2019年1月13日(日)
第66回日経新春杯(GII)/京都
2400m(芝A・右外)

日曜メインは古馬中長距離重賞のハンデ戦「日経新春杯」
年齢は「4歳馬」が最多の6勝で、勝率・連対率・複勝率の全てでトップ。今回も快進撃を続ける明け4歳世代を中心に馬券を組み立てるのが吉とでそう。


本命:軽量魅力

 アフリカンゴールド

Stay Gold
西園厩舎/ミナリク

当該距離は2戦2勝と得意でコースもOK――。菊花賞⑫着は超スローの展開で、ずっと外を回る形での消耗戦。この距離に戻れば、
2走前の圧勝は評価長い距離ほど軽い斤量が有利になるので、ここは一発に期待です。

 対抗には展開有利メイショウテッコン。
菊花賞1,2着馬を負かした実績と適距離での逃走劇に要警戒。

  単穴に菊花賞5着グローリーヴェイズ。ブラストワンピースに上がり最速で半馬身差の力量はココでは上位。☆にはウインテンダネス。スピード勝負より持久力勝負の方がいいタイプ。淀ではさっぱりですが、時計を要していた先週の芝コンディションが続くようなら、チャンスは拡大。
ルックトゥワイスは昇級初戦+重賞になりますが、昨年のパフォーマプロミスで勝っている藤原厩舎の管理馬でその手腕に注目。
⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:⌒∵:,_,:∵⌒∵:,_,:∵⌒∵:


kyoto11R
日経新春杯(GII) 

◎④ アフリカンゴールド

〇⑫ メイショウテッコン

▲② グローリーヴェイズ

☆⑧ ウインテンダネス △⑩ ルックトゥワイス


 日経新春杯買い目

馬単フォーメーション
[2.4.12]⇨[2.4.8.10.12]12通り
3連単フォーメーション
[2.4.12]⇨[2.4.8.10.12]⇨[2.4.8.10.12]36通り


後まで読んでいただいてありがとうございます。
  by Otasam