薪ストーブ

2009年05月07日

雨の王滝村

本日の王滝村は、朝から雨
そして、寒い一日です

P1030103

こんな時に活躍してくれるのが、
薪ストーブ

もう5月だというのに
ストーブをつけるくらい寒いです。
なんたって、標高が高いですからね。

もっと、標高の高い田の原は、
また、雪でしょうか←未確認です。

王滝村の銀座通りの芝桜も
元気がないです
このまま、終わってしまうのでしょうか

天気のいい日に王滝村の草花
レポートしますね

otaki_maki at 10:00|Permalinkclip!

2008年11月21日

小牧市職員研修

komaki0111月12日、愛知県の小牧市の職員のみなさんが職員研修にお越しになりました。5年ほど前から、王滝村で研修を実施しています。



komaki023泊4日の行程で主査クラス39人が研修を行いました。この日は村有林で森林整備作業の体験です。




komaki03カラマツを間伐し玉切り、搬出、薪割り作業を行いました。




komaki04ひっぱりだこ(多目的ウインチ)で木材を引っ張り上げました。




komaki05たくさんの薪が出来上がりました。





komaki06みんさんの作業で、山がきれいになりました。薪は自然エネルギーとして活用させていただきます。ありがとうございました。

otaki_maki at 16:24|Permalinkclip!

2008年03月24日

温暖化防止

薪0326薪ストーブを使用すると、灯油など化石燃料を燃やす場合と同じように二酸化炭素(CO2)が排出されますが、大気中の二酸化炭素全体の増減には影響を与えません。
これは、樹木が成長過程で光合成をするときに、二酸化炭素を吸収しているため、それを燃やして出る二酸化炭素は、もともと樹木が吸収した二酸化炭素が空気中に戻るだけと考えるためです。
これをカーボンニュートラルといいます。
薪は「循環資源」「再生可能資源」として地球温暖化防止の一端を担っているんですね。


otaki_maki at 18:56|Permalinkclip!

2008年03月14日

焼きイモ

焼きイモ1
村民の方からいただいたサツマイモを
役場の薪ストーブの中で焼いてみました。



焼きイモ2”ホカホカ”です。
木を燃やして得る熱は、遠赤外線による効果が高く、体をしんから温めてくれる上、冷めにくい効果があるようです。


otaki_maki at 13:18|Permalinkclip!

2008年02月29日

これで安心

220f6bc3.JPG煙突のまわりに金アミが付きました。

otaki_maki at 19:02|Permalinkclip!

2008年02月25日

郷土料理「ひだみ」

6053ac02.JPG指定管理者として運営している郷土料理店「ひだみ」にも、この冬、蒔ストーブ が導入されました。「ひだみ」とは王滝村の方言で「どんぐり」のことです。 「ひだみ」では、瀬戸さん(写真右)と田中さん(同左)が生み出した数々の「どんぐり料理」を味わうことができます。この日は試作料理を拝見しに伺ったのですが、おふたりからは蒔ストーブがとても暖かいことや、ストーブを活用した料理も考えていきたいとを話してくださいました。またお店の隣には御嶽山岳歴史文化会館が併設されていて御嶽山に関わる歴史や民俗考古資料などが展示されています。(御嶽神社が管理運営を行っています)



otaki_maki at 18:59|Permalinkclip!

2008年02月20日

薪について

86951d20.JPG 役場で使っている薪は、カラマツの間伐で市場に出せない残った木を薪として利用することで環境にやさしく、原油が高騰する中で資源の循環サイクルになる取組みです。
 この薪は、昨年の「未来世紀へつなぐ緑バトン事業」で下流域の皆さんが薪割りをしていただいた物です。化石燃料に頼らないエコの取組みを皆さんも取り入れたらいかがでしょう。
 切り捨てられた間伐材をご希望の方は、ぜひ王滝村役場までご連絡ください。

 

otaki_maki at 08:47|Permalinkclip!

2008年02月19日

暖かいね

42217f47.JPG
役場の近くの子どもたちが薪ストーブを見にきました。はじめて見るストーブに興味深々のようです。

otaki_maki at 14:31|Permalinkclip!

2008年02月18日

薪は間伐材からつくりました

19fc392e.JPG薪は役場庁舎の軒下のところどころに積み置きしています。
薪は村有地の間伐材(生産材にならない切り捨てられたカラマツ)で作りました。薪作りの様子は、後日ご紹介します。

otaki_maki at 11:10|Permalinkclip!

2008年02月14日

やわらかな温もり

e29d0f12.JPG柔らかな温もりと炎が「癒し」や「ゆとり」を感じさせてくれます。

otaki_maki at 11:00|Permalinkclip!

2008年02月12日

寄付金により導入しました。

3d8aeb50.JPG役場の薪ストーブの設置費用(20万7千円)は、水と緑のふるさと基金の中の「自然エネルギーを活用する事業」にお寄せいただいた寄付金を活用しました。水と緑のふるさと基金は平成18年9月に創設され、森林整備など4つの事業に1300万円を超える寄付金が寄せられています。

otaki_maki at 11:15|Permalinkclip!

2008年02月08日

役場に薪ストーブを設置しました

85488aa9.JPG環境にやさしい点と、間伐材の利用が森林資源の循環利用につながるものとして導入を決めました。ストーブは長野県内業者が製造したもので、火力の強いカラマツなどの針葉樹や廃材も燃やせる頑丈なものです。

otaki_maki at 11:20|Permalinkclip!