オタ婚活でスピード婚した夫婦のブログ

破談を経験して傷心のオタク嫁“結衣”と 女性と縁のない生活をしていたオタクの“マル”が婚活の末、 スピード結婚した経緯をまとめたブログです。 奥手なオタクがなぜスピード結婚出来たのか。その経緯をまとめます。

参加表明から参加者のプロフィール確認へ~初めての婚活パーティー③~

ばんぎゃる子ちゃんとアイムシングルに行くことに決めました


ばんぎゃる子ちゃんは派手な見た目ですが

彼女の周りには腐女子の友達もたくさんいてオタクへの耐性もバッチリです


アイムシングルの参加条件はオタクに理解があることなので、条件は満たしています


さっそくWebサイトからアイムシングルの登録ページへ

個人ページには年齢や好きなジャンルや職業、自分のアピールポイントを記入します


アイムシングルは自分のアピールポイントのアイコンをつける事が出来ます

有名企業勤務とか公務員とか料理が趣味など


なかでも真面目・誠実というアイコンがありました

これは他人から評価されるものなので、自分でアピールするのはちょっと微妙かも


“婚活”“恋活”“友活”などの参加目的のアイコンも付けることができます

そんなもの婚活一択に決まってるでしょ!私はこれだけを選択しました


このアイムシングルのプロフィールはすごく細かいです


これだけ書くことがあれば、何かひとつくらい共通点があるでしょうって事かな?

参加表明から戦いは始まっているのかも知れない・・・


私は先に参加表明をしている男性のプロフィールを読みました

事前に参加者のプロフィールを見る場合、参加人数のグラフ部分をクリックすると登録している人のみ閲覧できます


ばんぎゃる子ちゃんとアイムシングルの参加表明を終わらせましたが


私もばんぎゃる子ちゃんのテンションは冷めず、思いも寄らない方向に進んでいきました


押してくれると更新頑張れます♪




いつもと行動を変えてみる~初めての婚活パーティー②~

ばんぎゃる子ちゃんと婚活パーティーに行こうと約束した数日後

ばんぎゃる子ちゃんからLINEが届きました


ばんぎゃる子ちゃんのLINEには、いくつかの婚活パーティーの詳細へリンクが添付してありました


『フットワークの軽いばんぎゃる子ちゃん。頼りになる!』


年齢制限、年収制限あり、ノンスモーカー限定や身長制限・・・


もしかして私が住んでいる地域って婚活パーティー激戦区?


同じ市内でも土日になると、婚活パーティーが開催されない週はありません

開催される建物は同じなのに、別の階で主催が違う婚活パーティーが開催されるところもありました


私が知らないだけで、婚活パーティーは本当にありふれたものでした


ばんぎゃる子ちゃんからのLINEには

『この婚活パーティーは面白そうだから、絶対行ってみたい!』の文章の後に

リンク先を見てみると、オタク限定婚活パーティー!!アイムシングルの参加者募集!

アイムシングルという名前が哀しい事実を強調していて、恥ずかしさに拍車がかかる・・・


破談から一年、職場を変えて新しい出会いもなく、オタク友達に紹介してもらった男性は非正規雇用


休息とオタク趣味だけに休日の時間を使っていては、新しい出会いがやってこないことは、この1年で証明されてしまった

未来への投資をしなければ何も変わらない


同じ行動を繰り返していても、同じような明日が来るだけなのだから・・・


押してくれると更新頑張れます♪



きっかけは偶然の再会でした~初めての婚活パーティー①~

結婚相談所での婚活は、私にはまだハードルが高い


婚活パーティーとか街コンとか、もっと軽い感じのやつから行こうと画策していました


でもどんな人が来るか分からないので、防犯的な意味で心配でした


何の行動にも移せず、モタモタしてるうちに季節は梅雨から夏になってしまいます


平日休みの日、私は夏服を買いにショッピングモールに来ていました


そんな時、楽しげに店員さんと話すお客さんの声が


『この声・・・どこかで聞いたことがあるような・・・』


店員と話すお客さんの顔を見ると、大学時代の友人であるばんぎゃる子ちゃんでした


間違いない。大学で仲の良かったばんぎゃる子ちゃん!


『ばんぎゃる子ちゃん!?久しぶりだね!』


『結衣ちゃん!?うそ!こんなところで!元気だった!?』


学校を卒業してから、4年経っての偶然の再会でした


ばんぎゃる子ちゃんはその名の通り、ヴィジュアル系バンドの追っかけをしていました


思い出話に花が咲き、近況と先日行ってきた結婚相談所の話をすることに


ばんぎゃる子ちゃんに本題を切り出します


『もし、ばんぎゃる子ちゃんが良かったら、婚活パーティーに一緒に行ってみない?』


『いいね!私たちもそろそろ年齢的にヤバイしね!行こう!』


ばんぎゃる子ちゃん、期待通りの即決返答でした!!

持つべきものはフットワークの軽い友達!


こうして、私は婚活パーティーに行く足掛かりを得たのです


後日、ばんぎゃる子ちゃんと婚活パーティーに申込みをしました



押してくれると更新頑張れます♪