2009年05月01日

王滝かぶ

農協婦人部の皆さんで、
「王滝かぶ」の春播き作業が行われました。

説明中

みなさん、真剣に話を聞いています。
通常は、秋に行うようですが、
春に種まきをするのは、初めてだそうですよ!

害虫防除剤散布

まずは、害虫防除剤をまいています。
王滝村の畑には、石がたくさん転がっていて、
それを取り除いてからの作業になります。
大変ですよね。

ほ種機作業?

ほ種機を使っての種まき作業は、
初めての方もいたようです。

ほ種機作業?

しかし、慣れたものですよね!

今回まかれた、「王滝かぶ」は、
6月下旬頃には、収穫できるようです。
王滝かぶは、長野県の伝統野菜に認定されています。
葉っぱは、すんき漬にされます。

すんき漬は、長野県の「味の文化財」だそうです。

収穫され、
「赤かぶ」と「すんき漬」楽しみですね

☆信州木曽王滝村の特産品
『王滝かぶ』については、以下をご覧下さい。
http://www.vill.otaki.nagano.jp/aboutus/data005.html

otaki_maki at 11:18│clip!森のおいしい食べ物 | 赤かぶ