2011年01月30日

御嶽山の火山活動は引き続き静穏な状態です。

活発な火山活動が続く霧島山(宮崎、鹿児島両県境)の新燃岳(1421メートル)。
爆発的噴火が今後も起きる可能性があり、噴火警戒レベル「3」の入山規制が継続中です。

IMG_2195
先日、気象庁地震火山部火山監視・情報センターから、昨年(2010 年)の御嶽山の火山活動資料【PDF】が公表されました。


かなり専門的な内容ですが、資料の冒頭で
「御嶽山の火山活動に特段の変化はなく、静穏に経過しました」と記されています。

現在、御嶽山の噴火警戒レベルは1(平常)です。
日本中の火山の噴火警戒レベル(2011年1月26日現在)

気象庁では、概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山を活火山としています。
また、過去の火山活動の度合いを最近100年間と過去1万年間の2つの期間で調べ、4つのランクに分類しています。

ランクAの火山 13火山 (100 年活動度または1万年活動度が特に高い活火山)
ランクBの火山 36火山 (100 年活動度または1万年活動度が高い活火山)
ランクCの火山 36火山 (100 年活動度および1万年活動度がともに低い活火山)
対象外の火山  23火山 (火山のデータが不足しているため対象外)

御嶽山は、ランクBに分類されています。
富士山や霧島山もランクB。
浅間山や、有珠山、三宅島、雲仙岳、阿蘇山、桜島などがランクAです。

※ランクは火山学的に評価された過去の火山活動度に基づいた分類であり、現在の噴火の切迫性を示すものではありません。

otaki_maki at 09:29│clip!御嶽山(標高3067m)