http://livedoor.blogimg.jp/otapon/imgs/2/e/2ec0bf41.jpg 

1:
:2013/05/19(日) 08:57:36.17 ID:
コナン「いきなり何言ってんだよ」

光彦「だってコナン君、毎日見てるんでしょう!?」

コナン「一緒に風呂入ってるからな」

元太「ずりぃぞコナン!オレたちにも見させろ!」

コナン「ったく、しょうがねーな。博士にでも相談してみっか」
2: :2013/05/19(日) 08:57:54.51 ID:
基地スレ
3: :2013/05/19(日) 08:59:20.70 ID:
またお前か
8: :2013/05/19(日) 09:01:54.95 ID:
なんでそれを博士に相談するんだよwwwwwww
12: :2013/05/19(日) 09:04:34.75 ID:
阿笠「おお、そういうことならいいのがあるぞい」ヒョイ

コナン「何だこれ、コンタクトレンズ?」

阿笠「ただのコンタクトではないぞい。なんとカメラ機能を搭載しておるんじゃ!」

光彦「どういうことですか?」

阿笠「つまりじゃな、このコンタクトを入れた者の視界が、
他の者にもリアルタイムで伝わってくるというわけじゃ!」

元太「すげぇな博士!」

光彦「やっぱり天才ですね!」

阿笠「よし!そうと決まれば今夜、蘭くんの裸の鑑賞会じゃ!」

元太「頼んだぜコナン!」

コナン「ったく、やれやれだぜ」
19: :2013/05/19(日) 09:14:09.43 ID:
蘭「コナンくーん、お風呂入るよー?」

コナン「はーい」




阿笠『……テステス、本日は晴天なーり』

阿笠『新一よ、聞こえておるか?』

コナン(バッチリだぜ)

阿笠『そちらからは答えられないから、一方的に説明するぞい』

阿笠『まずこれから蘭くんと風呂に入る。それをマジマジと見る。
そうすることで、こちらの大型スクリーンにその映像が投影される』

阿笠『音声は、今君が耳にはめておるワイヤレスマイクで拾う。
それにはスピーカー機能もついておるから、こちらからの指示も聞こえる』

光彦『コナン君、頼みましたよ!』

コナン(任せとけ!)
26: :2013/05/19(日) 09:22:15.00 ID:
光彦「どうです博士、音は聞こえてるんでしょうか?」

阿笠「心配いらんよ。さっきコナンくんが5回連続で瞬きした。
了承の合図じゃ」

灰原「……何やってるの」

歩美「えっ、なになに?仮面ヤイバーの映画!?」

元太「ちっげーよ!ポルノ映画だよ!」

光彦「しかも視聴者参加型の生放送ですよ!」

阿笠「ポップコーンも用意してあるぞい。どうじゃ二人も?」

灰原「まったく……しょうがないわね」

歩美「早く始まらないかなー!」
32: :2013/05/19(日) 09:31:21.50 ID:
ウォッカ「兄貴」

ジン「なんだ」

ウォッカ「今しがた、調査のために毛利探偵事務所の電波を
傍受してたんですが……」

ジン「何かあったのか」

ウォッカ「いえ、気になるデータをキャッチしましてね」

ジン「なに……?」
35: :2013/05/19(日) 09:35:27.37 ID:
蘭「どうしたのコナン君、早く脱いで?」

コナン「えっ……う、うん」

コナン(やべー相変わらずいい身体してんなーこいつ)

コナン(あらかじめ20回抜いてこなかったら鼻血で失血死だぜ)




ジン「……なんだこれは」

ウォッカ「おそらく、入浴の隠し撮りかと」

ジン「ウォッカ」

ウォッカ「は、はい?」

ジン「お前、そんな下らんことに現を抜かす暇があるのか?」

ウォッカ「え……いやその」

ジン「お前のような人間がいるから組織は二の足を踏む」

ジン「ケジメをつけろ」

ウォッカ「……!!」

ジン「もっと解像度を上げるんだ」
41: :2013/05/19(日) 09:40:30.07 ID:
蘭「じゃあコナン君、先に背中流すね?」

コナン「えっ……ああ、うん」

元太『ばっかおめー!違うだろコナン!』

光彦『それじゃあ蘭さんのすっぽんぽんが見られないでしょうが!!』

コナン(あ、やべ。そうだった)

コナン「蘭ねーちゃん、今日はボクいいからさ、蘭ねーちゃんのを流すよ」

蘭「えっ、そう?じゃあお願いしよっかな」
44: :2013/05/19(日) 09:45:45.15 ID:
ゴシゴシゴシ


コナン(あー、蘭の背中スベスベだあ……)

コナン(まるでゆでたまごだぜ)

蘭「コナン君、もっと強くてもいいよ」

コナン「あ、うん。わかった」


ゴシゴシゴシ!


蘭「……っ」

蘭「やっぱりこのくらいが……最高よね……」


『うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお』
49: :2013/05/19(日) 09:50:56.86 ID:
光彦『さあコナン君!今度は前です!!』

元太『おっぱいを重点的にな!』

灰原『乳首もちゃんと労わってあげるのよ』

阿笠『新一、胸などどうでもよいから又を……』

歩美『どっちでもいいから早く!』


コナン(……バーロ。好き勝手言いやがって)

コナン(でもな……)
55: :2013/05/19(日) 09:58:19.84 ID:
蘭「ありがと、コナン君。あとは自分で洗えるから、お風呂入ってて」

コナン「はーい」

元太『おい!何やってんだよコナン!』

光彦『どうして諦めるんですか!!』

コナン(バーロー!さすがの俺でもこれ以上は無理なんだよ!)

阿笠『新一!もう麻酔銃の補充はしてやらんぞ!』

コナン(前にもチャレンジしたことあったけど、頑なに断られたんだって)
61: :2013/05/19(日) 10:04:36.97 ID:
ツーツー
ザザッ


コナン(ん、なんだ?電波障害か?)

??『……聞こえているか、小僧』

コナン(加工した声……誰だ!?)

??『ここからは我々の指示に従え』

??『我々の台本通りに喋るんだ』

コナン(台本……?)

??『もし従わなかったら……隣の映画鑑賞場が吹っ飛ぶ』

コナン(!!)
69: :2013/05/19(日) 10:11:41.63 ID:
元太「なんだ?急にマイクが通じなくなったぞ!」

阿笠「むぅ……どうやら、イヤホンのスピーカー機能だけジャックされたようじゃ」

光彦「どういうことですか?」

阿笠「あちらからの音声はこれまで通り聞こえるが、
こちらからは話しかけられなくなったのじゃよ」

歩美「えーっ!何それー!」

灰原(この胸騒ぎ……まさか……)




蘭「コナン君?」

コナン「えっ……ああいや、何でも……」

コナン「!?」

蘭「……コナン君?」

コナン「えっ……本当に何でもないよ……あはは」
71: :2013/05/19(日) 10:18:04.30 ID:
コナン「あ、あのね、蘭ねーちゃん」

蘭「?」

コナン「実は背中に塗るといいオイルがあるんだ。使ってみない?」

蘭「えっ……でももう背中は……」

コナン「いいからシャワー浴びて待ってて!取ってくるから!」

蘭「あっ、ちょっと待ってコナンく……」


ガラッ
バタン!


蘭「……もう」
72: :2013/05/19(日) 10:21:46.82 ID:
蘭「♪♪」


ソローリ


蘭「♪♪」


カチャッ


コナン(蘭……すまねえ!)
76: :2013/05/19(日) 10:28:29.45 ID:
パシュッ


蘭「!」

蘭「……」グタッ

コナン(蘭……すまねえ。俺はこうしてお前のすっぽんぽんを見ないと……)

コナン(みんなの命が掛かってんだ……!)




歩美「ど、どうしたの!?急に倒れちゃったよ!」

阿笠「……おそらく、蘭くんに麻酔銃を打ち込んだのじゃろう」

光彦「なるほど!これで見放題ってわけですね!」

元太「やるじゃんかコナン!」

灰原「バカね。入浴中の麻酔は極めて危険なのよ。
最悪の場合、命に関わるわ」

歩美「ええっ!?」

阿笠「新一め……とうとう血迷いおったか」
78: :2013/05/19(日) 10:37:34.13 ID:
蘭「……」グッタリ

コナン(くそっ、早いとこ済ませねーと……蘭の命が危ねえ!)


クルッ


コナン(よし、これで仰向けにできたぜ)


??『よし、そのまま陰唇を開いて見せろ』

??『何言ってんですかい兄貴、おっぱいが先ですよ』


コナン(くそっ!どいつもこいつも好き勝手言いやがって!)


ビンビン


コナン(……!こんな時に俺の麻酔銃まで……!)

コナン(やめろ……やめろ……)

コナン(蘭の命が……掛かってんだぞーーー!!)シコシコシコ
84: :2013/05/19(日) 10:43:03.75 ID:
蘭「……うっ」

コナン「!?」

蘭「コナン……君……やめて……」


??『なに……?』

??『!?』


灰原「何ですって……信じられない……」

阿笠「ら、蘭くんが……自力で目を覚ましおった!」
87: :2013/05/19(日) 10:49:43.72 ID:
コナン「ら……蘭ねーちゃん……」

コナン「こ、これは違うんだ!これはそのね!僕のおちんぽオイルを」

蘭「わかってる……」

コナン「へ……?」

蘭「わかってるよ……そうだよね」

蘭「女の人の身体に興味がある年頃だもんね……コナン君も」

コナン「ら、蘭ねーちゃん……」

蘭「でもダメなの……私は……」

蘭「最初に前を触らせるのは新一だって……決めてるから」

コナン「……!!」

蘭「あのバカ……なんで……」

蘭「どこ行ったのよ……本当に……」ポロポロ
90: :2013/05/19(日) 10:52:01.16 ID:
ちょっと待て、なんだこの微妙にイイハナシダナーな流れは
92: :2013/05/19(日) 10:53:24.91 ID:
数日後


蘭「コナンくーん、お風呂入ろー?」

??「おう、今行くぜ」

蘭「えっ……」

??「待たせたな、蘭」

蘭「うそ……なんで……どうして……」




新一「一緒に入ろうぜ!蘭」




蘭「新一!!」
99: :2013/05/19(日) 10:57:13.16 ID:
光彦「ちょ、ちょっと博士!?どういうことですかこれ!」

歩美「今日も鑑賞会やるっていうから来てみたら……」

元太「なんで新一の兄ちゃんが風呂入ってんだよ!」

阿笠「ほっほっほ、コナンくんに代わって、新一くんが名乗りでてくれたんじゃよ」

光彦・元太・歩美「ええーっ!?」
102: :2013/05/19(日) 10:59:00.86 ID:
おちんぽミルクとかテンパりすぎだろ
105: :2013/05/19(日) 11:04:45.56 ID:
灰原(アポトキシン4869の解毒剤……ちゃんと効いてるようね)

元太「何だよそれ!聞いてねーぞ!」

歩美「ていうかコナン君はー!?」

阿笠「まあまあ、落ち着くんじゃ。それにこれはホレ、チャンスじゃぞ?」

光彦「えっ?」

阿笠「前回はコナンくんに遠慮して見せなかった場所も……
……新一くんならどうじゃ?」

歩美「あー!なるほど!」

元太「何の気兼ねもなくジロジロ拝めるんだな!」

元太「それどころか、生の子作りだって見られるかもしれませんよ!」

阿笠「そういうことじゃ。ホレ、男子のみんなはティッシュの準備を」

光彦・元太「はーい!」
107: :2013/05/19(日) 11:08:31.30 ID:
光彦と元太はティッシュいらんだろwww
108: :2013/05/19(日) 11:09:07.81 ID:
ウォッカ「あ……兄貴!」

ジン「なんだ」

ウォッカ「こいつアレですぜ!俺たちが前遊園地で始末した……」

ジン「悪いなウォッカ。死んだやつの名前は忘れるようにしてるんだ」

ウォッカ「しかし、我々の顔が割られている可能性も……」

ジン「ウォッカ」

ウォッカ「は、はい?」


ジン「いいから早く解像度を上げろ」


おわり
114: :2013/05/19(日) 11:27:50.15 ID:
ジンさんwwwwwwクソワロタwwwwwwwwwwwww
傑作だったwwwwwwwww乙wwwwwwwwwwwwwwwww
120: :2013/05/19(日) 11:59:00.61 ID:
>>107
わろた
122: :2013/05/19(日) 12:06:16.75 ID:
なんやかんやで全部見ちゃったじゃねーかwwww
123: :2013/05/19(日) 12:07:30.48 ID:
続編キボンヌ