三十路オタクの世界

三十路を過ぎた30代のおじさんが手に入れた物を紹介したり 日々のことを書き綴る趣味全開のブログです。SDガンダム系、カードダス、おもちゃ、食玩、漫画、アニメ、ゲームなどなど自分が大好きな新しいものや懐かしいものを記事にしてます。 だいたい夜に更新してます。

サクマ製菓 びんちょうタン ドロップ お菓子

2006年頃にとらのあなで購入したサクマ製菓のびんちょうタンのドロップです。


DSC_9951
とらのあな専売だったみたいで、缶のイラストがかわいくて買った記憶が。

サクマドロップ懐かしいですね。子供の頃よく食べました。
オレンジ味やレモン味が酸味がきいてて好きだったなぁ。




DSC_9957
こちらが表





DSC_9958
で、裏はこんな感じです。

びんちょうタン可愛いなぁ。昔流行ってましたよね。




DSC_9959
側面にはとらのあなロゴが。

缶のイラストがびんちょうタンですけど、中身はちゃんとサクマドロップです。




DSC_9954
昔、一度開封していくつか食べてそれっきり放置してました。

中身のドロップは今ではもうガチガチに固まってます(笑)
缶を振ってもまったく音がしません。




DSC_9961
賞味期限は2007年1月。

流石にもう食べられないので観賞用として部屋に飾っておきます。






コミックボンボン 1995年 11月号

私が少年時代に愛した少年雑誌、コミックボンボンの1995年11月号です。



DSC_9924
ボンボンは90~95年くらいが特にハマって読んでいた時期なので記憶に残ってます。




DSC_9926
95年といえばSDガンダム外伝は黄金神話か。これまた懐かしい。




DSC_9927
ヤエちゃん可愛い!!
このブログでもう何度も取り上げてますが、小学生の私を性に目覚めさせたがんばれゴエモンのヒロインです。




DSC_9928
ヤエちゃんって初期はポニテだったんですど、途中からストレートヘアーになったんですよね。
より色っぽくなって魅力が増した感じがします。





DSC_9929
ゴエモンもイケメンバージョンで早速ナンパwww





DSC_9931
思えば途中からはヤエちゃん目当てでゴエモン漫画を読んでいた気がします(笑)





DSC_9932
こちらはロックマン7の漫画。

スラッシュマンのスラッシュクローに追い詰められるロックマン。





DSC_9933
珍しくロックマンが負けた!?

個人的には衝撃的な回でした。
まあ結果的には相打ち、もっと言うとちょっとズルしてロックマンだけは仲間に救われて蘇生したんですけど。

今まで幕ノ内一歩みたいに何が何でも負けない、しぶとさを誇っていた漫画ロックマンが普通に負けたのは印象的でしたね。




DSC_9934
本山一城先生のヨッシーアイランド。

漫画オリジナルで赤ん坊の頃のピーチ姫が出てるという(笑)
本山先生ピーチ姫がホントに大好きだったんですね。





DSC_9935
殴られた星でスターが出てくるという本山先生のマリオらしい展開ですね(笑)






DSC_9936

DSC_9937
ヨッシーアイランドだと無力な赤ん坊マリオですが、スターを取ると現役並みの無敵ベビーになるんですよね。
これもまた原作ゲームが名作だったなぁ。






DSC_9941
御童カズヒコ先生のウルトラ忍法帖。

温泉ガッパドンバも大好きでしたけど、この忍法帖も好きだったなぁ。
エロい敵女忍者が出てきたりとか。






DSC_9942
ボンボンと言えばやはりコレ!!お色気シーンの数々!

ボンボンを読んで私みたいに性に目覚めた少年は多いと聞きます(笑)






DSC_9945
このお馬鹿なノリが大好きでした。

当時大笑いして読んでたっけwww




DSC_9946
邪鬼姫セクシー忍法 Tバック幻術!!

これまたおバカなお色気技がさく裂!
ドンバのおっぱい目潰しを思い出します(笑)



おっぱい目潰しに関してはコチラの記事で
コミックボンボン 1991年 3月号




DSC_9948
御童先生、どんだけ尻が好きだったんだよwww





DSC_9949
いやー、やっぱりボンボンは楽しいわ!!

少年時代の私の娯楽がたくさん詰まった雑誌でした。



イース8 ラクリモサ・オブ・ダーナ 感想その32

PS4版イース8のプレイ感想32回目です。


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203418




前回の記事
イース8 ラクリモサ・オブ・ダーナ 感想その31

PS4版イースⅧの感想まとめ
イース8 ラクリモサ・オブ・ダーナ 感想まとめ



ネタバレがあります。
未プレイの方はご注意ください。



イースVIII -Lacrimosa of DANA-
日本ファルコム
2017-05-25







イースVIII -Lacrimosa of DANA- - PS Vita
日本ファルコム
2016-07-21










イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202556
『我々はその見届け役ともいうべき存在で、〈進化の護り人〉と名乗っている』

前回、アドル達の前にいきなり登場した四天王的な4人組。
彼らは大樹のラクリモサによる世界の変革を見届ける〈進化の護り人〉という集団らしいです。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202729
『人間もまた進化に伴う"淘汰"の対象に選択されたのだ』

なん・・・だと・・・

エタニア人だけじゃなくてアドルたち人間もラクリモサの対象にされてしまったみたいです。

マジかよ・・・もしかして古代種たちの動きが活発になったのも、大樹が人間を滅ぼそうと頑張っちゃってる感じですか?





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202802
『"古代世界への回帰"こそ、この時代におけるラクリモサなのです』

なるほど・・・だから大樹の霧から古代種が大量に出てきてたのか。
しかもあのダーナすら見たことない古代種ってエタニア以前の超昔の古代種だったみたいです。

最古の古代種を呼び寄せることにより、人間を駆逐し古代世界を再現しようってのが大樹の魂胆みたいです。






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202812
『今その影響は島周辺に限定されてるが、やがてこの地方全域に拡大する』

つまり、例えアドルたちが船を作ってセイレン島から出て逃げたとしても、大樹のラクリモサは島以外の全域に広まりやがて、人間はすべて滅びるって事ですね。


いやーまいったわ(笑)
当初はセイレン島から脱出すれば解決!だと思ってたのに、いつの間にか話のスケールがどんどん大きくなってしまいました。


こうなるともう、ただ島を脱出すれば良いという訳じゃなくてラクリモサを阻止しなければ人類が滅びてしまいます。




イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203026
『ラクリモサが訪れると滅びゆく"種"からある者が選ばれる』






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203116
『その者は自らが所属した"種"が滅ぶ様を見届け・・・』

ラクリモサによって滅ぼされるその時代の種族の中から一人だけ〈進化の護り人〉が選ばれる。

そしてただ一人選ばれた者は、自分の種族が滅びゆく様を見届けることになるそうです。しかも不老不死になり、その後の時代のラクリモサも見届けることに・・・。

それ何て罰ゲーム?
あまりにも悲惨すぎます。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203145
『ダーナ、テメェはエタニア時代に選ばれた〈進化の護り人〉・・・・』

そしてダーナもやはり、エタニア人の中から選ばれたただ一人の護り人。
身体に刻まれた刻印、古代から現代まで生きている不老不死っぷり等、すべてが納得いきます。

つまり、この人外っぽい4人もエタニア以前に栄えた"種"の一人であり、その当時に選ばれた進化の護り人って事なんですね。

それぞれ姿形が違う種族なのも、各々生きた時代が違うってことか。


なるほど、こいつらは四天王じゃなくてラクリモサ被害者の会だったんですね。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203219
そして・・・現代の、人間の〈進化の護り人〉として選ばれたのは・・・アドルということか!!

彼らは新しき護り人であるアドルを迎えに来たみたいです。






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203238
『滅びゆく"種"の中でも最も輝く魂を持つ者が護り人に選ばれるのじゃ』

護り人に選ばれる基準は、その種族の中で最も輝く魂を持つ者。
エタニア人であればダーナであり、人間であればアドルだったというわけです。






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203303
『そ、そんなこと・・・許すわけには参りません!』

アドルを渡すものか、とラクシャちゃんが前に立ってくれました。
ラクシャちゃん!惚れ直したぜ!






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203353
まあ急な話だったから考える時間も必要だろう、という事で護り人たちは一旦退いてくれました。







イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203436
『地上のために滅びろって言われて、はい、なんて答えるワケねーだろ』

だよなぁ!

一つの種族が地上を長く支配するとろくな事にならないから、今の人類を滅ぼしてリセットするとか一見合理的だけどあまりに身勝手すぎます。







イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217203837
そして再び過去のダーナパート。

オルガから王家の谷にある「セレンの園」という場所ならラクリモサを阻止できるかもしれないという情報を得るダーナ。

エタニア王国は相次ぐ天変地異により疲弊し、人々はただ滅ぶのを待つばかりとなってしまいました。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218194714
『そうだ、あんたが凶星を呼んだんだ! この魔女めッ!!』

ラクリモサによる隕石の原因がダーナにあると彼女を責めるエタニア国民。
この前までダーナを巫女として崇めていたのに、今では魔女呼ばわり。

いつの時代も群集心理って変わらないですね。エタニア人もまだ人間と同じってことか。






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218201710
そして何とかセレンの園までたどり着いたダーナ。

大切な人々が死んでいくのを見て、藁にも縋る思いでここにやってきた彼女ですが・・・






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218202042
『ラクリモサを止めることが到底不可能であるということを』

ダーナの前に現れた護り人4人。
彼等はダーナにセレンの園でもラクリモサを阻止するのは不可能だとはっきりと告げました。






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218202056
『この園が最後の頼みの綱だった・・・』

絶望し崩れ落ちるダーナ・・・こんな姿を見るのは思えば初めてです。






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218202122
全てを諦めて護り人の一員として仲間になれ、と言う4人。

しかし、ダーナは・・・






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203418
『まだだよ・・・』

それでもダーナは諦めていない!!






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203532
『相次ぐ天変地異によって既にエタニア人全ての命は失われた』







イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203546
『親友であったオルガとやらもこの世を去ったのだろう』

既にエタニア人は全て滅びてしまった。
そんな・・・オルガも死んじゃったのかよ。悲しすぎる。

大切な人たちが皆死んだのに一人だけ生き残るとかあまりに残酷すぎます。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203629
『私にはまだ助けられる人が残っているから・・・』






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203639
『一体誰のことだ? エタニア人たちは既に・・・』






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203650
『遠い未来でラクリモサと対峙するアドルさんたち・・・』






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203704
『サライちゃん・・・あなたたちも助けたい』






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203721
『・・・気づいていたのか』

な、なんだってー!!

黒ローブことウーラの正体ってサライだったのか!


え、しかしどういう事だ?
サライはエタニア王国の王女だった訳だし、サライもエタニア人じゃないのか?

しかし、護り人はその"種"から一人しか選ばれない決まりみたいなので、ダーナがエタニア人で既に選ばれてるから、サライはそもそもエタニア人じゃなかった、という事なんですかね?

体格や外見などエタニア人にしか見えないんですけど、エタニア人とはまた違う”種”の一人だったのかな?
何故そのサライがダーナ、オルガと親友やってたのかも謎ですが。




イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203814

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203824
そしてダーナは、遠い未来のアドルたちと出会うまで自らを封印することにしたのでした。






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203919

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180218203942
自らを封印することで、護り人となることを拒んだダーナ。

ダーナはこの島のこの場所で、アドルが来るのをずっと待っていたんですね!


エタニア人は救えなかった。
だけど、次の"種"であるアドルたち人間は救いたい、という彼女の強い想いにより時を超えてダーナとアドルが出会ったという訳なんですね。


ダーナの強い想いに心が打たれました。
アドルとダーナはラクリモサを阻止できるのか、今後が気になります。


それでは続きは次回。







TVアニメ 恋は雨上がりのように 第6話 感想

恋は雨上がりのようにの第6話感想です。


koiame (21)
このアニメの空気、すごくいいなぁ。



前回
TVアニメ 恋は雨上がりのように 第5話 感想



恋は雨上がりのように(1) (ビッグコミックス)
眉月じゅん
小学館
2015-04-03








koiame (12)
中学生時代のあきらってショートカットだったんだ。
黒髪ロングのが好きですけど、これはこれで可愛い!




koiame (14)
この二人の友情、いいなぁ。

ところではるかの父親は「中学生の電車通学は駄目!」とかかなり厳格な人みたいですね(笑)
はるかって意外とお嬢様だったりするのかな?





koiame (2)

koiame (15)
バスにあと少しで乗り遅れたあきら。
あるあるw

2分前に発車してて、あと15分待ちとかガックリきますよね(笑)





koiame (5)
炎天下の中、汗だくで歩くあきら。
あきらってこんな顔するのかwww

いつもクールビューティなあきらがこんな崩れた顔するとは意外でした。ちょっと萌える!





koiame (21)

koiame (3)
日本の夏。JKの夏。
いいよな~この雰囲気。

30代の冬から見ると高校生の夏とかホント眩しすぎる(笑)





koiame (7)

koiame (1)
ガチャガチャを回しまくるあきら。

お目当てのシークレットが出るまで回しまくるとか、あきらって結構こういうのにハマるタイプかも(笑)

私も目当ての物が出るまでガチャガチャを回しまくった経験があるのであきらの気持ちがよく分かります。
しかし後になって冷静になると、ヤフオクやメルカリで購入するほうが安上がりだったってありますね。





koiame (4)
小学生時代のツインテなあきら。

なるほど、小学校の頃は髪が長くてツインテで、中学生の頃はショートにしてたのか。
で、高校生になってからはまた伸ばして黒髪ロングになったと。





koiame (16)
ボーイッシュなはるかですが、身体は女らしいというアンバランスさがいいですな。
陸上やってる彼女ですが、あきらよりも風の抵抗が激しそうなおっぱいしてます。





koiame (13)

koiame (9)

koiame (17)
はるかにもらったシークレットのムキ彦効果か、図書館で偶然にも店長と出会うあきら。
やったね!ちょっと運命を感じちゃったり。





koiame (11)
レアな店長の眼鏡姿に胸がときめいちゃうあきら。

まあ、あきらの事だから大好きな店長のことなら何でもときめいちゃうんでしょうけど(笑)




koiame (23)

koiame (19)

koiame (20)
「波の窓辺」という本を発見してから店長の様子が明らかに変わりました。
過去にこの本の著者の九条ちひろという人物と何かあったっぽいですが・・・果たして?

ちひろという名前からして女ですかね?
という事は元カノか別れた女房かな?




koiame (6)
今回は台詞がないシーンが多く、それだけに雰囲気で語りかけてくるシーンが多いのが印象的でした。


ところで原作があと少しで終わるらしいんですけど、アニメは一体どういう終わり方するのかな?
店長とあきらのラストが凄く気になります。




イース8 ラクリモサ・オブ・ダーナ 感想その31

PS4版イース8のプレイ感想31回目です。


イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202530



前回の記事
イース8 ラクリモサ・オブ・ダーナ 感想その30

PS4版イースⅧの感想まとめ
イース8 ラクリモサ・オブ・ダーナ 感想まとめ



ネタバレがあります。
未プレイの方はご注意ください。



イースVIII -Lacrimosa of DANA-
日本ファルコム
2017-05-25







イースVIII -Lacrimosa of DANA- - PS Vita
日本ファルコム
2016-07-21










イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180215192246
第六部 絶海のラクリモサ






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180215192205
『ダーナ以外にも生きてるエタニア人がいたってコトか?』






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180215192221
『私と同じエタニア人だとしたら、一体何者なんだろう・・・』

漂流村まで戻ってきたアドルたちは早速、村のみんなに黒ローブの者のことを話しました。

エアランはダーナ以外のエタニア人か?と言っていますが、黒ローブの口振りから察するにどうもエタニア人とは別の存在っぽいです。






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217191643
そうこうしているうちに漂流村に大量の古代種たちが押し寄せてきました。
という訳で恒例の防衛戦です。

しかし、今回はいつもと様子が違う模様・・・





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217192548

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217192749
いつもよりも古代種がやたら多いのと、ダーナですら見たことがない古代種が混じっていました。
新種か?






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217193132
『ここまで古代種が大挙してくるなんて明らかに異常事態です』

やっぱり例の大樹が何か悪さしてるのかな?





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217193029
今まで見たことない古代種が襲ってきたりと、明らかに以前とは様子が違います。

島に一体なにが起きているのか?
アドルたちは島の状況を把握するために、島で一番高いジャンダルム頂上を再び目指すことに。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217194919
久しぶりにジャンダルム頂上に来ました。

もうここに来たのは随分と前に思えます。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217195215
そこから見下ろす先には、以前とは違う不気味な霧に覆われた大樹の姿が・・・






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217195016
『ええ、大樹の周りに渦巻いて・・・・まるで繭のように見えます』

以前にこのジャンダルム頂上から見た大樹は、神聖なものとして見えましたが、今見るとホント不気味です。

あの頃とは違って霧を纏ってる姿なのもありますけど、何よりラクリモサという厄災を引き起こす恐ろしい存在だと知ってしまいましたからね。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217200457
しかも大樹の周囲の霧の中から古代種が次々と出てきます。
霧の中から古代種が生まれてるのか?

もしかして島にウヨウヨいる古代種ってすべて大樹が産み落としている・・・?
だとしたら大樹ってマジでやばいですね。




イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217200847
大樹が祀られている寺院を目指すアドルたち。

当然、寺院周辺も霧に覆われていました。
しかし、どこまで走っても霧ばかりで寺院の建物が見えてきません。


この霧を覆われた空間・・・前に見たダーナの夢と似ている・・・。




イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217200959

イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217201009
霧の中を走り抜けていると、アドルは仲間たちとはぐれてしまいました。

これも過去のダーナとまったく同じ状況です。
ダーナも確か、霧の中でオルガとはぐれて一人になったんですよ。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217201103
そして霧の先には過去ダーナの夢の中に出てきた例の古代種が!!






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217201322
古代種を一人で撃破したアドル。

眼前には霧の中にうっすらとそびえたつ不気味な大樹の姿が・・・

一体この木は何なんだ・・・?
種の淘汰だとか神を気取ってるつもりなのか?






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217201713
『気がついたら、この門の前に戻ってしまっていたのです』

さらに霧の中を歩き続け、仲間たちと合流するアドル。
ラクシャちゃんたちも霧の中で仲間とはぐれてしまった様子です。

ただ、例の古代種には遭遇しなかったみたいです。あの古代種と遭遇したのはアドルだけってことか?






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217201844
と、そこで急にアドルが左肩を押さえて苦しみだしました!






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217201907
こっこれは!

アドルの上腕にダーナのものと同じ刻印が!






イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217201941
過去に霧の中で古代種と遭遇したダーナとまったく同じ経緯でアドルにも刻印が浮かび上がりました。
つまりアドルはダーナとまったく同じ道を辿っているということか。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202259
『───〈はじまりの大樹〉による世界の進化が再び始まったのです』

何者かの声が!





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202310
霧の中を何人かが歩いてきます。
まさかここに来て新キャラか?





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202332
『あ、あの方たちは・・・』





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202452
あの黒ローブだ!

そして周囲には見慣れぬ奴が。
このローブ、名をウーラというみたいです。





イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20180217202530
何やらどう見ても人間じゃない化け物たちが現れました!

な、何だコイツ等・・・人間のような二足歩行な上に知能も高いみたいです。
古代種とも違いますね。

流石にこんな奴らが出てくるとは思ってなかったので驚きです。
何か四天王みたいな雰囲気が出てますね(笑)


それでは続きは次回。









記事検索
カテゴリー
最新コメント
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ