秋祭り!!雪への備え

2018年10月31日

平成30年度職員入社後合同研修

平成301月~8月に入社した新入職員の集合研修を実施しました。

日 時:平成30106()8301230

会 場:福井ケアセンター 5階会議室

研修内容:

 身体拘束等の適正化に関する基本的な考え方 [830930]

 医療現場のアンガーマネジメント [9301100]

 KYT(危険予知トレーニング) [11301230]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 身体拘束等の適正化に関する基本的な考え方

Sk (1)Sk (2)Sk (3)Sk (4)Sk (5)Sk (6)Sk (7)Sk (8)Sk (9)Sk (10)Sk (11)Sk (12)Sk (13)Sk (14)Sk (15)Sk (16)Sk (17)Sk (18)




























【職員感想】

石丸 茉実(大滝病院・作業療法士)

 患者さんに対し身体拘束を施すことで、患者さん自身に身体的・精神的苦痛を与えること、ご家族にも負の心理的影響を与えることを学びました。リハビリでは退院後の生活を見据え、病棟での生活をこまめに確認し、どうすれば患者さんが最も安全に過ごしていけるのか、リハビリの内容や環境設定を随時見直していかなければならないと思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 医療現場のアンガーマネジメント

Am (1)Am (2)Am (3)Am (4)Am (5)Am (6)Am (7)Am (8)Am (9)Am (10)Am (11)Am (12)Am (13)Am (14)Am (15)Am (16)Am (17)Am (18)Am (19)Am (20)Am (21)Am (22)Am (23)Am (24)Am (25)Am (26)Am (27)Am (28)

























































【職員感想】

小寺 紗雪(福井ケアセンター・介護職員)

 今回、現場でのアンガーマネジメントの研修を受け、自分の怒りを見直すことができました。価値観は人それぞれ異なるため「怒り」のタイプも人それぞれなので、自分の許容範囲をできるだけ広げ、相手の感情を理解することが大切だと知りました。現場において「怒り」が現れるのは誰しもあることですが、まずはなぜ怒らないといけないのかをしっかり見つめ直し、感情をコントロールできるような人柄になりたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 KYT(危険予知トレーニング)

KYT (1)KYT (2)KYT (3)KYT (4)KYT (5)KYT (6)














【職員感想】

宇野 光史朗(大滝病院・看護師)

 今回、グループで危険予知トレーニングを行うことで、自分では気づくことができない点等を気づくことができました。業務でもできていなかったことに注意して、危険を防げるようにし、今後も危険予知トレーニングをしていきたいと思います。



otaki_blo at 10:42│Comments(0)職員研修 | 2018

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秋祭り!!雪への備え