木村1
























11/03/27撮影。


「前川國男 プチ博物館」と言う名前の手作り展示スペースが4月1日(金)、弘前市在府町にある木村産業研究所(現:こぎん研究所)内にオープンします。

弘前市内の公共建築に貢献した、日本を代表する近代建築の巨匠、建築家前川國男を弘前の建築に焦点を当てて紹介する博物館です。 

*現在、弘前市内には8つの建築が現存します。 


弘前で出会う前川國男


木村3
























この方が前川國男。50代、弘前市役所が竣工した時にル・コルビジェを真似たポーズを取ったそうです。カッコいいですね。(左の女性が、前川國男の建物を大切にする会:代表Kさん)←今回のプチ博物館が実現にこぎ着けたのもKさんの行動力のお陰です。







木村2
























 この日は、東京からNHK取材チームが来ていました。放送日未定。お蔵入りかも知れません(笑)。(中央の後ろ姿は、前川の弟子Nさん。弘前市役所の現場が始まった頃から弘前に泊まり込んで数十年。今では当時の前川を知る生き証人となりました。)







木村4 
























もうすぐ80年の歳月を迎えるこの建物も、まだまだ活躍し再び脚光を浴びそうですよ。



「前川國男 プチ博物館」
4月1日(金)オープン。
場所:弘前市在府町 「木村産業研究所」内
開館10時〜16時(月〜金)*5/8までは土日も開館。

入場無料。