お宝
青磁の鉢




今から600年ぐらい前の中国明時代の前期に、浙江省竜泉窯で焼かれた青磁。日本では天竜寺青磁といわれ親しまれてきた。





手に取るとずしりとした重みがある。



長年川底に埋没していた為に表面が多少荒れている。

気になる鑑定額は・・・



鑑定額50万円