2010年11月12日

半世紀前の充電器を使っています。

滝越地区は王滝村の中心より12キロ、車で約20分のところにあります。
有事の際には消防車が来るまでに時間がかかってしまうため、自衛消防団が組織されています。

春と秋には定期訓練を行っていて、王滝村消防団や木曽消防署が一緒に参加させていただいています。

20060212_002
晴れていれば、こんな感じの訓練を行うんですが、

今日はあいにくの雨


blogDSCN0507
滝越公民館で、昭和59年に発生した長野県西部地震の記録映画を鑑賞しました。


blogDSCN0515
そのあと、消防車の点検などを行いました。


blogDSCN0532
こちらは、消防車が入る以前に使われていた、リヤカー積載型消防ポンプ。

30年くらい前のものでしょうか

しっかり整備されていて、今でもポンプはちゃんと動きます。


blogDSCN0527
そして、
バッテリーの充電器。

これは、森林鉄道に使っていたものだそうです。

ほぼ半世紀前の機器ですが、まだ立派な現役です。


自分達が使っているものに愛着を持ち、可能な限り長持ちさせるという姿勢には、
何か忘れていたものを思い出させていただけたような気がしました。

otaki_maki at 19:01│clip!王滝村消防団 | 秘境 滝越