2010年09月29日

御岳高原の夏の入り込みは・・・

以下、9月25日
信濃毎日新聞の記事をご紹介します。

〜県内観光地の夏の入り込みは前年比0.9%増〜

7,8月に県内の主な観光地25カ所を訪れた観光客数は前年同期比0.9%増の1239万1千人で、3年ぶりに前年水準を上回ったことが24日、県観光部のまとめで分かった。
同部は、記録的な猛暑が続いた影響で「高原など避暑地で客足が伸びた」としている。

前年同期より観光客数が増えたのは16カ所。
避暑目的の観光客が増えた御岳高原(木曽郡王滝村)が30.1%と大幅に伸びたほか、避暑に加えてテレビなどで神秘的なエネルギーがある「パワースポット」として取り上げられた戸隠高原(長野市)が23.1%増となった。
志賀高原(下高井郡山ノ内町)が7.2%増、中央アルプス駒ケ岳(駒ケ根市)が6.9%増となるなど、標高の高い観光地で増加が目立った。

一方、観光客数が減少したのは9カ所。妻籠宿(木曽郡南木曽町)が14.1%減、懐古園(小諸市)が11.8%減となるなど、炎天下を歩くことが敬遠され、宿場町や公園で客足が落ち込んだ。
善光寺(長野市)も9.6%減。北斎館(上高井郡小布施町)が5.0%減だった。

信毎WEBの記事はこちらから
http://www.shinmai.co.jp/news/20100925/KT100924BSI090011000022.htm

otaki_summer722
御岳高原(木曽郡王滝村)への観光客
30.1%アップ

お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。


これから、秋、冬、春、そしてまた夏と、
どの季節に来られても王滝村では、静かにゆっくり移りゆく山里の四季を感じていただけます。

王滝村の春夏秋冬の記事はこちらから
http://blog.livedoor.jp/otaki_maki/archives/2010-03.html


10月からは紅葉のシーズン。
紅葉ドライブは、ぜひ王滝村へお越し下さい。

otaki_maki at 16:07│clip!御嶽山(標高3067m)