こんばんわ OTASAMです^^
今週から函館が開幕で夏競馬本番!――。そして東京と阪神との3場開催。
東京では3歳ダートG3の「ユニコーンS」、函館でサマースプリントシリーズ第1戦「函館スプリントS」がいよいよ開催されます――。

―― 先週の振り返り ――
今年も波乱決着となったマーメイドSは激流で前崩れの展開、大外から飛んできた軽ハンデ馬2頭による大接戦。本命に推したスカーレットカラーも見せ場十分の3着でした――。結果的にはパールS組が今年も好走を見せて上位独占。雨中の切れ味勝負となったエプソムCは、超スローでサラキアの逃げ。結果はレイエンダ⇒サラキアの4歳馬によるワンツーでした。出遅れが目立っていたレイエンダだけに、今回も展開は向きそうも無いと判断しノーマークにしてしまいましたが、まさかあそこまで綺麗なスタートを決めるとは思いませんでした…。米三冠最終戦のベルモントSはサーウィンストンが勝利。日本から挑んだマスターフェンサーは直線大外一気の追込みも届かず5着でした…。

また2歳戦では注目のキズナ産駒ルーチェデラヴィタが勝ちました。キズナ×トウカイテイオーというダービー馬配合で今後の成長力に注目です。

2019/06/16
GraderaceユニコーンS
(tokyo-dirt-1600M)
コース図東京ダート1600m
東京ダート1600mは、スタートから約150mは芝を走る特殊なコース。しかも、芝部分が外側の方が長いので外枠が明らかに有利です。


Race_data
兵庫CS・ダートOP特別組が好成績
上位人気は堅実。前走ステップ・着順に関係なくコース実績を重視したほうがよさそう
データ特注馬は・・・  デュープロセス・ヴァイトブリック・デアフルーグ

血統推奨馬◉ヴァイトブリック(Weitblick)
(シンボリKris S×Aベガ)Roberto系

叔父にダート重賞戦線で活躍を続けたノーザンリバーやランフォルセがいる血筋で要注意。
父シンボリクリスエスは昨年覇者ルヴァンスレーヴと一緒でこの血統に注目です。
以下
父DaiwaMajorのデュープロセス&ノーヴァレンダ
 
青竜再現デュープロセスVSデアフルーグに多くの支持――。
まずは好ステップの青竜S組からクビ差接戦のデュープロセス&デアフルーグには最注目。4連勝中デュープロセスはテン好し、終い好しの好素材で、展開に左右されない自在の脚質は大きな武器です。中間CW82.5-66.3-11.5とデキ万全。前走と同舞台でもあり中心不動。強敵になりそうなのが、青竜Sでは上がり最速の末脚でG前強襲のデアフルーグ。伏竜Sでマスターフェンサーを降した実力馬で、枠順展開次第では逆転もありそうです。ヴァイトブリックはここまで4戦4連対と強い相手に好走をみせてます。今回もヒヤシンスSで好走している舞台でもあり、展開面からもV争いの一角。ノーヴァレンダは2歳ダート王で実績№1。叩き2戦目+2戦2勝の左回りと条件が好転で巻返し要注。あとは端午S勝ちのヴァニラアイスや末脚勝負型ニューモニュメントも上位争いの一角。NZT覇者ワイドファラオは初ダで注目。今回の芝スタートもプラスでパワー型ヘニーヒューズ産駒だけに今回のダークホース。500万勝ち上がり組では5馬身圧勝ダンツキャツスル&好時計で連勝中の快速サトノギャロスに注目してます――。基本的に500万勝ち直後の馬には厳しいハードルですが、時計面や着差の内容から昇級戦でも楽しみです――。


最後に函館SSにも少し触れておきます。
Race_data前走G1組3、4歳馬そして牝馬
ダノンスマッシュ・アスターペガサス・デアレガーロ この3頭に注目

それでは週末に^^   by Otasam
にほんブログ村 競馬ブログ 中穴党・大穴党へ