備前長船景光の太刀_012

慶長(1596-1615)以前に作られた刀を古刀という。主な産地は相模、美濃、大和、山城、備前だが、なかでも備前は良質な鉄が取れたことから優れた刀工集団が次々と現れた。そのひとつ長船派は備前鍛冶の主流をなし鎌倉から室町時代にかけて隆盛を誇った。

備前長船景光の太刀_017

初代光忠を祖とし二代は長光、そして三代を継いだのが景光で祖父・父に勝るとも劣らない名工である。

備前長船景光の太刀_018

備前長船景光の太刀_019

備前長船景光の太刀_020

この頃作られていたのは平安時代後期から流行していた太刀で、長さは2尺以上あり反りも極めて深い。

備前長船景光の太刀_021

景光の刀は刃文に特徴があり、刃を鍛える際に入れる焼きの幅が狭く刃文の頂点の高さが揃っている。

備前長船景光の太刀_022

備前長船景光の太刀_023

備前長船景光の太刀_024

刃文が大きく波打つ祖父や父の刀に比べると華やかさに欠けるが、その分丈夫で折れにくい。これは元寇以降合戦が一騎打ちから集団戦に変化したため、激しい戦いに耐えうる刀が求められたからであった。しかしその後、景光は肩落互の目を創案。これはこれはのこぎり刃に良く似た刃文のことで強さと美しさを兼ね備えるべく工夫を凝らしたもの。

備前長船景光の太刀_025

備前長船景光の太刀_026

その結果姿がよくしかも実戦向きの景光の刀は名だたる武将にこよなく愛されることとなった。

備前長船景光の太刀_031

例えばこれはかの楠木正成が愛用したことから楠公景光と呼ばれているが、元々は後醍醐天皇の側近、中納言万里小路藤房(ちゅうなごんまでのこうじふじふさ)が南北朝騒乱の折、正成に贈ったものである。

備前長船景光の太刀_028

備前長船景光の太刀_029

備前長船景光の太刀_030

景光は彫り物も得意だったため、龍が剣に巻きついた見事な浮き彫りが施されている。これは後に明治天皇の所用となり現在は国宝に指定されている。

備前長船景光の太刀_032

これは武田信玄が駿河に侵攻する際に、戦勝を祈願し浅間大社に奉納した太刀。

備前長船景光の太刀_033

備前長船景光の太刀_034

こちらは上杉謙信が常に身につけていた短刀で、武家の守護神の秩父大菩薩の文字が刻まれている。

備前長船派屈指の名工景光、その刀は今でも高い人気を誇り愛好家垂涎の的である。



お宝
備前長船景光の太刀


備前長船景光作の太刀。長さは二尺五寸三分(76.6センチ)で極めて長く反りも深い。
刃文は互の目に丁字を交え景光にしては実に華やかである。

備前長船景光の太刀_035

備前長船景光の太刀_036

備前長船景光の太刀_037

備前長船景光の太刀_038

備前長船景光の太刀_039

銘に嘉暦(1326-1328)と刻まれていることから鎌倉時代末期のものと思われる。景光の刀はたくさん残っているが年が入っているものは珍しい。

備前長船景光の太刀_013

備前長船景光の太刀_014

備前長船景光の太刀_015

備前長船景光の太刀_016

気になる鑑定額は・・・

備前長船景光の太刀_040

鑑定額2,500万円