2008年08月31日

規制派の嘘:ニセ科学が元凶であることについて 2

前回の予告どおり、ニセ科学と表現規制論、特に“事実”と“真実”について掘り下げてみたいと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


一般に表舞台に出てくる表現・言論規制派諸氏は、ほぼ確実に規制に反対する人々とは議論も対話も一切拒否します。

まともに議論すれば自動的に論破される以上、体面を守るためには当たり前と言えば当たり前の対応なのですが、実はそれだけでは済まない大きな問題が存在します。

数少ない“規制派と規制反対派が議論した”記録、あるいは、私自身の個人的な経験や、他の規制派諸氏の体験談などからも共通して浮かび上がる現象として、論破された規制派は必ず次の様な主張を行います。


『心の問題である、貴方達には心が無いのか』

『心の問題に数字や科学を持ち出すのはおかしい』



・・・思い当たる人も多いのではないでしょうか(苦笑。

実は、この短いセンテンスの中に表現・言論規制の最大のポイントが隠されています。
これが今回の主テーマである『“事実”と“真実”の違いと意味に起因するニセ科学の問題』に直結します。
続きを読む

ota_24_589 at 21:01コメント(1)トラックバック(0)規制派の嘘資料 

2008年07月08日

規制派の嘘:ニセ科学が元凶であることについて 1

時事ネタや途中で終わってないネタを仕上げてしまう予定でいたのですが、ちょっと簡単には終わりそうに無いので先に前提としてどうしても必要なエントリを上げてしまいます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


表現規制派が息をするように嘘を吐き、その認識が(まるで可視光の波長が異なる絵面のように)表現規制に反対する人々や、おそらくは中立的な人々とも明らかに異なる理由について、明示的に考察した文章は検索すると意外なほどWeb上に見当たりません。

そんな中、少々以前の話になるのですが“俗流若者論”を中心に論陣を展開されている後藤和智氏がこんなエントリを上げられていました。


ニセ科学と俗流若者論の関連性
(後藤和智の雑記帳 2008/02/29)

》ところでこれはあくまでも仮説なのだが、俗流若者論にはまる人って、ニセ科学に親和的なんじゃないだろうか。これはその逆よりもかなり関連性が強いのではないかと思う。
》要は通俗的な青少年に対する認識、要するに今の子供や若年層は根本的に異常である、ということを「納得」するため、あるいは「異常」な若年層を「矯正」する論理を構築するために(もちろん、両方である場合もある)、ニセ科学が使われる、ということだ。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この俗流若者論と“ニセ科学との親和性”という論点なのですが、私は表現規制や俗流若者論といった問題は全て“ニセ科学問題そのもの”である事を“自明”として取り扱っていたため、後藤氏がわざわざエントリを立ち上げて評価されていることに逆に違和感を感じました。
けれどWeb上を検索してみると上述の通り、この手の問題について明示的に示された情報は本当に少ないんですね。

自分で自明だと思っていても他人がそう思っていなければ自明として機能しない、という、ごく初歩的な話だったのですが、この論点は表現規制問題について“大前提”であり、最も“基礎的な立脚点”として機能します。

その大前提が自明として前提になっていないのでは話になりませんので、このBlogではそれを明示的に取り扱うため、当エントリにて簡単に考察します。
続きを読む

ota_24_589 at 03:10コメント(0)トラックバック(0)規制派の嘘資料 

2008年06月17日

毎日新聞社会部長 “小川 一 の妄言” 〜宮崎勤死刑囚と若者叩き〜

忙しくて更新してる余裕ないんですが、あんまりにも酷い記事でしたんで引用。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


連続幼女誘拐殺人:宮崎死刑囚・刑執行 増殖する時代の病=社会部長・小川一
(毎日新聞 2008年6月17日 東京夕刊)

 宮崎勤死刑囚は、26歳の時に警視庁に逮捕された。秋葉原17人殺傷事件の加藤智大容疑者は25歳。死刑執行の一報を聞いた時、20年近い歳月をはさんだ同世代の2人が重なり合って見えた。

 私は当時、警視庁担当の記者として宮崎死刑囚の事件を追っていた。アニメやホラーなどの膨大な数のビデオが積まれた部屋。その中で行われた殺害幼女のビデオ撮影。「今田勇子」を名乗って被害者宅に犯行声明を郵送、遺骨も届ける異様な行為。仮想空間と現実の境が消えたとしか思えない驚異の犯罪の出現に、誇張ではなく体が震えた。

 ほどなくインターネットが登場し、ネット社会という無限の仮想空間が新たに出来上がる。宮崎死刑囚が社会に見せつけた時代の病は、さらに増殖を続けている。現実と仮想の境が見えず、現実感覚を失った事件がいま、不幸にも各地で続発している。

 秋葉原殺傷事件の加藤容疑者は携帯サイトにひとり書き込みを続けていた。その姿と自室でビデオ鑑賞にふける宮崎死刑囚が私には二重写しになる。もし、当時、ネットがあれば、宮崎死刑囚はどんな書き込みをしたのだろうか。

 仲間と互いに顔を見ながら、笑い、怒り、泣く。体を触れ合って愛情を確かめ、心を通わせる。そんな当たり前のことが難しくなった孤独な時代に、私たちは生きている。命の重みを見失ってしまったかに見えた宮崎死刑囚は、どんな思いで死に赴いたのか、それが気になってならない。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下ツッコミになります。続きを読む

ota_24_589 at 22:29コメント(2)トラックバック(0)資料マスゴミ 

2008年05月12日

証明 : 表現規制派の“目的”をPDCAサイクルで表現する。 (表現規制派は、『子供の人権など“どうでもいい”と思っている』その2) 4

前回は現象論的に“表現規制は『子供などどうでもいい、とにかく規制しろ』と思っている”事について説明しました。

今回は行動原理的な視点から改めて、その証明を行ってみます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


まず前提として、人は自分の“目的”について、それが“自分にとって重要”であればあるほど“成果を求めたい”と願うものです。

前述のとおり表現規制派は基本的に『子供のために表現を規制する』と強弁します。

けれど実際には『表現規制は子供のためには何の意味もなさない』ことは前回証明した通りです。それであるにも関わらず、彼らがその類の主張を継続しているのは何故でしょうか。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ここで“目的”のための行動、つまり“手段”に一生懸命になってしまい、いつの間にか『“手段”が“目的”になってしまう』といった現象が稀に起こるとされています。

表現規制派の行動について調査を始めた当初、私は以下のように考えていました。


『表現規制派の行動がいくら無茶苦茶でも、“子供の人権”より“自分たちの嫌いな表現の規制”を優先させることは無いだろう』

『表現規制派がそれでも“子供を蔑ろにして表現規制を優先する”のは、自らの行動を理解していないが故に“目的”と“手段”を混同しているのではないか?』



さすがにECPAT/ストップ子ども買春の会(=日本キリスト教婦人矯風会・以下ECPAT東京と略)および、ECPAT東京と関連する各種団体に関しては過去の(余りにも明白な)“前科”の数々がすぐに確認できました。
よって弁解の余地無く『子供の人権など“どうでもいい”と思っている』ことを、かなりの初期段階から確信していましたが・・・困ったものです(苦笑。

一方で、警察庁を筆頭とする“お役所”や“政治家”は単に『自分の行動の意味を理解していないのではないか?』『目的と手段を履き違えているのではないか?』と想定していた訳です。

けれど、調べれば調べるほどその想定が余りにも“性善説に偏った人の良い見解”であることを、思い知らされるばかりでした。
続きを読む

ota_24_589 at 02:25コメント(0)トラックバック(0)資料規制派の嘘 

2008年05月06日

証明 : 表現規制派は、『子供の人権など“どうでもいい”と思っている』

GW休みも今日で終了、連日更新も今回が最後となります。

前回の内容について改めて読み返してみると少々強い主張を行なっていますが、今回の内容はその証明となりますので更に強い主張となります。
ようやく取れた連休中にどうにか“ここまで辿り着きたかった”のですが、何とかなって善哉、といった感があります。

次回にもう一回、この件についての解説を行なったうえで、その後は多少趣を変える予定です。ご興味のある方は今しばらくお付き合いいだけると幸いです。
続きを読む

ota_24_589 at 23:59コメント(4)トラックバック(0)資料規制派の嘘 

2008年05月05日

インターネット・ホットラインセンター:現状2

前回のラストで予告しましたとおり、“子どもポルノ”という珍妙な造語についてご説明を・・・。と思ったのですが、もたもたしてる間に日本ユニセフ協会が自ら開き直って説明してしまいましたね(苦笑。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


日本ユニセフ協会:子どもたちの権利を守るために、皆様のご理解とご協力をお願いします(2008/03/17) より

》(前略)『子どもポルノ問題に関する緊急要望書』の中に記したとおり、あくまで「欧米各国では法律等で禁じられている子どもへの性的虐待を描いた」(要望書前文5〜6行目)ものであり、「子どもに対する性的虐待を性目的で描写した」(要望項目(1))ものに限定されます。


日本ユニセフ協会:子どもポルノ問題に関する緊急要望書(pdfファイル注意) より

・前文5〜6行目
》現行法では取り締まられない、水着姿の子どもに性的ポーズをとらせ撮影した映像
》欧米各国では法律等で禁じられている子どもへの性的虐待を描いたアニメ・漫画やゲームソフト、また「児童ポルノ」を作品タイトルとするビデオ


・要望項目(1)
》 児童買春・児童ポルノ等禁止法の処罰対象となるか否かを問わず、子どもに対する性的虐待を性目的で描写した写真、動画、漫画、アニメーションなどを製造、譲渡、貸与、広告・宣伝する行為に反対します。

・注釈
》※「子どもポルノ」と「児童ポルノ」
》本文では、現行法が触法物として規定し一般に「児童ポルノ」と称される写真・動画等以外に、子どもの性を「商品」として取引するもの(漫画、アニメ、児童ポルノ広告など)が存在することの問題点を指摘するため、現行法が規定するものを含めた総称として「子どもポルノ」という表現も使用しています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そもそも、現行法で水着の児童のイメージビデオが児童ポルノとして摘発され逮捕者も出ている、とか、“創作物を児童ポルノとして規制している”はずの欧米各国で日本ユニセフが実際に把握しているのは米国・カナダ・スウェーデンの三国のみで、それも実際には事実上カナダだけスウェーデンでは法令が確認できず、米国では違憲審査中とされる)である、とか、“児童ポルノ”といった“タイトル”の何が問題なのか、とか、まぁこの短いセンテンスでよくもここまで、と感心するほど事実誤認といい加減な表記のオンパレードな訳ですが・・・(苦笑。

それはともかく。
続きを読む

ota_24_589 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)ホットライン資料 

ご紹介:「マンガ論争勃発番外編−表現の自由と覚悟を問う」

先日LoftAにて行なわれた、「マンガ論争勃発番外編−表現の自由と覚悟を問う」についての詳細なレポが上がっていましたので取り急ぎご紹介。

>筆不精者の雑彙 より
「マンガ論争勃発番外編−表現の自由と覚悟を問う」レポ(1)
「マンガ論争勃発番外編−表現の自由と覚悟を問う」レポ(2)
「マンガ論争勃発番外編−表現の自由と覚悟を問う」レポ(3)
「マンガ論争勃発番外編−表現の自由と覚悟を問う」レポ(4)
「マンガ論争勃発番外編−表現の自由と覚悟を問う」感想

詳細で読み応えのあるレポートです。イベント自体もかなり興味深い内容だった様ですね。
私は同日同時刻より始まった(苦笑)MiAUのシンポジウムを拝聴していたので参加できなかったのですが、上手く時間が取れれば参加してみたいところです。


ota_24_589 at 16:11コメント(0)トラックバック(0)資料 

2008年05月04日

表現規制:MSKKによる公式見解と、その活動内容の乖離について 2

楠正憲氏より昨日の記事への直接の引用でエントリが組まれており、コメントしようかとも思ったのですが(どう考えても長くなりますし)この問題はいずれ記載しようと思っていましたのでこちらでもエントリを組んでみます。

まず、楠氏ご自身の立場とご意見については全面的にagreeです。この辺は氏の過去のエントリ内容やシンポジウムでの発表内容等からしても、それ以外に無いだろう、というご主張ですね。質問に対する返答と見た場合は100点満点と表現できる内容で、氏の内外両面に於いて幾度と無く繰り返され質疑応答のシミュレートが済んでいる問題なのでしょう。

けれど如何にCTO補佐であっても代表権を持たない社員の一見解がMSKKの見解に直結するはずもなく、(楠氏個人の意見自体はそれはそれで示唆に富んでおり貴重なのですが)ここで問題になるのは氏個人の見解ならぬ、マイクロソフト株式会社(以下MSKKと略)の以下の見解と、直近のMSKKの行動との乖離となる訳です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


雑種路線でいこう 2008-05-04:よく聞かれる単純所持・準児ポへのスタンスについて より、MSKKの公式見解
》「IT企業として、ネット上の児童ポルノ対策に対して積極的に取り組むことの重要性を訴え、捜査機関やNPOの活動に対しては世界各国で支援している。但し、かかる活動は単純所持や準児童ポルノを日本法でどう位置づけるかについて、何らかの政治的意見を表明するものではない」

※この、楠氏によるMSKKの公式見解は私がユーザとしてMSKKに問い合わせた際の返答とほぼ同様であり、正にMSKKの“公式見解”であると判断できます。

ここでMSKKの直近の意思表明は、この問題に限り以下の二つに集約されます。
続きを読む

ota_24_589 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)議論MiAU 

2008年05月03日

レポート:MiAUシンポジウム「青少年ネット規制法について考える」 4

前述の『MiAUの活動が十分に積極的かつ具体的である』と感じた源泉となったのですが、つい先日の5/1に何とか時間が取れたので表題のシンポジウムに参加してきました。

せっかくですのでざっと感想をレポートいたします。具体的な内容については以下ご参照。


青少年ネット規制法案、大幅修正か 連休明けにも新案
(IT Media)

MIAUが緊急シンポジウム「青少年ネット規制法について考える」開催
MIAUが「インターネットの教科書」作成へ、子供・保護者向けに
情報モラル・情報リテラシー教育が、有害情報対策への解
有害情報対策でまず考えるべきは、罰則ではなく「責任制限」
(Internet Watch)

続きを読む

ota_24_589 at 03:04コメント(0)トラックバック(0)シンポジウムMiAU 

宣言:団体設立について中止します。

お久しぶりです。
時間をキチンと取って対応しよう、と思っているうちに前回更新から大変長らく空いてしまいました。
無論、まるっきり無為に過ごしていた訳もなく裏では色々と動いていたのですが、昨今痛感しているのが『表現規制を主張する人は、本当に仕事として請負っているのだな』という素朴な感想です。

いろいろ書きたい事はあるのですが、愚痴にしかなりそうにないので割愛。ともあれ、既に主戦場は主として立法及び行政に移り、それは政治マターでないと牽制すらできない事態であることを意味します。本当に日本は民主主義国家なんでしょうか・・・困ったものです(苦笑。
こうなってくると団体を作ってもそうそう意味がないことになり、準備は続けていたものの「どうしたものやら」と思い続けていました。
ここで、皆さんご存知MiAUが実に的確に動いているんですね。名だたる面子がきちんと意見を発し、政治に対する発言力も民間団体としては十分に期待できる訳です。逆に言えば、彼らでダメならもう日本の政治は民意を汲み上げる方法がなく、利権を用意することによってしか動かないことになります。

よって、現状ではどう転んでも私の様な普通の社会人が団体を作る意義はなく、ここに団体作成の意見表明は撤回させていただきます。既にお声をかけていただいたり、こちらからお願いした諸氏には別途ご連絡していますが、ご報告まで。
続きを読む

ota_24_589 at 00:31コメント(0)トラックバック(0)団体設立宣言 
訪問者数

Profile
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ