2010年08月13日

「環境」「地域」の創造に向けて

今日の王滝村は晴

先日、都留文科大学の田中夏子先生と、社会学科の学生のみなさん19人が王滝村にお越しになり、3泊4日の日程で王滝村に滞在し、地域での働き方・仕事起こし、暮らし方などについて調査・体験(校外授業)をされました。

blogP1010720
途中8月6日には、村の御嶽山清掃登山へ飛び入り参加

おつかれさまでした。


みなさんは、自然も見る目を養い、自然とうまく付き合える方法を見出し、自然と共に生きることを考え、持続可能な社会への転換に求められる構想力と生活の場である地域から社会のあり方を変えていく実践力を日々磨いていらっしゃるそうです。

すごいですね。

blogP1010752
田中夏子先生の地域社会論ゼミでは、グローバリゼーション下で再編される地域生活、労働の実態と、そこで取り組まれる内発的な仕事起こしや地域づくりの可能性を研究されています。


blogP1010734
御嶽山清掃登山では村長との交流も。


blogP1010765
みなさん、王滝村の体験を活かされ、ますますのご活躍を期待しております。


そして、また遊びにきてくださいね〜