2021年11月30日

インフルエンザワクチンも一苦労

早期に主治医を見つけなければならない気持ちになったのが、インフルエンザ予防接種の件。

コロナワクチンほどではないだろうと、たかをくくっていて、コロナで冷ややかだったものの毎年インフルワクチンを打ってもらっていた年配の医院に電話をする。と、「ワクチンがないので打てない」の一点張りのわけだ。今までの親切な投資が無駄になったわけだ。そもそも自分よりも年配なので、主治医にはふさわしくないとは思いつつ、あまり病院に行かなかったつけが回ってきた感じだ。

とは言っても、今年は、「主治医探し」よりも「インフルワクチン探し」を優先課題として電話をかけはじめ、やっと耳鼻科の先生で予約が取れた。数か月前に「めまい」で診てもらったときの診察券が役に立った。人生、何が救いになるか予想もつかない。

もっとも、耳鼻科の先生って腕に注射とかしないのではないかとの一縷の危惧を持ったのだが、予約日に定刻15分前に受付をすます。腕まくりでは難しいかもとシャツを全部脱いで肩に打ってもらった。「慣れてないので耳に注射します」と言われないように万全を尽くしたわけだ。


マイナンバーカードの保険証扱いもいいけれど、データ収集するなら医者ごとのワクチン拒否事例とか、ABC評価とか入力できるようにしてほしい。

  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2021年11月29日

ガソリン5円引き作戦はうまくいくのか

全国平均のガソリン価格がリッター170円すれすれまで上昇し、政府は元売り会社に5円の補助金を渡して店頭価格を5円下げようとしている。

この全国平均の「平均」ということだがサンプル店が密かに決められていて調査が行われるのだが、各店がどれだけの量のガソリンを売っているかが不明なので単純平均値になる。実際には価格の安い店は販売量(つまり消費者の購入量)が多いので加重平均にすると、この数字より少し安いはずだ。

一般に価格と数量の関係で、価格の変化と数量の変化の比率を価格弾力性というが100円の商品を10%値上げして数量が10%減の90%になると10/10=1となり価格弾力性1となり平均的だ。必需品は上がっても買わないといけないので10%値上がりしても5%しか需要が減らないとしたら5/10=0.5となり弾力性は0.5。ところがガソリンはどこで買っても同じなので価格弾力性が非常に高い。2円高いと20%減るという説もある。2円は1.25%なので、20/1.25=16。通常値の16倍。つまり価格敏感商品の最たるものだ。

価格競争があるから5円渡せば、5円安いところに落ち着くだろうというのが政府の読みだろう。

ところが激戦区と過疎区との格差も激しく10円ほどはあるだろう。それが廃業スタンドの多い理由の一つだ。経営が苦しいと値段を下げられない→客数が減る→オイルやタイヤの押売を始める→さらに客が減り金策尽きる。という図だ。

それで今回の補助金作戦。元売りに出すのがネットの5円分なのか消費税10%込みの5円なのかが定かではないので、税込み5円(ネット4.55円)として考えると、170円を超えた場合、全国にばらまくのかその県なのかということもある。元売りは特約店や代理店と取引するので県別取引していないので県別バラマキは実行不能なので全国一律5円配ったとする。

そうなると、全国的に165円周辺に店頭価格が収れんしてしまうはずだ。政府公認価格が170−5=165ということで、172円とか怖くてできないだろう。せいぜい170円。つまり10円ほどある価格差が5円になる。したがって儲け過ぎるスタンドと赤字になるスタンドができてしまう。

儲け過ぎても会社はつぶれないが、赤字になると会社がつぶれるわけで、さらにスタンド数が減っていく。


一方、ガソリン税の問題。約54円の揮発油税の上にさらに10%が消費税になり、「タックス・オン・タックス」と言われているが、正確には掛け算なので「タックス・バイ・タックス」だ。

式で書くと、税抜き100円とすると
(100+54)×1.1=169.4となるが
100×1.1+54=164 ではないかということ。

この二重課税は酒類にも適用になっている。

酒類と言えば、そういう高い酒を客に飲ませた飲食店もさらに1.1を掛けるし、ぼったくりBARはなんでもかんでも掛け算を続けていく。

もともとは、ガソリン=マイカーは贅沢品という思想からだろうが、現在ではクルマが不要な人たちは都心や駅周辺の裕福な生活者で、地方在住者は一家に何台も必要だし、通勤に使っていても税制上少しの不利がある。

税単価はガソリンは54円だが、軽油は32円。タクシー燃料のオートガスは17円である。団体としての政治力の差だろうか。

上の算式でみてもわかる通り二重課税になっている部分は54×10%=5.4円と、ばらまく単価とほぼ同じだ。当面、これを改善すればいいはずだ。

しかも、そもそも揮発油税には大問題があるわけだ。エンジンの改善や軽自動車化、ハイブリッド、電気自動車の拡大などでガソリン需要が劇的に減っていて、近い将来、税収入はゼロに近づくわけだ。これを機に考え直す時期だろう。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2021年11月28日

備蓄原油放出の影響

各国共同で備蓄原油を放出して原油価格を抑えようとしている。特に米国のガソリン価格の対策らしい。その量は7000万バレル程度と報道されている。世界需要の約1日分。

これで、各国の石油会社が買っている原油価格が下がりガソリン他の製品価格が下がるのだろうか。

その前に、WTIとかブレントとかドバイといったSPOT価格が報道されているが、これらの価格で実売買をしている会社というか個人というかはほとんどいない。NY、ロンドン、東京の取引所でトレーダーが先物価格を取引したり交換したりして裁定日に差額決済している。トレーダーの後ろには投資家がいて勝ったり負けたりしているわけだ。

そして、原油の種類は非常に多い。油田によって異なり、あまり成分調整しない国もあれば、集約して比重調整したりしてくれる国もある。

原油からは、ガス、ナフサ、灯油、軽油、重油などいくつかの製品がとれるわけで、価格の高いナフサや灯油・軽油分が多い原油は値段が高いし、重油ばかりの原油は売れないのでバーゲンになる。奇妙なことにカロリーの少ない軽質油の方が高いということになる。

そもそも産油国が個別の原油の価格を決める方法だが、例えば中東原油なら、大まかに言うと数量は年間契約の月割りで月別の価格はドバイ価格に任意の調整をした上、ガソリンなどの市場価格(スポット)と製品種別イールドの加重平均値から精製費などを差し引いて決定する(ネットバック)。簡単に言うと、スポット価格に少しは調整するが、製品の市場価格も大きな要素ということになる。市場と言うのはアジアではシンガポール市場で、中国の需給状況が影響する。したがって、数量の大きな産油国はアジア向け、欧州向け、アメリカ大陸向けに別価格を適用している。

つまり備蓄原油を購入した会社が、原油処理を増やせば、製品在庫が上昇して製品価格が下がることもある。これは石油会社は最悪なので、原油の供給量が増えても生産量を上げることはないだろう。

石油会社は月別の契約数量を引き取らないわけにはいかないので、備蓄が崩された場合、製品生産を増やさなければ、原油在庫を積み上げることになる。実際には国内の国家備蓄が減った分、国内の民間在庫が増えることになり、産油国に痛痒は及ばない。そもそも産油国の論理も二分されていて、赤字国家は地下資源をどんどん現金化したいが、黒字国家はそう思わない。長期的最大利益を目指している。石油需要が壊滅しない程度に減産したいわけだ。

日本の場合、様々な理由の結果、国家備蓄はテレビで紹介されているような備蓄基地(海上タンクとか半地下構造とか、コンビナート計画が頓挫した場所とか)から搬出するのは無理が多い。一例だが大型タンカーには日本船籍がほぼないので外国籍タンカーを使うわけだが、外国籍船の国内転送はタンカーに限らず御禁制になっていて、抵抗勢力がいる。

一方で、石油会社の使っていない原油タンク(あるいは隣接地のタンク)を石油会社から借り入れて国家備蓄に使っている。それならば、放出は簡単でパイプがつながっていることが多いだろう。あるいは、パイプがなくてもタンクの賃貸契約をやめればそれだけで民間に売却と言うことになる。問題は入札価格だが、事実上、その石油会社以外は買えないので押売り価格になる。

その場合、物質的には原油の所有者が変わるだけで、何も変わらない。その後、また民間から国家に名義を変えれば旧に復し、石油会社は産油国から睨まれることなく従来通り取引していればいい。

もっとも、備蓄放出という手を安易に使うと、産油国がさらに減産を強める可能性もある。消費国の備蓄を吐き出させようという考え方だ。


そもそも石油時代終焉モデルの一形態がこの原油価格上昇シナリオだった。陸上の古典的油田はすでに開発されていて、海底下とか超深度、極地といった高コスト原油しか追加供給がないのだから100ドルまでどんどん上がっていき下がらなくなる。それによって代替エネルギーの供給採算ラインも上がってきて新規投資がそちらに向かうという図である。金欠国はエネルギー不足になり、停電多発国になる。

ところで、世界需要の1日分の在庫放出というのは、ソーメンを茹でる時の「差し水(びっくり水)」のような感じだ。調べてみると、鍋をカマドで熱していた頃の習慣で、現代では「ガス」あるいは「電力」を弱めるということで十分ということだ。いずれにしても茹で上がるしかない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2021年11月27日

「将」「棋」の日

将棋の日の記念行事がささやかに将棋連盟で行われ、いただき物があったので出席した。

shoginohi


JR千駄ヶ谷の駅構内には11月17日が将棋の日であることが掲示されていて、さすがに将棋連盟公認の駅だ。以前は唯一無二の駅だったが、その後、大江戸線国立競技場駅、副都心線北参道駅も最寄り駅となった。

江戸時代に徳川将軍が江戸城黒書院で御城将棋を見学した日を「将棋の日」と決めた。それが11月17日(旧暦)だった。ただ、最大の問題は将棋だけではなく、同時に囲碁も打たれていた。しかも上座は囲碁だったはずだ。

では、なぜ「囲碁将棋の日」ではなく「将棋の日」になったのか。

おそらく将棋連盟が先に「将棋の日」を決めたのが1975年。囲碁に人気の遅れをとっていたのだろうか。なお、囲碁界が「囲碁の日」を決めたのは2013年のこと。1月5日とは語呂合わせだ。

江戸城黒書院の跡は現在は下々の下流市民でも自由に散歩ができる。一度は見に行ってみたらどうだろう。伊藤宗看や天野宗歩など有名な棋士がその場所に座っていたわけだ。

shogi


ところで、いただき物だが、「棋」というバッジ。以前「将」のバッジはいただいているので、熟語が完成した。


さて、11月13日出題作の解答。

1127k


1127kk


1127g


短い手筋ものだが、3二の玉型の桂は2手目の変化を消すための配置だが、桂以外の駒を置くと余詰めが発生するので、力が余った方は確認してみたらどうだろう。


今週の問題。

1127m


たまたま小学生の将棋教室で大盤で詰めのパターンを教えているときに、ひらめいたので即興で作った。難易度は低い。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(1)しょうぎ

2021年11月26日

勝手にしやがれ(1959年 映画)

ヌーベルバーグの代表的作品。映画の実験室のような手法が次々と登場する。

監督は、ゴダール。原案はフランソワ・トリュフォー。主演はジャン=ポール・ベルモンドとジーン・セバーグ。

ベルモンドは20世紀の代表的男優で、よくアラン・ドロンと比較されるが、実際は比較しようにもまったく異なるキャラのわけだ。意外にもゴダールはベルモンドとよく仕事をしていた。器用なのだろう。

本作は、自動車泥棒を稼業にするミッシェル(べルモンド)が警察に追われ、警官を射殺し、パリの市内で逃げ回ることになる。アメリカ人のガールフレンド(セバーグ)に匿ってもらいながら、逃走資金の金策に走り回るが、なかなか資金が手に入らず、ついにガールフレンドに殺人犯であることを知られてしまう。そして、やっと逃走用の車を手に入れて、一緒にイタリアに逃げ込もうと提案するが、彼女は断るだけではなく警察に居場所を連絡する。

警官が現れ、もはや逃げる気力のなくなったミッシェルは警官の前で銃弾を浴びることにする。末期の一言は「最低だ!」。何が最低なのかは観客に任されたわけだ。

もしかすると「最高だ!」といっても映画は成り立つような気がする。

つまり、この映画はアメリカのニュー・シネマ、たとえば10年後に公開された『明日に向って撃て(1969年)』と対にして考えても許していただけるだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2021年11月25日

人気店と知らず「かつ」を食す

箱根強羅に着いたのは金曜の夕方。チェックインのあと、再び曲がりくねった道を運転する気にはならず、もともと強羅の駅の周辺のレストランで夕食をとることを予定していた。もちろん予約なし。

宿を出ると、すぐそばに「銀かつ亭」という店があり、名前からしてトンカツ(あるいはビーフカツ)だろうと推測。わざわざ、箱根でトンカツもないかなとスルーして、駅の周辺を歩いたが、開店しているはずの飲食店は、なぜか準備中。さらに箱根登山鉄道の駅の反対側を強羅公園まで歩いたが、この方面も全部閉店中。事前チェックで地域唯一と思われるコンビニ(ヤマザキ)で翌朝の食事を購入し、Uターン。結局、最初の「銀かつ亭」しか開いていないことが判明。まだ、比較的早い時間だったので、テーブルにありつくことができた。

gin1


ほぼ満席で、どこかで見かけたことがある職業、氏名不詳(私が知らないだけ)の人物が関係者男女と思われる人を相手に映画談義をしていて、うるさいなあと思ったが気にしないことにする。さっそく「カツ重」と地元の箱根雲助麦酒を注文。

gin2


そのうち、多くのテーブルで銀豆腐を使ったカツを注文する人が多いことに気が付く。それが、この店の「ウリ」だったようだが、後で知ってもしょうがない。ただ、みかけはあまりかわらないような感じだし、「豆腐でもカツと同じだねえ」というような声が耳に入るので、安心する。肉を大きく超える豆腐ということではなさそうだ。

gin3


また、ビールのお通しがすばらしく、ビジュアルも十分という感じだ。

そして、翌日の土曜日、夕食後に宿に戻るときにこの「銀かつ亭」の前を通ると、長蛇の列ができていた。昨日の店の道の向かいには姉妹店まで開店していて、こちらも長蛇。姉妹店の方はメニューは豆腐カツのみとなっていた。

旅行終了後に調べると、超有名店で箱根中から人が集まっているようだ。もっとも平日と週末の客数の大きな違いから推測すると、観光客様のみご用達なのかもしれない。

こういった「有名なことを知らずに、後で驚く」という例を考えてみたが、あまり思いつかない。NYで道に迷って、コンビニの前で日本語がわかりそうな女性に道を聞いて、後で、そういえば「MAKO−SAN」だったかも・・・とか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2021年11月24日

海賊船に乗る

海賊船といっても芦ノ湖の海賊船。区別するために箱根海賊船と自称しているそうだ。

この話の前に、本物の海賊船のこと。ソマリアに基地があり、主に紅海付近でスエズ運河を通過する船舶が狙われている。この海賊、実際はソマリアの正規軍だったそうだ。政府が二つに分かれて内戦を始めた時に、海の上の軍隊は放置されてしまった(給料未払い)。そのため、海賊を始めたらしい。武器一式は本物なので、商船には勝ち目がないので、狙われる。

知人が、大企業の船舶部門部長を退職後に英語力を生かそうと中規模船会社の顧問を始めた時に、所属船で人質を取られた事案があって、大忙しだったようだ。日本の会社で海賊対策を経験したような人はめったにいないのだから、困難を極めただろう。さらに解決方法は他言無用となり、自慢もできない。

箱根の遊覧船の海賊船だが、本物とは違うのは大砲が進行方向に向いていること。スペインや英国の海賊は獲物の船に横付けして横から大砲を撃ち込んだはずだ。箱根の大砲は前に向かって砲弾が飛んでいくタイプだ。それではバルチック艦隊には勝てない。もっとも海賊船は獲物の船をいきなり沈めるわけにはいかないのだから強力過ぎる武器は使えない。

kaizoku1


箱根湖尻のロープウェー桃源台駅の前から海賊船は航行するのだが、コロナ禍のはざまの一瞬の春状態で、箱根一帯が旅行に飢えた人々の集積場になっているため出航時刻より前なのに、満席。臨時船が出ることになった。やってきたのは「ロワイヤル号」。ロワイヤルは日本語ではロイヤル。王様の船だ。海賊に船が襲われるショーが行われるのではないだろうか。

おそらくは、燃費が悪いのかもしれない。

kaizoku2


そして、周りの雲が低く漂っていてなおさら、火山の噴火口に水がたまって奇跡的なバランスで湖を形成しているのが怖く見える。富士山が爆発した場合の予想困難な副作用の結果、湖が崩壊して、大洪水という可能性も、うすうす感じる。要するに重苦しい天候が気分も重苦しくするから、こんなことを考えるのだろう。

kaizoku3


そして、そろそろ夕方、元箱根観光も一段落し、再び帰りの海賊船に。今度は「ビクトリー号」。これは海賊向きの船名だ。観客が途絶えそうな時期には、ビクトリー号によるロワイヤル号襲撃ショーをすればいいだろう。あと一隻の船は「クイーン号」といって3隻体制だそうだ。襲撃ショーの最初は様子見で、勝ちそうな方に味方するというのが選挙同様、令和のショールールだろうか。

kaizoku4


そして、往復乗船のお礼だろうか、はっきりと富士山が姿をあらわした。大勢の人が右舷側甲板に集まったので、危険を感じたが傾くことはなかった。

この富士山だが左側中腹(宝永火山?)だけ円形に雪が被ってないように見える。誰かが「マグマが上がってきて地熱が高いから。もうすぐ爆発だ。」と言い始めた。こういうコメントが画像付きで拡散されて「日本沈没騒動」になるのだろう。でも少し不安だが。

kaizoku5


ビクトリー号はそのまま芦ノ湖北側の湖尻に向かうが、到着直前に突然大きく右転回避した。観光客用の足こぎスワン(あひる)が直前を横断していたわけだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)たび

2021年11月23日

箱根恩賜公園は、予想以上に広い

箱根恩賜公園(略して箱根公園というようだ)は戦前、皇室の箱根離宮だった。外国要人が来日して、ここにあった洋館や日本館で時を過ごしたようだ。記録では米英要人もドイツ要人も来訪しているようだ。

onsi1


ただ、関東大地震、箱根地震の際にそれぞれ大きな被害を受けていて、その都度、建物が小さくなっているそうだ。

昭和二十年に皇室から神奈川県に下賜されたとなっている。それで恩賜公園と言われる。皇室財産は戦後、大幅に削減されたのでその一貫だろうか。

onsi2


場所は箱根関所の元箱根側の隣。関所は京口と江戸口があるので、江戸口を出てすぐのところに小さなボタンのような半島があるが、その全体である。芦ノ湖は胃袋のような形なので、ついでにいうと、胃の下部にあるポリーブのような形だ。

onsi3


庭園内は高低差もあり、見晴らし台が数カ所にあり絶景である。当日、空は曇っていたが、にわかに風が吹き始め、雲が流れて富士山の一部が姿をあらわして、しばらくしてまた姿を隠した。

onsi4


公園から旧東海道(1号線)に戻るには二百階段と言われる結構スリッピーな石の階段を下り、東海道の三名橋といわれる芦川橋を渡るのだが、国道一号線は歩行者が歩くのは、やや危険感がある。バスに乗った方がいいだろう。

  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)たび

2021年11月22日

駅伝の聖地へ

芦ノ湖のほとり、箱根港に近い場所に駅伝選手の銅像が立っている。いや、立っているのではなく走っている。いや、やはり銅像だから「走る」ではなく「立つ」が正しいだろうか。

ekiden1


あまり美しいフォームではないのは、疲れ切った選手が倒れ込む寸前だからだろうか。なんとなく、「走れメロス像」に近い感じだ。(もし、あれば。)

さらに、最近、駅伝ミュージアムがオープンしたのは知っていて、入館料とJAFの割引も調べてはいたのだが、もっと有名なミュージアムに行かないのに申し訳ないような気がしたので外観を観るだけにした。駅伝は、沿道で見るかテレビで見るかが一番だ。しかし横浜市民だが居住は選手の走る国道一号線とははるかに離れた北側の246号線の近くなので、結局テレビ観戦になる。

ekiden2


近くの歩道には一本の碑が立っていて、往路のゴール地であるとともに復路のスタート地であることがわかる。

実は、この駅伝だが地図の上でコースを見ると、ほぼ直線に近いことがわかる。そもそも五街道の一つである東海道そのものを走っているわけだ。もっとも古くは東海道の単語の中に「海」が入っていることが名残なのだが、鎌倉のあたりから三浦半島を横断して金沢八景のあたりから船に乗って、千葉県の中部に入り、そのまま北上して東京に入らずに茨城県に行くのが東海道だった。

コースの中に海岸があったり山岳があったり、趣があることが今日まで隆盛を続けている理由なのだろう。

hakone


ところで、この人気スポーツ競技会には一つの欠陥がある。女子が参加していないこと。さらに、最近は高速レースになってしまい、団体競技ではあるものの個人の力量が大きく結果に影響すること。

ということで、もう一つの箱根駅伝を考えてみた。いわゆる箱根裏街道から乙女峠を越え、御殿場に出るコース。そのあと、東名高速は使えないだろうから並行する国道246号線をひたすら東京に向かって走るコースだ。三宅坂と渋谷の間は青山通りと呼ばれている。距離はみた感じは4割増しぐらいだから、選手をあと片道2,3名増やす方がいいだろう。従来のコースは女子に任せて、新コースは男子が走る。246は自宅の近くなので沿道の応援も簡単だ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)たび

2021年11月21日

「箱根ガラスの森美術館」の「森」の字で一味違う

ガラス工芸の美術館といえば、小樽とかが有名だが、全国には20ほどあるらしいが、経験的には建物の中にイタリアのガラス工芸が並べられて、それをみて感激することになっている。

あまり古いものは見てなかったし、箱根にある「ガラスの森」は名前は知っていたが、そういうものの一種だと思って、行ってなかった。

glass1


箱根の美術館といえば彫刻の森美術館、そして少し前に開館した岡田美術館が有名だが、どちらも数年前に行っているので、次に行くのはポーラ美術館と、日本の中世の陶器を収集している箱根美術館、そしてポーラ美術館から近いガラスの森美術館と考えていた。

glass2


そして、「箱根ガラスの森美術館」は、まず駐車場が有料と無料とわかれていることから始まる。徒歩5分のところに無料駐車場がある。おそらく社員の通勤用なのかもしれないが、タダはうれしい。

glass4


最初に気付いたのが、美術館の英語表記。「Hakone Venetian Glass Museum」。つまり、ベネチアグラス美術館である。多くは15世紀から17世紀にかけてのベネチア製のガラス製品だ。

しかも、展示品は室内だけではなく屋外展示品も多い。ガラスの花のバラ園、ガラスの木、このあたりの名物のススキもガラス製が混じっている。

glass3


屋外展示の間を歩いていると、急に雲間から太陽が現れる、屋外展示のガラス製品がキラキラと輝き始める。
  

2021年11月20日

箱根にも駒

元箱根から湖尻方面に車で10分ほどの箱根園から背後の箱根駒ケ岳の頂上付近までロープウェーがある。大型の箱に一度に大勢乗せて上下している。距離が長いので大涌谷のような少人数で次々と運送するようなタイプのロープウェーとは方式が変わるのだろう。

週末の特別企画として夕方から頂上に上がって天体観察をするというBIG PLANがあったのだが、午後になって天候は急変、雲が流れてきて、さらに寒風が吹いてきた。頂上の雲海の中で凍結してしまうのは困るので、撤退。翌日、芦ノ湖の船中から見上げると、狂暴そうな山頂が見えた。

ところで、駒ケ岳というのは全国にいくつもあるようで、例えばwikipediaには20カ所の駒ケ岳が並んでいる。箱根駒ケ岳は高さでは12番目なので真ん中ぐらいだ。

ところで、駒というのは大きく二つの意味があって、一つは馬を指す。特に子馬のことである若駒という言葉がある。年を取ると古駒ではなく古馬というのだから駒は若い馬に使う言葉だ。

もう一つは、将棋に代表されるゲームで使う木片。その他、琴とか三味線、バイオリンのような弦楽器で使う小さな木片状のものにも駒という言葉が使われる。

ゲームの駒と楽器の駒、そして馬の駒、どういう関係なのだろう。

少し考えるため、全国の駒ケ岳の画像を調べてみると、ほぼ山の形状が二分されていることがわかった。

第一類の駒ケ岳だが、馬の背にのせる鞍のように両サイドが高く中央がくぼんだ形。ポテトチップス型ともいえる。特徴はダブルトップ型。

第二類の駒ケ岳は、単に馬の背を横から見た形状。肩が高く、尻に向かってなだらかに下がっていく。

komagatake


箱根駒ケ岳はこの第二類だ。芦ノ湖から見上げて右に頭があるような形である。

そして、この第二類の駒ケ岳群の頂上の形状というのが将棋の駒の上の部分の傾きに近いように見えるのである。

もっとも、馬に乗った時に、上から馬の頭を見ると、駒の形に見えるので、これが駒の形のルーツなのかもしれない。


さて、11月6日の出題作の解答。

1120k


1120kk


1120g


金の中合。その金を水漏れ防止の栓にしながら移動して詰める。


今週の問題。少し前半を付け足したのが余計だったかもしれない。

1120m


わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2021年11月19日

箱根で食事するなら

箱根のグルメといえば、一に「黒たまご」だろうが、二は「そば」だろうか。箱根湯本に下れば蒲鉾屋があるが、あれは小田原の延長だろう。あえて対抗を探すと「自然薯」らしい。つまり「とろろそば」というのが複合2位ということ。

ところが、とろろそばは好物だが、そのあと腹が張ってきて苦しくなることがあるので、あまり食べないことになる。さらに、生涯最高のとろろそばを三重県の伊賀上野城内にある蕎麦店で食べたことにより、想い出を崩したくないというセンチメンタルがある。

ということで、強羅公園正門近くにある「山路」という和食店で蕎麦を食べたのだが、「とろろそば」ではなく「鴨せいろ」を注文。和食一般の店らしいが、多くの人が蕎麦か親子丼を食べている。後で調べると、「親子丼が美味い」という口コミを見つけた。「美味しい」という口コミを読んで、それを頼むというのは随分お手軽な思想だ。

yamaji


ということで、「鴨肉が大量に入っている鴨せいろ」は、「鴨せいろ」としては生涯最高の味と思った。「生涯最高の味」にたどり着くと、その後、食べないことにするという奇妙なセンチメンタルルールに従えば、「最後の鴨せいろ」ということになる。このルールを厳密に行うと、いずれ食べるものがなくなるので、ルールの有効期間は2年間ということにしておく。


ところで、東京都内、特に小田急線沿線の駅の多くには「箱根そば」という駅そば屋がある。略して「箱そば」というらしい。小田急の関連会社の箱根登山鉄道が箱根に路線を持っているからだろう。箱根で作った蕎麦ではないだろうから、ネーミングには問題があるかもしれない。箱根そば株式会社の本社が箱根にあれば問題はないはず。実際に食べたことがあるが、好き嫌いは別だろうが、蕎麦のチェーン店の中では、口の中の蕎麦の感触がもっともしっかりしているように感じた。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2021年11月18日

箱根関所

箱根と言えば江戸時代は「関所」として有名だった。西日本から江戸に行くには東海道か中山道かということになる。日程的には東海道の方が近いが物価が高いとして中山道ルートを選んだ人もいたようだが、もちろんそちらにも関所はある。

古くは奈良時代、平安時代でさえ箱根越えに関所があったらしく室町時代は通行するのに有料だったそうだ。スエズ運河みたいな話だ。戦国時代には北条氏の山中城が同じような行為をしていたようだ。

sekisho1


そもそも箱根と言う場所があるから、日本を東日本、西日本と分けることができるわけだ。箱根がなければ東国武士という概念もなかっただろう。

sekisho2


ともかく江戸時代には「入鉄砲と出女」という言葉があったように箱根関所は江戸に武器を持ち込むことと人質として殿様の江戸屋敷にいる正妻が逃げ出さないように厳重な警備をしていた。

sekisho3


吉宗の時代に、関所破りは「はりつけ」と決まったようで、後で行った資料館の資料では江戸時代を通じて関所破りは5人見つかっていて、時代が下った方は、男女の差なく磔にされたようだ。ただ、関所破り5人と言うのは、捕まった数であり、捕まらなかった者の数字はわからないわけだから統計を簡単に信じるわけにはいかない。

sekisho4


ただ、江戸時代も安定期になると江戸に入るもののチェックは甘くなっていたようだ。

数か月前に日光江戸村に行って、まだ時間が経っていないので、なぜかリアリズムと虚構の区別が怪しくなっている。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)たび

2021年11月17日

箱根神社と九頭龍神社

箱根の町は芦ノ湖の東南側にある元箱根とその西側にある箱根港の間が商業地域で、その間に関所があった。もちろん、現在の関所は単に観光資源に過ぎないが、江戸時代には全国の関所の中の関所であった。関所をはさんで東が元箱根で西には宿場があった。三島と小田原の間で箱根の山越えと関所での取り調べと言う二大イベントがあった。

箱根の神社と言うともっとも有名なのが箱根神社。元箱根のシンボルだ。奈良時代に遡るそうだ。現在は神話の中の三神をお祀りしているそうだが、多くの神社がそうであるように、山とか土地とか大河とかを敬っている原始的な宗教に神話が合体したのではないだろうか。何しろ、神社の全面には芦ノ湖、背後には危険そうな山肌をみせている箱根駒ケ岳という環境だ。

kuzu1


そして、まずいったのは分社的存在の九頭龍神社。湖には九つの頭をもった竜がいて、この竜が嵐を招いたり、雷、噴火などの大技を使うといわれていたそうだ。直接村人をパクパク食ったわけではないので、濡れ衣だろう。萬巻上人という坊様がこの九頭竜をやっつけたそうで、今でも湖水祭というのが行われているそうだ。

kuzu2


本来は、西武系の箱根園からロープウェーで駒ケ岳の頂上に昇って箱根の夜景と星空を眺める予定だったのだが、天候が急変。寒風が吹き始め、空は厚い雲に覆われ、箱根園から徒歩30分、植物園の中を歩いて九頭竜神社に到着。海の中に鳥居がある。

kuzu3



そして翌日、元箱根の箱根神社に行く。元箱根の街中に巨大鳥居が立つ。

hakojin1


少しだけ坂を上ると本宮だが、工事中のブルーシートが興ざめである。

hakojin2


こちらも海中に鳥居があり、鳥居を背景に撮影を希望する人たちが長い列をなしていて、一瞬の隙に割り込み撮影に成功。

hakojin3


なにしろ、人出が多い。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)たび

2021年11月16日

箱根最大の観光地、大涌谷へ

箱根の宿泊地を強羅にしたのは、今やはるか昔感のある五輪の頃。五輪かデルタかとか宗教的論争が行われていた。とはいえ、香港系のリゾートチェーンの予約は全国的にほどよく埋まっていて、世の中は人の通らない道を進む人も大勢いるということなのだろう。

gora0


11月に予定通り行ったときには、料金は旧に復し、観光客は大勢いるものの、商店などが結構準備遅れでまだ時短や閉店になっていた。一方で、開店していた飲食店には長蛇の列。マラソンでもいうように、上り坂の時に1メートルでも前に進んでいると、下り坂になった時に先にスパートして、その差を10メートルに広げることができるということだ。

cable1


さて、箱根の魅力は基本的には箱根火山と芦ノ湖と温泉だが、それらはすべて火山に由来する。いつ噴火するかもしれない危険な火山イメージを実現しているのが大涌谷(おおわくだに)。つい数年前は実際に噴煙をあげて脅かして見せた。

cable2


一方、乗り物マニアには垂涎物なのが箱根路。特に箱根の奥にある大涌谷までなるべく真っすぐ進むという方針で様々な乗り物が続く。東京駅を出発点とするとこういうことになる。

東京−小田原  新幹線
小田原−箱根湯本 小田急
箱根湯本−強羅 箱根登山鉄道
強羅−早雲山  箱根登山鉄道ケーブルカー
早雲山−大涌谷 箱根ロープウェー

大涌谷の先も 色々と楽しめる

大涌谷−桃源台 箱根ロープウェー
桃源台−元箱根 遊覧船(二社)
元箱根−箱根地区 バス(二社)

その他にも、モーターボート、ヘリコプター、足漕ぎのスワンもあり、早い終バスに乗り遅れればタクシーもあるし、高級旅館では送迎バスも用意している。新宿のバスタからは高速バスもある。

oowaku1


とりあえず、横浜からはクルマできたのだが、突然始まった空前の箱根観光ブームで大涌谷には車ではとてもいけない状況なので、「日本のサンモリッツ駅」と自称する強羅駅からケーブルカーとロープウェーで行くことにする(運賃は高いが)。ロープウェーの眼下には長蛇の車の列が伸びる。一本道で分岐の道もないので、どうにもならない。逃げ遅れたアフガン難民状態だ。

実は数十年前、神奈川県で営業していた時に、箱根に顧客会社が二社あって、集金に行っていた。振り込まないので毎月、小切手を回収に行っていた。二社のアポ時間が合わないと、長時間のロスタイムが発生するが、いちいち横浜の事務所に戻るわけにはいかないので、よく大涌谷で時間をつぶしていた。駐車場代がタダだったからで、よく「温泉まんじゅう」を買って食べていた。

oowaku3


いつも蒸したてだったので、あまりにも美味かったので、今回も探してみたが、現存しない。絶滅してしまった。「黒たまご館」という建物があり一階がジオミュージアムで二階が大型の土産店。売っているのは黒たまご。

oowaku2


ゆで卵はそれほど好きではないのだが、記念に食べてみる。実は黒たまごを食べたことはなかったので、中まで黒いものと勘違いしていた。おそらくピータンから連想していたのだろう。

oowaku4


殻が黒いだけなのか、別の効用があるのかはよくわからない。あるいは殻も食べるべきだったのだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)たび

2021年11月15日

強羅公園から箱根美術館

箱根登山鉄道強羅駅の南側、坂を上っていくと「強羅公園」がある。洋風の庭園である。

gora2


公園の中心にヒマラヤスギが立ち、噴水のある池がある。左右対称に花壇があってオールシーズン花が楽しめる。秋の今頃はバラが美しい。

gora1


皇室の方の名前がバラの品種名として使われている。ちょうどシーズンなのが「アイコ」。美しいピンクの大きな花である。隣に「プリンセス・マサコ」が植えられているが、花のシーズンが終わったのか、もう美しさはない。並べて植えなくてもいいのではないだろうか。

gora3


そして、公園の隣には「箱根美術館」。中世の焼物がメインの展示になっていて、備前や珠洲の力強く素朴な質感の壺が見事だ。

gora4


そして、コケのある庭と紅葉の山々といった豪華すぎる遠景が美術館の風景となっている。

遠方の地肌から煙が立ち昇っていたのが、気がかり。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)たび

2021年11月14日

ポーラ美術館は半地下

前々から、いつか行こうと思って、なかなか行けなかったのが箱根仙石原に近いポーラ美術館。印象派の巨人二人(ルノアールとモネ)の作品を中心としたコレクションと、森林の中の屋外展示、それと建物自体、景観保全のため、高さを制限して半地下にしている。

pola0


もっとも、箱根のホテルなどは景観にお構いなく7階建てとか、派手な外壁とか無秩序のようにも見える。
pola


行く前から知っていたが、ルノアール作品の多くが、渋谷の美術館に出張中で、モネと特別展として米国の女性芸術家ロナ・ホーン展が開かれている。ルノアールは十代から二十代の頃に展覧会で見て感動していたのだが、名作すぎて数点以外は感動が薄らいでいる。

モネはいい。高知県のモネの庭園に行ったぐらいだ。言うに言われぬような温もりが感じられる。館内はノーフラッシュでの撮影も可で、といっても精密に撮影して偽造絵葉書を作成する気はないので、室内の感じだけ写してみた。

建物の半地下構造だが、瀬戸内海にある地中美術館のように、すべてが地下ということではなくいわゆる半地下構造だ。

pola2


それと、ロニ・ホーン展。アメリカ人だが旅行で行ったアイスランドに魅了され、アイスランドをテーマにした作品にこだわっている。屋内展示が中心だが、屋外にもドラム缶大の白く大きな作品が置かれている。疲れたからといって、上に腰掛けて居眠りしてみようという気になってはいけないわけだ。作品名は「風葬」。居眠りしている間に鳥に体中の肉や内臓をついばまれる可能性があるわけだ。火山の国と火山の町。
  

2021年11月13日

「ひとり将棋」をコケにした山本周五郎

作家山本周五郎の出世作である『青べか物語』は全33編の短編集だが、その15番目が『もくしょう』という作品だ。作家が若い時分に、都内の喧騒から離れ浦安に在住中のできごとを基にして書いたこの短編集だが、『もくしょう』は馴染みの男女の話。

474c52d9


女性の方が男に嫌われたと勘違いして別の町で結婚したもののすぐに死別。こどもを連れて戻ってくる。そして以前の勘違いに気付き、元の男に一緒に住もうと申し入れるのだが、男ははっきりした態度を示さず、毎日、将棋盤の前に座って実在しない相手とひとり将棋を指している、というなかなか割り切れないストーリーなのだが。

完全に「ひとり将棋=煮え切らない男」という公式を作っている。

ところが、プロの棋士や超強豪だけではなく、アマの勉強家でもそうだろうが、将棋の勉強と言うのは基本的には「ひとりでやる」ものだった。その後、勉強会と称して数名のグループ活動になったが、最近では「ひとり+AI」というのが基本パターンになっているようだ。


さて、10月30日出題作の解答。

1113k


1113kk


1113g



今週の問題。

1113m


わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2021年11月12日

港八十三番地で駿河湾を味わう

沼津港深海水族館に行った後、食事をどこにするか、ということをそう真剣に考える必要はない。一帯が食堂街になっている。地番からのネーミングかと思われるが『港八十三番地』という。また、道を挟んだ向かいには「沼津みなと新鮮館」という魚介類のショッピングセンターがあり、その中でも海鮮関係の食事ができる。

83ban1


あまり時間の余裕がなかったこともあり、もっとも開放的な「浜焼き」の店に入る。何種類かの食材の魚介を自分で焼いて食べる店だ。

83ban2


サザエ、ホタテ、牡蠣の三種は殻付きで、海老と名称不祥の深海魚の五種盛。

特に、サザエと牡蠣はよく焼いてから食べるように注意書きを渡される。生食用でないと書かれている。おそらく、何らかの健康問題が発生しても客の自業自得というか自己責任というか。したがって、適切と思われる焼き加減よりももっと焼かないといけないわけだ。

83ban3


もっとも貝類は、焼き過ぎても身が固くなりすぎるだけで炭化しない限り味はそう変わらない。普段、網でサザエを焼いたりすることはないので、なかなかうまくいかない。さらに焼きたてで熱いサザエ、牡蠣の貝殻を相手に素手で格闘するわけだが、「熱いから気を付けてください」という注意書き無視する。言われなくてもわかっているだろう。

要するに、浜焼きを食べる店ではなく、魚や貝を浜で焼いて食べるという縄文時代体験型飲食店ということだろう。もっとも対価は栗の実とかウサギの肉とか釣りのエサとなる朝取りのミミズといった物々交換ではなく、紙きれやボタン型の金属で行わなければならない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2021年11月11日

沼津港深海水族館の動物たち

箱根に宿泊して、足を三島、沼津に伸ばした今回の旅行だが、コロナ患者激減によって慌てて計画したわけじゃなく、何か月も前に予約していた。有名リゾートホテルの会員で、年間のポイントで海外のホテルに泊まれるのだが、今は各国とも鎖国状態。昨年からのポイントは今年にキャリーされたが、今年のポイントも使えないのでキャリーにすると、ポイントばかり溜まって、結局使えなくなる。そのため、国内宿泊に切り替えてポイント消化を進めることにした。

予約したのが、デルタ株全盛期だったので、必要ポイントが低く、3ヶ所に行けることを計画した。鬼怒川、箱根、それともう一カ所(まだ行っていない)。

numazukoa1


それで、一つの目玉が、この沼津港深海水族館。駿河湾は海底が深く、深海魚の宝庫だ。深海魚を捕まえて、水槽に入れればいいということじゃない。水圧が違うのでうまく生きられない。そういう特殊技術が使われている。

実際、一大観光地になっていて駐車場もいっぱいで、やっと一カ所に車を止めることができた。ところが、有名な水族館だから大きな建物をイメージしていたが、かなり小さく見える。回転寿司店の立体看板のような感じだ。

それで、見たことがない動物が泳いでいるわけで、名前が覚えきれない。

ということで、何枚かを羅列。

munazuko2


numazukoa4


numazukoa3


numazukoa2


そして本館のもう一つのこだわりが「シーラカンス」。

numazukoa5


日本でシーラカンスと言えば、ここといわき市にあるアクアマリンふくしまの2ヶ所。どちらかというと学術に重きをおいたのはアクアマリンふくしまで、エンタメに力を入れたのが沼津港深海水族館のように感じた。
  

2021年11月10日

MISHIMA SKYWALKで大風に

箱根強羅を拠点に3泊の旅行に。まず、遠くの三島のスカイウォークへ。三島と言っても東海道の箱根と三島の間にある。三島の方が近いが、江戸時代は、五十三次は箱根の次が三島。一生懸命歩いて関所に到着しないと、夜は追剥や天狗の世界になる。参勤交代では東海道ではなく距離の長い中山道を選ぶ大名も多かったそうで、なんとなくわかる。

skywalk1


SKYWALKは日本一長い吊り橋といわれ全長は400m。橋の上から富士山が見える予定だったが、急に雲が現れる。富士山だけに雲がかかっている。悪運が体の周りに付き添っていた。

IMG_0252


時間とお金と健康を限りなく持っている人なら、楽しい遊びがいくつも体験できることになっているが、限りなく持っていない人なので、往復空中散歩のみにする。

しかし、箱根の天気は変わりやすい。いつも傘を持っていないと、雨の時、痛い目に合う。橋の途中で風が強くなり、橋全体が揺れてきた。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)たび

2021年11月09日

山中城と東海道

箱根と三島の中間にある山中城址に行った。第一駐車場ではなくNAVIが指示した駐車場に入ったら第二駐車場であった。そのおかげで山中城の入口まで山の中を歩くのだが、そこは東海道の旧道だった。

yamanakajo1


石が敷き詰められているが、これが逆にかなり歩きにくい。ねんざしそうだ。江戸時代は靴ではなく草鞋を履いていたはずだが、それでも歩きやすくはないだろう。

yamanakajo4


疑問を突き詰めようにも時間はない。

yamanakajo2


正規の山中城の入口の全体図をみて、その大きさに驚く。とても全部を見て回ることはできそうもなく、二の丸と本丸跡を歩くことにする。本丸の場所は、少し狭い。

yamanakajo3



もともとは、沼津や箱根は今川・北条・武田が覇を争っていた場所で、数多くの戦いが行われ、数多くの兵士が死んでいる。沼津市内には「首塚」と呼ばれる場所もある。戦没者慰霊塔だ。

城の方だが、堀は浅いがぬかるみ状になり、大軍による攻撃ではなければ持ちこたえられるはずだったのだが豊臣秀吉の小田原攻めの大群が一気に攻めを始めた。10倍以上の大軍による攻撃で4000人の北条軍は壊滅した。

信長、秀吉、家康の三人を「三雄」というそうだが、いずれも「神も仏も無視」して大虐殺コースだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)The 城

2021年11月08日

サラ金返済,月給から先取り命令!?

映画『借王』。「シャッキング」と読むらしい。高利貸しをめぐるドロドロしたシリーズだ。2000年版を観た後思い出したことがある。

少し前に中小企業の経営者だった時に、人事部あてに裁判所から郵便物がきた。案件は、社員Aがサラ金から借りている約100万円が返済されていないので、毎月の給料から一定額を会社が天引きして返済させなさいという内容だった。

ところが、Aという人物は社員にはいないわけだ。色々調べているうちにわかったのは驚愕事実。

Aは別の会社の人物だった。当社の社員と偽って、借金したわけだ。

金を貸す方もいい加減だし、もっといけないのは裁判所。調べもしないで金貸しの言いなりだ。グルだ。放置して大問題にしてから大公開して裁判所に痛い目を合わせようかと思ったが、裁判所を敵に回していいことがあるわけじゃない。

そういう名前の社員はいない、ということだけ裁判所に伝えて、これにて一件落着。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)市民A

2021年11月07日

借王 The Movie 2000(2000年 映画)

借王は「シャッキング」と読む。原作は漫画で、ドラマや映画になっている。1997年から2002年までの6年間に9本のシリーズになった。最初の3年間は年間2本、後の3年間は年間1本。2000年に公開された本作はシリーズ7作目。

要するに大阪のマチ金である。高利貸し。実際、近くの某県のドンファンも同業で、稼いで、若い奥様とお手伝いさんと一緒に豪邸に住んでいた(過去の話だが)。

登場人物は金を貸す人物群(宍戸錠などが演)と金を借りる人物群(哀川翔などが演)がいる。金を貸す方が違法な営業と脅迫的な取り立てをするので悪人で、借りる方が善人という構造になるのが不通だが、そもそも借りている方も、会社の金を使い込んだり、援助交際にのめりこんだ刑事とか碌なものではない。

で、警察が動き出したのだが、このまま一斉取り締まりに入ったりはしない。現実の世界でも高利貸しはなぜか潰れずに金利を下げたり大手銀行の傘下に入ったりしてのうのうとしている。要するにグルなのだ。

で、映画は借り込んでいる側が一芝居打って、マチ金から大金を騙し取ろうという筋立てになっている。本作では哀川翔が一人二役で銀行マンと新興マチ金経営者を演じるのだが、映画の中で違う人物二人を演じるのではなく、一人二役をやってマチ金をだます役をやるわけだ。

そういえば、サラ金絡みの事件があったことを思い出した。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2021年11月06日

黒香

最近、ある駒を入手した。一組40枚なら良いのだが、1枚だけ。しかも香車。特徴は『黒』。

kurokyou


黒い木材なら黒檀と言いたいが、黒檀は水に沈むほど細胞が密で重いが、これは軽い。木材の表面だけに黒い塗料が塗られているようにも見える。サンドペーパーで擦れば、白黒つけられるが、世の中あいまいな方がいいという事象も多い。自衛隊と憲法もそうだ。憲法を守らない今のままの方が防衛力は高い。改正した憲法を守るというと、近隣の敵対国が喜ぶだけだ。

将棋年賀状の図案は黒香の詰将棋にしようかな。ミサイル型詰将棋。

かつて芹沢八段というアル中の棋士がいて、定跡が行き詰まったら「香は1回だけ一マス下がれる」とルールを変えれば、ほとんどの定跡は無効化すると言っていた。現実は、香車の動きは今まで通りでも、誰かのせいで、定跡の多くが無効化してしまった。


10月23日出題作の解答。

1106k


1106kk


1106g


途中の銀捨てで、方向決定。


今週の問題。

1106m


わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見を頂ければ正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2021年11月05日

瓦そば

山口県のお土産というと、1にフグだろうか。2に獺祭かな。何番目かわからないが、?番目の『瓦そば』を頂いたのだが、言葉では知っていたが現物は初めて。かつて、「日本三大そば」というのを聞いた時、わんこそば、戸隠そば、瓦そば、と聞いて違和感はあった。ジャンルがずれているような気がした。

kawara1


瓦の上で食物を焼くという風変わりな食べ方は、起原は西南戦争の時に、西郷隆盛率いる守旧派武士群が熊本城にたてこもった政府軍を包囲中に、城外で破壊した建物の瓦で食材を焼いて、美味そうに城内の籠城兵に見せたところからはじまったそうだ。

念のため補足すると、包囲した方が負け、結局は鹿児島に追いやられて全滅した。食い物の恨みも加わり厳しい結果になっただろう。ペリー来寇から始まる25年間の大政変はそこで終わった。

その瓦で焼くという調理&盛り付け一体化スタイルは、なぜか下関で復活。当所は川棚温泉だけであったのが、広く山口県内に繁殖したそうだ。あまり他県では聞かない。

最近では、瓦の上で焼くのではなく、鉄板で焼いたそばを熱した瓦にのせて食すという方法になっているそうだ。たしかに瓦を焼くのでは戦場そのもの。大火傷のリスクもある。


ところが、当家には瓦はないわけだ。屋根の上のスレート瓦は石綿が使われているかもしれない。周囲を見回すと、瓦屋根の家もある。家が留守の時に、梯子をもっていって一枚はがさせていただき、すばやくそばを食べた後、そのまま元の場所に戻せばいいかもしれないが、梯子から落ちるリスクがあるので自重する。ホットプレートを瓦に見立てることにする。

kawara2


ネギ、玉子、肉。本来は紅ショウガとか海苔とかレモンも加えるようだが省略。書き忘れたが、ふつうのざるそばのようにつけ汁で食べる。常識を超えているが、想像通りの味だ。焼きそば風の感じになる。やはり日本三大そばだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2021年11月04日

カナヘビかどうか

秋の庭掃除をしようかと思っている。芝刈りとか落ち葉の片づけとか、数本の樹木の枝の剪定(整枝というのかな)。そして、庭でガサガサやっていると、あちこちでトカゲが逃げ出す。大量に居住していることはわかっているのだが、最初は嫌だったが、もはや住民登録してしまっている。ヤモリはもっと人間に親しげに近づいてくるし、知的な動きをするのだが、どちらの動物も冬眠に備えて食事に忙しい。

トカゲの話だが、目立つのは虹色のボディカラーの個体だが、関東以東に多いのはヒガシニホントカゲという種のようだ。静岡以西はニホントカゲという種が多く、普通の人にはほぼ見分けがつかないそうだ。

幼体の時はオスもメスも背中が虹色だが成体になるとオスは茶褐色になる。そうすると目立たなくなる。

一方、カナヘビというトカゲもほぼ同じよう虹色から茶褐色に変わるので、これも見分けがつかない。

つまり、庭で走り回っているのが、ヒガシニホントカゲなのかカナヘビなのか、オスかメスか、幼体か成体か。本当のところはよくわかっていない。

しかし、最近、あるトカゲ特集を読んでいてわかったのだが、成体になると、カナヘビは体がザラザラになり、ヒガシニホントカゲ(あるいはニホントカゲ)の体はツルツルのままだそうだ。

つまり、捕まえて掌の上で触ってみればいいわけだ。

そのためには二つのことが必要になる。

一つは、俊敏に逃げ回るトカゲを捕まえる技術。

もう一つは、トカゲを気持ち悪がらず、掌の上でナデナデする勇気。

どちらも、持っていない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2021年11月03日

万博キャラクターデザイン

「2025年大阪・関西万博キャラクターデザイン」の公募が始まるという通知メールがなぜか届いた。親戚にそういう仕事をする人物がいるので、間違えたのだろうか。

expo


まあ理由はどうあれ、日本国民あるいは日本在住の外国人の方に応募資格があるようなので、みなさんも該当サイトを探し出してから応募されたらどうだろう。ただし応募期間は11月1日から12月1日まで。

もし、応募してみようと思われたら、まず勘違いしないでいただきたいのは、「ロゴマークの募集ではなく、「キャラクターのデザイン」であること。ロゴマークはもう決まっている。

キャラクターというのは簡単にいうと「フナッシー」のようなイメージだ。ロゴマークとはまったく違うものだ。

そういえば東京五輪の時は、競技場の設計変更の次に発生したのがロゴマーク類似疑惑だった。大阪や関西に関連があるものが良いとされているそうだ。何かに関連させると、倒錯疑惑が始まってしまう。

とりあえず、何も浮かばないが。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)マーケティング

2021年11月02日

「分配なくして成長なし」は本当だろうか

総選挙は自民党の勝利となり、首相が掲げた「分配なくして成長なし」の着手に入るのだろうが、果たしてこの「分配なくして成長なし」のフレーズは正しいのだろうか。

普通に考えれば、正しいわけがないわけだ。成長がなければ分配財源がないのだから、単に何らかの方法で富の移転を行うしかないが、そもそも貧乏な人がたくさんいて、超金持ちはほとんどいないのだから、超金持ちが破産するぐらい絞り上げてもあまり財源は出ない。

平等感と言っても、金持ちが貧しくなるだけで、貧しい人には恩恵がないということになるだけの気がする(中国と同じ)。

「賃上げ優遇税制」は虫がいい話で、例えば賃上げで人件費を1億円上げると、企業収益が1億円減り、支払う税金は20%として、2000万円位減る。一方、所得税はおそらく2割、地方税1割ほど上昇する。


その前に企業の収入と言っても連結海外子会社が利益を上げ、配当控除の後、親会社に送金しているということが多いのではないだろうか。


それと投票率の異常な低さだが、案外、多くの人が、貧しくても今の日本に満足しているのかもしれない。昭和30年代、40年代に市川房江という女性国会議員が、女性参政権のために戦っていたが、彼女は女性議員を多くしようとしていたわけではない。西新宿に彼女の終生をたどった資料館がある。そこにいればわかるが、彼女は女性が選挙に行くことを訴えていたわけだ。そして、現在は男女の投票率はほぼ同じであり、彼女の政治運動は成功した。現在の状況は再び、男女ともに投票率の向上策が必要ということだろう。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2021年11月01日

雪の花(吉村昭著 歴史小説)

吉村昭氏の著作を毎年数冊読んでいるのだが、今年はゼロ冊。どういうわけか月刊誌や季刊誌がたくさん送られてくるので、読む時間が苦しいというあり得ないことになってしまった。コロナ禍で社会との窓口をちょっとだけ広げた結果、コロナ下火状況になり追いまくられてきた。

yuki1


実は、本作「雪の花」で吉村昭作読了30冊目。既読書を買ってしまうと嫌なので、今まで読んだ本をメモしてある。さらに念のため図書館で借りてくる。図書館の出口には紫外線消毒器が設置してあり1分ほど照射する。もちろん本の表紙と裏表紙が消毒されるのだろうと思っている。本の中の各ページまで消毒することも科学技術では可能だろうけど、超強力な超高周波をあてるのだろう。重力場が歪む位。

実は、この本は幕末の日本で天然痘と戦う福井藩の一介の町医師、笠原良策の人生をかけた医術の戦いがテーマになっている。

幕末、天保年間の日本は4〜5年おきに天然痘の流行におそわれていた。罹れば1/3の患者は亡くなり、生き残った者は全身があばただらけになる。全身があばただらけになった者のことを、福井では「めっちゃ」と言っていた。ここ十年で常用語となった「めっちゃ」だが、語源をたどれば、福井の放送禁止用語なのかもしれない。

笠原師は海外から牛痘を取り寄せ、藩内あるいは他藩でも種痘がひろまることを目指したのだが、数多くの政治的困難と闘うことになる。しかもそこを突破しても生きた牛痘を長崎経由で福井まで運ぶ方法に苦心を重ねる。論理的には長崎で種痘を行ったこどものかさぶたを別のこどもに接種するという方法でかさぶたリレーするのだが、接種して7日で完治してしまうため、途中のリレー選手が必要。こどもを揃えるのが大仕事の上、冬の北陸路は雪深い山道だ。凍死寸前になって歩き続くことになる。以下省略。

吉村昭氏は、昭和46年に「めっちゃ医師伝」という題で笠原良策のことを書いたのだが、その後、笠原家の末裔の方が福井県立歴史博物館に多くの資料や書簡が提供されたそうだ。著者はそれらを整理し調査した結果、前書に多くの間違いや書き足らない部分があることから昭和63年に文庫されるときに、題名も変え、書き直したとのことだ。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)書評

2021年10月31日

No Time to Die(2021年 映画)

007シリーズ最新作。2時間43分と長いので、時間調整を考えているうちに終わってしまいそうなので、近くのシネコンに行く。すでに330席のメインスクリーンは『燃えよ剣』になっていて88席のスクリーンの方になっていた。

上映中なのにストーリーを書くのもマナー違反のような気がするので踏み込まないが、基本的には従来のシリーズとほぼ同じ構成である。コロナが下火になるまで公開されなかった理由は、本映画の中心テーマが「バイオテロ」であることだろう。生物兵器研究所からの流出だ。

2種類の敵が登場するのも特徴だろうか、筋立ては少しお粗末な感じはあるが、ダニエル・クレイグの007主演卒業記念作になっている。

なぜか、日本の風物がたくさん登場する。順不同でいうと、
能面、石庭、畳、土下座、北方領土。あまり好意的に使われているとは思えない。

そして、今までのシリーズ作では最後は爆発寸前に海に飛び込んで窮地を脱することになっているが、本作では脱出に失敗したところにミサイルが命中。

遺された人たちは、Mの部屋でウィスキーの献杯をする。

そしてエンドロールになり、すぐに立ち上がってトイレに駆け込んだ人にとっては「これで007シリーズが終わり、もう見に行く必要がなくなった」とホッとしているかもしれない。エンドロールの最後に登場した一行は、James Bond Will Return. つまり帰ってくるわけだ。ただ、この一行には字幕がでないから英語の相当不得意の方は気付かないかもしれない。

そして、早くも次回作の話だが、ボンド役を次に演じるのは女性ではないかという予測がある。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2021年10月30日

還暦将棋大会に

所司和晴七段と言えば、渡辺明名人をはじめとする多くの棋士を育てたことで有名だが、ついに眞子さま(当時)と同日に還暦の誕生日がやって来たわけだ。つまり眞子さんの2倍ということだ。あえていうと、45歳の時には3倍、40歳の時は4倍だったはず。

還暦交流会開催ということで習志野市の京成津田沼駅隣接の将棋センターに盛り上げにいった。当日は60歳以上の方の交流戦ということで、勝星を重ねている方をさらに喜ばせようという意図だったのだが、なかなかうまくいかないものだ。

kanreki


センターのご常連の方が用意されたという「どら焼き」を記念に頂く。どら焼きとは仏教の仏具である銅鑼(どら)を模した焼き菓子で餡子(あんこ)を挟むものだが、いただいたものは、小振りなが
ら2枚の間にオープンサンド方式で餡がはさまれる形状。有名カステラ会社の三笠山は二枚のどらが餡を包み込んで縁が密着しているのだが、その密着感が東日本大地震以来、少し息苦しい。本当は、どら一枚でワッフルあるいは裏返した倉敷銘菓の「むらすずめ」も好きだ。


さて、10月16日出題作の解答。

1030k


1030kk


1030g


逆王手の駒を乱暴に取ってしまうというテーマだった。


今週の問題。

1030m


過去の不完全作(1四とがない図)を手直ししてみた。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2021年10月29日

日本限定販売のアイリッシュとは

アイリッシュウィスキーをちびちびと飲んでいる。ガブガブではなくチビチビでも徐々に瓶の中の空気量が増えていき、最後は空気で満タンになる。

ということで「JAMESON」を再購入しようと思っていると、目にしたのが、派手なラベルのJAMESON。ちなみに地味なラベルの前回購入品と比べてみると大きな差がある。

jameson


しかも、派手なラベルの方は「日本限定販売」となっている。アイリッシュウィスキーの日本限定販売ってどうなっているのだろう。もしかしてラベルだけなのかな。

さっそく飲んでみたが、前の瓶は既に飲み切って資源回収に出している。記憶の中の味と比べると、同じように感じるが、確証はない。

世界五大ウイスキーというのがあって、スコットランド、アイルランド、カナダ、アメリカ、日本と言われている。アメリカと日本は国内生産品では足りず、他の国から輸入量に頼っている。そう思えば日本限定販売であってもおかしくないかな。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ

2021年10月28日

ライムライト(1952年 映画)

チャップリンの主演でかつ監督作。数多くのチャップリンの作品の中でも、後半の作品。映画の内容の前に、この作品がロンドンで封切られることになり、そのステージに上がるために客船クイーン・エリザベスで公開中にレッド・パージで再入国が禁止となった。スイスで晩年を送ることになった。

チャップリンらしさが、次々と発揮される映画で、売れなくなって仕事もなくなった往年の喜劇役者と心理的ショックで踊れなくなったバレリーナ(演:クレア・ブルーム)の復活ストーリーだ。

年の差が40歳のカップルは、お互いの舞台上の怪演を喜ぶのだが、長年の酒の飲み過ぎから来る心臓病は道化師カルベロ(チャップリン演)から余命を奪い取ってしまう。

題名の「ライムライト」だが19世紀後半から20世紀初頭に使われていた照明器具で主に舞台照明に使われていた。酸素と水素を直接結合させさらに石灰を燃やし、集光することにより、やわらかな光を得ていた。ロウソクの光のようなものかもしれない。

感じたことなのだが、チャップリンの映画の裏にはシェークスピアが書いた劇があるように思えたこと。喜劇と悲劇が激しく交錯していくこと。調べてみると、こども頃に入っていた劇団ではシェークスピア劇を演じていたそうだ。雀の魂・・・といったところだろうか。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2021年10月27日

晩年(太宰治著)

太宰治が好きな読者もいるが嫌いな読者もいる。おそらく「斜陽」「人間失格」のどちらかを読んだ結果なのだろう。私にとっては、好きでもあり嫌いでもある作家だ。時々、読んでみたいのは、なぜかデタラメ人生を究めたような作家の文章が読みたくなるからだろうか。

bannenn1


『晩年』は、彼が初めての単行本として昭和11年に砂子屋書房より初版を出している。著者によれば10年間の苦労の結果の作品ということ。実際、短編集の大部分は3〜4年前に書いたものということだ。小説を書き始めたころの作品もあり、多くは数年前から雑誌に掲載されたものである。

全15編だが、極端に長短が異なっているのが特徴ともいえる。注意深く読むと、おそらく太宰治そのものの投影のような、だらしない男とか生きるとか死ぬとか、そういう話が登場する短編が長く、完全な登場人物創作型の小説は短い。

その後の作品を見ても、登場人物を作者自身が本の中に突き放すのが苦手だったのだろう。あるいは、時代的に戦争前後の余裕のない社会では、こういう作家しか評価されなかったのか。逆に同時代の中島敦は自己を書くのが下手で、登場人物が作家を引っ張っていくようなところがある。

今回、新潮文庫で読んだのだが、少し余談がある。新潮文庫に太宰作で最初に登場したのが『晩年』だったそうだ。昭和22年。ところが同時進行中の太宰治全集(八雲書店)の第一刊は、当然ながら最初の単行本である『晩年』になっていた。慌てた太宰は新潮社を優先して、全集の二刊目『虚構の彷徨』から発売するように変更させてしまった。

ところが、その結果、次の配本に回された八雲書店の『晩年』を太宰は手にすることができなかったわけだ。その前に、人生何回か目の自殺決行に不幸にして成功してしまったからだ。

これも余談だが、『晩年』を出版した砂子屋書房だが、経営に行き詰ってしまった。現在も砂子屋書房があるが、前身を引き継いだそうだ。詩集などの美しい製本に特徴がある出版社である。数年前に詩人で大学教授だった原子朗氏の葬儀の際、受付会計係を賜ったのだが、大手出版社をはるかに凌駕する重量感のある袋を頂いたことを思い出した。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)書評

2021年10月26日

コインはどこに行く?

来月11月になると、新五百円硬貨の流通が始まる。偽造防止効果を高めているということ。

ところで、一方では大手銀行では、窓口やATMでの硬貨の扱いを、毛嫌いし始めて、手数料を取るということを1月から始めるようだ。

現在では、自分の預金口座に現金を入金する場合、銀行によって異なるが平日なら硬貨99枚まではATMに投入できるし、手数料もかからない場合が多い。

coin


たとえば、ゆうちょ銀行でみかけた「ゆうちょ料金新設・改定のお知らせ」には振込や送金時の各種手数料の値上げの他に「ATM硬貨預払料金」というのが登場した(窓口業務ではすでに始まっている)。

預入れ時
1〜25枚は110円
26〜50枚は220円
51〜100枚は330円

払戻し時
1枚以上110円

なお、投入金額より手数料の方が高い場合は預金できないそうだ。

例えば1円玉貯金をしていた人が100枚をATMに預入しようとすると、マイナス230円になるので、預金できないことになる。つまりコイン預金している人は、今のうちにジャラジャラと預金すべきということ。

どうも、銀行の都合というのは、ATMの故障のうちコイン関係のものが非常に多いということ。もう一つは、儲かっていないということ。

実際には儲からない理由はATMのせいではなく本業が冴えないことにつきる。

しかし、各行がコイン受入れを実質的に止めると、どうなるのだろう。


電子マネーとかキャッシュレスと言っても、1円という貨幣単位があって、10%の消費税がある限り、やはり1円玉他のコインは必要なのだろう。仮にコインがなければ、1000円札が最終単位で、税込みでコインを使わない価格は10,000円(消費税1,000円)からとなる。おつりがないから、まとめて買ってもらうことになるのだろう。

例えばサンマ1匹250円とすると、40匹まとめて1万円というようになる。

となると、コインは自宅に溜まっていくような気がする。つまり死蔵貨幣。流通しないため徐々に自宅に溜まっていき、ついにはコイン不足となる。一方で、コインは必要通貨と思われるため、流通しなくなった分をどんどんコイン製造に励まないといけない。何かが矛盾しているように思えるが、よくわからない。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)市民A

2021年10月25日

暗くなるまで待って(1967年 映画)

オードリー・ヘプバーン主演のサスペンス。監督はテレンス・ヤング。オードリーは毎年のように有名作に出演し、人気絶頂といったところで、ニューヨークのロケには多くのファンが取り囲んでいたそうだ(大部分は室内のシーンだが)。

テレンス・ヤングは007シリーズの初期の三作(「ロシアより愛をこめて」を含む)のあと手持ち無沙汰だったのかもしれない。主に室内劇なのに、格闘シーンが行われる。007シリーズでは女性は弱いセックスシンボルにしか過ぎないが、本作では麻薬犯と盲目の人妻役のオードリーとの暗闇ナイフマッチが行われる。最後にコンセントを引き抜くシーンは007でもあった。

フランスからニューヨークへヘロインを運ぶのに使われたのが、人形。もちろんフランス人形。体内にヘロインの小袋が縫い込まれる。ところがニューヨークで組織に渡す予定の人形は運び屋の女性が独り占めするため、民間人の男性に手渡される。

そこまでのところ、この運び屋の女性が映画の主役(ヒロイン)のように見えるわけだ。犯罪映画だ。裏切った仲間と警官で撃ちあいをさせ、自分は人形を取り戻して、カリブ海に逃走を図るというようなストーリーが頭に浮かぶ。しかし、人相がオードリーとは違っているように見える。やはり、10分ほど後に人形を渡した男の盲目の妻として登場したオードリーの自宅クローゼット内で運び屋女性は死体として再登場する。

このあと、やっと理解が追い付く程度の数々の謎解きがあって、最終的にはあと三つの死体ができあがるわけだ。

ところで、彼女は映画の中で、何人を殺したことがあるのだろう。全部見たわけではないのでわからないのだが。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)映画・演劇・Video

2021年10月24日

国宝 古今和歌集元永本

月刊「経団連」9月号の表紙を飾るのは、国宝になっている古今和歌集(元永本)。元永三年(1120年7月27日)完成した豪華版の写本ということ。豪華というだけではなく、ほぼ完本(表紙と裏表紙がないと言われる)であるため、古今和歌集の研究にはかかせない。

keidanren


異論はあるが日本三大和歌集といえば万葉集、古今集、新古今集といわれる。成立年代はそれぞれ、(760〜780年頃)、(905〜912年頃)、(1201〜1210年頃)といわれる。実質的編集長は大伴家持、紀貫之、藤原定家であり収録和歌数は約4500、1111、約2000。基本ワードは、ますらおぶり、たおやめぶり、余情妖艶。

kokin


実は、和歌にしても俳句にしても、藤原定家、松尾芭蕉が極めてしまい、明治以降それに反発する運動があった。その一つが正岡子規を中心としたアララギ派。写生論と唱え、見たまま感じたままを基本にしなさいということで、万葉集は評価できるが古今集は駄作ばかりで新古今は、それよりもちょっとまし、という評価を下してしまった。

実際には古今和歌集というのは、時代の転換期にあり、質実剛健の社会が869年に起きた貞観地震(M9.0クラス)や、その頃起きた他の地震や火山爆発により人々の価値観が変わった時代であった。新古今は完成形であり、人の心とか時代とかそういう実在のあいまいなパワーを読んでいるわけだ。つまり写生論とは異質なわけだ。

ところで、この元永本だが、江戸時代の初頭には尾張徳川家が所蔵していた。その後、なぜか女中の岡野という人物が所有することとなり、古筆鑑定家の笠原詳雨が間に入り加賀前田家に売却。幕末には家臣の茨木兵庫に渡る。明治になって三井高大が所有し彼が亡くなった後、東京国立博物館に寄贈されている。

数奇な運命だ。
  

2021年10月23日

コンピュータ発!現代将棋新定跡

最近、講師先が増えてきて、少し強い子供を教えることもある。とりあえず私の前任の先生がやっていた「二面指しでの持時間10分+30秒の秒読み」というルールは時計不使用ということにしたが、いつまでも「振飛車の基本定跡は・・・」とか「腰掛銀の原点は木村定跡で・・・」などと言っていられなくなってきている。

gendaijoseki


ということで、いくつか勉強してみるかと思い直したものの、現代将棋は日々誰かのせいで進化してしまうので、まず2018年に出た「コンピュータ発!現代将棋新定跡」を読んでみる。

第1章 角換わり4五桂
第2章 角換わり4八金
第3章 雁木
第4章 相掛かり7四歩とらせ

3年経っても有効なエッセンスもあるし、一部は無効になったのもあるように感じた。
もう少し読んでみようと何冊か新しいものを仕入れてみた。


10月9日出題作の解答。

xk


xkk


xg



今週の問題。

1023m


最後は簡単。余詰、変同がなければいいのだが、一抹の不安は感じている。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見を記していただければ、正誤判定します。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(2)しょうぎ

2021年10月22日

冷凍庫が魚類で・・

稚内産の一夜干しの魚、十数枚をふるさと納税返礼品としていただき少し食べたものの10枚以上はまだ凍ったままだ。さいわい開きになっているので、重ねることによってなんとか冷凍庫に収納できているが、さらに上積みになる千葉県で作られた魚の西京漬け十数枚がやってきた。

saikyo0


切り身一枚ごとに包装されているので、冷凍庫のすき間に押し込んでしまったのだが、全部を開封して並べると、市の発表している画像のようになる。解凍してしまうと食べないといけないので、冷凍状態の画像になる。

saikyo


ところで、西京漬けというのは、魚を西京味噌に漬けてから焼いて食するのだが、この『西京』というのは、どこのことだろうか。

古くは明治維新の時に、首都が江戸改め「東京」になったのだが、それは東の京都という意味だった。では西京というのは京都のずっと西にある福岡のことを指すのだろうか。


どうも調べると、西京というのは、京都から東京に首都が動いたときに京都のことを西京と呼ぶようになったということらしい。とはいえ、現在、京都のことを西京と呼ぶことは聞いたことがないから、明治時代のある年代のみに発生したのだろうと思える。
  
Posted by ota416 at 00:00Comments(0)あじ