March 08, 2008

強化クラッチ&駆動系メンテ

氷点下になろうが寒かろうが それはいいとして。
初めての栃木の冬を満喫した今年、雪やら路面凍結もありました。

そんなことでアドレスの出動機会が減ってたわけですが、そろそろ活動再開!

今日は購入しておいた強化スプリング組込みのクラッチAssyをインストールしてみます♪


※画像は全てクリックで大きくなります


このカメファク製クラッチAssy、目的は【発進加速の向上】。

そもそもベルコンのクラッチ系で発進加速を向上させようとすれば、スプリング(以下SPG)の張力を上げてクラッチミートの回転数を上目にすることでそれなりの結果は得られます。
なにもAssyごとの換装まですることもないとも云える。

簡単にいうと、

ミート回転数が上がる→よりエンジンのパワーが上がった状態での加速となる。

って寸法なわけですが、本目的に適合するクラッチSPGって探しきる余裕もなく このAssy選択に至ったというわけ。

左がカメファク、右が純正。カメファク製のクラッチシューは肉抜きされ、大幅に軽量化されているのがわかります。こっちは耐久性に寄与するはず。

その他各部品 刻印なども含めてチェックした結果、純正加工はなく全てカメファクオリジナルでした。如何様にもアドレスベストセッティングに出来るわけですな。
かたや純正は既存部品の流用とかの制約があると思われ、必ずしも【ベスト】なセッティングにはならないんでしょう。


こっちはSPGの比較 (左がカメファク、右が純正)
これは見た目での差はわかりませんね…

 

 

さて 駆動系を開けたなら、クラッチAssyを組む前に各部のメンテをやらねば。

前回 支局で開けたときはブラシでゴシゴシしただけだったので、自宅のエア環境 でブシシー♪
あっというまに綺麗サッパリ。やっぱエア環境は装備するに限りますな。


次にドライブ側の状況。

う〜む。カナリ磨耗しとる… そんなに走ってないのになぁ。

これ、前回開けたときも同じ傾向だったんだけどねぇ。
ウェイトローラー、うまく転がってないよね。マズイなこれ… 多かれ少なかれベルコンでは見られる症状ですが、走行距離と比較して磨耗度合が早すぎる。

DAYTONAプーリー側 のカーブが私の走行パターンと合ってないのかも。
ちょっと次の手を考えてみるかな…


次に センターSPGスライドシステム を開けてみる。

おぉ!グリスが飛んでるだけで好調!
これ、取説だと青いテフロンリテーナはストリートユースには使うな、って書いてあったけど問題なさげ。このくらいのメンテ間隔だったらね。

ベルトの磨耗も進んでます!でもまだ交換する時期までには達していない。


さて、センターSPGスライドシステムのグリスアップをしたあと クラッチAssyを組込み。

けっこうSPG張力が強いので毎回 難儀します。
ヒザと左手で押さえ込みながらロックナットをかけ、数回転まわしたあとにシャフトに組付け本締めと。


ベルコンケースカバーなどなど組んで完成!

最後に初めての洗車♪

宇都宮の【ジョイフル山新】特売で破格の値で購入したケルヒャーのk230プラスです。
これでボファー!っと一気に!
余談ですが家の窓とか黄砂で汚れたクルマとか、キレイにしてくれます。小柄ながらイイですよコレ


さて試走した結果、果たして効果を得ることはできたか?


見違えるほどの発進加速向上!


いや、正直云ってスゲー

強化SPG換装で得られたストール回転数と、デイトナマフラーで若干変化があったパワーバンドがジャストミートした成果でしょう。クラッチが馴染んでいないにもかかわらず、メチャクチャ早ぇえ〜!

コリャ大正解でしたっ♪

 


otaqe at 22:12│Comments(0)TrackBack(0)Motor Sports 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Monthly Archives
Other Links
東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QR code
QRコード