2008年04月

2008年04月28日

水源の森で植樹

シニア4月26日(土)、水源の森づくりパートナーとして協力いただいている名古屋シニアライオンズクラブ(LC)と名古屋大学で学ぶ留学生の皆さんが植樹作業を行いました。この日は、LC会員のみなさま21人に中国や韓国、カンボジアなどからの留学生15人が加わり協定している村有地に「オオヤマザクラ」の苗木20本を植樹しました。LCでは昨年春に10本の植樹を行い、秋には下草刈りの手入れを続けています。(オオヤマザクラは寒冷な王滝村の気候に最も合う桜とされています。)

シニア2
名古屋シニアライオンズクラブのみなさん。
今年、新たに看板を設置しました。




シニア3名古屋大学で学ぶ留学生のみなさん。作業の前に木曽森林管理署で座学を行い森林整備について学習しました。


2008年04月26日

林野火災防止

4月27日(土)から5月18日(日)までの土日祝日(11日間)、村消防団による村内の林野火災予防パトロールを行います。
この時期は空気が乾燥し、落ち葉や枯れ草が燃えやすくなっているうえ、強い風が吹くことが多く、年間を通じて林野火災が最も発生しやすくなります。
山仕事あるいは山菜狩りなどで多くの人が野山に入るこの時期に毎年行っているものです。野山にお出かけの際は、たばこの吸い殻、たき火の後始末に十分注意していただき、山火事の発生防止にご協力くださるようお願いします。

otaki_maki at 07:07|Permalinkclip!王滝村消防団 

2008年04月25日

水が増えてきました

DSC01141牧尾ダムの水が増えてきました。
牧尾ダムでは次のとおり貯水運用を行っています。
▼4月 貯留期間
▼5月〜9月 主として農・上・工水のため放流
▼10,11月 貯留期間
▼12〜3月 主として発電のための放流
3月末に空っぽだったダムは、4月から水を貯め始めます
4月23日現在の貯水率は44%で例年よりやや少なめです。(有効容量68,000千㎥)
牧尾ダムは昭和36年に岐阜県から愛知県の尾張東部の平野及びこれに続く知多半島一帯に農業用水、水道用水、工業用水を供給する愛知用水の水源施設として造られ、中部圏の生活・産業を支える役割を担い続け、受益地域の重要な施設になっています。またダムより放流する水を使い関西電力(株)が最大35,500KWの発電をしています。


otaki_maki at 08:05|Permalinkclip!御岳湖 

2008年04月23日

牧尾ダムの桜

IMG_4200愛知用水の水源である牧尾ダムの堰堤に植えられているが満開になりました。

otaki_maki at 19:21|Permalinkclip!アウトドア | 御岳湖

2008年04月22日

山菜採り

 村では、例年どおり特産物保護及び不法投棄防止のため4月26日(土)から村有林への入山規制を実施します。林道の細野方面、溝口方面、樽沢方面は施錠による規制を行い、村有林は村民以外入山禁止です。
 なお、山菜取りについては御岳高原地区を開放しています。その他の地域は入山禁止となっていますのでご注意ください。
 山菜は地元に暮らす人が代々節度を守ってきている環境に生息する貴重な食材であり資源です。山菜取りはルールとマナーを守ってお楽しみくださるようお願い申し上げます。
 くわしくは王滝村役場産業課(0264-48-2001)までお問い合わせください。


2008年04月16日

森林を守ろう

9c17d430.JPG山火事の発生しやすい3月10日から5月31日まで 「山火事防止運動月間」です。
運動の一環として山火事防止パレードを実施しました。
(王滝村、長野県、木曽広域消防、木曽森林管理署が参加)

otaki_maki at 13:24|Permalinkclip!森づくり | 王滝村消防団

2008年04月11日

ひのきの枝打ち

東郷町愛知県東郷町議会のみなさん20人が王滝村を訪れ、王滝村議会との交流会を行いました。
東郷町には愛知用水の上水道、農業用水、工業用水の貯水池である愛知池や、牧尾ダムを管理する独立行政法人水資源機構の愛知用水総合管理所があり、水源地王滝村とは深い繋がりがあります。


議会2交流会は朝10時から御岳高原にある村有林(ひのき)の枝打ち作業を行い、村議員に村長、職員など20名が加わって親睦を深めました。

otaki_maki at 18:25|Permalinkclip!都市と山の交流 | 森づくり

2008年04月02日

たくさんのご寄付をいただきました

平成19年度中(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)に水と緑のふるさと基金へ総額6,638,703円、延べ157件の寄付をいただきました。基金を創設した平成18年9月からの累計では総額14,061,394円となりました。
▼内訳は以下のとおりです。
 〔攸掌耿峪海隆超整備 3,885,279円
 ⊃肯喟鞍及び水源涵養 3,351,070円
 自然エネルギーの利用促進 447,000円
 ざ軌蕕凌篆癖造咾吠顕修諒歔患擇唹蘋 1,332,000円
  未指定 5,046,045円

寄付者のみなさまのご支援、ご厚情に心より感謝申し上げます。
詳しい報告書は6月までに作成し、寄付者のみなさまに郵送させていただくとともに、村ホームページで公表いたします。