2009年03月07日

貸すなら襖ぐらいは、

sendagaya先日、同業者の大会で将棋連盟を訪れる。数年ぶりである。JR千駄ヶ谷駅のホームには、有名な「王将水飲み」がある。故大山15世名人の書である。現将棋会館の建設にあたっては、寄付金集めの先頭に立ち、公益法人であることを最大限に生かしたということである。現在、公益法人法の改正により将棋連盟も認可の瀬戸際ということで、もし、将棋会館を手放し、建物がなくなってしまった場合、この「王将水飲み」が千駄ヶ谷駅に存在する必然性を失うのだが、どうなるのだろう。

大山名人の記念館がある倉敷か、青森県百石に移設されるのではないだろうか。水道水の味は、青森の方が美味そうだが。

実際には、公益法人にならずとも、富裕篤志家X氏が現れて、将棋会館の土地建物を買い取って、将棋連盟に使用料をとって貸し出すという方法はあるようだが、買い取った方は、営利事業として固定資産税に金利や利益を上乗せして賃借料を設定するだろうから、かなり高額使用料となるだろう。

sendagayaそれに、富裕篤志家など、いるのだろうか。あるいは、羽生名人?。今まで約20年にわたって頭脳を振り絞って稼いだ全財産(賞金額+副収入−生活費−対局用和服ジャケット代−所得税)と等価程度ではないかと思うが、それでは将棋会館ではなく、羽生名人記念館になってしまう。

当日の大会は4階の対局室を休日に借室したもの。高段者はこの部屋は使わないのだろう。コスト安上がりだそうだ。三寸盤とプラスティック駒は、最低レベルのものは借室料金に込みになっている。ただし、駒台の高さがまちまちである。

そして気になったのが、部屋の汚れ。確かに、畳については、青々として張り替えていることがわかるが、襖(ふすま)はあちこちが破れ、壁や柱も汚れが目立つ。窓ガラスにはひびが入ったままだ。喫煙者が堂々とタバコを吸っているのかもしれないが、安いとはいえ、有料で貸すのだから、見栄えくらいは期待したい。会館を買い取ってもらえる富裕篤志家を探す前に、安い料金あるいは五段免状贈呈とか引き換えで内装の修理をしてくれる篤志表具店を探す方が先ではないだろうか。

sendagayaもちろん、対局中は、襖の破れた穴のことなど気にする人間はいないだろうが、リピーター需要というのも重要だと思う。


さて当日の自分の対局だが、団体戦の端っこの方の席で、予想とはまったく逆に、勝星をたくさん積み上げることに成功。4月の職団戦にも久しぶりに出場させてもらえそうである。

本当は、中盤の終りごろの局面から、連続王手55手の長編詰将棋の解答みたいに華麗に勝てればいいのだが、まったく地味勝ちばかりだった。いつもは終盤までにボロボロになって、最後に受けの妙手で手数を伸ばして、トン死勝ち、という方程式なのだが、今回は、優勢の局面を作って、まず遠くから、見えにくい「詰めろ」をかけたところ、見逃されてしまい、しょうがなく持ち駒全部投入して相手玉を詰めてしまうと、「トン死か・・」と通り魔に刺されたみたいに非難されるわけだ。(トン死というのは有利なのに突然負けることで、不利な状態で負ける場合には使わないのだが)

詰みそうに見えない「詰めろ」をかける技は、詰将棋制作の成果なのかもしれない。


komanosekaiさて、2月21日出題作の解答。

▲4七角 △3七玉 ▲3六飛 △4七玉 ▲6九角 △5七玉 ▲5八飛 △4七玉 ▲5六飛上まで9手詰。

二手目に△2八玉は、▲4六角。また二手目△4七同玉は▲2九角で本譜と左右対称形になる。

最終手、▲5九飛ともったいをつけると、5八に中合いで逃げられる。

動く将棋盤は、こちら

komanosekai今週の問題は、手数の割にやさしい。最終手で、サッと決める。いつもの爽快流である。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と手数と酷評を入れてもらえれば、正誤判断。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ota416/51564657
この記事へのコメント
○○●まで○○手詰。
すっきりした初形です。持ち駒も1枚で解きたくなる作品です。
今WBCを見ながら入力しています。2回表3ランホームランが出て私もすっきりしています。
やはりイチローが2安打しているのが大きい。
詰め上がりは攻め方の駒だけ。にもかかわらず無駄がない。
○の串刺しも気持ちがいい。
Posted by さわやか風太郎 at 2009年03月07日 20:07
○○●まで○○手詰め。確かにパッと見詰みませんね。実戦なら頓死くらいそう。
Posted by スコーピオン at 2009年03月08日 07:34
さわやか風太郎さま
スコーピオさま

正解です。

途中の変化と本筋が共通なのが、欠点ですよね。
Posted by おおた葉一郎 at 2009年03月08日 07:46
 ものすごく久しぶりになってしまいました。彰の介です。
 ○○●まで○○手詰めでよろしいでしょうか。例によって読み抜けがなければですが・・・。へぼ将棋差しとしては実に不安な詰め上がりで、発見が遅れました(涙)。
 できれば、通し矢系より密着系の手順の問題をお願いします。要するに変化が少なく易しいやつを・・・。

 
Posted by 彰の介 at 2009年03月08日 22:50
彰の介さま

正解です。

>「実に不安な詰め上がり」

それが、作る方の楽しさなのですが、今週末は、ご希望にかなう短め密着問題を用意します。

易しいと感じるかどうかは?ですが。
Posted by 葉一郎 at 2009年03月09日 07:04