちょっと横に話が行くが、和装の単位は色々ある。着というのはワンセット揃ったものを言う。ゴルフクラブでいえば、始めた時にクラブ1セットとキャディバッグとシューズを買うだろうが、そういう状態。和装で言えば、羽織や袴、着物に帯に襦袢や足袋など揃ったものに「着」を用いる。しかし、バラバラになると数え方が厄介になる。

まず、着物や羽織、襦袢などは「枚」を使う。羽織を買い足そうとして、「一着ください」というと大変な買い物になってしまう。帯や紐は「本」。袴は「腰」という。「具」は裃(かみしも)に使うが、鎧(よろい)にも使われる。タイトル戦で鎧を着た人間は今のところいないが、あまりにも強い棋士と対戦する時には鎧を着ていくギャグが出るかもしれない。足袋は「足」だが両足分が揃ってないときは「枚」だそうだ。

和服の件につき杉本八段の説明では、急に挑戦者になって準備が間に合わなかったということだが、本人の談では「まだ所作になれていない」ということで、着手の時に袖が駒に触れないようにするのが難しいらしい。(彼は、駒が成る時に普通の人と逆に駒を時計回りに回すので、その時があぶない)

本当は、最初から三番で決着する気で、二局目と三局目を和服にするつもりだったのかもしれない。

ところで、袖で駒に触れることによる危険の最たるものが、1974年の女流名人戦リーグの一戦。S二段の和服の袖が、いつの間に端の香車を駒台の上に移動させていたわけだ。そして、その香車を打ってしまい反則負けになっている。香車を打つ手と言うのは、気持ちのいい手になることが多いが、対戦相手が大喜びになった。


さて、5月30日出題作の解答。

手違いにより二作ある。

一作目。

1221k


1221kk


合駒選択、桂の二段活用がテーマである。

動く将棋盤は、こちら。Flash版。

GIF画像。
1221g


二作目。

0613k


0613kk


7手目に手分かれがあるが、ご容赦の程・・

動く将棋盤は、こちら。Flash版。

GIF画像。
1221g



今週の問題。

0613m


実戦より取材。実戦作は余詰めとか手順前後、不詰めなど色々手直しが必要で、きちんと直すと実戦型らしくなくなる。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2020年06月12日

アメリカから来たスパイたち(大野達三著)

終戦後の日本に、アメリカから大量の諜報員がやってきて、日本の旧特高などの勢力を手名付けてスパイにしていた、というような内容の書籍。300ページあるので、内容は豊富だ。昭和51年に上梓され、平成20年に祥伝社文庫として改訂されたものを読んでいる(昭和51年版の明らかな間違いについては訂正されているとのこと。著者は日本共産党に所属していた人なので。アメリカに対しては、かなり手厳しい内容といえる。

spi


こういう関係の本は、今までにも何冊か読んでいたので、あまり驚くこともないが、本当に知りたかったのは、戦後ではなく戦前に日本で米軍の諜報員として働いていた人たちのことだった。軍の中での失敗を取り繕う手伝いをしてもらい、それの秘密暴露をおそれて、ずっと情報を米国側に流していたような人がいるらしいのだが、そういう人たちが戦後どうなったのかというようなディープな話は書かれていない。

まあ、戦後になってからは、戦前戦中のことについては口の堅い人が多かったのだろうから、もはやわからないということかもしれない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)歴史

2020年06月11日

マイ・インターン(2015年 映画)

題名から誤解していた。『ボディガード』という故ホイットニー・ヒューストンのための映画の記憶と重なって、「専属医師」の映画と思っていた。一般に日本でインターンと言うと医師の卵のことが多いからだが、まったくの勘違い。

intern


インターン制度というのは実習生制度ということで、見習いということ。薄給社員のことだ。

主演は、ロバート・デニーロとアン・ハサウェイ。ニューヨークでファッション通販サイトを運営している辣腕女性経営者のジュールズとシニア・インターン制度で70歳にして新人社員となったベン老人の話だ。

実際に、この二人がスクリーンに映っている時間がほとんどだ。多忙を極めるジュールズはビジネス上の問題は株主からの「CEO」を置くようにという要求と、家庭内では主夫の座に押し込めた夫の不倫行為を抱えている。

またベン老人は、最初は会社のペースに追いつけなかったが、そのうち過去の経験や人柄によって社内での人望が目立ち始める。

それで、いつしかジュールズの相談役になっていく(日本の相談役は「相談しない役」だが、本映画では相談する役である)

実は、主演の二人はまったく正しいことをやっているわけで、文句のつけようがないわけだ。映画の批評を読むと、「非常にいい」という意見と「まったくつまらない」という両極端にわかれている。非常にいいということと、つまらないというのは、裏返しの関係にあり、映画としては、もっと通常ではないような筋書きを期待してしまう。「年の差40の禁断の恋」とか、「老人インターンがCEOに昇格になる」とか。

アン・ハサウェイは次々にドレスを着替えて、リッチな雰囲気を撒き散らしているのは想定内だが、若い時には犯罪者専門だったロバート・デニーロが人望の厚い老社員を演じるのは、違和感が大きい。いまさらいい子になってどうするのだろう。

余談だが、アン・ハサウェイという名前だが、シェークスピアの妻の名前でもある。母親が舞台女優だった。悲劇のヒロインの名前でなくてよかった。ジュリエット、コーディリアとか・・もっとも苗字がハサウェイなので、親が決めたのは「アン」の部分だけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2020年06月10日

修正第25条第4節

米国で、憲法修正第25条第4節の話が出ているらしい。1967年の末に制定されたもので、大統領の解任に関する規則だ。当時はジョンソン大統領(民主党)の時代でベトナム戦争の泥沼にはまっていた。結局、ジョンソン大統領は次回の大統領選挙に立候補しないことを公表し、この条文は発動しなかった。

憲法修正第25条第4節の第一項の日本語訳:

第4節 副大統領及び行政各部の長官の過半数又は連邦議会が法律で定める他の機関の長の過半数が、上院の臨時議長及び下院議長に対し、大統領がその職務上の権限と義務を遂行することができないという文書による申立てを送付したときは、副大統領は直ちに大統領代理として、大統領職の権限と義務を遂行するものとする。

注:文中に「上院の臨時議長」とあるが、形式的に上院の議長は副大統領が勤めることになっているため、臨時議長をおいている。


要するにこの前不発だった議会による弾劾だけではなく、副大統領といわゆる国務長官の過半数が、「この大統領には大統領職は無理だ」という文書を議会に送ると、大統領はクビになり副大統領が大統領になる、というもの。

第二項の詳細は割愛するが、大統領が議会に、「そんことはない、私は正常な人間だ」と申し立てると、議会で投票になり、2/3以上が「能力なし」の方に投票すると、大統領は解任される。

実際には、共和党議員の1/3位が、現大統領では能力に不足がある(実際には、自分の選挙にも影響するというのが本音だろうが)と考えるとこの憲法修正25条が適用となる可能性がある。

ペンス副大統領が大統領に就任し、副大統領を誰にするのかが最大の問題になる。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2020年06月09日

Go Toキャンペーンのこと

新型コロナウイルス自粛からの経済再生策として『Go Toキャンペーン』というのがあって、主に旅行や宴会やイベントに行く人に2割分のクーポン等を発行しようという政策だ。現在批判にさらされている。話があった時から意味不明と思っていた。


というのも、社会の一般的疑問である「収束前に旅行や飲み屋やイベントに参加すると、また再流行してしまい、すべての努力が無に帰すのではないか」と思えるからだ。

さらに感染防止策への対応の予算が6695億円なのに、Gotoには1兆6794億円というのはちょうど2.5倍。医療につぎ込むのが先であるべきで、患者が増えればGotoはできないだろう、と思えるからだ。

順序と重きの順番が違うというのは、普通変だと思うだろう。


さらに、20%程度の3095億円が事務委託料としてD社(ある夫人の出身会社)に支払われることが明らかになり、ひっくり返ってしまった。


まず、コロナ後の状況を想像すると、国民は4つの分類になっているはず。

1. 事業が破綻あるいは行き詰まり、大損になった人
2. 医療従事者や運送会社の社員といった、忙しくてしかたない人
3. 年金生活者や公務員など、少し給与(賞与)が減ったがなんとかなっている人
4. 感染したものの回復した人。

まず1の人たち。一番欲しいものは、『お金』だろう。そして『仕事』。

次に2の人たち。一番欲しいものは『休暇』だろう。くたくたになっている

次に3の人たち。アンケートも見たが、今行きたいのは『国内旅行』『飲み会』の順。つまり補助金がなくても旅行に行くはずだ。

最後に4の人たちは微妙で、まあ、そっとしてほしい、というのが本音だろうか。

つまり、1と2の人はGoToの恩恵は受けられないだろう。余裕がない。3の人は、ほっておいても旅行に行ったり、飲食店で飲んだくれるのだろう。


つまり、1とか2の人はGoToの恩恵を受けられないわけだし、結局、現地業者や飲食店(1にあたる)には直接、支援金としてつぎ込んだ方がいい。


そして、1兆6695億円のうち、3095億円が事務手数料と言われている。18%とされているが、計算が違う。

1兆6695億円のうち、3095億円を引いた1兆3600億円に対しての%であるべきだ。普通、外注する時にやってくる見積書は、必要経費の合計に、利潤とか販売管理費といった部分を上乗せしてくる。

通常は10%位書いてきて、少し値引き交渉する。(原価にも利益を少しだけ入れてあったりするので、管理費ゼロでもやっていけることも多い)

そういう計算をすると、3095÷1兆3095億=23.6%だ。

上に10%と書いたが、D社の場合、20%で絶対に値引きしないと言われるという話を聞いたことがある(また聞きなので真偽は確認できないので、真実を知りたい人は何か発注して確認してもらえばいい)。


ワクチンや、新薬や医療用の諸器具などを民間会社が全力で取り組みにくいのは、こういうのは一番先に開発した会社だけが儲かって、他の会社は損をすることになることが多いわけだ(マスクを見ても後発会社が損をする)。開発できなかったとしても使った開発経費の保証を製薬会社にした方がいいように思える。宿泊券やクーポン券を配るよりもずっと効果があると思う。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2020年06月08日

学歴詐称問題

都知事が再選を目指そうという時になり、またも浮上したカイロ大学卒業疑惑。

はじめに言っておかなければ誤解されそうなので明言しておくが、別に都知事の肩をもとうと思っているわけではないが、疑惑を持ち出すことの違和感、つまり方向違い感を覚えることを書いてみたい。

まず、これを強く言うと話が前に進まないので小さな声で言うが、「卒業」あるいは「卒業?」から45年も経ってから「学歴」の話って意味があるのかな、ということだが、この点はおいておくとする。

ポイントの一つだが、そもそも日本で正式な学歴の有無を求められる場合、文部省(文科省)の認可した学校を書くことになっている。ハーバードとかオックスフォードとか、ファッションで書くならいいが、日本の通例から言うと○○ヨットスクールとかと同じわけだ。よく医者に行くと米国の有名医科大学の卒業証書が額に飾られているが、数ヶ月間、試験管を振っていただけかもしれないわけだ。だからカイロ大学の話を自分から公開する方もどうかと思うし追及する方もどうかと思う。

次のポイントだが、都知事の場合は、規定年数大学にいて、単位を全部取ったかどうかが問題で、取っているはずはないと女性同居人が主張しているようだが、単位を全部きちんととって卒業しない人だって、本当は大勢いるわけだ。親族に大学関係だった人間がいるが、最終年度が終りそうになると、色々と忙しいことが起きるわけだ。首席だったかどうかもわからない。普通は卒業証書を受け取る人が一番だが、カイロ大学がどうだったかもわからない。教授がそう言ったという話だったはず。

むしろ、なんで入学できたのかという方ではなく、卒業の方が問題になるのもよくわからない。


それに45年経って、大学の記録に卒業と書かれているものを覆すことは、いかにも難しいように思う。そもそも、大学は在籍者の管理はするが、卒業したら記憶の世界から記録の世界に変えてしまうのは古今東西とも同じだろう。


カイロ大学の話で思い出したのだが、最初に所属していた会社でアラビア語の勉強をしていたのだが、健保組合が同一の子会社の男性社員が、カイロ大学に留学していたのだが、在学中に現地で学生結婚していて、その女性が病気になって支払った医療費を健保で負担することになったのだが、夫婦である証明ができないため、現地で証明書を発行してほしいということになり、一ヶ月ほど経って健保組合に届いたアラビア語の文書の翻訳を頼まれた。どうも怪しい感じがしていたのが、発行元がカイロ大学。夫婦の証明を大学がするのだろうかと、いぶかりながら訳してみたが、やはり「(その女性が)当大学の学生である」ということが記載されているだけだったのだが、面倒な仕事はなるべく素早く片付けるという鉄則を思い出し、「結婚証明書」ということにしてしまった。

もしかしたら、その時の女性というのが現都知事ではないかと、年譜を調べたのだが、そういうことではないわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2020年06月07日

市ヶ尾彫刻プロムナード『アリア』

市ヶ尾彫刻プロムナード第8回は、『アリア』。日高頼子製作。

aria1


解説があり、『大自然への感謝』『人類の平和』『明日への活力』の祈りを込めて詠唱する姿だそうだ、

特に、オペラの中で抒情詩を歌い上げるスタイル。個人的な推測では欧州では一般的だった「吟遊詩人」と歌劇が合体したものといえるだろうか。

コロナ禍の中で、youtubeなどでミュージシャンが盛り上げソングをやっているのとつながる。ただ、この彫刻が置かれたのが平成3年(1991年)。まだ欧州の一角では戦火が消えていなかったし、普賢岳爆発とか自然現象はおかしくなってきていたし、バブルははじけたのにジュリアナ東京オープンの年。おかしなことばかり起き始めた頃だ。

彫刻家の日高頼子さん。二科会の重鎮だそうで、作品は全国の街角に置かれている。だいたい市ヶ尾の『アリア』と同じように、人間の体の各部をディフォルメして創っている。顔はどうも女性のようだが、全体の体系はギリシア戦士のようにたくましい。

aria2


とはいえギリシア神話によれば、元々、創造主は人間を全部男にしてしまったのだが、もっと罪深い存在にするために、男の数と同じ人数の女を創作したそうなので、男と女の形が似ているのも無理からないところだ。

なお、日高頼子さんのご主人も二科会メンバーの彫刻家だそうで、夫妻展を何回か行っているそうだ。絵画というのは壁に掛ければジャマにはならないが、彫刻はそうもいかない。家の中に飾るのは、なかなか日本の住宅事情では難しい。かといって庭に彫像を置いている家もあまりみない(というか見たことがない)。石灯篭や庭石を置くより趣味がいいと思うのだが。(一体を購入すると、白い木の箱に寝かされて家に届くのだろうか)