2010年04月16日

山の神様

今朝の王滝村は、昨日に引き続き雪が舞っています。
今夜は積雪20cmの予報が出ていますが、本当にそんなに降るんでしょうか

午前10時の気温は2℃。
とても寒いです。

そんな中、今年度の山仕事の安全祈願祭が行われました。

場所は、氷ヶ瀬にある大山神社。

blogDSCN6350
神社は山の上にあります。
よって、参列者は山道を歩いて登ります。


blogDSCN6352
途中、鳥居がありました。


blogDSCN6355
2つ目の鳥居をくぐり


blogDSCN6372
約10分ほど登ると


blogDSCN6391
林の中に
大山神社があります。


blogDSCN6364
雪が積もっています。


blogDSCN6367
厳かな雰囲気の中、神事がはじまりました。


blogDSCN6371
木曽森林管理署の主催で、山仕事に携わる方や村関係者が参列しています。


blogDSCN6378
林業が盛んな頃は、国有林内のあちこちで行われていたようですが、現在はここ1カ所で年度はじめの4月に行われています。


村長のお話によると、
伊勢神宮の内宮には山の神様である大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)があって、
その左手に子安神社があるそうです。
伊勢神宮公式ページhttp://www.isejingu.or.jp/pdf/illust-naiku.pdf

王滝村でも、この大山神社の少し下流に子安神社があることから、何らかの関係があるのではないかと山道を歩きながら言っていました。

blogDSCN6379
最後は参列者一同、御神酒で献杯して
山の神様に、今年の安全を祈願して終了しました。

otaki_maki at 12:07│clip!森づくり | 伝統行事