お宝
三代 徳田八十吉の花生け


裏には八十吉作と金泥で書いてある。60代前半の頃の作と思われる。





初代が開発した古九谷の釉薬、紫・青・緑の釉薬を流しがけして、中国の唐三彩の色を再現してみせた。





気になる鑑定額は・・・



鑑定額350万円

関連
三代 徳田八十吉の壺
三代 徳田八十吉の壺 その2
三代 徳田八十吉の壺 その3