2010年01月15日

松焼き(どんど焼き)

王滝村は、今日も朝から雪です。

だんだんと太陽が顔を出してきましたが、
雪は、降り続いています。

さあそして、昨日の「どんど焼き」
村内でも数箇所で行われましたので、ご紹介です。
blog小川DSCN3926ほぼ同時に点火するため、点火前のやぐらのご紹介

こちらは、上条区の小川地区のやぐらです。

bloghigasi2DSCN3970こちらは、東区の御嶽神社駐車場下に登場したやぐら。

bloghigasiDSCN3966こちらも東区のやぐら。

blogkamijouDSCN3940とっても立派なやぐらは、上条区の本田地区!

12月30日にご紹介した上条区の門松もこちらに組まれています。

blogsimojouDSCN3948こちらは、下条区!
昔は、上条区の本田と大きさを競い合っていたそうです。

それもそのはず、目と鼻の先ともいえるくらい近いところに作られています。

blogyamadaDSCN3932上条区の山田地区のやぐら。

どれも立派ですね。

14日に玄関前のお飾りを燃やして15日の朝には、神棚のお飾りを燃やすそうですが、だんだんと14日にすべて燃やしてしまうようになってきたようです。

blogomikiDSCN3972区長さんが、やぐらにお神酒をかけて、いよいよ点火です。

blogDSCN3984やぐらに火がつくとこうして、竹に刺したお団子を焼きます。


blogDSCN3983煙の流れる方向は、豊作になるとか福が来るとかいわれているようです。

blogDSCN3999お団子を煙で真っ黒にして、食べると「五穀豊穣」、「無病息災」だとか

blogDSCN4018子供たちも一生懸命焼いています。

blogDSCN4039「どんど焼き」とご紹介していますが、王滝村では、「松焼き」とか「さいの神」と呼ばれていて、いつの日からか「どんど焼き」と全国的に使われている呼び方に変わってきているようですね。

blognogutiDSCN3973遠くの方で、点火されているのは、野口区!

blognogutiDSCN4007到着した頃には、終盤


ですが、火を囲んで遅くまで語らう地区もあります。

寒〜い夜ですが、
昨夜の夜空は、星がとても綺麗でした

otaki_maki at 13:36│clip!伝統行事 | 天気