2008年07月

2008年07月29日

遊歩道整備

IMG_2913田の原自然公園の遊歩道の整備を行いました。村や森林管理署などが中心となって行いました。
田の原は県立自然公園に指定されていて、全長1キロ以上の遊歩道(デッキロード)をのんびり歩いていくと、イワカガミ・クロユリ・コバイケイソウ等の高山植物(山野草)をご覧いただけます。

2008_0724田の原遊歩道整備0007展望台からは、中央アルプスや乗鞍岳の山並み、開田高原を望むことができます。





2008_0724田の原遊歩道整備0019

2008年07月25日

トヨタ学園

トヨタ学園トヨタ学園の生徒さんたちが森林整備の体験を行いました。




トヨタ学園





トヨタ学園


otaki_maki at 16:31|Permalinkclip!森づくり | 王滝村役場

2008年07月24日

越和宏さん

東京オリンピック・パラリンピック招致委員会が7月25日長野県オリンピックスタジアムで「長野県ふるさと特使キャンペーン」を開催します。
この開催には、オリンピック出場経験者で王滝村出身越和宏さんが「ふるさと特使」として招致をPRされます。
【キャンペーン内容】
▼長野県オリンピックスタジアム
 (信濃グランセローズ VS 富山サンダーバーズ戦)
▼招致PR
・越さん 長野県知事表敬訪問(招致協力要請)14:00〜14:20
・越さん オリンピック開催意義を語るトークショー16:15〜
・越さんと長野市長によるオリンピック対談    17:30〜
・越さん始球式                 17:59 
・試合開始後、越さん記者会見・フォトセッション
・試合5回終了で応援ボードで「みんなでエール」の実施
・5回7回終了時長野市の子供たちでパラリンピックオリジナル曲にのせてダンスパホーマンス披露

みんなで応援しましょう


2008年07月23日

かんぱーい!

白川13

レース終了後フェアウィルパーティーが開かれました
選手のみなさんが楽しく楽しく飲めや騒げだじゃんけんだと盛り上がり


おっと
そういえば
白川第三関門から松原ゴールまで後送車には誰も乗りませんでした
よかったよかった
でも・・・青コーンを運転のじゃまになるくらいいっぱい積んできました(ちゃんと重ねてくるべきでした




栄光のゴール!

白川12

第一回おんたけウルトラトレイル100kmを締める最後の選手が
たくさんの人に見守られゴールゲートへ

二人の選手がゴールした瞬間
同時に328名の数え切れないドラマが終了しました

選手をはじめ、関係者スタッフのみなさんお疲れ様でした


ここは王滝。
御嶽の神々に守られた村。
この村の林道に挑む者。
自分と闘い
苦難を乗り越えし者。
自分の力を知り進む者。
仲間と手をとり進む者。
自然の力を感じる者。
数々の強者が集う村。
ここは王滝。
次の自分に会いに行く村。





高く手をかかげ!!

白川11

あと20m

辺りがだんだん暗く

後送

18:50〜19時過ぎです
タイムアウトは20:00・・・・
しかし
もう林道を抜け、氷ヶ瀬からだいぶ松原スポーツ公園に向かい走ってきました
ここは一般道。この先に瀬戸マレットゴルフ場があります。



画像がぶれててごめんなさい


ここを曲がれば

白川10

最後尾の選手にも松原ゴールの光がみえました
もう少しです

ここを下ると松原橋が・・・
松原橋をわたるり右側のなが〜い(でも緩やかな)坂をのぼり、ながーい直線道路を走り、ちっちゃい石の橋をわたり・・・

時間は19:30すぎ(ドキドキ

でも・・・いけます




チームと言えば!

白川9

チームで参加の「CWX」さんです。
負傷(?)しているチームメイトを励まし助け合いながらゴールを目指しています
仲間を見捨てない

CWXさん クロスマウンテンバイクでの1コマ
コーナーをすぎて
A:「また下りだ〜
B:「えーまた下り〜
B:「ホントだー
と登りの続く(かなり登りです)コースを二人で進んでいってました。





対岸に

白川8

ぐるっと山沿いをまわる所で向こう側に選手が走っているのが見えました
二人一緒です。(チームかな〜

はしっこに滝越がみえます。

白川7

右下にみえるのが滝越地区です
だいぶ高いところがコースになっています。

真ん中のあたり、奥の方に見える林道もコースです。
(遠い・・・

最後尾の選手に追いつきました

白川5

登りカーブを回ったところで最後尾の選手に追いつきました。


あせってペースを崩してしまわないよう車を止め距離をとりました

追い抜きません絶対に〜

がんばってください

白川6

コースは山の頂から少し下がった所を縦走する形です
日差しがとても暑い水分補給を忘れずにがんばってください

後送車に乗せる物は
1,標識看板 2,ちっちゃなアメなどのゴミ 3,やさしいクマ(うそです

選手のみなさんは全員ゴールをしてもらいます
ファイトー

15:00タイムアウト

白川4

白川チェックポイントが15:00タイムアウトとなりました。
白川から後送車スタートします。
天気がとてもいいです(・∀・)
御嶽山も綺麗に見えます。
ここからゴールまでは、荷台には誰ものせる予定はありませんので選手のみなさんよろしくお願いします。






二人チェックポイントに到着

白川3
栄養補給はOK
ケガには気をつけてください
新たにスタートを切る選手

お疲れ様です
白川チェックポイントに到着する選手



後に続いて・・・

白川2

つぎつぎとタイムゲートを選手の方が通過していきます。
がんばです




チェックポイントに次々と

白川チャックポイント1

チェックポイントに選手が到着します。
スタッフも姿が見えると応援してくれます

チェックポイントからスタート

白川1

選手のみなさんがタイムゲートを通り、林道へ消えていきます
林道に挑みにいく背中がカッコイイです

お疲れ様でした

松原15

ゴール後スタッフからチップの回収とミネラルウォーター「クリスタルカイザー」が手渡されます
冷たくてノドごし爽快!

ゴールした後は

松原14

ゴールゲートをくぐった後は
おいしい豚汁を食べてゆっくり休んでください



特設お立ち台!

松原17

トレーラーの特設ステージから手をふる上位選手
100kmの厳しい闘いをくぐり抜けた選手のみ上がることの出来る場所

ちょっとだけならあがっても・・・・いい?

瀬戸マレットゴルフ場前!

マレット場前
松原スポーツ公園から少し滝越方面に来た所にマレットゴルフ場があります。
お年寄りの方がよく集まる憩いの場
朝一コースを一周し、畑に出て、お昼すぎにまたコースを回り、ゆっくり休んで夕方近くもう一周なんて当たり前左ガードレール下にもコースが。

集まって楽しくおしゃべりしながら体をうごかし天気や木の枝などにより変化するコース読み、スコア記入、合計計算では頭と五感をフルに使う



表彰式が始まりました

松原16
まだレース途中ですが12:00から表彰式が始まりました

家族みんなで

松原13

家族そろってのゴール
走っている選手だけでなく
その家族支えあってのレースと感じました。



仲良く手をつないで!

松原12

選手が帰ってきました!
ずっと待っていたお母さんと娘さん。
ゴール手前まで手をつなぎ一緒に走っていきます

ゲート手前で手が離れ、お父さんだけゴールしようとすると
「一緒にゴールしていいよ一緒に
パワースポーツ滝川さんの声


おいしい豚汁〜♪

2008_0720トレイルラン二日目0027

これがおいしい豚汁です
しかし・・・後で食べようとしたら「終わったよ」といわれました


おいしいよ〜

松原10

ゴールした選手はもちろん各ブースのスタッフもたくさん食べています
おいしいおいしい豚汁です
おかわりたくさんしてました
でもまだまだたくさんありますよ〜

この先で

松原9

昼間の暑いときに撮りました。
方角は夜の一緒の方です。
まだたくさんの選手の方が長い道のりと戦っています。
ファイトです

13時間後のゴール!

松原6

白いテープがゴールに張られているかのように
選手の方がゴールゲートをくぐります



もうちょっとです

松原5

また一人ゴール目指し走ってきました

つぎつぎとゴールゲートをくぐります

松原4

選手のみなさんが一人、また一人とゴールしていきます
ゴールした方はお疲れ様でした。
まだ林道を走っている選手の方はケガのないように気をつけてください

ゴール!

松原3

ゴール前50mはパワースポーツ社長による選手紹介が
「ゼッケン番号○○○番○○県の○○さんーーお疲れ様でしたーーーー

選手の方への賞賛の拍手の中、
選手のみなさんは100kmの締めをポーズで決めてゴール。

99kmと980m

松原2

もう少しで長い道のりが終わります
走破した距離99km990m・・・・99km991m・・・・


最後の坂を越えて!

松原1

坂を登りきると平坦ですが一直線の道、
この先がゴールです

お〜!ABN!

松原ABN

100kmゴールの最後の坂
選手の方最後です!がんばってください

松原スポーツ公園の橋を渡ったところの緩やかでなが〜い登り。
上り坂ののぼり旗には「長野朝日放送」(風で逆になってますが
県内()での合言葉「お!abn」が有名です。
そういえば王滝村も「ふるさとCM大賞」に応募してTVにでたことが・・・
収録&編集作業は、銀河村キャンプ場の星の先生(かわッぴー先生)がしてくださいました。



越ライン!!

トレイルマラソン

越さんもう一枚!
またまた快くOKしてくださいました。


ちょっと前のお話ですが〜
2003年2月、長野市スパイラルで「FIBTスケルトン世界選手権長野大会」が開催されました。
大型バスを借り切って村から30人ほどで応援に。
スタート前のウォームアップは海外の選手がピリピリモードに対して
越さんは、新聞記者さんや、応援してくれる人など、いろいろな方と明るく話をされているのが印象的でした。(村の応援に来た方ともお話を楽しんでいました)

結果は・・・
 優勝

2008年07月22日

だーれ?だー!!!

越和宏選手

このお方はーーー・・・×10
スケルトンの第一人者越和宏さん(様)です
村出身の世界に誇るエース
0:00スタートで選手を見送り、今はゴールで帰ってくる選手を待っています。
テレビの取材で、王滝村の紹介も兼ねて今回のおんたけウルトラトレイルの応援にきています。

あつかましい私は「写真1枚いいですか〜」と
ゴールで選手を待っている越さんに気軽に声をかけてしまいました。
「いいですよ。でも選手の方じゃなくこんな僕でいいですか?」
(いいですいいですOKです
写真を撮らせてもらった後、越さんはまたすぐゴールゲートを向き選手を待っていました。












パワージェル!!

白川

元気がでそうなので
「アップルほしい
フルーツも
梅もいい」って
おねだりしたら
やっぱりひどく怒られた

くやしー参加したら(いつ?)
食べまくってやる
※注 参加したらのお話です。でも九蔵のゲートでアウトかも・・・



おにぎり!

白川チャックポイント

おいしそうなので
一個もらおうとしたら
「ダメ」って
怒られました



どんぐりクッキー

白川チャックポイント

おいしそうなので
つまもうとしたら
「コラ」って
怒られました




大エイドステーションには・・・

白川チャックポイント

各大エイドステーションには、クッキーあり、きゅうりあり、
パワーバーありと選手のみなさんが栄養補給ができるようにしてあります!

ここ白川もおにぎり、パワージェル、
バナナ、どんぐりクッキー(地元のものでサン種類)
はもちろんございます



白川チェックポイント!

白川チャックポイント

お天気は晴れ
とても熱く(暑く)なりそうな1日です。

選手のみなさん脱水症状には気をつけて。

選手の方は一人、また一人と
ゴールを目指しスタートをしていきます。


白川のチェックポイントは
タイムアウト15:00です!

もうすぐ夜明け!

朝の松原

五時くらいの写真です
空がうっすらと明るくなってきました
爽やかな空気がとても気持ちいいです。

コースは、山の中なので
まだまだ暗いと思います。
でももう少しです

今日も暑くなりそうな予感。
水分(塩分)補給はこまめにです。

松原から見た滝越方面

朝の松原2

朝4時くらいの松原スポーツ公園から見た滝越の方です。
暗いですが、選手のみなさんはこの暗闇の中、装備の灯りだけで林道を走っていると思うと・・・
「ガンバです

小休憩中。

国民の森2

選手のみなさんは水分補給、栄養補給をして
また走り始めます。

次の一ノ瀬エイドステーションまでガンバってください。
タイムアウトは6:00です。
お気をつけて

国民の森エイドステーション

国民の森1

「水がたりませんー
国民の森からSOSがきました!

ポリタンに水を入れ軽トラで輸送。
ここでは全部で9本分の20Lポリタン水を消費。

選手のみなさん
この後も水分補給はこまめにお願いします



静かに去っていきます

静かに去っていきます。

光の帯が小さく小さくなっていきます。

闘志を燃やした光が
静寂につつまれた森の中へ向かって
進んでいきます

いざ
ゴールをめざして・・・


たくさん走っていきます〜

スタート4

JAさんの時計は0:00を少しまわったところ
ただいま深夜です

選手のみなさんケガのないようにお気をつけて
ファイトです


蛍の行列〜♪

スタート3

狭い道を
静かに〜静かに〜
走っていきます
本当に静かです

選手の方の心使いで、コース沿いの方はいつものように寝ているのでは〜





役場の2階から

スタート2

選手が役場前を通過していきます
足音、クマ鈴の音しか聞こえません。
とても静かに村の中心部を走っていきます

「ライト落としましたよ」
「すいません」
役場前で聞いた話声はこれだけ