2011年01月06日

新滝の様子

今日は、二十四節気の内の一つ「小寒」です。

小寒から大寒(今年は、1月20日)までの約15日間と、
大寒から節分(立春の前日)までの約15日間の合計約30日間を、
1年で最も寒い時期ということで、
「寒(かん)」と呼んでいるようです。

この季節になることを「寒の入り(かんのいり)」と呼ばれ、
小寒の日がその「寒の入り」になります。
つまり、今日が「寒の入り」なのです。

また、寒の30日間、信心や祈願のために
社寺に参拝することを「寒参り」と呼んでいます。

1ヶ月続ける必要があると記している本もあることから、
お百度参りと同様に、それなりに大変な行でしょうね。
ちなみに、寒参りをする人は「寒行者」と呼んでいます。

blogP1030280
不動明王・八大竜王などが祀られている「新滝」の様子です。
(1月4日撮影)

清滝と同様に下のほうから凍ってきているのとともにツララが出来ています。


blogP1030284
滝の下の氷柱は、氷河のような様相になり、青白い光を放っていますいます。


blogP1030283
滝の裏側に行くところにもツララが出来ています。


blogP1030288
地面は、氷が張っていてスケートリンクのようになっており、非常に危険な状態です。

滝の裏側に入る場合は、ご自身の責任においてお願いします。



blogP1030277
新滝へ向かう参道も雪が付いています。


blogP1030298
新滝近辺(標高1200m付近)の道路状況です。

ところどころ積雪がありますので、ご注意ください。


otaki_maki at 02:03│clip!清滝・新滝 | 道路情報