棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_10

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_13

近代日本が生んだ不世出の版画家 棟方志功。その棟方が自ら奇跡と呼んだ傑作。それが二菩薩釈迦十大弟子である。棟方がこの製作を思い立ったのは、日本版画史上初の文展特選を果たした翌年、十大弟子立像を見たことがきっかけであった。

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_33

この十大弟子とは釈迦の弟子の中で特に優れた10名のことで、 智慧第一舎利弗(しゃりほつ)、神通第一目犍連(もっけんれん)、頭陀第一摩訶迦葉(まかかしょう)、解空第一須菩提(しゅぼだい)、説法第一富楼那(ふるな)、論議第一迦旃延(かせんねん)、天眼第一阿那律(あなりつ)、持律第一優波離(うぱり)、蜜行第一羅睺羅(らごら)、多聞第一阿難陀(あなんだ)を指す。

中でも須菩提像に強い感銘を受けた棟方は、これらを等身大で彫ろうと決意した。そこですぐさま大きな板を入手し、製作に取り掛かったが90センチを超える版画は例がなく、前代未聞の試みであった。しかもこのとき棟方は釈迦十大弟子について深い知識は全く無くただ一心不乱に掘り進めわずか1週間で仕上げてしまった。

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_14

棟方はこう語っている「製作するときは、どれが須菩提でどれが目犍連か、そうゆうことはひとつもわからずにつくりました(略)名はあとからつければ良いと思って、あらゆる顔、形、あらゆる人を自由に彫ってみたいと思ったのです」

作品が完成した後、棟方が改めて資料を詳しく調べたところ弟子ひとりひとりの表情と人となりが全てぴたりと一致、その不可思議に棟方自身が一番驚いたほどであった。それらは極限まで簡略化されているが、ぞれぞれの個性を見事に捉えている。

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_15

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_16

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_17

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_18

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_19

なかには頭が版木ぎりぎりのところで真っ平らに彫られているものもあるが、これはおそらく版木の上下を最大限に生かしたかったからであろう。

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_20

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_21

一見窮屈そうだがかえって内部に秘めた強い志を感じさせる。

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_22

また白と黒のバランスも実に絶妙で、この二色の対比こそどんな色にも劣らない版画最大の魅力といえよう。

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_23

棟方はこれを六曲一双の屏風にするつもりだったが、そうすると十人では左右一面ずつ余ってしまうことに気づき、急遽両端に普賢・文殊の二菩薩が加えられることになった。こうして弟子達が生き生きと会話し、それを菩薩が見守っているような人間味溢れる二菩薩釈迦十大弟子が生まれた。この作品は1956年ヴェネツィア・ヴィエンナーレで仏画の極致と絶賛され日本人初のグランプリを受賞。これを機に世界の棟方となった。

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_24



お宝
棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」


十名の弟子達と文殊・普賢の二菩薩すべてが揃っている。表装されていない捲りの状態だが、染みはなく保存状態は極めて良い。

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_25

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_26

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_27

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_28

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_29

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_30

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_31

実はこの文殊・普賢の二菩薩は、戦火で版木が焼失した為に1948年に改刻されている。お宝はその姿かたちからすると改刻後のものと思われる。

気になる鑑定額は・・・

棟方志功作 「二菩薩釈迦十大弟子」_32

鑑定額1億円

二菩薩釈迦十大弟子は、昭和14年に初刷されてから数十セット刷られたのではないかといわれている、その内十数セットは公の施設で所蔵されている。それ以外のほとんどはバラで流通している、個人で一式所有していることは珍しい。

版の跡が残っていることや二度刷りの形跡から、戦後の早い時期おそらく昭和20年代に刷られたものと思われる。

※刷るたびに版を彫る為に、時代が下るほど刷られたものはスッキリとした表現になる。 

鑑定士永井龍之介は、「棟方志功、何度も鑑定団で紹介されてますけど、もうこれ以上のものはないですね」と語った。

関連
棟方志功の肉筆画2点
棟方志功の肉筆画 眞景十和田湖
棟方志功の肉筆画 3点
棟方志功の色紙絵
棟方志功 季節の花籠

棟方志功の版画 青天抄「初日の柵」
棟方志功の油絵
棟方志功の版画