2011年03月13日

王滝村では火山災害が想定されます。

blogDSC01230
今日の王滝村は晴れ

日差しが降り注いで、昼間は気温が上がりそうです。


東北地方太平洋沖地震のテレビに映し出される、あまりに圧倒的な自然の猛威と、息をのむ光景に、ただただ言葉を失うばかりです。

王滝村では地震、風水害、火山災害など災害別に防災計画を策定しています。
(直近では、平成21年度に修正しています)

災害には地域特性があり、王滝村では津波の災害はないですが、火山災害が想定されています。
御嶽山は活火山で、昭和54年には大規模な噴火が発生しています。
その後、硫化水素ガスの観測や立ち入り禁止区域への規制ロープ設置、山小屋への防災無線(屋外スピーカーおよび携帯無線機)・防災資機材(ヘルメット、懐中電灯など)の設置、登山者への防災パンフレットの配布など様々な防災対策を行ってきました。

また、現在では気象庁や国土交通省、長野県など関係機関による監視・観測体制もより強化されています。

近年では御嶽山噴火のハザードマップを作成し、平成20年3月には御嶽山噴火警戒レベルが導入され、防災対応が明確化されています。
※現在、御嶽山の噴火警戒レベルは1(平常)です。


村のホームページにも防災に関する情報が掲載されていますので、ご覧になってみてください。
【例】御嶽山火山情報
【例】大きな地震がおきたら

otaki_maki at 10:54│clip!御嶽山(標高3067m)