2018年08月10日

『浜なし』酷暑効果で早期収穫へ

酷暑の時には野菜も出荷量が減るし、牛乳まで品薄になるといわれるが、酷暑大好きの植物もある。それが梨らしい。

タウン誌に「8月上旬から『浜なし』の出荷が始まる」との記事があった。平年より10日早いそうだ。早速、いつもの直売所にいくと、のぼりが上がっていた。

hamanasi1


午後だったので、Lサイズの幸水しかないということだった。つまり浜なしとは梨の種類ではなく横浜市(及び周辺)の梨ということで、同様の言い方には「浜ぶどう」というのもある。

hamanasi3


5個で1280円が安いのか高いのかわからないが、どうも、やや傷物や歪んだものとか色にムラがあるものが売られているようだ。

そして、浜なしも浜ぶどうもほとんどが地元で消費されるようなので、域外の人は口にすることはできない。さらに今年の分は宅配便分はすべて予約済ということらしい。実際、梨の生産地が横浜産かどうかはあまり味には関係ないように思えるが、浜ぶどうの方は美味いと予言しておく。