2008年12月08日

王滝村は日本一古い村だった

P1010881このタイトルは第16回御嶽山学習講座の演題です。
王滝村の古文書や古典籍の調査を続けていらっしゃる信州大学人文学部の山本英二准教授をお招きした講座には、たくさんの村民がお越しになりました。


P1010882講座では木曽はもともと美濃国だったが西暦1510年頃から信濃国になったということ、王滝村は合併を経ることなく戦国時代から続く”日本で一番古い村”の可能性が高いこと、また王滝村の地域資源や地域ブランドについて人文学的な視点からお話しいただきました。