2011年10月06日

森林シンポジウムを開催します

昨日とは打って変わって、きょうは寒さが緩みました

FF200_L


王滝村は面積の約96%が森林、木曽川流域の貴重な水源にもなっています。
今後も豊かで健全な森林を将来にわたって保全するため、森林の現状を知り、
望ましい森林のあり方について考えるとともに、命の源である水を育む取組み
を考えるシンポジウムを開催します。

森林の明日を考える 命の水をはぐくむ 森林シンポジウム

◇日 時  10月23日(日) 12:30〜15:30
◇場 所  王滝村公民館
◇プログラム
 13:00〜 基調講演 「森を守り 水を育み 未来を拓く」
         名古屋大学農学部教授 生源寺 眞一氏
 14:10〜 パネルディスカッション
         コーディネーター
           飯尾    歩氏【中日新聞論説委員】
         パネリスト
           生源寺 眞一氏
           小酒井   徹氏【(独)水資源機構 愛知用水総合管理所長】
           川瀬   政輝氏【中部森林管理局 木曽森林管理署長】
           久米田 茂喜氏【地方独立行政法人 長野県立病院機構
                                長野県立木曽病院院長】
           神野   満子氏【農村輝きネットちた代表】
           瀬戸    普  【王滝村長】

この日は、未来世紀へつなぐ緑のバトン どんぐりまつり、出前木曽病院も開催します。

詳しくはこちらをご覧ください。

この時期には、村内の紅葉も見頃を迎えそうです