pole2
闘いの前の静寂、ゾクゾクしますね、3E・Shimada Keijiさん、最高の写真です。
photo by 3E・Shimada Keiji 20121118am 11:00 秩父宮ラグビー場

 個人的話になるけれど、わが潮陵高校時代を色彩で語るとグレーの時代だった。
 が、ラグビーフットボールというスポーツを知ったことだけは、燦然と輝く黄金色の時代・・・でもある。
 1823年、まだサッカーとラグビーが未分化な時代、イングランドのラグビー校でのフットボールの試合中、エリスという少年がボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出したのが、ラグビーフットボールの起源だ、という説がある。
 当時の原始フットボールでは、手を使うこと自体はルールとして許されていた。
 このような説があるのは、エリス少年がボールを手で扱ったことでなく、ボールを持って走った行為に起因するようだ。

 考えれば実に可笑しいスポーツではある。
 ほぼあらゆるスポーツの根底は「前向き」であるのに、このラグビーだけは正反対。
 相手陣に攻めあげボールをインゴールエリアに運ぶか、H型のゴール上部に蹴り入れるかしてポイントをあげ、その多少で勝敗を決めるという行為にもかかわらず、ボールを蹴るキック以外、少しでも前に投げることは許されない。
 もう、攻めながら後ろにしかボールは投げられないという、実に自己矛盾的ゲームなのだ。
 先制点を挙げた方が勝ちという原始フットボールのルールから、オフサイドというルールが発明され、試合時間を長引かせたともいわれる。

 ところが、この自己矛盾のゲームがいてもたってもいられないほど人を夢中にさせる。(^^)
 思えば人生自己矛盾だらけで生きてきたわけだ(^^)が、齢64になってもその自己矛盾に取り憑かれていることを反省もせず、あろうことかそれを自慢し、その取り憑かれ方の深さをば誇る男が、わが同期にもいるのである。
 それが、TAJIJI氏とボロ雑巾氏である。
 そして、その両氏を応援しようという奇特な方が同期におられるのである。
 以下、その懲りない面々のお話です。

053
photo by 3E・Shimada Keiji
捲土重来、またこのチームが決勝戦の相手です。

054
photo by 3E・Shimada Keiji
80分後の、男達の闘いの結果です。

055
photo by 3E・Shimada Keiji
このためにあった一年・・・
 
写真
 集合写真(二次会?)
photo by 3E・Attyo
 2012/11/17(土)西新橋の中華食堂に、12人が集まりました。
 北海道バーバリアンズの翌日の試合の激励のため・・・らしい(^^)。
 
 なんと、T.Nakayama, Y.Kobayashi, A.Mishimaの三氏が帰った後を見計らって撮った、という画像です。(^^)
 後列、左端TAJIJI氏
 中間列左から、
 Sasazaki、Attyo、Shigeta、Taniguro,
 前列にWatanabe(一泊で水戸から)、Simada(一泊で大阪から)、Noto, Takahari
の各氏。
 右隣が英語の清水先生の子息で、若い方々はバーバリアンズのスタッフです。

 どんなメニューが有るのかな?
1. どんなメニューが有るのかな? photo by 3G・Iccha

 楽しいね!!
2. 楽しいね!!photo by 3G・Iccha

 ウン、ウン、それで??
3. ウン、ウン、それで?? photo by 3G・Iccha

 俺達 同期!!
4. 俺達 同期!!photo by Iccha
 モール状態か? ラック状態か?
5. モール状態か? ラック状態か? photo by 3G・Iccha

 恩師とお話し
6. 恩師とお話し photo by 3G・Iccha

 お説教されてる??
7. お説教されてる?? photo by3G・Iccha

 ちっとも相手してくれない・・・
 8. ちっとも相手してくれない・・・ photo by 3G・Iccha

 お前、ここはな・・・
9. お前、ここはな・・・ photo by 3G・Iccha

 小樽 懐かし写真帳 a
10. 小樽 懐かし写真帳 photo by 3G・Iccha

 小樽 懐かし写真帳 b
11. 小樽 懐かし写真帳 photo by Iccha


 小樽 懐かし写真帳 c
12. 小樽 懐かし写真帳 photo by 3G・Iccha

 老眼鏡が無いと・・
13. 老眼鏡が無いと・・ photo by 3G・Iccha

14.なっ!、やっぱり・・
14.なっ!、やっぱり・・photo by 3G・Iccha

15.積もる話を・・
15.積もる話を・・photo by 3G・Iccha

16.しみじみと
16.しみじみと photo by 3G・Iccha

17.和やかに
17.和やかに photo by 3G・Iccha

 おっ、やってるやってる!
18. おっ、やってるやってる! photo by 3G・Iccha

 いやぁ~、楽しい!!
19. いやぁ~、楽しい!! photo by 3G・Iccha

 そして、翌一八日、いよいよ決勝戦。

写真
秩父宮ラグビー場に7人が応援に来ました。photo by 3G・Iccha

 後列 Makino, Zibu, Taniguro, Watanabe, Takahari, Tajiri
 前列 Shimada, Sasazaki, Attyo
 本当にラグビー好きの人、
 ヒマをもてあましている人、
 孤独に耐えられない人、
 オーナーに圧力をかけられた人
などごった鍋のような応援団ですがバーバリアンズへの気持ちは煮えたぎっていました。

写真

 壮絶になるだろう戦いを秩父宮ラグビー場は静かに待っていました。
 ここが戦士たちの死闘の場所です。
 帰ってきたぜ!

写真

 ついに宣戦布告がなされました。

enjin


 バーバリアンズが円陣を組み、この戦いの勝利を誓いました。

写真

 さあ、キックオフです。
 前半5分、9分、15分に瞬く間にトライを決め19:0とバーバリアンズがリードし、応援団からは「もう帰ろうか」との余裕の声も出ました。
 しかし、相手も反撃に出て2トライをきめ19:12で前半を終了しました。

写真

 観戦スタンドは日陰で寒風に晒され、相手方に追いつかれ、心身ともに冷え切っていました。
 そんな時、MAKINENさんが熱燗を差し入れしてくれました。
 まさに”干天の慈雨”
 河童さん風に言えば”寒天の慈酒”となりました。
 これでハーフタイムのチャージはOKです。
 後半キックオフです。
 あれよあれよと言う間に相手がトライ、PKを決め、なんと19:20とリードされてしまいました。
 しかし、今年のバーバリアンズは違ってました。
 落ち着いていました。
 その後終了まで4トライを決め最終的に46:23で王者の勝利でした。
            
写真

 バーバリアンズの優勝が報告されました。

写真

 優勝の表彰が終わり、歓喜溢れるバーバリアンズです。
 バーバリアンズの皆さん、おめでとうございます。
 しかし、この勝利も来年1月に全日本戦への架け橋です。
 頂点を目指してかんばって下さい。

 次回の応援はドンブリ1杯の熱燗を持って行きましょう。

 by Iccha

20121119_DN_バーバリアンズ
北海道新聞 2012/11/19

PS:
 北海道新聞の記事では、12/24に埼玉県熊谷ラグビー場での”全国倶楽部大会”出場が決定と記載されてますが、ハリケンさん、TAJIJIさんのコメントにあるように、
 ・駒場WMM(関東第3代表)対ぎふ清流ラガーズ(関西第2代表)の勝者と準決勝で対戦
 ・1月13日、
埼玉県熊谷ラグビー場で、11:00or13:00どちらかのキックオフ
ですので、お間違えのないようお願いいたします。

 頑張れ、北海道バーバリアンズ。
 頑張れ、TAJIJI氏、ボロ雑巾氏!

 3E・Shimada Keijiさん、3E・Attyoさん、3G・Icchaさん、写真、記事感謝。
 記事アップ遅延申し訳ありません。
 by 蕎麦屋親爺