森のおいしい食べ物

2014年12月23日

新商品「ひだみこおひぃ」です!

先月から発売されました
ひだみこおひぃ (煮出しパック)です。

o0800053313144851911

1杯用1袋 220 円
1杯用5袋セット 980 円


ひだみとは「どんぐり」のこと。

20年以上前から、郷土料理ひだみの店舗のみで、ご提供していました。
今回の新商品はご自宅などで、いつでもお気軽にお飲みいただける
「ひだみこおひぃ」です。
 
是非、ご賞味ください。

【郷土料理ひだみ】
〒397-0201 長野県木曽郡王滝村 3153-2
TEL / FAX 0264-48-2648
http://www.hidami.sakuraweb.com/osinagaki.html

otaki_maki at 09:04|Permalinkclip!

2014年12月21日

ひだみの揚げ餅おしいしそうでしょ!?

訳あって郷土料理のひだみさんが
役場の休憩室でケータリングサービス

急でしたが、動じることなく手際良くお料理しています
1

ひだみの揚げ餅おしいしそうでしょ

2


郷土料理ひだみでは、
どんぐりを使った菓子の製作および郷土料理の提供をしています。

【郷土料理ひだみ】
http://www.hidami.sakuraweb.com/osyokuji.html

otaki_maki at 08:04|Permalinkclip!

2013年12月10日

万年ずし

今月に入って、「万年ずし」の本漬けが始まりました
万年ずしは、長野県選択無形民俗文化財に指定された王滝村を代表する郷土の味です


IMG_3499カ月くらいたっぷりの塩で漬けこまれた川魚


IMGP5590流水で塩抜きし、水を切ります


IMGP5600少し硬めに炊いたごはんを魚の腹につめて


IMGP5605桶にご飯と魚を交互に並べます


IMGP5634ここからさらにヶ月、重石をして漬け込みます


今年の出来は??どうでしょうか・・・・お正月に食べるのが、楽しみです

otaki_maki at 14:30|Permalinkclip!

2012年09月20日

秋の恵み

日差しが届くと気温が上がりますが、秋の空気に包まれて快適です

IMG_0439栗が「いが」から、こぼれ落ち始めました。


秋の恵みが少しずつ増えて、これから楽しみな季節です

otaki_maki at 16:30|Permalinkclip!

2012年07月23日

とうもろこし

村内の畑では様々な野菜が作られていますが、そろそろ「とうもろこし」の時季です。
毎年のことですが、サルなども食べ頃を狙っています

IMG_0048民家に近く、県道のそばの畑でも電気柵


IMG_0050ネットで囲い対策を講じています。


サルに試食されるのが早いか、人間が食べるのが早いか・・・・です。

IMG_0046今回は
無事?先に収獲
早速、蒸していただきました


王滝のとうもろこしは、甘くておいしいです

otaki_maki at 16:00|Permalinkclip!

2011年09月09日

栗の実

朝から小雨が降っていましたが、雨が止んだとたん
少しムシムシしてきました。

IMG_0190緑色のトゲをまとった栗の実が実り始めました。


サルと収獲を競う日も間近になってきたようです

otaki_maki at 15:57|Permalinkclip!

2011年06月20日

子ども会の郷土料理づくり


blogIMGP06956月18日、子ども会ホリデークラブで郷土料理をつくりました。


メニューは「大平(おおびら」)と「おやき」です。
大平は、王滝では最もポピュラーな汁物で、冠婚葬祭で出されるものです。


blogIMGP0684切り方が慶事と弔事では違い、慶事のときは「いちょう切り」弔事のときは「短冊切り」です。
上手に切れてますね


blogIMGP0707おやきは皮を薄くのばして、具を包みます。


blogIMGP0736完成しました
とっても、おいしそう


blogIMGP0737郷土料理は苦労と生活の知恵から生まれたものです。
ずっと、伝えて行きたいものですね




otaki_maki at 14:57|Permalinkclip!

2011年05月11日

きょうも雨です

きょうも1日雨
昨日とは打って変り、肌寒く感じます。

blogIMGP0044八海山〜田の原の除雪
きょうは田の原駐車場などを除雪しています。


blogIMGP0025田の原も雨模様です



いよいよ、山菜のシーズン到来です

IMG_1615たらの芽が出始めました


IMG_1616ワラビも・・・
少し、わかりづらいですね




otaki_maki at 10:52|Permalinkclip!

2011年03月29日

その名も「おんたけ五兵衛」

blogDSCN2448
今日、午前9時半から保健センターで「王滝ごへいを作って食べる会」が開催されました。


blogDSCN2450
昨年11月に続き、2回目の「ごへい」の料理講習・試食会です。


blogDSCN2443
王滝では昔から五平餅のことを「ごへい」と呼び、お客様のおもてなし料理として各家庭で食べられてきました。


blogDSCN2458
ごへいのタレを、去年王滝村で収穫された「えごま」で作りました。


blogDSCN2446
皆さまは王滝の郷土食の中で、一際おいしく、また優れた健康食品である”ごへい”を王滝の名物にしようと取り組んでいます。


blogDSCN2475
完成

このテカリ具合、おいしそうでしょう〜。

もちは、うるち6にもち米4の割合です。


blogDSCN2473
えごまの入った「王滝なます」に根菜中心の汁物「おさい」、
そして「しそゼリー」と「くま笹プリン」のデザート付きです。


blogDSCN2460
こちら、長野県クマ笹利用推進会議で商品化している”くま笹粉末”

山の至る所にあるクマ笹が売れればすごいことですよね


blogDSCN2479
試食会では活発な意見が出されました。


そして、王滝ごへいの名称が決まりました。

blogDSCN2481
その名も
「おんたけ五兵衛」

100人近い方へのアンケートで決まりました。

覚えておいてくださいね。


えごま(荏胡麻)はシソ科の植物で、葉っぱに臭いがあるためか、
サルやイノシシの食害が極めて少ない作物とされています。

また、えごまは山間地や湿気の多い場所など、環境やで土壌を選ばないことから、
荒廃地・遊休農地利用に向く作物として注目されてきています。

高地原産でもあり、冷涼な王滝村にはぴったりの作物ですね。

今後も、えごまやクマ笹など地域資源を活用した取り組みは増えていきそうです。

otaki_maki at 14:26|Permalinkclip!

2011年03月14日

「王滝ごへい」を給食でいただきました。

blogRIMG0660
先日、学校の給食で王滝村の郷土食「王滝ごへい」が出されました。


blogRIMG0652
王滝では昔から五平餅のことを「ごへい」と呼び、お客様のおもてなし料理として各家庭で食べられてきました。


blogRIMG0667
タレは、今年王滝村で収穫された「えごま」を使って作りました。

3月3日の保育園のごへいと同じタレです。


blogRIMG0669
昔からある郷土食の味はいかがだったでしょうか。



blogRIMG0675
えごまは昔懐かしい食材でもあり、アルファ・リノレン酸を含む現代に必要とされる食材でもあり、「古くて新しい作物」として注目されはじめているようです。

otaki_maki at 14:05|Permalinkclip!

2011年03月06日

食で季節を楽しむ〜和の心〜

今日は、二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」です。
「啓」は、「ひらく」という意味。「蟄」は、虫などが冬眠するという意味で、「啓蟄」は、冬ごもりをしていた虫などが暖かさに誘われて地上へ這い出してくることを表しています。

blogP1040627
さて、こちらは先日の冬の山村ホームステイツアーの際に、郷土料理ひだみで出されたどんぐりなど王滝村の季節の食材を使った昼食です。


季節感は和食の重要な要素。

食で季節を楽しむ。

「走り」を愛で
「旬」を存分に味わい
「名残り」を惜しむ

和食の粋を表現しているといわれています。

ふきのとう
ふきのうとう(走り)


わかさぎ
わかさぎ(旬)とすんきの天ぷら


いのしし
イノシシの肉(名残)


わらび
他にも、わらび(塩漬けしたもの)


大平(おおびら:地元の根菜の煮物)、どんぐりゼリー、きびおこわなど山の幸を食材とした料理が満載です。

ひだみに限らず、王滝村のお店やお宿では山の幸を食材とした素朴な料理や、工夫をこらした創作料理でおもてなしをさせていただいています。
心と体にやさしい郷土料理を味わいにぜひ王滝村にお越し下さいませ。

otaki_maki at 08:30|Permalinkclip!

2011年03月03日

新しい精米所

blogDSCN2133
王滝村に新しい精米所ができました。

精米とは分かりやすく言えば「玄米を白米にする作業」(精白作業)のことです。


籾( もみ)から取り出した状態の玄米は糠(ぬか)がついたままで茶色い色をしています。 この玄米から茶色い糠の部分を削って白いお米にする作業を精米と呼びます。

blogDSCN2170
場所は上条区の田んぼの中。

役場や農協から200mほどのところです。


blogDSCN2136
王滝村水田営農組合が設置したもので、長野県(補助金)、農協、村が費用を出し合いました。


blogDSCN2155
3月7日(月)からの営業開始に先立ち、
関係者が出席して、
今日午後1時から開所式が行われました。


blogDSCN2182
村長も来賓で出席させていただきました。


blogDSCN2184
式典が終わった後は、早速試運転です。


blogDSCN2196
営業時間は
3月7日午前10時〜
以降、午前6時〜午後8時まで。

10kg100円〜


blogDSCN2199
「ぬか」や「もみ」は、漬け物や畜産などに活用される予定です。


お問い合せ等は、JA木曽王滝支所(0264-48-2121)までお願いします。

otaki_maki at 17:44|Permalinkclip!

2011年01月09日

王滝村の伝統料理「万年寿司」

blogDSCN1135
10月に作り始めた王滝村の伝統料理「万年寿司」が出来上がりました。

王滝村では、昔からお正月料理とされています。


作り方はこちらの記事でご紹介しています。
http://blog.livedoor.jp/otaki_maki/archives/50576966.html

blogDSCN1138
昨年は「イワナ」でしたが、今回の魚は、「タナビラ(アマゴ)」。



フナを用いて作られる滋賀県の有名な特産物「鮒寿司(ふなずし)」に似ています。

癖がある味なので、食べられない人は、まったくダメなようですが、
お酒好きの方は、きっと舌鼓を打つのでは

超レアな料理のため、皆さんに食べていただけないのが、残念

otaki_maki at 13:58|Permalinkclip!

2010年12月11日

ニンジンの根っこ

blogIMG_7310

村のお母さんから連絡いただきました

ニンジンの白い根っこ。(普通は赤)
初めて見たそうです。

そういえば先月、白い赤カブをご紹介しましたが、これも突然変異なんでしょうか…。

otaki_maki at 16:40|Permalinkclip!

2010年12月02日

花梨って、とってもいい香りがするんです。

BLOGDSCN0804
王滝村役場は果物盛り

村民の方から王滝村で実った
和花梨の実をいただきました。

ありがとうございます。


花梨って、とってもいい香りがするんです。
香りが強いので、部屋や車の芳香剤代わりに利用されるようです。
洋梨のように表面が柔らかくなってこないので、わりと長持ちするようです。
役場の窓口に置かせていただきました。

これから成熟して、黄色が濃くなってくると食べ頃だそうです。

otaki_maki at 17:59|Permalinkclip!

2010年11月30日

王滝ごへいを作って食べました。

午前中、保健センターで「第1回王滝ごへいを作って食べる会」が開催され18人が参加しました。
王滝では昔から五平餅のことを「ごへい」と呼び、お客様のおもてなし料理として各家庭で食べられてきました。

王滝の郷土食の中でも、おいしくまた優れた健康食品である「ごへい」を王滝の名物にしようという取り組みです。

blogDSCN0629
ごへいのタレを、今年王滝村で収穫された「えごま」を使って作りました。



blogDSCN0633
まずは、えごまを色が変わるまで炒ります。

この炒る時間が大きなポイント。

炒り方によって色や風味が大きく変わります。


blogDSCN0648
冷ましてから、磨りつぶします。

これが、けっこう大変


blogDSCN0636
すりこぎを20分は回していたでしょうか

昔、ごへいを作るのは半日ががりだったそうです。


blogDSCN0679
そして、
醤油、みりん、砂糖と???と???を入れれば出来上がり。


blogDSCN0656
もち米とうるち米を合わせて少しやわらかめに炊き、すりこぎでつぶします。

このもち米をつぶすことを、王滝では「半ごろし」と言います。


blogDSCN0669
丸めて団子を作り、


2blogDSCN0687
タレをつければ、
完成

つやつやして、とてもきれいです。

???を入れたからなんですよ


1blogDSCN0685
赤カブのあんかけと
大平(おおびら)の汁に


blogDSCN0690
えごまのパン


blogDSCN0692
くま笹のプリンのデザート付きです。


blogDSCN0698
試食会では、活発な意見交換が行われました。


えごま(荏胡麻)はシソ科の植物で、葉っぱに臭いがあるためか、
サルやイノシシの食害が極めて少ない作物とされています。

また、えごまは山間地や湿気の多い場所など、環境やで土壌を選ばないことから、
荒廃地・遊休農地利用に向く作物として注目されてきています。

高地原産でもあり、冷涼な王滝村にはぴったりの作物ですね。

えごまは、古来より日常的に利用され、大切な脂肪の供給源でした。
人間が生きていく上で欠かせない必須脂肪酸の中でも、コーン油やベニバナ油にはほとんど含まれていないアルファ・リノレン酸が多く、60%以上も含まれています。

アルファ・リノレン酸は、生活習慣病や成人病(がん、動脈硬化、脳こうそく)、視力障害、アレルギーなどの病気にも有効なことが最近明らかになってきた脂肪酸です。

また、アルファ・リノレン酸は体脂肪としてたまりにくいので、
ダイエットとして効果があります。

えごまは昔懐かしい食材でもあり、現代に必要とされる食材でもあり、
「古くて新しい作物」として注目されはじめているようです。

otaki_maki at 15:23|Permalinkclip!

2010年11月24日

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」

blogRIMG0033
今日、北信州の
風と光の大地から
役場へリンゴが届きました。


ありがとうございます。



長野県は青森県に次ぐ全国第2位のりんごの産地で、
全国生産量の約4分の1を占めています。

長野県の気候は昼夜の寒暖差が大きい内陸性で、りんごは昼間に成長し糖質の合成を行い、夜は消耗が抑えられ、糖質・その他の糖分が蓄えられ、甘くて美味しい信州りんごができるのです。

りんごのことわざに「1日1個のりんごは医者を遠ざける」というのがあります。
昔からりんごは健康に良い果物として知られています。
りんごには他の果実に比べてビタミンC、カリウム、食物繊維、有機酸などの栄養素が多く含まれていて、高血圧の予防や整腸作用など数多くの効能があります。

具体的な例を挙げると、胃腸の製酸性に高い効果を示し、胃酸が少ない時には胃酸を増やし、逆に胃酸が多い時には胃酸を中和する働きがあります。

また、アルカリ性食品なので、いらなくなった体内の老廃物を運び出し、
健康を保ち美しい肌にも、とっても効果的。

王滝村では、寒過ぎることもあって、りんごの栽培は行っていませんが、ひょっとすると今後、温暖化が進んで、りんごが栽培できるようになるかもしれません。

otaki_maki at 17:10|Permalinkclip!

2010年11月19日

落ちた葉っぱを集めて焼きいもをしました。

blogIMG_1038
保育園で、落ちた葉っぱを集めて、焼きいもをしました。



blogIMG_1040
そう、あの日
みんなで堀った焼きいもです。


blogIMG_1073
お世話になった畑のお母さん達も一緒です。


blogIMG_1071
作ってくれた人への感謝の気持ちと


blogIMG_1068
自然の恵みを実感できたかな〜。


blogIMG_1079
そして、
今日はお弁当の日

「いただきま〜す


blogIMG_1084
どのお弁当も
愛情がたっぷり詰め込まれています。


blogIMG_1087
たっくさん食べて、元気いっぱい遊んで下さいね

otaki_maki at 13:00|Permalinkclip!

2010年10月24日

王滝村で「ど根性かぶ」を発見!

blog根性カブ
とっても堅〜い、アスファルトを突き破って成長するど根性カブ

オオーw(*゚o゚*)w


ここは、村のおばあちゃんが、いつもかぶを乾していた場所。

あらためて生命の多様性とたくましさを感じます。


と根性野菜の始まりは、
5年ほど前、兵庫県相生市の歩道脇に生えた「ど根性大根」の大ちゃん
マスコミに大々的に取り上げられ、その後、ど根性ナス、ど根性ミカンなど、同様の「ど根性野菜」シリーズがつぎつぎと発見されるようになったとか。

そして、
王滝村の冬の特産品「王滝かぶ」と
王滝村が誇る乳酸菌健康食「すんき漬け」のシーズン突入です。


otaki_maki at 09:14|Permalinkclip!

2010年10月15日

おめでたい紅白のカブ「あやめ雪」

blogDSCN9803
紫と白のぼかしが
美しいこのカブ。

その名も
「あやめ雪」


blogDSCN9790
栽培しているのは
王滝村のエコファーマー。


エコファーマーは、環境に優しい土づくり、減化学肥料、減化学農薬の3つに一体的に取り組む農業者のこと。今年3月に認定を受けました。

よ〜く見ると、カブの葉っぱは虫食いの穴が目立ちます
が、それも無農薬の証

blogDSCN9798
この畑で、3種類のカブを栽培しています。
左から二十日大根、あやめ雪、王滝カブ。


あやめ雪は、肉質がすごくきめが細かくてアブラナ科の野菜特有の生の辛味が
とっても弱く、甘みが強い。
それに筋がやわらかいので、きれいな紫色を生かして皮ごと使うのが向いていて、
特におめでたい席では重宝されるとか。

王滝の冷涼な気候でも、順調の育つようです。
大きさ形も似ているので、王滝カブとセットでもおもしろいかもしれませんね。

blogDSCN9809
現在、試験的に木曽町の木曽農協中央店の直売コーナーで販売されています。


環境に優しい農業の新しい取り組みは始まったばかりです。


otaki_maki at 15:53|Permalinkclip!

2010年10月14日

大きなおいもが採れました

今日の王滝村は晴
朝の気温は12℃です。

昨日、保育園の子どもたちが、おばちゃんたちと一緒にさつまいもを掘りました。

blogDSCN9816
ここ数年保育園では、畑のおばちゃんたちとじゃがいも・さつまいも・えごまを作らせてもらっています。


blogDSCN9829
今年は、6月2日にさつまいもの苗を植えました。

そして、
今日いよいよ芋掘りです。


blogDSCN9825
シャベルや手で土を掘っていくと、大きく育ったさつまいもがゴロゴロ出てきました。


blogDSCN9837
子どもたちも大興奮です。友達同士で大きさを比べ合ったり、ツルで綱引きしたり…


blogDSCN9832
さつまいも掘りは、どんな形か大きさか…?と、土から出るまで分からないのでおもしろい


blogDSCN9853
最後は、さつまいものツルを採りました。これをきゃらぶきのように煮て食べます これがまたおいしい


blogDSCN9839
今度、収穫したさつまいもでスイートポテト作りや焼き芋をする予定 焼き芋には、お世話になっている畑のおばちゃん達を招待します



otaki_maki at 12:30|Permalinkclip!

2010年10月13日

秋の味覚、森のおいしい食べ物♪

RIMG0005
松茸ごはんに


blogRIMG0004
ボウズダケの
味噌汁

※キノコ図鑑には
ショウゲンジで載っています。


blogRIMG0018
今年は、キノコが豊作のようです


RIMG0007
「天高く馬肥ゆる秋」

みなさま、

食べすぎ
飲みすぎに
注意しましょうね



otaki_maki at 11:20|Permalinkclip!

2010年08月19日

すんき乳酸菌を使ったお漬物

昼から雨模様で蒸し暑い王滝村です。

blogIMG_6965
今日、すんき漬の汁を使ったお漬物試食会が行われました。
(主催:役場農業係、共催:JA木曽王滝村支所)


blogP1000495
お漬物は8月6日に、
元中部大学教授の芝井博四郎先生のご指導のもと、すんき漬の汁を使って


blogP1000516
キャベツ、白菜、大根を実際にすんき漬に加工したものです。


blogP1000532
すんき漬けは塩を使わない高機能健康食品として知られています。


お漬け物といえば冬ですが、
夏にもあれば年中、王滝村にお越しになったお客様に召し上がっていただけるのなあ〜、とうい気持ちで試作を続けています。

blogIMG_6950
試作品は
大根(生)
キャベツ(生&湯通し)
白菜(生&湯通し)
の5種類


blogIMG_6963
2週間漬かったお漬物を村民のみなさんに試食していただき、アンケートに記入していただきました。


お味は・・・

企業秘密。

otaki_maki at 15:47|Permalinkclip!

2010年08月10日

王滝村にて、トラ発見。

今日の王滝村は

blogDSCN8716
トウモロコシの畑に
何やら動物発見。



blogDSCN8713
トラです

鋭い目を光らせてサルなどの侵入を見張っています。

そういえば、こちらの畑にはライオンがいましたね。



blogDSCN8718
王滝村では、農作物の鳥獣被害が絶えないのです。

こうして、あの手この手で大事な農作物を、守っています。

otaki_maki at 10:03|Permalinkclip!

2010年07月25日

王滝村にて、ライオン発見。

王滝村は、今日も夏空

連日の高温と少雨で、農作物の生育に影響がでないか心配です。

5月(5日)には、満開だった『桃の花』に袋がかぶされました。

blogDSCN8375



blogDSCN8376あれれ、かぶせ忘れもあったりして・・・・

まだ、食べごろとはいきませんね

早くピンク色の桃になるのが楽しみですね


場所は、非公開です
・・・なんて、王滝村に来たことがある人なら
きっと見つかってしまう場所ですね。。。。

今から探しに王滝村へ〜
というのはいかがですか



blogDSCN8373こちらは、大事なかぼちゃをサルやイノシシ、ハクビシンなどに食べられないようにネットで保護


あれ〜
でも、何やら茶色いものが・・・



ご安心ください


blogDSCN8372実は、ライオンのぬいぐるみです。
かわいらしいですね。

こうして、ライオンのぬいぐるみで、サルを追い払います。



王滝村では、農作物の鳥獣被害が絶えないのです。
ですので、こうして、厳重に対策を施します。

いろんな動物に出会える王滝村でも
さすがにライオンにあえるのは、ここだけかもしれませんね

otaki_maki at 10:30|Permalinkclip!

2010年07月16日

小学1、2年生がほう葉巻きづくりに挑戦!

今日の王滝村は曇り

ですが、太陽が少し顔をのぞかせてきました。\(^O^)/

blogDSC02924
本日は、王滝小学校の1、2年生がほう葉巻きづくりに挑戦

をお伝えします。


blogDSC02928
まずは、米の粉などを使って、団子の生地を練ります。


blogP7021406
先生は、村のお母さん方


blogP7021410
生地を、ま〜るく広げていきます。

なかなか上手ですね〜

blogP7021413
生地を広げてあんこ玉を入れます。


blogP7021414
口を塞ぎます。

ここで、うまくやらないと蒸したとき破裂してしまうので、お母さんたちがチェック


blogP7021390
じゃ〜ん

ほう葉登場。


blogP7021420
巻いて、巻いて

blogP7021422
イグサでしばります。


blogP7021435
準備完了

blogP7021436
蒸して

完成


blogP7021437
お腹すいた〜


blogP7021438
お待ちかねの
試食タイム。


blogP7021439
おいし〜い


blogP7021440
うまくいったぜぇ


blogP7021443
はじめての、ほう葉巻きづくりは大成功。

お母さん方、
ありがとうございました。

otaki_maki at 09:26|Permalinkclip!

2010年06月12日

今が旬!ほう葉巻き

今日の王滝村は晴れ

半袖日和となりました。

blogDSCN7479
今が旬の郷土食
「ほう葉巻き」

今週は木曽路で
ほうば祭りが開催されています。


blogDSCN7475
「朴(ほお)の葉」にあんこの入ったお餅を包んだ素朴な味わいで、月遅れの端午の節句の柏餅のかわりとして、なくてはならない木曽の伝統的なお菓子です。


blogDSCN7457
王滝村の「ひめや」さんで販売しています。

弾力性にこだわり餅をつく回数を通常の数倍にしたお餅と、少し糖分を控えめにしているあんこの味が特長です。


blogDSCN7462
そして、なんと言ってもお値段が手ごろなんです。

1個100円(税込み)

うれしいですね


blogDSCN7461
今日も、笑顔のおかみさんが出迎えてくれました。

かわいらしいお店の飾りつけもぜひご覧になってみてくださいね。



「ひめや」さん
長野県木曽郡王滝村3186−1
TEL・FAX 0264-48-2020

ほう葉シーズン中は、ほとんど毎日営業しているそうです。
営業時間は9時〜17時くらい

地図(Googleマップ)

くわしくは直接、お問い合わせください。





otaki_maki at 19:29|Permalinkclip!

2010年04月23日

タラの芽の生育状況

今日の王滝村は曇り
べったりと灰色の雲が空を覆っています。

blogDSCN6490
さて、春の訪れとともに山菜のシーズンがはじまります。

春の山菜の王様といわれるタラの芽の生育状況を観察しに出かけると


blogDSCN6488
こんな感じです。



たらの芽
ちなみに昨年の今日(4月23日)同じ場所のタラの芽は、こんな感じでした。

こんなところからも
今年の春が寒いことがうかがえますね。


otaki_maki at 11:31|Permalinkclip!

2010年04月09日

伝統の味。味噌づくり

役場のとなりの家で味噌づくりをしているというお話を聞き駆けてみると、

blogDSCN6147
ちょうど、大豆が茹であがったばかり。


blogDSCN6184
茹であがった大豆を、昔ながらの機械に入れ


blogDSCN6173
お母さんが
ハンドルをぐるぐる回すと、大豆がすりつぶされて
にょろにょろと出てきました。


blogDSCN6182
そばみたいです。


blogDSCN6178
それを、おばあちゃんが団子にしていきます。


blogDSCN6157
大きさは
こぶし大くらい。


blogDSCN6175
このまま3週間ほど、置いておくと、花が咲きます。

科学的には
「カビ」と言いますけど。


お花をきれいに落としてから、麹(こうじ)と塩と混ぜて桶につけ込みます。

そして、じっくり寝かせば出来上がり。

「3年味噌」といわれるように、3年寝かせたくらいが、一番おいしいと、
おばあちゃんが教えてくれました。

王滝村では、この時期に自家製で味噌をつくる家が多いようです。

otaki_maki at 14:31|Permalinkclip!

2010年02月10日

団子の木

1月のどんど焼きの頃、ご紹介したまゆ玉作りまゆ玉飾り

昨日、小学生がまゆ玉(団子)作りに挑戦しました。

blogDSCN4674
参加したのは小学校1、2、5年生。

blogDSCN4683
先生は
王寿会の皆さん。


blogDSCN4696
まずは団子を作って


blogDSCN4707
そして、茹でます。

黄色い団子は、かぼちゃ入りです。


blogDSCN4715
じっと、待ちます


blogDSCN4709
団子が浮いてきたら
ザルでお湯を切って


blogDSCN4733
冷ませば完成



blogDSCN4748
願いを込めて
木に飾ります。

木は、もみじです。



blogDSCN4759
もみじは枝振りが良く、匂いがつかないので「団子の木」には適しています。

たくさん飾られて、
少〜し重たそう



blogDSCN4755
完成まで約1時間半
王寿会のみなさん、ありがとうございました。



otaki_maki at 08:30|Permalinkclip!

2010年01月25日

出来上がった万年寿司

王滝村は、朝から曇り空

12月21日にご紹介した『万年寿司』

blogDSCN4416食べやすく一口サイズに切って、
いただきました


作り方によって、味は、少しずつ変わるようです。

今回いただいたのは、
癖もなく、塩味もききすぎておらず、

とっても食べやすい『万年寿司』でした

皆さんに食べていただけないのが、残念

otaki_maki at 10:56|Permalinkclip!

2010年01月16日

まゆ玉飾りをご紹介!

1月9日にご紹介した「まゆ玉飾り」

他の地域では、柳の木で作る『まゆ玉飾り』ですが、
王滝村では、桜の木が一般的なようです。

それでも、形のいい枝を見つけて
まゆ玉をそれぞれに綺麗に飾っているお宅がたくさんあります。
blogDSCN4063(山口家)山口さんのまゆ玉飾り。

blogDSCN4148南さんのまゆ玉飾り。

blogDSCN4107【田代家】田代さんのまゆ玉飾り。

blogDSCN4071西村さんのまゆ玉飾り。

blogDSCN4111瀬戸さんのまゆ玉飾り。

blogDSCN4123米粉のお団子の色は、主に赤は、食紅ですが、黄色は、かぼちゃ・・・カレー粉を使うところもあるようです。
緑は、抹茶やヨモギなどで色付けをするようです。

blogDSCN4133田近さんのまゆ玉飾り。

blogDSCN4145また、お隣の田近さんのまゆ玉飾り。

blogDSCN4043(佐口家)そして、各ご家庭のまゆ玉飾りをご案内してくれた佐口さんのまゆ玉飾り。


円錐のような形は、お米を形とったもので、豊作を願ったもの。
楕円の長細い形は、小判で、そろばんの玉を形とったもので、商売繁盛。
まゆの形をしたものは、12個以上作って飾ることによって、
毎月がたくさん取れますように・・・と願ったものだそうです。

いろいろ意味があるのですね。

こんなに素敵な慣わしは、
後世に受け継ぎたいものですね・・・・


otaki_maki at 08:30|Permalinkclip!

2010年01月14日

どんど焼き

今日の王滝村は昨夜から雪が降り続き10cm程の積雪がありました。

除雪にあたった職員の話によると、スキー場では20cm以上新雪、それも
ふわっふわのパウダースノーとのこと

今週末は、絶好のコンディションになりそうですね。

どんど1
昼過ぎまで降り続いた雪も夕方近くには止み、突如田んぼに登場した
大きな「やぐら」


今日は王滝村で、どんど焼きが行われる日です。
どんど5王滝村では、昔から
1月14日の夕方行うのが慣わしです。
(東区駐在所裏)
※一部違う日に行った地区もあります。


門松や松飾り、しめ縄、御札、書初めなどを燃やし、繭玉だんご焼いて食べ、
1年の無病息災などを祈願します。

また、正月飾りを燃やすということから、年神様を空に送る、
つまり神火をもって「正月の神様」を送るという意味もあります。

どんど3
早い地区は
16時から点火

篠竹(スズダケ=細い竹)に差した繭だんごに、煙や程よい焦げ目をつけるとご利益があるようです。
(写真は下条地区)


しるこ
野口地区では、お餅を焼いてお汁粉を振舞っていただました。
とってもやわらかくて、おいしい〜


どんど2
だんだん火が小さくなりますが、みんなで火を囲んで、会話も弾みます。
(写真は崩越地区)


ほかの地区の様子は、明日アップする予定です。
お楽しみに〜

otaki_maki at 20:19|Permalinkclip!

2010年01月09日

まゆ玉で、無病息災

王滝村では、まゆ玉作りが行われました。

「おかいこ様」という呼び名から分かるように、
高価な絹をその身に巻きつけたさなぎは、
人々にとっては、貴重な収入源だったのです。

「大切なまゆ玉が、今年も沢山手に入りますように・・・」と、
人々が願いを込めて、年の始めにまゆ玉が作られるようになったとか・・・

blogDSCN3743

blogDSCN3722blogDSCN3721まゆ玉は米を挽いた粉でお団子のように作ります。



blogDSCN3728まゆ玉飾りにするものは、白や赤、黄色に青などあるようですが、今回は、白と赤の2種類作ります。

そして、丸めたまゆ玉は、茹でます。

blogDSCN3738できたまゆ玉を木の枝に刺し、まゆ玉飾りの出来上がりです。

blogDSCN3744さらに、どんど焼きの日に持ち寄り、焼いて食べます。
王滝村のどんと焼きは、今月の14日 

そのまゆ玉を食べることによって、その一年無病息災と言われています。


昔は、王滝村も多くの家で、蚕を飼い繭を作っていて、
一年の豊作を願ったのだそうです。

いまでは、それが、無病息災に変化してきたのでしょうか


blogDSCN3741それにしても、かわいらしいまゆ玉飾りが出来上がりました

otaki_maki at 08:30|Permalinkclip!

2009年12月31日

おんたけ2240スキー場のランチ2

年末年始にスキーにお出かけをお考えの皆さん

必見ですよ

blog2IMG_6289ジャーン

美味しそうでしょ

カレーだけでも美味しいのですが、
その上に豪華なステーキが乗って、1,600円。


ところが、11時までだと、
この豪華なステーキカレーが、
なんと、びっくり1,000円になってしまうんです

味もボリュームも文句なしのこの一品。

blogIMG_6296←こちらの「チャンピオンハウス」で、食べられます


スキーをさらに楽しませてくれるスキー場のランチ

ぜひ、お試しくださいね



そして、いよいよ大晦日。

皆様
いつもご愛読ありがとうございます。
良いお年をお迎えください。

otaki_maki at 08:30|Permalinkclip!

2009年12月21日

万年寿司

王滝村の伝統料理。

『万年寿司』

早ければ、10月上旬くらいに作り始める『万年寿司』

blogDSCN3520まずは、魚の内臓をとり、塩漬けされたものです。



blogDSCN3519塩漬けした魚の塩抜きをした後、水気を切り、


魚の中にご飯を詰めていきます。

そして、樽にご飯とご飯をつけた魚を交互に詰めていきます。
これが、本漬けです。

重〜い重石をのせて、出来上がりを待ちますが、

王滝村では、昔からお正月料理とされています。

出来上がったものは、
各家庭で味が違いさまざまな万年寿司を楽しめるようです。
今回の魚は、「イワナ」

人によって、好みも違うとか・・・・

癖がある味なので、食べられない人は、まったくダメなようですね。
でも、お酒を飲む人は、食べられるとか・・・


また、万年寿司は、
寒くないとご飯にカビが生えてしまうなどのトラブルが発生
寒い王滝ならではの先人お知恵ですね。

出来上がりの写真は、
後日を楽しみにしていてくださいね(⌒∇⌒)

otaki_maki at 11:57|Permalinkclip!

2009年12月15日

おんたけ2240スキー場のランチ

昨日の夕方には、役場周辺でほんの少し雪が降りました。

スキー場あたりは、標高が高いので積もったかもしれませんね。
しかし、まだ、ゴンドラ乗り場付近は滑れる状態ではないようです。

現在、お客様は、ゴンドラで上へ上がり、
お昼には、ゴンドラでレストランまで下っていただくことになります。

ちょっと、めんどくさいなって、
思わずにおりる価値ありの・・・・

スキー&スノーボードの楽しみの一つ
スキー場のランチ
少しだけ、ご紹介します


レストラン三笠の豚丼(左)と北海道そのまま直送味噌ラーメン(右)
blog DSCN3334blog (北海道の味そのまま直送)

豚丼は、てりやき風の味付け。
お子様にも食べていただけるでしょうね。

味噌ラーメンは、ちょっぴりこってり系。
これが北海道の味噌味でしょうか

こちらは、プラザオリオンの
ビーフカレー(左)とペッパー豚丼
blogIMG_6072(ビーフカレー)blog2IMG_6149(ペッパー豚ドン)

やっぱり、お子様の1番人気はカレーですよね〜
ちょっぴり辛めで〜す。

ペッパー豚丼は、その名の通り、ペッパーが大人の味を出してます。


三笠の豚丼とオリオンのペッパー豚丼
甲乙つけがたい味です。

皆様も食べ比べてみてはいかがですか



ちなみに、今回ご紹介のメニューのお値段は、
レストラン三笠の豚丼→800円
北海道そのまま直送味噌ラーメン→800円
プラザオリオンのビーフカレー→800円
ペッパー豚丼→850円
で〜す。

otaki_maki at 09:00|Permalinkclip!

2009年11月28日

抜群の相性!

20091128170334ジャ〜ン
王滝村の冬の特産物すんき漬け

先日のテレビでご紹介された、すんきのおやきや
すんきのピザもおいしいですが、


かつお節としょう油をちょっぴり垂らして食べるのが、普通の食べ方でしょうか。
これが一番シンプルで、美味しい気もします。

特に、すんきとかつお節との相性は抜群

海と山の食材ですが、本当に合うんですよ〜

写真は野沢菜と同じような大きさですが、
もっと細かく(2cmくらい)に切ったり、きざんだネギや、ざっこ(小魚)を入れたりする場合もあります。

言うまでも無く、お酒のつまみに最高

そして、
すんき蕎麦もかなり有名になってきていますが、おすすめなのが、お味噌汁。
お味噌汁に入れると、お味噌と酸味が調和して絶品です。

王滝村が誇る乳酸菌健康食すんき漬け

ぜひ、食べてみてくださいね。

購入に関するお問い合わせ先は、11月25日のブログでご紹介しています。

季節限定ですよ〜

otaki_maki at 17:25|Permalinkclip!

2009年11月27日

こんなカブ見たことない!

ジャ〜ン

blogDSCN2993大きな赤かぶらでしょう

びっくり(゚∇゚ ;)エッ!?です。

右下に写っているのが、
通常サイズの赤かぶら。




blogDSCN2990たばこの箱と比べてもどんなにこのかぶが大きいかおわかりいただけるでしょう




そして、
重さを測ると・・・・

なっ!なんと。

blogDSCN2983





kgもあったんです






お味のほうは????

まだ、誰も食べていませんが?????
ちょっと大きすぎるような。。。。

blogDSCN2989こちらが、大きなかぶの育った畑の持ち主






今後の王滝村の名物になったりして(⌒-⌒)

でも、使い道に困るかしら

otaki_maki at 16:25|Permalinkclip!

2009年11月25日

反響にお応えして!

今日の王滝村の天気は、

11月23日に放送された「ふるさと一番」の反響は大きく、
王滝村の特産物すんき漬け
関するお問い合わせを数多く頂いております

ありがとうございます

そこで、

すんきの作り方&すんきが購入できる場所を
ご紹介します


まず、すんきの作り方ですが、
このブログでも以前に紹介しています

こちら→すんきができるまで(6月25日)

テレビを見逃してしまった方、
見たけどもう一度勉強したい方は、必見です

交互に






・・・・・
見ていただくとわかるように
すでに出来上がったすんき漬けを種に
増やしていく方法なんです。

そのために、
そのすんきを入手するには

こちらで、購入できます

木曽農業協同組合 西部事業部 王滝支所
0264-48-2121

御嶽木亭そば
0264-48-2567

ひまわりマーケット すんきの里
0264-48-2516

詳細は、こちらの3店舗に直接お問い合わせくださいね


otaki_maki at 09:50|Permalinkclip!

2009年11月21日

NHK ふるさと一番に出ます!!!

11月23日(祝・月)に王滝村が登場します

12時15分からのNHKふるさと一番です。

korekara_01
すっぱさが告げる冬の訪れ
伝統のすんき漬け

と題して紹介されるようです。

皆様
必見ですよ

お見逃しなく〜

続きを読む

otaki_maki at 07:00|Permalinkclip!

2009年11月12日

ためしてガッテン!

水曜の夜8時から放映しているNHKの「ためしてガッテン」といえば
全国放送の、ちょ〜有名な番組ですよね。

kabu_top_20091105その、とっても有名な番組に、
王滝村の赤かぶが登場したという情報が

それも昨日の夜…



まさか
…と思いましたが、どうやら本当だったようです。

この日のテーマは「たった50秒!旬のカブ激うま大作戦」
少〜しの時間ですが、王滝かぶが紹介されたようです。

残念。。。見逃してしまいました〜

しか〜し
近々別ので登場するという噂が…

情報が入りましたら、またみなさんにお知らせしますね

otaki_maki at 07:30|Permalinkclip!

2009年10月13日

唐箕(トウミ)

王滝村は今日も晴れ

少し風がありますが、
日なたでは、ちょうど過ごしやすい陽気です。

午後から滝越へ出かけました。
滝越紅葉
少〜し紅葉しています。
地区の方にお聞きすると、
例年より遅いとのこと。
見頃は来週以降になりそうです。


滝越そば畑2
そば畑は、
刈り取られていました。




滝越そば畑
一部残っていますが
こちらは来年の種用。




そして、
水交園前の広場で
ソバの実を天日干している
ご主人一家を発見

水交園そば3水交園そば

機械の名前は、唐箕(トウミ)
刈り取ったソバの実に混じった
ゴミ(葉っぱや茎)を風力で飛ばす機械です。

回すのに、けっこう力がいります。


水交園そば2
こうしてできたソバの実を
粉にすれば新ソバになります。

今年は、7月からの長雨で
収穫量が少ないとのこと。

今年の滝越のソバは、例年以上に
貴重なものになりそうですね。

otaki_maki at 16:47|Permalinkclip!

2009年10月12日

栗おこわ

20091010202313秋の味覚の栗がたくさん入った、栗おこわ。

ホクホクした栗が、もち米と相性ぴったり

とっても、おいしいです

木曽の栗おこわは、中山道が旅人で賑わっていた頃から有名で、
島崎藤村の「夜明け前」の中にも記述があるそうです。

今でも、お祝いや季節行事の時などに、よく振る舞われます

ただ、栗の渋皮をむくのが大変なんですよね…
拾ってすぐにむくと、比較的むきやすいそうです。

そして、
秋の味覚の代表といえばキノコ

しか〜し、今年はキノコの大不作
村のキノコ採り名人に聞いても、こんな年は記憶にないそうです。

20091010204504
キノコの王様、マツタケをはじめ
ボウズダケ(ショウゲンジ)、
カヤシメジ(シモフリシメジ)、キシメジなど
ぜんぜん無いそうです…

9月の少雨の影響でしょうか…
標高の高い王滝村では、キノコのシーズンはもうすぐ終わり。

今年は、王滝産のマツタケを口にできないかもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
みなさまの応援とっても励みになります!

otaki_maki at 17:13|Permalinkclip!

2009年10月11日

クマ注意報!

今日の王滝村は
青空が広がっています。
紅葉7
行楽日和、スポーツ日和ですね。

御嶽高原からの視界良好、
ドライブには最高です


そんな穏やかな日の新聞記事。

木曽地方に”クマ注意報”

BlogPaint
「この秋は、
 木曽地域を中心に熊の出没が多くなりそう」

こんな調査結果が発表されました。


原因は、冬眠を控えたツキノワグマが餌にする
ブナやミズナラなどのドングリ類が不作なため。

長野県の野生鳥獣対策室によると、
今年はドングリなどの落果が例年より早めに始まっているとみられることから
暖冬になって熊の冬眠が遅れた場合、食べるものがなくなって
里に出没する恐れもあるそうです。

冬眠前の熊は餌集めに夢中になって、周囲への注意力が鈍りがち。
人が接近しても気づきにくくなります。

看板
キノコ狩りなどで山に入る際は、
鈴やラジオなど音がでるものを
携帯するようにしましょう。

otaki_maki at 11:54|Permalinkclip!

2009年09月23日

連休の最後は、天気が崩れ・・・

連休最後の日は、
ちょっとあいにくの天気です。

朝の滝越で、15℃くらい(・・・暖かい
blogIMG_5318
雨は、降っていないので、
キャンプ場裏の白川まで散策です

blogIMG_5321川の水は、とっても綺麗でした。
そして、木々が少しずつ紅葉を始めています。


blogIMG_5333水温と気温の差で、
川からの蒸気がとっても幻想的で
素敵な光景です。

blogIMG_5325秋らしく落ちている栃の実や、栗などを
拾いながらのお散歩です。

たま〜に木から落ちてくる実には、
注意が必要です


頭を直撃することもありますよ〜

blogIMG_5344そして、自然湖
あいにくの天気ですが、
たくさんのお客様がいらっしゃっています。

少し紅葉の始まった山と
静かな水面などを楽しまれたことでしょうね



blogIMG_5345お腹がすいたら、
ここでしか食べられない
どんぐりのお料理。

是非、お試しくださいね〜




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
みなさまの応援とっても励みになります!



otaki_maki at 16:17|Permalinkclip!

2009年08月26日

収穫した野菜でカレー

blogIMG_4401
稲ももうそろそろ収穫か、
という時期がやってまいりました。

保育園では、先日、収穫した野菜を使って
園児たちによるカレー作りです。
blogIMG_4363まずは、野菜を洗ってます。
「水が冷た〜い」
と、いいながらもきれいに洗っています。

blogIMG_4367自分の顔より大きな
にんじんを綺麗に洗えましたね。

「ほら〜」と、見せてくれました。

blogIMG_4381小さなお子さんたちが、
野菜の皮をむき、

blogIMG_4395先生に手伝ってもらいながらも
上手に皮がむけましたね。

blogIMG_4374そして、年長さんたちが、
恐る恐る包丁を使って、
野菜を切っています。

blogIMG_4384「たまねぎ」を切る準備も万端。

ちょっと、怪しい感じにもなっていますが・・・(笑)

blogIMG_4392星の形をしたニンジン。

なかなか綺麗に切れました。
後は、カレーになるのみ。

楽しみですね

そして、みんなでカレー作り。

blogP1010274(カレー)

blog2009_0826なしの木0059みんなで、作ったカレーは、
美味しいかな!?




otaki_maki at 11:46|Permalinkclip!

2009年07月15日

王滝村のトウモロコシ

王滝村は、昨日に引き続き

雨雲が押し寄せてくる気配はあるものの、
青空です。
blog090715

そして、王滝村のとうもろこしが
すくすくと育っています。


とっても甘い、
王滝村のとうもろこし

7月27日と28日にある「御嶽神社例大祭」の
出店に間に合うでしょうか


御嶽山頂の朝5時の気温は、7℃
とっても風が強かったようです。
しかし、日の出は、ばっちり

そのばっちりな日の出は、
後日公開で〜す

otaki_maki at 13:03|Permalinkclip!

2009年06月26日

「すんき漬け」づくり

本日の王滝村の天気は、
外は、暑いです

といっても、23、4℃くらいですかね〜
すごしやすい天気です。

ブログ:花





今日は、昨日、収穫した「王滝かぶ」の
葉っぱを「すんき漬け」にする作業が行われました

ブログ:ゆで大きな釜を使って、
かぶの葉を茹でています。


ブログ:大きな釜







そして、

ブログ:新旧すんきブログ:すんき





茹でた葉っぱとすんき漬けを一緒にして、
発酵させます。

この時期につくるすんきは、
気温の問題などもあり、
難しいようですが、
おいしいすんき漬けになるといいですね。



otaki_maki at 11:59|Permalinkclip!

2009年06月25日

王滝赤かぶら収穫

本日の王滝村は、

外を歩いていると汗ばんできます。

さあ、昨日もお伝えした、
王滝赤かぶらの収穫が行われました
ブログ用:赤かぶ&御嶽山

5月1日にまいた種が、
こんなに大きく成長しました!

ブログ用:収穫風景2
御嶽山をバックに
本日は、農協婦人部の皆さまで
収穫です

ブログ用:収穫風景

立派な赤かぶです。

赤かぶ漬け&すんきに加工されます。
通常ですとすんきは、冬の食べもの。
今回の試験的な春の種まき&収穫が成功すると
夏もすんきを食べることができるようになります。

ブログ用:赤かぶ&御嶽山2

赤かぶ&すんきファンには
たまりません

otaki_maki at 11:07|Permalinkclip!