2011年02月25日

このマネキン人形は!?

blogDSCN2058
なんでしょうか


blogDSCN2089
昨日、保育園のリズム室で使用しました。


blogDSCN2056
実は先日、保育園にAED(自動体外式除細動器)が整備されたのに伴い、木曽消防署員をお招きした講習会でのひとコマ。


blogDSCN2073
先生や保護者の皆さまが参加されました。

AEDの使い方だけでなく、傷病者発見から心肺蘇生法、救急隊等への引継ぎまでを学びました。


blogDSCN2071
講師の方から、大人と子どもの場合など、とても分かりやすく教えていただきました。


blogDSCN2101
皆さん、真剣な面持ちで講師の方の説明に耳を傾け、講習に取り組んでいました。


突然倒れて死に至る心臓突然死の原因の多くは「心室細動」という心臓の病気です。
心室細動は、心臓がけいれんして、血液を体内に送り出せない状態を生み出します。
脳が酸素がなくても生きられる時間は、わずか3,4分といわれています。
この心室細動を治療する唯一の方法がAEDを使って心臓に電気ショックをかけること。
心臓が停止してから5分以内に行うことが大変重要で、1分遅れると7〜10%の割合で生存退院率が下がっていくことがわかっています。
心臓突然死から大切な命を救うためには、一刻も早いAEDの使用が必要なんです。

bP1040998


AEDは初めての人でも簡単に使えるように設計されています。
機種によって多少の違いはありますが、ボタンを押す、あるいはフタを開けるなどすると電源が入り、あとは音声が次にするべきことを指示してくれます。

blogDSCN2106



初めての人でも使うことができますが、人が倒れたときなどは、なかなか冷静に動けないものです。
AEDの使い方だけでなく119番への通報や心臓マッサージ(胸骨圧迫)なども含め、消防署や講習会などで一度、救命救急の方法を経験しておくことをお勧めします。

木曽消防署の皆さま、ありがとうございました。

※3月5日(土)午前9時〜12時 木曽消防署で普通救命講習会が予定されています。
講習内容は、心肺蘇生法やAEDの使用方法等について、実技を主体に行い、講習修了者には「修了証」を交付いたします。講習料は無料です。

また、各種事業所や自治会、サークル等における救命講習会も随時受け付けていますので、いつでも、お気軽にご相談下さい。

【お申込み・お問い合わせ先】
木曽消防署 電話0264-22-0119


otaki_maki at 09:09│clip!保育園