2010年09月14日

王滝村防災訓練

26年前の今日、昭和59年9月14日午前8時48分に
王滝村を震源地とする長野県西部地震が発生しました。

王滝村防災訓練は、いままで9月1日に実施してきていましたが、
今年度は地震の発生した日に、はじめて訓練を実施しました。

blogP1000986
午前8時48分、防災無線で村内全域にサイレンを吹鳴し、村民それぞれが犠牲になられた29名の方々に黙祷をささげたのち
地震災害を想定して、午前9時の避難勧告発令で防災訓練を開始しました。


blogP1010004
村内8箇所の避難所に分かれて訓練を行いました。


blogRIMG0008
学校体育館の参加者は約200人。


blogRIMG0010
村長あいさつ。


blogP1010012
地震から、26年が経過し、災害の記憶を風化させないことを目的として、今年度は

blog0914防災訓練 017
長野県西部地震の記録映画上映と、


blogP1010014
当時の消防団長であった、滝正昭さんのスライドを使った講演会が行われました。


blogRIMG0019
また、同時に長野県防災ヘリコプターと木曽消防署と合同で、滝越地区から負傷者の救急搬送連携訓練を行いました。

長野県防災ヘリ
「アルプス」


blogRIMG0022
訓練には、約320人が参加しました。

otaki_maki at 12:05│clip!