2009年12月29日

宇宙ステーション

12月27日(日)朝5時17分頃、
王滝村で、野口さんの乗る国際宇宙ステーションを見ることができました

ソユーズ
少〜し分かりづらいですが、中央の流れ星のように見える光が宇宙ステーション。
右から左に進んでいて、全天で一番明るい星(金星)以上に輝いて2分間見えました。


この日は、地球の影に隠れて見る事ができなかった宇宙ステーションが、朝5時16分に地球の影から出るのと同時に、太陽の光を浴びて突然、明るく輝いて見えるという
ちょっと変わった登場だったようです。

 天文にくわしい小学校の教頭先生からは
 ・宇宙ステーションの大きさは王滝小中学校のグラウンドより大きい
 ・宇宙ステーションとの距離は470km
 ・速度は秒速8km、ライフルの弾より早く、90分で地球を一周
 ・宇宙ステーションには6人滞在
  と、教えていただきました。

次に王滝村で、よく見えるのは
年明け、日(木)朝5時39分〜44分

南西の空から、北の空高く見えるそうです。

王滝村は、星空がとってもよく見えることで有名です。
ましてや、空気が澄み渡る冬。
天気がよければ、きっときれいに見えることでしょう

冬の朝の寒さは厳しいですが、流れ星と違って、予報時間に必ず現れますので
予報時間のちょっと前に外に出て待つだけで見る事ができます。

ちょっとだけ早起きして観察してみてはいかがでしょうか。




otaki_maki at 08:30│clip!その他 | 星空・夜景