2011年03月19日

こどもの森の修村式

blogDSCN2348
昨日、山村留学「こどもの森」で、修村式が行われました。

今年で6期目です。


blogDSCN2317
保護者のみなさん、来賓のみなさん、学校の先生などが見守る中、14名の子どもたちが入場。


blogDSCN2319
今年は1年目の子どもたちが、多かったようですが、無事この日を迎えました。


blogDSCN2326
この修村式で、親元に帰る子、4月からもまた、入村する予定の子といますが、全員に修村記念のたてが贈られました。


blogDSCN2359ヌ
たての木材は、フレームは、ヒノキですが、文字の書かれているところは、留学期間によって異なります。


山村留学1年目・・・ねずこ
山村留学2年目・・・さわら
山村留学3年目・・・ひのき
山村留学4年目・・・あすなろ
山村留学5年目・・・こうやまき

木曽五木(ごぼく)で製作されています。
木曽の木材は、木目が細かく良質な木材として知られています。
製作したのは、王滝木材加工企業組合


blogDSCN2335
一人ひとりが、1年間を振り返っての発表をしてから、たてを受け取りました。


blogDSCN2357
発表では、スタッフの皆さんや先生方、村の方々、そしてご家族への感謝の気持ちを伝えたり、山村留学を通じて学んだこと、王滝村の自然や魅力についてなどをお話くださいました。


blogDSCN2346
そして、この3月で辞められる女性スタッフの方へ、記念のたてが贈られるサプライズもありました。


blogDSCN2345
村長はあいさつの中で、「素晴らしい事業、今後も村としても支援を続けていきたい」と申し上げました。


blogDSCN2353
「自分を磨いて、幸せを研究して下さい」
式典の中のメッセージの中にこんな言葉がありました。

ご修村おめでとうございました。



otaki_maki at 13:43│clip!小中学校