2009年09月12日

その名も

今朝の王滝村は天気は悪いですが、
このところの晴天つづきで畑や庭もカラカラだったので、
作物や花たちにとっては恵みの雨となりそうです。

blogIMG_5295
昨日、
何て名前か結局わからなかった
まあるい白い実。



がんばって調べて
やっと、わかりました。

その名も、フユサンゴ
漢字で書くと、冬珊瑚。

夏から初冬にかけて、さくらんぼくらいの
鮮やかな色のまあるい実を いっぱいつけるので、
その姿を珊瑚に見立て、季節と合わせて「冬珊瑚」という名前になったとか。

今は白ですが、これから黄、オレンジ、赤へと色を変えていき、
冬まで楽しめることからクリスマスチェリーの別名もあるそうです。

とっても可愛らしい、まあるい実ですが
実は有毒で、チェリーのように食べることはできません。


花言葉は、「神秘的」。
これから、サンゴの玉のような、神秘的な色を楽しめるんでしょうか!?

otaki_maki at 08:35│clip!植物・生物